ホットペッパーグルメ >  WEBマガジン >  東京 居酒屋 >  夏の女性におススメ!注目度急上昇の 「ブラジル料理」

ニューストップへ

夏の女性におススメ!注目度急上昇の 「ブラジル料理」

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野健)が運営する、ネット予約利用者数No.1のレストラン予約・グルメ情報サイト『ホットペッパーグルメ』は、毎月、外食のプロフェッショナル集団が集まる「ホットペッパーグルメトレンド座談会」を実施しています。今月のテーマは「ブラジル料理」。「第31回オリンピック競技大会」を間近に控え、注目を浴びている「ブラジル料理」についてレポートします。


オリンピック開催間近!注目度急上昇のブラジル料理!

いよいよ8月5日からリオデジャネイロオリンピックが開幕し、世の中がオリンピック一色になることは間違いナシ。2014年のブラジルワールドカップ(以下W杯)開催時にシュラスコブームが訪れて以来、じわじわと拡がり続けている「ブラジル料理」。実際に、『ホットペッパー グルメ』でも2014年のブラジルW杯開催時には「ブラジル」というワード検索数が2014年度の月間平均数の3倍以上に跳ね上がり、ブラジル料理の注目度が上がっていることが分かりました。そこで、ブラジルに再び注目が集まるこのタイミングに料理はもちろんブラジルの雰囲気まで楽しめるお店を『ホットペッパー グルメ トレンド座談会』が紹介いたします。

シュラスコの次はこれ!?注目のブラジル料理

ブラジル料理が注目されるきっかけになった料理といえば「シュラスコ」ですが、実はそれ以外にも注目の料理は沢山あります。豆を煮込み、ご飯にかけて食べる「フェジョン」は、日本のお味噌汁のような存在で、ブラジルの食卓には欠かせない定番料理です。また、ブラジル産蒸留酒「カシャッサ」をベースに、ライムや砂糖を混ぜ合わせたカクテル「カイピリーニャ」は、夏の定番カクテル「モヒート」に次ぐ、夏カクテルとして注目を集めており、猛暑と言われる今夏、特におススメです。

ブラジルでは定番の豆料理フェジョン

夏にぴったりのカイピリーニャ

“食のプロ”有木真理が語る「ブラジル料理は、夏の女性に特におススメ!」

日本の22.5倍という広大な国土を誇るブラジルには、数多くの郷土料理が存在します。さらに暑い国ですので、夏にぴったりの料理ばかり。夏はそうめんなどさっぱりしたメニューに偏り、たんぱく質が不足しがちです。夏バテ防止のためにも、豆とお肉から良質のたんぱく質が摂れるブラジル料理はおススメです。そして低糖質食材である大豆やお肉を使ったメニューが多いので、ダイエット中の女性にもおススメ!ブラジル料理は、ダイエット中だけど夏バテはしたくない!という女性の願望をかなえてくれる料理です。この夏ぜひ、ブラジル料理を満喫しに行ってみてはいかがでしょうか。

ホットペッパー グルメトレンド座談会 座長 有木真理

今年注目!のブラジル料理が楽しめるおススメ店舗

20年前、東京に初めてシュラスコを紹介したお店 【バッカーナ 銀座】

その昔、東京に初めてシュラスコを紹介し「シュラスコブーム」を巻き起こしたお店。シュラスコ食べ放題には、ブラジリアンブッフェも。「フェイジョアーダ」をはじめとするブラジル料理各種とサラダバー、デザートまで食べ放題で、心ゆくまでブラジル料理を楽しめる。サンバショーは月曜以外毎日開催している。

日本最古!のブラジル料理店 【Saci Perere】

Saci Perere  (四ツ谷/各国料理)

電話番号
03-3353-7521
平均予算
5000円
アクセス
地下鉄南北線四ツ谷駅 徒歩5分/地下鉄丸ノ内線四ツ谷駅 徒歩5分/JR四ツ谷駅 徒歩5分

ブラジルのお酒を堪能したいならここ! 【レストランテ グリル イグアス】

リストランテ・カリオカ  (青山/その他グルメ)

電話番号
03-5414-1010

陽気にブラジルを味わえるお店 【TUCANO’S】

シュラスコ専門店 トゥッカーノ渋谷  (道玄坂/各国料理)

電話番号
050-5289-2556
平均予算
5000円
アクセス
山手線渋谷駅ハチ公口徒歩5分東京メトロ銀座線渋谷駅徒歩5分東急東横線渋谷駅徒歩5分神泉駅371m【渋谷/ステーキ/貸切】

おひとり様におススメ! 【Janeno】

「ホットペッパー グルメ トレンド座談会」とは


※本記事は2016/07/28に公開されています。記事に書かれている内容は現在異なる場合がございますので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。

この記事を書いたライター

座長
外食チェーンから28歳でフリーのフードコーディネーターとして独立。その後リクルート(現リクルートライフスタイル)に入社。毎週全国を飛び回っており日本各地の食材に詳しい。自身もフードコーディネーターとして定期的にイベントを開き、外食だけでない視点での食トレンドを語れる。

関連記事