コーヒープレゼンター芸人・平岡佐智男を知っているか?【コーヒールンバ】

f:id:Meshi2_Writer:20160229173901p:plain

昨今のバラエティ番組で目にする「◯◯芸人」。

リアクション芸人、ガンダム芸人、家電芸人など……数多くの「◯◯芸人」たちが混在する中、皆さんはこんな唯一無二の「◯◯芸人」をご存知でしょうか? 

それがコーヒープレゼンター芸人、 平岡佐智男。

 

平岡佐智男(ひらおかさちお)

f:id:hotpepper-gourmet:20160530093841p:plain

松竹芸能所属のお笑いコンビ「コーヒールンバ」として活動。その傍ら、コーヒープレゼンター芸人として自らのカフェイベント「SACHIOPIA COFFEE(サチオピア・コーヒー)」では店主も務める(月に1回程営業、開催)。趣味は全国のコーヒー店を巡ること、特技は利きコーヒーという全身コーヒーまみれの芸人!

 

普段は、松竹芸能所属のお笑いコンビ「コーヒールンバ」としてコント・漫才などを演じている期待の若手お笑い芸人、平岡さん。

なんと、自ら定期的に場所を借りて「SACHIOPIA COFFEE」というカフェ営業も行うというコーヒー熱がハンパないお方!

 

f:id:Meshi2_Writer:20160301131937p:plain

今回の「SACHIOPIA COFFEE」営業の場は、新代田にある某カフェ。コーヒープレゼンター芸人へのインタビューをお送りします!

 

大手有名コーヒーチェーン店で店長に

f:id:Meshi2_Writer:20160229195735j:plain

──そもそもですが……なぜ「コーヒー芸人」ではなく「コーヒープレゼンター芸人」なんですか?

 

僕自身、実際にコーヒー店で社員として働いていた経験があるんです。ですので、ただコーヒーが好きなだけでなく“人にも美味しいコーヒーをオススメしたり入れたりできる”という自負から、ちょっと長いですがそう名乗らせてもらっています。

 

──コーヒー店の社員さんから、お笑い芸人になったということですか?

 

正確に言うと、その前に1度芸人をしていて辞めてるんです。その後、当時芸人をしながらアルバイトをしていたコーヒーチェーン店に社員として入社したんですが、気付いたらやることがなくなってしまいまして…(汗)

 

──社員なのにやることがないってどういうことですか!?

 

アルバイト時代にシフトリーダー的なポジションをやっていたのもあって、社員になってから新店舗の店長に任命されたんです。自分も気合いを入れて、時には怒鳴ったりしながら新人スタッフを徹底的に鍛えていったんです。「バリスタマシンのグループヘッドは温めなけれダメだろぉ!!!」とか。その甲斐あってか、いざ店がオープンすると、もう完璧な店が出来上がってしまったんです。

 

f:id:Meshi2_Writer:20160301130913p:plain

──それって、とても良いことじゃないですか!

 

完璧なだけに、自分は後ろで座っているだけですべてがパーフェクトに回って一日が終わるんです。そこで「オレ、もう必要なくね?」と自分の役目の終わりを感じてしまって。鍛えすぎて自分の居場所がなくなってしまったという……。そんな時に今の相方・西原に声をかけてもらって、またお笑いの世界に戻ることにしたんです。

 

──そこから再出発したということですね。そして今のコンビ名にもコーヒー(「コーヒールンバ」)が入っています

 

事務所(松竹芸能)の先輩に挨拶しにいった時、アメリカザリガニの平井さんに「コーヒー店やったんやったら、お前ら今日から『コーヒールンバ』や!」と急に言われまして。そこで半ば強引にコンビ名が決まりました。普通、若手は先輩のライブの照明係とか受け付け係とかを担当しなければならないのですが、僕はなぜかコーヒー係に任命されまして、色んな先輩芸人の楽屋でコーヒーを入れてましたね。

 

f:id:Meshi2_Writer:20160301123840p:plain

──楽屋からコーヒー活動がスタートしてたわけですね(笑)。コーヒープレゼンター芸人としては、現在どのような活動を?

 

コーヒー店巡りはもちろん、最近ではバリスタやラテアートの大会の司会などもさせてもらっています。でもやはり今最も力を入れているのは、今日お越しいただいている「SACHIOPIA COFFEE」ですね。

 

世界にひとつの「サチオピア・ブレンド」

「ちょっと今からコーヒーを入れますね」と席を立った平岡さん。店のメニュー「サチオピアブレンド」を飲ませていただけるとのこと。

f:id:Meshi2_Writer:20160301132835j:plain

もちろん豆もオリジナル。今回は知る人ぞ知る某名カフェさんに特別に焙煎していただいてるんだとか。

 

f:id:Meshi2_Writer:20160301134858j:plain

慣れた手つきでコーヒー豆をコーヒーミル(豆を砕く機械)へ。

 

f:id:Meshi2_Writer:20160301144200p:plain

 サーバーにお湯を注ぐ。敷いてあるペーパーをあらかじめ濡らしておくと、一番おいしい最初の1滴目がペーパーに吸い取られてしまわずに済むんだとか。

 

さすがの豆知識や手つきに見とれているうちに、お待ちかねの「サチオピアブレンド」が完成。

f:id:Meshi2_Writer:20160301145014j:plain

……これは美味しい!

リンゴやキャラメルを思わせるフレーバー、フローラルでずっと続く甘い余韻が特徴。

ブラックコーヒーが苦手な筆者もそのまま楽しめる味。ちなみにこれで1杯500円とのこと。安っ!!!

 

フード&スイーツもチョー本格的

そして、「ご一緒にどうぞ」と差し出されたのが……

f:id:Meshi2_Writer:20160301150024j:plain

こちらもお手製の野菜たっぷりキーマカレー(800円)。

セロリやヨーグルトが入ったキーマカレーにブロッコリーのタルタルソース和えが添えられている。コーヒーとの相性もバツグン。

 

あっというまにカレーをたいらげ、コーヒーとのコンビネーションの余韻に浸っていると…

f:id:Meshi2_Writer:20160301151023j:plain

デザートに手づくりパンナコッタ(500円)が!

かかっているカラメルソースは、先のサチオピアブレンドのコーヒーとレモンで作っているとのこと。

 

そして……

f:id:Meshi2_Writer:20160301151551j:plain

自家製カスタードのバナナクリームパイ(500円)

でかい! かなりボリューミーだが、ほどよい甘さであっというまに完食。

 

初心者でも出来る! コーヒーを美味しく飲むための5箇条

そんなこんなで「SACHIOPIA COFFEE」のメニューを堪能した筆者。平岡さん自身も開店前の準備が落ち着いたようなので、ここでちょっとコーヒーブレイク(?)。コーヒー初心者の筆者でも出来る簡単な「豆」知識を聞いてみることに。

 

その①:インスタントコーヒーは、まず水でよく練るべし!

実はインスタント製品にも美味しい飲み方があるんです。
カップにインスタントコーヒーを入れたら、そこにスプーン1杯分の「水」を入れ、練ってなめらかになってからお湯を注いで下さい。
溶け残りを防ぐこともでき、コクのあるコーヒーが出来上がりますよ。

 

その②:ミルクと砂糖は、入れる順番を間違えるな!

コーヒーを頼んだ時に必ずと言っていいほどついてくるミルクと砂糖。これにも入れる順番があります。
ホットの場合は、必ず砂糖→ミルクの順で入れて下さい。これが甘さの偏りなく飲むための順番です。ミルクを先に入れるとコーヒーの温度が下がってしまい、後から入れる砂糖が溶けにくくなってしまうんです。

 

その③:コーヒーの容器のフタは外さずに飲むべし!

よく目にする穴のあいたフタ付きカップ。わざわざフタをして穴を開けてあるのには、意味があるんです。
例えばカフェラテなどの場合、フタを外して飲むと、中のミルクとエスプレッソが混ざり合わずに口に入ってしまうんですが、フタ付きカップの穴から飲むと、両者がバランスよく出てきて美味しく味を楽しむことが出来ます。

 

その④:コーヒー豆の長期保存は冷凍庫で!

コーヒー豆は、果実などと同じ生鮮食品です。なので、すぐに飲まれるなら常温保存で良いのですが、長期保存する場合は冷凍庫をオススメします。
冷蔵庫で保存する方もいますが、この方法だとコーヒーが持つ脱臭作用によって、冷蔵庫内のニオイがコーヒーに移ってしまうデメリットがあるんです。

 

その⑤:沸騰したお湯は少し冷ましてから入れるべし!

コーヒーを入れる際、お湯の温度が高すぎると、苦味成分が出やすくなってしまうんです。
したがってまずお湯が沸騰したら少し時間を置いて入れ始めてください。豆の種類にもよりますが、個人的には85℃ 前後がオススメです。

 

さすがはコーヒープレゼンター芸人!

ナルホドづくしな「豆」知識に関心していると、「SACHIOPIA COFFEE」が開店する時間に……。

f:id:Meshi2_Writer:20160308175929j:plain

開店するやいなや、瞬く間に店は満席に。注文を取ったりコーヒードリップにと、かなりお忙しそうな平岡さん。その表情は、まさにガチのコーヒー店員さんそのもの!

 

居場所の無くなった我々は、しばらくその様子を見届け、退散することにしました。

f:id:Meshi2_Writer:20160308181334p:plain

コーヒープレゼンター芸人が本気で入れるオリジナルコーヒー。あなたもぜひ「SACHIOPIA COFFEE」で堪能してみては?

 

SACHIOPIA COFFEE」関連情報は以下のリンクで!

 

書いた人:石田ケント

石田ケント

1988年生の放送作家。法政大学卒業後、独学・フリーで活動開始。考案した番組に日本テレビ「言わせろ!リアクションワード」「超年の差バトル! 神童 VS 老神」「衝動に負けましたSP」「なれそめザペアレンツ」など。日本テレビやTOKYO MXの番組の企画・構成、コント脚本を中心に活動中。担当レギュラー番組等はTwitterをご覧下さい。

過去記事も読む

トップに戻る