漬物のステーキって……?岐阜名物「漬物ステーキ」をフカボリしてみた

「ホットペッパー」&「ホットペッパービューティー」本誌との連動企画、「フカボリ! 美味なるご当地グルメ」。第7回は、岐阜の名物料理「漬物ステーキ」をフカボリしました。

焼き肉屋さんにあったらきっとこんな感じ!夜のTKG「とろろキムチご飯」をご賞味あれ

嫁さん評価 ★★★☆☆ 「キムチが苦手な私でも食べられる味だわね。まろやかだからかしら? 卵というよりとろろのおかげかしら」 娘評価 ★★★★★ 「これ、めっちゃ好きな味! キムチってなんでこんなにおいしんやろう。食べだしたらもうとまらん感じやわー」 「TKG…

駅ナカ戦略で飲食戦国時代を勝ち抜く 立ち食いそばチェーン「文殊」快進撃のワケ【東京ソバット団】

創業以来、着実に店舗数を増やしているすごい立ち食いそばチェーン こんにちは! 東京ソバット団の本橋です。 個人経営店、チェーン店に限らず、日頃、お店を取材していてよく聞くのが、ここのところの原材料費と人件費の高騰。 これは立ち食いそば店に限ら…

新宿のド真ん中でトークライブハウスを“発明”した男がいまたくらんでいること【ロフトプラスワン平野悠氏インタビュー】

東京・新宿歌舞伎町にお店を構える「ロフトプラスワン」。1995年からその歴史が続く、言わずと知れたトークライブハウスの先がけ的な存在だ。 毎回テーマを変え、著名人やソノ道の達人らによるトークを楽しみながら飲み食いできる「トークライブハウス」とい…

超コンサバなお通しメニュー「スパサラ」をヨーグルト大さじ2で味変してみた

マヨネーズベースの「スパゲティサラダ」、私の(みなさんも!?)幼い頃から大好きな味。ハムやキュウリにニンジン玉ねぎ、コーンも入っていたりするとテンション上がる~。居酒屋さんのお通しで出てくるのも、うれしい~。 で、オーソドックスなスパサラも…

市販のルウを使わない!ポカポカになる「スパイスカレー鍋」のレシピ【東京カリ~番長】

でらいつカレーvol.16 カレールウを使わないのにかんたん! 「スパイスカレー鍋」の作り方 この時期、(あ、これ書いてるの12月です) 「鍋」ってのは外せませんよね。 ウェブで「カレー鍋」って検索したら、まー出てくるでてくる。 某検索エンジンでは「約 …

掘っても掘っても肉ばかり。大須「ハッシュ・デ・ロッソ 」の和牛サーロインステーキ重ダブル1,180円が奇跡すぎる【名古屋】

地下鉄鶴舞線の大須観音駅と上前津駅を挟んだ大須の商店街。広大なアーケードには1200ものお店や施設があるといわれ、平日でも多くの人が訪れる。下町らしく、おいしくて安い飲食店も軒を連ねている。 中でも仁王門通商店街にある「ハッシュ・デ・ロッソ 本…

麻婆めんと無料のライスでセルフ麻婆飯。満腹必至なお店「麺や 力 ぷらす」

新潟市にある、おいしくお腹いっぱいになれるラーメン店をご紹介したいと思います。 「麺や 力 ぷらす」です。 店名の「力」にちなみに、営業中には 「力 入れてます!」の看板が。 ちなみに、営業終了後は……。 「力 尽きました」 へと変わります。 力尽きる…

家にある調味料でうま味たっぷりの「うま辛大根キムチ」ができる【ズボラ常備菜】

こんにちは、料理研究家のYuuです。 本日は、家にある調味料でできるヤミツキ常備菜「大根キムチ」をご紹介致します。大根をもんで、あとは漬け込むだけのレシピいらず! これなら、ズボラさんでも安心です。 ポイントは、焼肉のタレ。意外だとは思います…

【中央線の名居酒屋】「高円寺でいちばんカッコいい男」のいるお店【一徳】

シリーズ・中央線の名居酒屋 vol.2 「一徳」(高円寺) 中央線沿線で最もアナーキーなイメージを持つ街といったら、間違いなく高円寺だろう。 バンドマンや芸人、役者や作家など、何かを作る人が集い続ける街だ。 最近ではむしろ、古着の街と言ったほうが通…

アボカドを漬物にしてみたらうまくて病みつきになった件

こんにちは、有機野菜農家のホマレ姉さんです。 今ではすっかり日本の食卓になじんだ感のあるアボカドですが、お店で見かけるようになったのは、今から30年ほど前のことだったと思います。 当初は甘くもないし、ネットリとした食感がなんともマズく感じ、こ…

グランスタの「東京みやげマスター」が教える、絶対に外さない東京みやげ10選

旅行のとき、帰省のとき。 実家や親戚、友人たちへのおみやげって、結構悩みませんか? せっかくなら久しぶりに会う人たちに、センスの良い品を贈りたいですよね。 今日は「グランスタ」(JR東日本グループの株式会社鉄道会館が運営している、JR東日本東京駅…

【ピリ辛とろとろ】「半熟たまごのコチュジャン漬け」で白ごはんのおかわりが止まらない!

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 もう定番になりました、「とろとろ半熟たまご」シリーズ! www.hotpepper.jp 今日はその新作、ピリっとした味わいがクセになる、濃厚な韓国風の半熟たまごです。おつまみでも、ごはんのお供にも楽しんでいただけま…

野食家・茸本朗さんが作った「野食寄せ鍋」が、ものすごいオリジナリティだった【ウツボ、アナジャコ、ポルチーニ】

突然ですが、タコです。 見事に干されています。 続いて、ドライポルチーニ。 いわゆる干しキノコ。 さらにさらに。 ウツボの切り身。 これらの食材で一体なにができるのか? なんか三題噺みたいになってますが、ことの起こりは野食家の茸本朗(たけもとあき…

はかりしれない衝撃度!チャーハンしっとり派が一目置く板橋「龍王」の超目玉新メニュー「ナスバター炒飯」

東京都内、JR板橋駅近くに、夕方となるとサワーが180円で飲めてしまう激安な中華居酒屋さんが存在する。お店の名は「龍王」という。 酒場激戦区にあって、勝ち抜くために単に安さを売りにしているのではない。外観からもうかがえるように、このお店の持つ独…

いろんなウツボ料理が食べられる?タタキと竜田揚げしか食べたことがない筆者が食べに行ってみた結果「喰いもんやこの葉」

まいど憶良(おくら)です。※写真は憶良(おくら)ではありません。 さて、私は和歌山県は紀伊田辺市にやって来ております。 今回のレポートはと言いますと……。 ウツボが一般に流通しない理由 ご紹介しますのは、和歌山の紀伊田辺市駅から250mと、すぐ近くの…

【カリカリ食感】「もやしの唐揚げ」に節約つまみの新人賞を贈りたい【噂の筋肉料理人】

こんにちは~筋肉料理人です! 今日は、コスパ食材のもやしを使った意外な料理を紹介させていただきます。「もやしのチーズ唐揚げ」です。もやしの唐揚げ? そんなの聞いたことない! そう思われるでしょうが、これが意外においしいんです! カリッとした食…

ラーメン、漬物、生八ツ橋……これ全部○○の具なんです「HAPPY BUNS(ハッピーバンズ)」【京都】

みなさま、コッペぱんにちは。京都のライター・ナガオヨウコです。メシ通レポーターとして、おいしいもんから不思議なもんまでいろいろレポしております。 冒頭のあいさつでお気付きの方もいらっしゃると思いますが、今回はオープンしたばかりのコッペパンの…

心まであったか〜くなる「ホワイトおでん」のレシピ【晩酌天国】

簡単おいしい! 今夜つくってみたくなる「ホワイトおでん」が絶品すぎる【晩酌天国】 なかむらみつのり先生の連載が単行本になりました! メシ通で連載中のなかむらみつのり先生の『晩酌天国!』シリーズが単行本になりました。 買い出しから料理までをこな…

土の中で育つ野菜を生で食べ比べてみたらどうなるのか検証してみた【福岡】

どうも、メシ通レポーターの暇モアイです。 最近、初めてイタリアンのお店でバーニャカウダというものを食べたのですが、なかなか気に入ってしまって、生で野菜を食べることにハマっているんですよね。 きゅうりやトマト、ブロッコリーにソースをディップし…

野菜不足が気になるあなたが買うべき「2つの食材」とは?【フライパン1つでワンポットパスタ】

こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。 この冬は野菜の高騰が話題ですね。気候の影響などで仕方がないとはわかっていても、なかなか野菜に手が伸びなくなってしまうのでは……。そんなときに役に立つのが「野菜100%ジュース」と「冷凍野菜」です! どちらも…

「ノンアルコール飲料だけの飲み会」でどこまで盛り上がることができるか検証してみた

ノンアルコールビール、人気ですよね。 最近は飲み屋さんのメニューにも必ずあるし、コンビニのビールコーナーでも、何種類も置かれて充実してます。 「今のノンアルビール、おいしいよ。もうビールと変わらないくらい」 なんて声もよく聞きます。 クルマで…

格安で煎餅の手焼き体験ができる工場見学ツアー「草加煎餅」に行ってきた

どうも、会社にお土産が置かれれば我先にと中身を確認してつまんでしまう新人作家の大谷です。 僕は北海道出身なのですが、東京に住んでびっくりしたことは、古風な煎餅屋さんがあることです。 大きくて丸いガラス瓶の中にびっしりと積まれた煎餅が所狭しと…

薪焼き料理とクラフト酒が楽しめる新名所「Kyoto FOOD HUB & LABO」【京都】

京都駅ほど近くで味わえる、ダイナミックな薪焼き料理 こんにちは、メシ通レポーターの西尾明彦です。今回ご紹介するのは、京都・十条にある、豪快な薪焼き料理とクラフトビールやクラフトジンなど、こだわりのお酒が楽しめる「Kyoto FOOD HUB & LABO(キョ…

家チャーハンに「小さじ2杯の味噌」を入れると香りも味もバツグン「味噌わかめチャーハン」

我が家の子ども達、チャーハンが好きでよくリクエストされます。シンプル定番チャーハンからシラス干しや鮭入りなどバリエーションもいろいろ! 今回はそんなチャーハンレシピから、シンプルながらも味噌の風味がほんのり香る1品を紹介しますね。使う具材は…

【中毒性あり注意】伝説の名店がスピンする「王道の醤油ラーメン」【メルシー@早稲田】

伝説の名店「早稲田メルシー」王道の醤油ラーメンの味とは【DJメシ】 お店情報 メルシー 住所:東京都新宿区馬場下町63電話番号:03-3202-4980営業時間:11:00~19:00定休日:日曜日、祝日 www.hotpepper.jp ムラマツヒロキ a.k.a Murama2 漫画家兼DJ。早稲…

【メシのはてな】うどん専門家に聞く、どうして関東と関西は出汁の味が違うの?

三大欲求のひとつである、「食欲」。栄養を補給するため、おいしいものを食べるため、空腹を満たすため――。食事をする理由は人によってさまざまですが、朝昼晩と口にしている食べものに、疑問を持ったことはありませんか? 本連載「メシのはてな」は、ふだん…

極上和牛ロースをスープでしゃぶしゃぶ!とろウマすぎる中華そば【大阪】

先日インスタを見ていて、これは……! と目を疑った中華そばがありました。なんと、スープの上にドドンと生肉がのっているのです。 見た目のインパクトがものすごいこのラーメン。一体どんなものか、探りに行ってきました。 お肉屋さんが経営するラーメン店 …

「水なし調理」でうま味がスゴい!ふつうのフライパンで「10分肉豆腐」【ほぼ放置】

こんにちは、料理研究家のYuuです。 本日は、重ねて放置で完成の「肉豆腐」をご紹介致します。肉豆腐といえば、たっぷりのお出汁でコトコト煮るイメージですが、水分を一切加えずに作ることも可能なんです。 作り方はとっても簡単で、フライパンに具材を重…

ワインと餃子は合うのか──餃子界の異端児「GYOZA SHACK」にいろいろ聞いてきた

流行りの「酢コショウ」以外にもおいしい餃子のタレがある 餃子といえば、酢醤油、そしてビール。 ただ最近は、 「塩コショウで食べると世界が変わる」 「味噌ダレで餃子を食べると日本酒に合う」 など、オリジナルのアレンジ餃子を追及している餃子マニアも…

発酵ブームの今だから知っておきたい……醸造王国「三河エリア」の味噌&醤油を使った“極醸グルメ”まとめ【名古屋めしライター選】

愛知県は尾張と名古屋、三河の3つのエリアに分けられる。 三河エリアは、古くから味噌や醤油、みりんなどの醸造業が盛ん。発酵文化豊かな地域なのだ。江戸時代には、これらを船で江戸まで運んだそうで、「江戸前の食文化を支えたのは三河産の調味料じゃんね…

渋い界隈へようこそ!狸小路市場で見つけた「キリン」が熱い【北海道】

札幌の繁華街というと。皆さんご存じの「ススキノ」がありますが、今回はそこからほんの少し歩いたところにある界隈。歴史と伝統のある「狸小路市場」をご紹介します。市場なので、八百屋さんや魚屋さんが軒を連ねているのですが、この中で営む飲食店が激ア…

ガッツリ系メニューの極み「濃厚オニオントンテキ」の難しくない焼き方【エダジュン】

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 ちまたでは最近、トンテキ専門店が増えているんだとか。こんがり焼いたぶ厚い豚肉で白ごはんがすすむ、ガッツリ系メニューの極みですね。そのトンテキ、とんかつのように揚げないので、自作するのにもじつはそこま…

意外に淡泊?小笠原諸島のレア料理、ウミガメ肉のお寿司を食べてきた【別視点ガイド】

小笠原諸島、父島。 東京都でありながら、父島に行くには24時間の船旅が欠かせない。 東京からはるか遠く1000km南の島なのだが、飛行機が運行していないからだ。 竹芝ふ頭を出発した船は1日かけて、父島に到着。その後3泊4日で停留し、また1日かけて帰路につ…

【再検証】本当に「無限レシピ」でいくらでもご飯が食べられるのか

何度だって確かめたい!「無限レシピ」は本当に無限にご飯が食べられるのか 「無限レシピ」をご存じだろうか。 「無限レシピ」とは、素材をちょちょいとアレンジすることで、いくらでもご飯が食べられる魔法のようなレシピのこと。 野菜を2、3分調理すると、…

白菜は高いから白菜キムチが狙い目。フライパン1枚で「鶏むね肉のキムチ鍋」【チーズ増量中】

こんにちは~筋肉料理人です。 私の住む佐賀も数年ぶりの大雪、まだまだ寒い日が続きます。こんなときは、熱々&ピリ辛の「キムチ鍋」でポカポカに温まりたいですね~。とくに白菜が高い今年、お値段変わらずの白菜キムチは狙い目かもしれませんね。 普通に…

【月間ランキング】2018年1月~「乳化カルボナーラ」や「青い固形燃料」などが話題に

みなさんこんにちは、メシ通編集部です。 バレンタインにホワイトデー。スイーツに注目が集まるシーズンですね。チョコをはじめ、いろいろなスイーツがあってどれを選ぼうか迷うところです。もらってもあげても、心のこもった贈り物はほっこりとしてうれしい…

カップ塩焼きそばに「あるスープの素」を加えてみた結果……【今週はあったかい麺】

嫁さん評価 ★★★★☆ 「カップ焼きそばの味がまろやかというか、カドが消えたというか、カップ麺の特性がなくなるというか、面白いわね」 娘評価 ★★★★☆ 「ふーん、あんまりカップ焼きそば食べへんから、これがその味って言われたらそうなのかな? と思うくらい…

くろぼうしの挑戦状~盗まれた誕生日プレゼントを取り戻せ!

せまる「かいとう くろぼうし」のましゅ! ウチには一男二女のチビたちがいるのですが、長女と次女の誕生日が近いため、毎年誕生日会は合同で行っています(バラバラにやりたいといいださなくて、ほんとパパとママ助かってるよ)。 子どもにとって誕生日とい…

「牛角」の商品開発担当さんに焼肉を最高のコンディションで食べるためのコツを教わってきた

「人が生きる」と書いて人生。 「肉を焼く」と書いて焼肉。 生きることは、食らうこと。 どうせ食うのだったら、うまい焼肉が食いたい! というわけで、今回はお肉のプロに、焼肉のポテンシャルを究極まで引き出す技を伝授していただきにやってきました! お…

中国の若者も夢中らしい!四川生まれの「汁なし鍋」を堪能してきた【大阪】

冬は鍋がおいしい季節。たっぷりのスープをハフハフしながら飲み込み、くったくたに煮込まれた野菜と、うま味たっぷりの肉や魚はもう絶品。もつ鍋、水炊き、しゃぶしゃぶ、キムチ鍋などなど……バリエーションも豊富ですし、いやはやたまらんっ。 そんな、間違…

あさりとネギ、お酒を入れて火をつけるだけ。魚屋さんの「あさりラーメン」のうま味がスゴっ!【今週はあったかい麺】

パパッと手軽に出来る市販の生ラーメン。沸騰したお湯で麺を2~3分ゆでて付属のスープをお湯で溶かして丼へ! はい完成! 最近はいろいろな味や有名店とのコラボなどおいしい商品が増えましたよね。私も忙しい時や時間がない時に作るのですが、これがなかな…

筋金入りのハンバーガーマニアが追求した「100%理想のハンバーガー」が美しすぎた【ICON】

【シリーズ】至高のグルメバーガー10選 no.5「ICON」@南新宿 飲食店を自分で経営しようとしたら、ただ「おいしいものをお客さんに出したい!」だけじゃ済まないこともありますよね。 自分が最高においしいと思う料理を作ってもお客さんの受けがイマイチだっ…

もしかしたら生涯忘れられないかも……瀬戸内の海小屋で漁&自炊して過ごした僕たちの「四つ手網(よつであみ)」体験記

ある日、知人に「四つ手網(よつであみ)」のこと聞いた。岡山県で伝統的に行われている漁のスタイルで、海に張り出した小屋に網がついていて、その網をすくい上げて魚介類を捕り、小屋の中で調理して食べるのだという。 上手に説明できているか少し自信がな…

ホッペ落ちてませんでした?エーデルワイスファームのハムがすごい【北海道】

ハムを贈ったり、もらったりしたことはありましたが、これほどのものがあったとは! 食べた瞬間にポロッ。ホッペが見事に落ちました。今まで食べてきたハムとぜんぜん違う! なんなんだ、このしっとり感は! 北広島市にある エーデルワイスファーム をご紹介…

無性にちゃんぽんが食べたくなったらこの「即席ちゃんぽん」レシピで【今週はあったかい麺】

こんにちは、料理研究家のYuuです。 本日は、おうちで簡単にできる「長崎ちゃんぽん」をご紹介致します。私は長崎出身なので、小さい頃からちゃんぽんはよく食べていました。ふつうに夜ご飯にちゃんぽんが出てきていましたし、お客さんが来るときにはちゃ…

スープ作家・有賀薫さんに教わった「二日酔いの朝におすすめのスープ」とは?

やっちまいました……。 飲みすぎです。はい、二日酔いです。いたたたた。 ついつい昨夜も飲みすぎてしまったライター、白央篤司です。 ああ……二日酔いさえなければなあ(涙)。食欲もないし、朝食は抜いて仕事に向かうとするか……。 「いや待って、ハクオーさ…

明日葉のビール!神津島で唯一のクラフトビールに込められた思いとは【別視点ガイド】

みなさんはブルーパブをご存じだろうか。 ブルーパブとは小さな醸造所つきのパブのことである。作りたてのクラフトビールをその場で飲める地元密着型のお店というと分かりやすいかもしれない。 なんだか考えるだけで心が躍る存在だ。 ところで先日、東京都の…

熟成肉の概念が変わるおいしさ!「0℃熟成ステーキ」とは?【大阪】

熟成肉はここまでウマくなる! 新時代の熟成ステーキ こんにちは。メシ通レポーターの西尾明彦です。今回ご紹介するのは、ドライエイジングでもウェットエイジングでもない、独自の零度熟成という技法による熟成ステーキが食べられる「0℃熟成ステーキ 本店」…

自作ラーメンをお店の味にするのは、1パックの「かつお節」だった。「カリカリ豚と辛ねぎの塩ラーメン」【今週はあったかい麺】

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 まだまだ寒い日が続いていますね。そんな時に体をポカポカにしてくれる、みんな大好きラーメンのレシピを紹介したいと思います! カリカリにした豚バラ肉とねぎ(今回は2種類使います!)をたっぷり使ったガッツリ…

トップに戻る