ラーメン

在宅勤務歴20年超、週5で袋めんを食べるライターが考案したラーメンレシピ5選を見てくれ

一人暮らし歴うん十年のフリーライターが、長い独身生活で生み出した、ちょい足し袋めんレシピ5種を伝授。ちょっとしたひと手間で激安の袋めんが驚きのうまさに!

家のラーメンに青物を入れて春を呼んでみた。しゃぶしゃぶっぽく食べる「青草ラーメン」【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 僕がこの時期によくやる、インスタントラーメンの簡単なアレンジがあります。あっさり味のラーメンに、季節の青い香りの野菜を生でたっぷりのせて、スープの熱でしゃぶしゃぶの…

夜遊びのシメはいつもここ「かおたんラーメン」が見てきたバブルと不況の35年【TOKYOラーメン系譜学】

都内屈指の夜遊びスポットとして知られた六本木・西麻布。そのはずれにポツンと立ちながら、昭和・平成・令和と続くラーメン店がある。カウンター越しから見える夜の景色はどう変わっていったのだろう。 エリア青山

全国の激辛マニアを震撼させる「ピカイチラーメン 辛さ10度」がデンジャラスすぎる

ドラゴンズファンに愛され続けて半世紀。竜党が集う名古屋の「中国料理 ピカイチ」は、激辛マニアの聖地でもあることをご存じだろうか。泣く子も黙る「辛さ10度」をいざ体験! エリア今池

「ラーメンのスープにベンツを3台溶かした」レスラー川田利明の馬場・天龍・三沢との酒と食事の思い出

食えたことも、食えなかったこともレスラーを作る。新弟子時代から現在までの食にまつわる話を、さまざまなプロレスラーにうかがう連載企画「レスラーめし」。今回は話題のラーメン屋さんを経営する、川田利明さんの登場です。

一蘭の「味集中カウンター」はどうやって生まれたのか【最大で28.8m、厨房から席までの距離】

両側を仕切られた味集中カウンターで一躍有名になったラーメンチェーン「一蘭」。独自のこだわりと味の秘密はどこにあるのか、本拠地・福岡のライターが本音で迫ります。読めば、あのとんこつスープが強烈に欲しくなるったい!! エリア西新

「なんでんかんでん」の川原ひろし社長と一杯やってわかったこと

あの大ブームは、なんだったのか 本格的なとんこつラーメンブームを巻き起こし、まさに一世を風靡した、あの店が復活している。 そう、とんこつラーメンブームの仕掛け人、環七ラーメン戦争の王者、平成ラーメン史に太字ゴシックでその名を刻む「なんでんか…

【フランス人の味覚】日本と真逆の営業スタイルの「塩ラーメン屋」が、なぜかパリでウケているワケ

パリのラーメンシーンに変化が起きています。 これまでパリでラーメンと言えば“豚骨”のイメージでした。2011年にパリへ進出した、豚骨スープを使った背脂チャッチャ系「こってりらーめん なりたけ(以下、なりたけ)」を皮切りに、「一風堂」「博多ちょうて…

民事再生で完全復活した桂花ラーメンの軌跡

新宿駅の東口から歌舞伎町に向かうとき、独特な文字で描かれた「桂花ラーメン」の看板を見たことはないだろうか。桂花ラーメンは戦後の復興がまだ進む昭和30年に熊本で創業。その13年後、昭和43年に東京に進出した熊本ラーメンの老舗である。 keika-raumen.c…

「らーめん大」が二郎系インスパイアチェーンでも頭一つ大きくなれたワケ

この度、「TOKYOラーメン系譜学」が書籍化されることになり、11/22(金)辰巳出版より『東京ラーメン系譜学』として発売が決定した。 東京ラーメン系譜学 作者: 刈部山本 出版社/メーカー: 辰巳出版 発売日: 2019/11/22 メディア: 単行本(ソフトカバー) こ…

佐野ラーメンに使われる伝統の製麺技法「青竹打ち」を体験してきたぞ~!

はじめまして。ラーメン大好きライターの少年Bと申します。 さて、みなさまは栃木県佐野市のご当地ラーメン・佐野ラーメンをご存知でしょうか。2019年には佐野SAのストライキなど、メディアで数多く報道されたので、その名前くらいは聞いたことがあるかもし…

麺類を頼むお客さんの約7割が注文する「モヤシソバ」は、引き算の美学である

こんにちは、旧共産圏の国々があまりに好きすぎて、写真集を3冊も出してしまった星野です。最近、外気温が下がるにつれ、旧共産圏が恋しすぎて体がプルプル震えます。 numero.jp 私はラッキョウ以外ならなんでも食べる食いしん坊です。 今回、昭和48年創業の…

ベトナム出身店主がたどり着いた理想のラーメンは「そば粉入り麺の無化調煮干しスープ」だった

こんにちは。酒場ライターのパリッコです。 普段はお酒関係の記事を専門に書かせてもらっているのですが、自分の住む家からそう遠くないエリアに、最近、すごく良い評判をたびたび耳にするラーメン屋さんがあるんです。 なんでも、日本のラーメンに惚れこん…

博多・長浜・久留米ラーメンの違いはどこにある?とんこつ80年の歴史を紐解くと驚きの連続だった

こんにちは。福岡在住ライターの大塚拓馬です。 福岡といえば、ラーメンですよね。 一般的に「博多ラーメン」と呼ばれる福岡のとんこつラーメンですが、「長浜ラーメン」という言葉もあります。また、同じ県内にある久留米市の「久留米ラーメン」も有名です…

あえてカシワ=老鶏を使う「笠岡ラーメン」に全国のラヲタが熱い視線を送る理由

日本の各地にはさまざまなラーメン文化があって、多くのご当地ラーメンが存在する。 そんな中、ラーメンマニアのあいだで密かに注目されているご当地ラーメンがある。 それが、岡山県の最南西、広島県境にある笠岡市の「笠岡ラーメン」だ。 具にもダシにも老…

「やっぱり女装は気合いですよ」ずっと陰キャだった少年が、オトコの娘(のママ)になるまで

とびきりチャーミングなママがいるお店 令和の時代を迎えた今もなお、古き浪花のムードが色濃く残る大阪ミナミ「千日前(せんにちまえ)」。 この日は霧雨が煙る、蒸し暑い夜でした。ハンカチで拭えども拭えども、噴きだす汗。 服を着たままスチームサウナに…

現役東大女子がメガ盛り「二郎インスパイア系」ラーメンにはじめて挑む【本当に驚愕の結果】

みなさんは、お気づきだろうか? 食べものに関するさまざまな記事を取りそろえるこの『メシ通』にも、ほぼ未到の領域があることを。 そう…… それは…… 大食い。 かの『TVチャンピオン』で人気に火がついて以降、テレビバラエティではすっかりおなじみのアレで…

「冷しゃぶ冷やしラーメン」と「自家製味玉」をたっぷりの氷で【筋肉料理人】

こんにちは、筋肉料理人です! 夏本番になり、暑い日が続いております。こちら佐賀県では最高気温38℃前後という、なにそれって言いたくなるような暑さです……。こんな時に美味しいのは冷たい麺でしょうってことで、とっておきの「冷やしラーメン」レシピを紹…

茶色の源泉と露天風呂からの雄大な景色が迫力満点!えちご川口温泉

新潟県長岡市にある絶景と茶色の源泉を楽しめる露天風呂、そして、お食事処でのグルメが楽しめる日帰り温泉施設をご紹介したいと思います。 ▲えちご川口温泉 景色と解放感を楽しめる露天風呂がある日帰り温泉 まずは入り口の券売機で入場券を購入しフロント…

全国どこにでもあるけどナゼか名古屋限定?最強オトコめし「チャーラー」とはなんなのか

『メシ通』の読者様はご存じないと思うが、私は『永谷正樹のなごやめし生活』というブログを今年2019年の1月から毎日更新している。 nagoya-meshi.hateblo.jp タイトルこそ「なごやめし」とあるが、日々思うことや考えていることなんかも書き綴っている。五…

町中華は本当に「消えゆく食文化」なのか──町中華探検隊 隊長・北尾トロさんに聞いてきた

店主の高齢化・後継者問題。町中華はどうなってしまうのか 「町中華」という言葉を最近よく耳にします。 「どこの町にでもある、なんてことない中華屋」のことですが、さまざま関連本が書店に並び、夕方の情報番組では特集が組まれたりと、気づけば今まで光…

インスタントラーメンがわずか20円……!?「賞味期限切れ食品専門ショップ」の大いなる挑戦

「賞味期限がすでに切れている食料品」を専門に販売する店がオープンしたという情報を耳にしたのは今年(2019年)春頃のことだった。 大阪市福島区玉川、JR環状線の野田駅の近くにそのお店があると知りつつしばらく足を運べないでいたのだが、用事があって近…

「もはやシチュー?」こってりラーメンの聖地・京都で味わうドロポタ濃厚スープ

ドロ濃ラーメン好きのみなさま、こんにちは。京都のライター、ナガオヨウコです。 京都には「こってりラーメン文化」というものがあります。 有名な「天下一品」だけでなく、美味しい行列店もたくさんあります。 そんな京都市内のやや端っこで、ドロドロスー…

関東のとんこつ狂いをとりこにした伝説のラーメン店「もりや」が千葉・松戸で再々スタートを切っていた

「なんでんかんでん」の成功によって、博多の極細麺のとんこつラーメンが認知されるようになった1990年代。博多とんこつラーメンをうたうお店があちこちで見受けられるようになった。 しかし、「なんでんかんでん」の独特のクセあるニオイと濃厚さ、そしてバ…

山の上のタワーからの360度に広がるパノラマの景色!新潟県「弥彦ロープウェイ展望レストラン」

弥彦山山頂へ手軽に行けるロープウェイ 新潟県の弥彦村には、自然や景色を楽しみつつ、美味しい食事を出来るスポットがあります。 場所は、弥彦山の山頂付近となります。弥彦山は登山初心者にもお勧めな山としても知られており、1時間以上かけて登ってもた…

女性を傷つける「ブス」という言葉を変容させたい── 。漫画家・安彦麻理絵さんの【ブスメシで自分をラクにする方法】

刺激的なタイトルである。 漫画家の安彦麻理絵さんは今年2019年の3月、『ブス活、はじめました』(光文社知恵の森文庫)という本を出版した。 ブス活、はじめました。 (光文社知恵の森文庫) 作者: 安彦麻理絵 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2019/03/08 メ…

名古屋ラーメン界のラスボス、好来道場「薬膳ラーメン」のしみ入るうまさは地元民以外もきっとハマるはず

名古屋のご当地ラーメンといえば、何を思い浮かべるだろうか。台湾ラーメンにスガキヤラーメン……あ、この前紹介したベトコンラーメンは愛知県一宮市が発祥だから違うか。 実はもう一つ、名古屋のご当地ラーメンがある。地元では有名だが、台湾ラーメンやスガ…

こってりラーメンの代名詞「天下一品」に、おそうざいとデザートが無料の店舗があった!

こってり系ラーメンといえば、京都発祥の「天下一品」だろう。こってり味が苦手な五十路の私でさえ、無性に食べたくなることがある。 とくに「天下一品」の本場である関西へ出張などで訪れたときに店の前を通ると、吸い寄せられるように入ってしまう。あの、…

新潟市の飲み屋街「古町」で楽しめる、昔ながらのあっさり中華そば 来味 東堀店

以前、新潟市でラーチャンを提供するお店「来味」をご紹介しましたが、今回はその別コンセプトの姉妹店をご紹介いたします。 www.hotpepper.jp ちなみに来味亀田店は新潟での営業を終了し東京に移転したので、 「新潟の来味の味が食べたい」という方は、「中…

インスタントラーメンがウマくなるチョイ技2つ【ヤスナリオ】

こんにちは! 「高円寺メタルめし」のヤスナリオです。 今回はワタクシ、ヤスナリオがハマっている袋入りのインスタントラーメンの作り方を2つご紹介します。 まずチョイ技その1は、卵。インスタントラーメンに卵を入れると美味しいですよね~。皆さんはその…

汗と埼玉愛がわき出すピリ辛ソウルフード、「スタミナラーメン」を今こそ知ってほしい

埼玉県、特にさいたま市界隈で熱愛されているスタミナラーメン。1970年代ごろから浦和・大宮・上尾の男性客を中心に親しまれてきた、埼玉県屈指のソウルフードだ。ご当地グルメファンからは、奈良、茨城、そしてこの埼玉のスタミナラーメンが「日本三大スタ…

よくわからないけど、おいしい。「どうとんぼり神座」の謎スープに迫る

関西最大規模のラーメンチェーン「どうとんぼり神座(かむくら)」。神座のラーメンスープは、一般的なものとはまったく異なる味わいで、どこの何系とも判別できない完全オリジナルです。 神座自身も、そんなラーメンについてこう明言しているほど。 ▲初めて…

東海住みなら知らぬ者はいない「ベトコンラーメン」とはなんなのか

愛知県のご当地ラーメンといえば、何といっても台湾ラーメンが有名。しかし、もう一つ台湾ラーメンと同様に、ニンニクと唐辛子のパンチがきいたラーメンがあるのをご存じだろうか? その名も「ベトコンラーメン」。 ベトコン、と聞いてついベトナム戦争をイ…

隠れ家的立地で食べられる背脂中華とパンチ力抜群の味噌!新潟県燕市「流れ星」

今回は新潟県燕市にある隠れ家的な場所にあるラーメン店をご紹介したいと思います。 お店は昔ながらの商店街の一角にあります。 近くにきてもラーメン店らしきお店は見えません。 しかし、そこには「ラーメン」と書かれたのぼり旗が! 細い路地に入ってみて…

背脂中華と2種の自家製餃子のおいしさを堪能!新潟市江南区「麺屋かずを」

新潟県燕市から県内全域に広まった背脂醤油ラーメン。 今回はその背脂醤油を新潟市で提供しているお店をご紹介致します。 「麺屋かずを」です。 新潟では車で食べ歩きをする人たちの多いですが、そうした人に向けお店の前に駐車場が6台分あります。 そして、…

厳選された煮干しのうま味が駆け巡る!新潟県胎内市「煮干しらーめん にぼにゃん」

今回ご紹介するのは新潟県胎内市にて2018年末にオープンしたお店です。 国道7号線を走ると「らーめんや」の看板が見えます。 「煮干らーめんの店 にぼにゃん」です。 煮干マシーン(?)に乗る猫「にぼにゃん」が描かれています。 ▲お店の外観 入り口でも「…

名古屋の「台湾ラーメン」は台湾でどこまで受け入れられるのか 〜あるラーメン店主の海外挑戦〜

ニンニクや唐辛子でピリ辛の味付けをしたミンチやニラをのせた「台湾ラーメン」。1971年頃に名古屋市内の台湾料理店から生まれた創作メニューだ。だから、台湾の名を冠していても、台湾にはない。 期間限定メニューとして提供しているお店や、台湾ラーメンな…

豚骨じゃなくて「猪骨(ししこつ)」ラーメンがおいしすぎる

豚骨じゃないんです 日本人の好きな食べ物といえばカレーとラーメン。 なかでもラーメンはありとあらゆる種類があります。 量で勝負するもの、素材にこだわったもの、辛さが売りのもの、萌えラーメン(笑)などなど。 しかし、かなりのラーメン通でもこれは…

エビの風味がたまらん!コンビニのラーメンをサクッと改造「エビ風味かき玉ラーメン」の作り方【魚屋三代目】

安くて作るのも簡単な市販のラーメン、重宝しています。麺や味の種類も豊富ですよね~。その中でもシンプルな塩ラーメンをチョイとアレンジ。エビの風味を加えた「かき玉ラーメン」を紹介します。 作り方は超簡単、ふんわり卵のやさしいかき玉ラーメンからピ…

本当に営業中なのかわからない食堂「伊勢屋」のラーメンはどうしてこんなに沁みるのだろう

以前、神戸グルメを長年愛してこられたベテランライター・芝田真督(しばたまこと)さんに取材させてもらい、記事を書いた。 www.hotpepper.jp その記事の冒頭でも触れたのだが、ある日、私が神戸市兵庫区にある湊山温泉という銭湯に行って入浴後にビールを…

【月間ランキング】2018年12月~「イトーヨーカドーのポッポ」や「芸人ヒロシのソロキャンプ」が話題に

みなさんこんにちは、メシ通編集部です。 平成最後の年末年始、どのように過ごされましたか? 帰省された方、旅行に出かけた方、自宅でのんびりされた方などいろいろかと思いますが、変化の年を楽しんでいきましょう。 それでは、『メシ通』2018年12月の反響…

下町の行列店「らーめん弁慶」76歳オーナー“生涯現役”の秘訣(ひけつ)は、自慢の背脂ギタギタこってり味にあった!?

千駄ヶ谷ホープ軒は、「背脂とんこつ醤油ラーメン」という1ジャンルを生んだ。 そしてラーメン専門店という形態を根付かせ、現在の東京ラーメンシーンを築き上げる人材を多く排出した、いわば生きた伝説のようなお店だ。 www.hotpepper.jp 創業者である牛久…

ふやけた皮のむこうに。禁断の「肉まんラーメン」【筋肉料理人】

明けましておめでとうございます! 昨年中はレシピブログ執筆陣のレシピをご覧いただき、ありがとうございました。今年も頑張りますのでよろしくおねがいします。 新しい年も始まったばかり、皆さんまだまだお忙しいと思いますので、今回は超身近な食材を使…

うま辛な麻婆豆腐に背脂とチーズがインした「ヤミツキとら麻婆麺」に注目!@新潟県新発田市「とらまる」

エリア新発田市

地味にすごい経営術・イトーヨーカドーのフードコート「ポッポ」

ポッポって実はすごいんじゃないか イトーヨーカドーのフードコートを思い出してほしい。 うどんやドーナツ、アイスクリームなどの専門店があるなかで、らーめん、たこ焼、お好み焼とライトミールを網羅するオールラウンダーのファストフード店があるでしょ…

ワタリガニのうま味をトロトロ濃縮!crab台風。の「蟹とんこつラーメン」は麺と雑炊で2度ハマる【別視点ガイド】

2018年6月、水天宮駅にオープンしたラーメン店「crab台風。」。 もともと代表の伊東さんが茗荷谷駅で「らーめん台風。」を営んでいたが、2012年に日本での営業を一旦休止。世界に挑戦すべく香港へと渡る。 香港では魚介豚骨ラーメンをメインに2店舗展開。今…

370円、奇跡の一杯に出会った 〜もうひとつの和歌山ラーメン物語〜

東京から大阪へ引っ越して5年ほどになるのだが、ことあるごとに感じるのは大阪から京都と神戸への距離の近さである。どちらも電車に乗れば30分ちょっとで行けるので、割と気軽に飲みに出かけたりしている。 一方で、同じようにたびたび感じるのが和歌山県の…

新発田市「神華」の気になる白いスープの「おばこラーメン」

新潟県新発田市、新発田駅近くにあるお店をご紹介します。 「神華」です。 お店に入ると、店内はカウンター席と小上がり席というつくりとなっていました。 ▲メニュー ラーメンを中心に一品料理なども充実しています。 新発田駅近くという場所柄もあり、カウ…

非とんこつ系なのにこのコクはいったい……?次世代ラーメン「博多拉担麺(らーたんめん)」にドハマりしてしまった【池袋】

こんにちは、『メシ通』の酒担当、パリッコです。 普段から毎晩のようにふらふらと飲み歩き、これまでにたくさんの、好きな酒場についての記事を書かせてもらいました。 そんな僕ですが、毎日毎日昼間っから酔っ払っているわけではありません。実は、昼ごは…

「喜多方ラーメン 坂内」が全国区になった陰には、30年間貫き通した“麺の哲学”があった

喜多方ラーメンと聞くと、どういったラーメンを想像するだろうか? あっさりした透き通ったスープに平打ち縮れ麺が泳ぎ、たくさんのチャーシューが丼を覆っている。 あの、暴力的なまでにソソるジューシーなチャーシューに、ツヤツヤでモッチモチの麺、そし…

トップに戻る