ラーメン

新進気鋭の泡系ラーメン「Ramen 辻」がいろいろとスゴかった【大阪】

泡系ラーメンってご存じですか? その名の通りスープが泡状態のラーメンで、今までのラーメンにはないちょっと斬新な見た目が特徴。2016年あたりからジワジワ人気となり、今や定番ともなりつつある系統です。 今回はそんな泡系ラーメンを提供するラーメン店…

九大生御用達!名物お母さんが作る「中華料理 ぼたん」のラーメンが超絶品【福岡】

みなさん、はじめまして! メシ通レポーターの暇モアイです。 今回、福岡市東区に昔から九大の学生を魅了してやまないラーメンを出す中華料理店があるという噂を聞きつけました。 福岡でラーメンと言えば、「豚骨」のラーメンを思い浮かべる人が多いでしょう…

圧倒的チャーシューヂカラ!「らーめんブッチャー」の「ふじそばバカ豚」がすごい【静岡】

メシ通レポーターのYELLOWでございます。今回は静岡県沼津市の「らーめんブッチャー 沼津店」に行って来ました。 ちなみにコチラの「らーめんブッチャー」のラーメンは、東京都町田市で開催されたラーメンイベント「最強ラーメンFes.」で食べた事があり、い…

郊外の住宅街にありながら開店前から大行列!「ふくちゃんラーメン」の味の秘密とは?【福岡・早良区】

最低でも週に3回はとんこつラーメンを食べるライターの桂ですこんにちは。とはいうものの、仕事柄やはり福岡市の中心である天神や博多駅周辺のラーメン屋さんに行くことが多く、なかなか郊外まで足をのばすことがありません。今回取材する「ふくちゃんラーメ…

新潟で鶏白湯スープの一杯を食べるならこのお店「ゴチソウラーメン 雷電」

新潟の鶏白湯スープの定番 今回ご紹介するお店は、新潟県加茂市にある名店です。 お店の名前は「ゴチソウラーメン 雷電」。 今では一般的にも高い知名度と人気を誇るようになった「鶏白湯」スープのラーメン。 こちらは、新潟でまだ「鶏白湯」が知られていな…

名門「大勝軒」のルーツはどこに?代々木上原のレジェンド2代目が語る、つけ麺誕生の秘密【ラーメン系譜学】

夏の暑い時期に限らず、年中食べられ専門店も増え、今やすっかりラーメンの1ジャンルとして定着した“つけ麺”。 太めの麺を甘酸っぱいつけ汁で食べると、見ため山盛りの麺量も不思議なほど胃にスルスルと消えていく魔法の食べ物。こんな料理を一体誰が最初に…

【うま味の研究】トマトやチーズがダシになるって、ホント?【理系メシ】

「うま味」の正体ってなんなんだ? つけ麺を食べるたびに思うのだが、味が濃い! つけめんのダシ、濃い! ただでさえ濃い上に魚粉まで入れて、どこまで濃くすればいいのか。 しかし、うまい。うまいがとても濃い。 濃いからうまいのか、うまいから濃いのか。…

大須のアイドルBSJが勝手に応援!「釜玉屋」の名物釜玉&小倉ラーメン【名古屋】

閉店が相次ぎ、シャッター通りとなった商店街。今やどの町でも見かけるが、名古屋には商店街活性化の成功事例として全国から注目を集める商店街がある。 それが名古屋市中区大須2丁目~3丁目付近にある大須商店街である。 大須観音(写真上)を中心に、赤門…

大盛り10円、特盛り20円といえばココ!新潟市の「麺屋しゃがら」

大盛り10円、特盛り20円で大ブレイク!! 新潟市には、ボリュームたっぷりの自家製麺をおいしく食べられると人気のお店があります。 お店の名前は「麺屋しゃがら」。 逆さになっている「ラーメン」の看板がひと際目を引きます。 あまりの人気っぷりに、開店…

25年継ぎ足し続けた熟成醤油ダレのうま味が押し寄せる!「ラーメンつり吉 小千谷店」【新潟】

人気店がひしめく激戦区、新潟県小千谷市にある名店をご紹介致します。 場所は小千谷市総合産業会館「サンプラザ」の中となります。 ご紹介するお店はこちら。 「ラーメンつり吉 小千谷店」 こちらは、新潟県長岡市川口エリアにある老舗店「つり吉」の2号店…

バー・カウンターでシャーッ……博多町家の長〜いカウンターで夏にうれしいラーメンを食す【福岡】

博多の総鎮守「櫛田神社」。取材した日はユネスコ無形文化遺産にも登録された博多の夏の風物詩「博多祇園山笠」の開催前で、桟敷席などの準備が進められていた。 他県のみなさん、博多という市はありません こんにちは、ライターの兵土です。福岡と博多って…

あのCoCo壱番屋がラーメン屋さんをはじめていた!【カレーらーめん】

こんにちは。メシ通レポーターの鷺ノ宮やよいです。 おウチで作るカレーもいいけれど、ときどきムショーに食べたくなるのが「CoCo壱番屋」のカレーライス。 そのココイチ、実は「カレーらーめん」をメニューに掲げる「麺屋ここいち」というお店を出している…

「手羽元のさっぱり煮」のスープで翌日つくる、極上ラーメンの味とは

すっぱおいしい手羽元のさっぱり煮……と見せかけて煮汁のほうで麺をいただく大作戦 手羽元を酢と醤油ですっぱめに煮込む料理、一般に「さっぱり煮」と呼ばれるアレ。 お酢の力でお肉が柔らかく仕上がり、すっぱさによって食欲がないときでもわりと食べられ、…

イタリアンな黄金の塩ラーメンを自宅で食べてみた

学生の頃ヨーロッパにバックパックで放浪旅行に行き、イギリス、フランス、スペイン、ドイツをめぐりましたが、肝心のイタリアには行かなかった新人作家大谷です。 ヨーロッパを放浪するとき、2カ月ぐらいノープランで行きましたが、たまに日本食が食べたく…

バンコクでつけ麺は流行るのか?あるタイ人社長の奮闘記【フジヤマ55】

今、世界的に日本食がブームなのは、『メシ通』読者の皆さんもご存じのことだろう。 メディアではニューヨークやフランスなど欧米諸国の和食ブームがクローズアップされるが、アジアも負けてはいない。 なかでも、タイ・バンコクは、寿司や天ぷら、焼き肉、…

【豚骨ラーメン】噂の「トッピングかけ放題」でごっつい肉盛ラーメン作ってみた【食べ放題】

結婚して7年たって体重は15キロ増加し、3ケタの大台を絶賛継続中のメシ通レポーターのハガです。 嫁には詐欺だなんだと言われていますが、気にせず今日も脂身補給しましょう! LOVEポーク! そんな筆者が、食べ放題の豚骨ラーメン店があるという噂を聞きつけ…

大阪・難波から四国・徳島まで片道2,000円!?格安フェリー切符で日帰り飲みをしてみる

フェリーほどぜいたくな旅はない 大阪・難波の地下街を歩いていて、こんなチラシに目が止まった。 「徳島へ 2,000円!!」 えっ! 2,000円!? チラシをもらって帰ってよく読んでみると、南海電鉄が販売する「とくしま好きっぷ2000」という割引キップが販売…

【背脂チャッチャ系】伝説の環七「土佐っ子」のDNAを受け継ぎし「じょっぱりラーメン」

環七ブームの立役者、「土佐っ子」 土佐っ子ラーメンを覚えているだろうか。 1980~90年代にかけて、環七ラーメン戦争と呼ばれるムーブメントが勃発した頃の話だ。夜な夜なタクシーや一般乗用車が向かった先は、東京の交通網の大動脈となった環状七号線(通…

新潟駅前でおいしいお酒とこだわりのアゴ出汁ラーメンを楽しめる「浦咲」

新潟駅前でこだわりのラーメンとお酒を楽しめるお店 新潟駅前には、新潟ならではおいしいお酒やお米など、いろいろなおいしいものを提供しているお店が多々あります。 今回はそうしたお店の中から、シメにピッタリなおいしいラーメンを提供しているお店をご…

【実験】カップ麺に「苦味」を加えると本当においしくなるのか【理系メシ】

カップラーメンに苦味を加えて、おいしさのワンランクアップを目指してみる カレーを手軽においしくする方法がある。 カレーの隠し味にインスタントコーヒーを入れるのだ。 なぜコーヒー? それは「コクが増す」から。 コクの正体とは、5つの味覚(甘味・塩…

小麦も豚もネギもすべてが糸島産。「THE・地産地消ラーメン」ここに極まれり!【福岡】

ラーメンのために小麦を作る福岡県民 「福岡の小麦が福岡のラーメンをもっと美味しくする」 なんて素敵な言葉でしょうか! 実は国内で使用している小麦の85%を輸入品に頼っている日本。※1 国内に数ある麺類料理の多くは外国産小麦を使用しています。国内産…

赤ワインと合うラーメン? 蒲田の「銀河系スペインラーメン」の謎に迫る

この世には多種多様なラーメンがあります。私もラーメンが好きなので、いろいろ食べました。でも、今回は誰もが食べたことがないであろうラーメンを見つけてしまいましたので、皆様にお伝えしたく、取材に行ってきました! そのラーメンがあるのは、東京の下…

煮干し香るトロトロ濃厚スープ「極にぼ」 「中華そば 石黒」が放つ至極の一杯!

新潟市に数年前にオープンし、一躍人気店となった話題のお店をご紹介致します。 お店の名前は……。 「中華そば 石黒」 ▲看板のアップ 右下に何やらマークが見えますね。 「鮭(サケ)」にも似たこちらの文字。 良くみると少し違いますね~。 とりあえずお店の…

そばもうまいがラーメンはもっとうまい立ち食いそば店の話【東京ソバット団】

ほぼ専門店! 北新宿・宝そばのラーメンが本気すぎてビビる こんにちは! 東京ソバット団の団長、本橋です! 今回は立ち食いそば界で、ちょっとしたブームになっているラーメンを紹介します! もともと立ち食いそば店では珍しいラーメン。なにしろ立ち食いそ…

行列の出来るつけ麺の名店「舎鈴」で進化系つけ麺をスピン【DJメシ】

つけ麺の名店「舎鈴」のヘルシーメニューをmix【DJメシ】 お店情報 舎鈴 八重洲店 住所:東京都中央区八重洲1-6-4 イコービル1F営業時間:平日11:00~翌3:00(LO 翌2:30)、土曜日・日曜日・祝日11:00~22:30(LO 22:00)定休日:無休 www.tsukemen-sharin.c…

【ラーメン系譜学】吉祥寺ホープ軒本舗を抜きにして戦後ラーメン史を語るべからず【豚骨醤油の誕生】

営業しているお店が1軒も載っていない、常識を覆す衝撃的なラーメンガイド本として、拙著『ザ・閉店』が、当サイト『メシ通』にて紹介された。 www.hotpepper.jp その中で、著者である私・刈部山本がインタビューを受けているが、それが縁でこのたび、こうし…

【地獄の辛さ】噂の「護摩流」の超・激辛担々麺に挑戦してきた【辛党無宿】

甘いもの大好きユニット【甘党無宿】メンバーのハガです。 皆さん、甘いもの食べてますか? 今回も飛び切りのあまーいスイーツをご紹介! というつもりでしたが、 メシ通編集部たっての要望で、とある食べ物をレポートしてくることになりました。 それは……ち…

とどまる事をしらないラーメンへの情熱から生まれる一杯! 新潟県三条市「ののや」

新潟県三条市には、開店前から行列を作る人気店があります。 その名も「ののや」。 こちらのお店は、新潟のラーメン業界が今程盛んになる前より、「こだわりの一杯」を提供していた事で、多くの人々に知られるようになりました。 そして、現状に満足する事な…

市販のラーメンを自分好みにカスタマイズしてみた【温・冷2パターン】

私は、外食でラーメンを食べる機会がほとんどありません。 理由としては、猫舌なので食べるのに時間がかかってしまうのでお店にもほかのお客さんにも気を使うから。人と一緒なら食事をしながらおしゃべりができるようなお店に行きたいし、ひとりの場合はひと…

関西の家系は○○が違う!? 行列のできるラーメン店「初代 麺家 あくた川」【京都】

家系っておうち系ちゃうで。みなさまこんにちは。京都のラーメン担当・メシ通レポーターのナガオヨウコです。 ここ数年で、関西にもちらほら家系ラーメンが登場してきています。しかしまだ、家系は一般的ではありません。「家系って何? おかんが作るラーメ…

フードコートのレベルを超越した煮干しラーメン! 村上市の「にぼしまじん」

「ショッピングセンターのフードコードで食べるラーメン」 というと、お手頃価格でサっと食べることが出来るかわりに、どこにでもありそうで、そこまでこだわっていないものを提供しているイメージがないでしょうか? ただ、実際のところは、最近は結構凝っ…

神奈川西部エリアのグルメキーワードは「ラーメン+α」~名店巡礼 神奈川西部エリア編~【タベアルキスト】

みなさんこんにちは、メシ通レポーターのタベアルキストWakuiです。 今回も我々タベアルキストが、わざわざ食べに行く価値のある逸品を提供しているお店へ実際に訪れ、食べまくる究極の食べ歩き「名店巡礼」をお届けします。 ~名店巡礼 神奈川西部エリア編…

おしゃれタウン糸島にあるラーメン屋さん「億万両」で、こだわりの赤麺をすすってきた【福岡】

おしゃれタウンぽくない風景 福岡市内から車で40分ほどの「糸島」をご存知でしょうか? サーファーが集まる美しい海など豊かな自然が残る一方で、最近では夕日の見えるカフェやかわいい雑貨を販売するお店もでき、若い人に人気のエリアとなりました。 そんな…

絡み合ううま味のハーモニー!! 「中華そば ふじの」が提供する至極の一杯とは!?

今回は、新潟市秋葉区という地域にある人気店をご紹介したいと思います。 ▲「中華そば ふじの」新津店 各種メニューのクオリティーが高いと評判です。 ▲メニュー写真 数ある「ふじの」のメニューの中で、イチオシ看板メニューはこちらです。 ▲味噌らーめん(…

“八王子ラーメン”ってナンだ?ラーオタに教えたい老舗「でんでん」の正統派しょうゆ味

地元の数だけご当地ラーメンあり。みなさんは、東京の西の果て・八王子に独自のラーメン文化があることをご存じでしょうか。 そう、ラーメン好きなら知っておくべき「八王子ラーメン」であります。ほら、ウェブ上にはこんなサイトまで。 八王子にもさまざま…

鶏白湯スープでお肌ツルッツル? コラーゲンたっぷりの極上スープの秘密【理系メシ】

「コラーゲン」はホントにお肌にいいのか 近所にできた、ある鶏白湯ラーメンの店。 スープに色々あるけれど、ここは「鶏だし」のみの一本勝負。 仕事の帰り、小腹がすいたので食べてみたわけですよ。 俗に濃いコーヒーを指してスプーンが立つと言いますが、…

タンメンとチャーハンがおすすめ! 新潟の老舗店「蓬来軒」

歴史ある老舗店 新潟市にある昭和中期創業の老舗ラーメン店をご紹介したいと思います。 今回みなさんにおすすめするお店はこちらです。 「蓬来軒」 こちらのお店は昭和31年(1956年)創業で、オープン当初は屋台で営業をしていました。 当時の写真 ※ 写真提…

北半球で一番使えないラーメンガイドブック『ザ・閉店』が超絶おもしろい

常識を覆す一冊『ザ・閉店』 いまだ衰えることを知らないラーメンブーム。人気店ひしめく激戦区・東京では常にさまざまなラーメン店が生まれては消え、新陳代謝を繰り返している。 いろんな出版社から毎月のように発行されるラーメン店のガイドブックはその…

抱かれてもいい! 煮干ラーメンの優しさにクラクラ……!「煮干そば 藍」【京都】

全国のラーメン好きのみなさま、京都ラーメン担当・メシ通レポーターのナガオヨウコです。今回ご紹介するのは、煮干し系の中華そば。しかし、煮干しガツン系とは異なる、たおやか~な味わい。優しい煮干し系は、京都でも(たぶん全国でも)珍しいんですよね…

ワカメたっぷり、すっぱいスープのご当地麺「平塚タンメン」はこだわりもたっぷりだった!

神奈川県平塚市のご当地麺の存在を知ったのは、いつのことだったか。透き通ったスープにストレートの白い麺、刻みタマネギが浮かんで、ワカメがたっぷり。 こちらの名前はおそらく「ワカメラーメン」? と思いきや「タンメン」。炒めた野菜がのっていないの…

こだわり抜いた仕込みから生まれる煮干し系「朝らぁめん」の美味しさの秘密とは!?

朝らぁめんが人気のお店 新潟市で朝からウマいラーメンが食べられると話題のお店があります。 その名も…… 「手仕事らぁめん八」 店内はカウンター席とテーブル席が数席あります。 こちらのお店で朝から食べられる一杯がこちら。 ▲朝らぁめん(600円) アッサ…

ハードボイルド・「つけ麺」の世界 ~ 食べ歩きマニア道 其の7【タベアルキスト】

こんにちは。メシ通レポーターのタベアルキストYamauchiです。 各担当者が自分の好きな料理を徹底的にマニアックに掘り下げ、みなさんに魅力を伝える当シリーズ第7弾。今回はついつけ汁につけないで食べてしまう、「つけ麺」の自家製麺の魅力に迫ります。 「…

昇龍軒のどデカイ、カレーちゃんぽん麺! ゲソやらポテトやらとにかくボリューミー【大阪】

みなさん、こんにちは。 メシ通レポーターのsenaです。 今回は大阪・京橋にあるどデカイ、カレーちゃんぽん麺がとにかくボリューミー、と噂を聞きつけたのでやってきました。 京阪電鉄の高架下にあるお店、昇龍軒です。 大きな扉が目印! こちらの京橋店は2…

【東京の個性派ラーメン店まとめ】無数にあるラーメン店からさらに絞ったthe東京ラーメン3選

ちわ。ラーメンならジャンルを問わずなんでもオッケーなメシ通編集部です。 東京ってラーメン店がいっぱいあり過ぎて、いざとなるとどこ行っていいかわからない、ってなことないですか?そんなあなたに、今日はこの一杯をどうぞ。新旧取り混ぜた、個性派ラー…

古くから新潟市民に愛されてきた一杯! 体に染み渡る味わいの「ちゃーしゅうわんたん」

新潟市民に愛されてきたお店 新潟市民の間で古くから愛されているお店「おもだかや」 。 2~30年前、新潟市内の各地に支店があり、ラーメンといえばこちらの「おもだかや」でした。 今回は開店前にお邪魔し取材をさせてもらいました。 開店の15分前位から常…

【珍種ラーメン】秋葉原で密かにささやかれる絶品ハイブリッド麺「タコスラーメン」の味とは?

皆さん、はじめまして。このたびメシ通レポーターになりました鷺ノ宮やよいです。「食べるの大好き」を自認するだけあり、筆者のツイッターにはよく食べ物関連のツイートが流れてくるんですが、あるときタイムラインで目にしたのはこんな衝撃画像。 丼にこん…

【名古屋デカ盛り列伝】全国にその名をとどろかせる「店麺多房 あいうえお」の驚愕メガ盛メニュー

炭水化物メガ盛! 病気ライス 名古屋、平針にある「店麺多房 あいうえお」。その名を聞いて、条件反射的にピクッと反応したアナタ! アナタは間違いなく大食いマニア。 なぜなら、名古屋はおろか、全国にもその名をとどろかせる有名メガ盛店なのだ。 地下鉄…

【油そば】ひたすら混ぜるべし! 行列のできる東京麺珍亭本舗の油そばをロングMIX【DJメシ】

お店情報 東京麺珍亭本舗 鶴巻町店 住所:東京都新宿区早稲田鶴巻町565電話:03-5292-9711営業時間:月曜日~土曜日11:00~翌3:00、 日曜日・祝日11:00~24:00定休日:無休ウェブサイト:http://www.hit-men.co.jp/ ※この記事は2016年12月の情報です。※金額…

全国のご当地インスタントラーメンが池袋に集結! 売れ筋ランキング発表&実食!

池袋ISPにインスタントラーメンの専門店「やかん亭」があります。全国のご当地ラーメンを集めた、大阪発祥の名物店です。 店内には所狭しと見慣れないラーメンが……! 天井近くの飾り付けもまた、さり気なくローカル風味で統一されています。それにしても、じ…

噂は本当だった……! 隠れ家すぎるラーメン店「(名前、看板はございません)」【京都】

隠れ家&穴場好きのみなさま、こんにちは。メシ通レポーターのナガオヨウコです。 ありとあらゆる情報が交錯する現在、「隠れ家や穴場を知りたい」という気持ちは、誰にでもあると思います。それでいて「ちゃんと美味しいところ」が望ましい。 そんなあなた…

トップに戻る