ラーメン

名古屋の「台湾ラーメン」は台湾でどこまで受け入れられるのか 〜あるラーメン店主の海外挑戦〜

ニンニクや唐辛子でピリ辛の味付けをしたミンチやニラをのせた「台湾ラーメン」。1971年頃に名古屋市内の台湾料理店から生まれた創作メニューだ。だから、台湾の名を冠していても、台湾にはない。 期間限定メニューとして提供しているお店や、台湾ラーメンな…

豚骨じゃなくて「猪骨(ししこつ)」ラーメンがおいしすぎる

豚骨じゃないんです 日本人の好きな食べ物といえばカレーとラーメン。 なかでもラーメンはありとあらゆる種類があります。 量で勝負するもの、素材にこだわったもの、辛さが売りのもの、萌えラーメン(笑)などなど。 しかし、かなりのラーメン通でもこれは…

エビの風味がたまらん!コンビニのラーメンをサクッと改造「エビ風味かき玉ラーメン」の作り方【魚屋三代目】

安くて作るのも簡単な市販のラーメン、重宝しています。麺や味の種類も豊富ですよね~。その中でもシンプルな塩ラーメンをチョイとアレンジ。エビの風味を加えた「かき玉ラーメン」を紹介します。 作り方は超簡単、ふんわり卵のやさしいかき玉ラーメンからピ…

本当に営業中なのかわからない食堂「伊勢屋」のラーメンはどうしてこんなに沁みるのだろう

以前、神戸グルメを長年愛してこられたベテランライター・芝田真督(しばたまこと)さんに取材させてもらい、記事を書いた。 www.hotpepper.jp その記事の冒頭でも触れたのだが、ある日、私が神戸市兵庫区にある湊山温泉という銭湯に行って入浴後にビールを…

【月間ランキング】2018年12月~「イトーヨーカドーのポッポ」や「芸人ヒロシのソロキャンプ」が話題

みなさんこんにちは、メシ通編集部です。 平成最後の年末年始、どのように過ごされましたか? 帰省された方、旅行に出かけた方、自宅でのんびりされた方などいろいろかと思いますが、変化の年を楽しんでいきましょう。 それでは、『メシ通』2018年12月の反響…

下町の行列店「らーめん弁慶」76歳オーナー“生涯現役”の秘訣(ひけつ)は、自慢の背脂ギタギタこってり味にあった!?

千駄ヶ谷ホープ軒は、「背脂とんこつ醤油ラーメン」という1ジャンルを生んだ。 そしてラーメン専門店という形態を根付かせ、現在の東京ラーメンシーンを築き上げる人材を多く排出した、いわば生きた伝説のようなお店だ。 www.hotpepper.jp 創業者である牛久…

ふやけた皮のむこうに。禁断の「肉まんラーメン」【筋肉料理人】

明けましておめでとうございます! 昨年中はレシピブログ執筆陣のレシピをご覧いただき、ありがとうございました。今年も頑張りますのでよろしくおねがいします。 新しい年も始まったばかり、皆さんまだまだお忙しいと思いますので、今回は超身近な食材を使…

うま辛な麻婆豆腐に背脂とチーズがインした「ヤミツキとら麻婆麺」に注目!@新潟県新発田市「とらまる」

エリア新発田市

地味にすごい経営術・イトーヨーカドーのフードコート「ポッポ」

ポッポって実はすごいんじゃないか イトーヨーカドーのフードコートを思い出してほしい。 うどんやドーナツ、アイスクリームなどの専門店があるなかで、らーめん、たこ焼、お好み焼とライトミールを網羅するオールラウンダーのファストフード店があるでしょ…

ワタリガニのうま味をトロトロ濃縮!crab台風。の「蟹とんこつラーメン」は麺と雑炊で2度ハマる【別視点ガイド】

2018年6月、水天宮駅にオープンしたラーメン店「crab台風。」。 もともと代表の伊東さんが茗荷谷駅で「らーめん台風。」を営んでいたが、2012年に日本での営業を一旦休止。世界に挑戦すべく香港へと渡る。 香港では魚介豚骨ラーメンをメインに2店舗展開。今…

370円、奇跡の一杯に出会った 〜もうひとつの和歌山ラーメン物語〜

東京から大阪へ引っ越して5年ほどになるのだが、ことあるごとに感じるのは大阪から京都と神戸への距離の近さである。どちらも電車に乗れば30分ちょっとで行けるので、割と気軽に飲みに出かけたりしている。 一方で、同じようにたびたび感じるのが和歌山県の…

新発田市「神華」の気になる白いスープの「おばこラーメン」

新潟県新発田市、新発田駅近くにあるお店をご紹介します。 「神華」です。 お店に入ると、店内はカウンター席と小上がり席というつくりとなっていました。 ▲メニュー ラーメンを中心に一品料理なども充実しています。 新発田駅近くという場所柄もあり、カウ…

非とんこつ系なのにこのコクはいったい……?次世代ラーメン「博多拉担麺(らーたんめん)」にドハマりしてしまった【池袋】

こんにちは、『メシ通』の酒担当、パリッコです。 普段から毎晩のようにふらふらと飲み歩き、これまでにたくさんの、好きな酒場についての記事を書かせてもらいました。 そんな僕ですが、毎日毎日昼間っから酔っ払っているわけではありません。実は、昼ごは…

「喜多方ラーメン 坂内」が全国区になった陰には、30年間貫き通した“麺の哲学”があった

喜多方ラーメンと聞くと、どういったラーメンを想像するだろうか? あっさりした透き通ったスープに平打ち縮れ麺が泳ぎ、たくさんのチャーシューが丼を覆っている。 あの、暴力的なまでにソソるジューシーなチャーシューに、ツヤツヤでモッチモチの麺、そし…

名物「もつラーメン」には「もつ」が使われていない?新潟県新発田市「食堂みやむら」

今回ご紹介するお店は、新潟県新発田市にある食堂です。 お店の名前は、「食堂みやむら」。 ▲お店の前にある「新発田名物 もつラーメン」の旗 店内はテーブル席と、 小上がり席があります。 ▲メニュー 看板メニューの「もつラーメン」に加え、各種メニューを…

やたら食べたくなるアレ……自作の「背脂」をつかって晩メシを超絶うまくしました

【レシピマンガ】背脂チャッチャ系ラーメンが無性に食べたくなる時って、ありませんか【晩酌天国】

大好きだった極太の「常滑チャーシュー」に再び会いたい……という切なる願いが完璧にかなった日【愛知】

常滑にかつて存在した伝説の中華そば店 いきなり長ったらしい前置きから始めよう。 愛知県の常滑市といえば、日本六古窯のひとつで、今も焼き物「常滑焼」の産地として知られるまち。最近はレトロな町並みの風景や、2005年に開業したセントレア(中部国際空…

刺激たっぷり味噌オロチョン!新潟市で深夜まで営業している「元祖金太郎ラーメン」

新潟市で古くから繁華街と栄える古町の中心部から徒歩数分。 ひっそりと深夜まで営業しているラーメン店があります。 細い道を抜けると見えてくるのが…… 「元祖金太郎ラーメン」です。 ▲メニュー 伝説の味噌オロチョンが15年ぶりに復活! こちらは、15年前に…

コク深いうま味とさまざまな食感を楽しめる「霜降り味噌」。新潟市「吟醸味噌らーめん まごころ亭」

新潟市中央区には、味噌にとことんまでこだわった一杯を提供しているお店があります。 そのお店の名は…… 「吟醸味噌らーめん まごころ亭」です。 広い店内は、さまざまな客層にも対応可能です。 複数人の場合はテーブル席に 1人、2人の場合はカウンター席に …

真っ赤な看板が目印の「ラーメンショップ」こそ、昭和から続く不死身のロードサイドチェーンだ

赤地に白抜きで「うまい ラーメンショップ うまい」と記されたこの看板を見たことがあるだろうか? 埼玉や千葉、北関東三県などに行楽に訪れる途中、高速を降りた先の国道沿いやバイパスに突如現れるこの看板を目撃して「なんだあれは」「どっかで見かけた」…

袋麺で作ったとは思えない「冷やしピリ辛混ぜそば」【エダジュン】

こんにちは! 料理研究家のエダジュンです。 本日は、残暑払いにピリ辛がたまらない「冷やし混ぜそば」を紹介します。ソーセージやスパムをインスタントラーメンで煮込む韓国料理のB級グルメ・プデチゲをイメージして作りました。よーく混ぜて食べると、辛口…

柚子の香りが漂うあっさり塩 新潟県五泉市「らーめん ゆず」

最近では、ラーメンやつけ麺に柚子が入っているのを良く見かけると思います。 今回ご紹介するお店は、そうした柚子を使ったラーメンが今のように流行るよりも前から、柚子を使ったスープを提供していました。 そのお店が「らーめん ゆず」です。店名にもコン…

関西人が冷やしラーメンに納豆をドバっと1パックのせてみた「冷やしラーメン納豆のせ」

嫁さん評価 ★★★☆☆ 「トマトの赤がきれいで食欲がわくわね。でも、納豆が入ってるのが残念だわー。味はさっぱりでトマトがあうわね」 娘評価 ★★★★☆ 「これはこれでおいしいよー! 冷やし中華とまた違う感じで。トマトの皮がないから食べやすいし、オクラもこ…

やみつきになる「メルシー」の味を一度は賞味すべき

みなさんには学生時代の思い出の味ってありますか? 授業や部活の合間に楽しんだ大学近くのお店にあったメニュー……。 どこか懐かしさを醸し出している料理を探しに、やってきたのは早稲田大学近くに佇む中華料理店、その名も「メルシー」。 創業から60年に渡…

冷た~い豆乳スープの「コクうま冷やしラーメン」は最後の一滴まで飲み干せる

こんにちは~筋肉料理人です! 立秋も過ぎ、お盆も明けましたが、まだまだ暑い日が続いております。引き続き夏メシ、ということで、今日は簡単に作れる「冷やしラーメン」を紹介させていただきます。豆乳とクリームコーンで作る冷たいスープは、最後の一滴ま…

厳選された煮干しを用いたスープのラーメンと全9種のつけ麺!新潟市「麺や真玄」

今回ご紹介するのは、新潟市で創作系ラーメンの数々を提供しているお店です。 「麺や真玄」。 「麺や真玄」ですが、以前『メシ通』でご紹介した「中華そば来味」の姉妹店です。 www.hotpepper.jp 豊富なメニューがそろっています。 3種のチャーシューをトッ…

女性店主が作る優しい味わいの至極の一杯、新潟県阿賀野市「ラーメン紅生」

新潟県阿賀野市にある、女性店主が作るちゃーしゅーめんがおいしいと話題のお店をご紹介いたします。 今回のお店は、「ラーメン紅生」です。 メニューをみてみましょう。 醤油味、味噌味の各種ラーメンが並びます。 らーめんが500円というのは、今どき珍しい…

ラーメン替え玉9種が20玉まで無料!時間制限ナシでどこまでイケるか?【京都】

こんにちは。京都のライター、ナガオヨウコです。 ラーメン好きのみなさま、大食いのみなさまに朗報です! ラーメンの聖地・京都一乗寺にある とんこつラーメン4種類 ラーメン1杯につき、替え玉20玉まで食べ放題 自家製麺が9種類 以上のサービスを行っている…

寿司店のような店名なのにラーメン屋さん!?新潟県村上市の「玉寿し食堂」

今回ご紹介するのは、新潟県村上市にあるお店です。 店名は「玉寿し」。 これは、きっとおいしいお寿司を提供していることでしょう。 落ち着いた店内。 対面式のカウンター席には、漫画がいっぱいあります。 テーブル席も。 店内のポスターには、、、「信じ…

インスタントラーメンにも夏が来た!爽やかすぎ「すだちラーメン」と「冷やしレモンラーメン」【筋肉料理人】

こんにちは~筋肉料理人です。 7月に入り、いよいよ暑さが本格的になってきました! こういうときは、さっぱりしたもの、しかもとことん手のかからない料理がうれしいものです。そんな時に簡単でさっぱりおいしい「すだちラーメン」の紹介です。 すだちそば…

ド迫力の大盛りモヤシがそびえ立つ「ラーメン福」こそ名古屋の隠れ実力チェーンだ

名古屋のご当地ラーメン「ラーメン福」を知っているか 名古屋のご当地ラーメンというと、皆さんは何を思い浮かべるだろうか。 スガキヤ? 筆者も子どもの頃、よう食ったわ。ぜんざいソフトと一緒に。 台湾ラーメン? 名古屋で台湾とはこれいかに。しかも最近…

空腹を襲う圧倒的ボリューム&ほどよい辛さ!川崎で独自進化した「ニュータンタンメン」が全国に向け進撃中

君はニュータンタンメンを知っているか!? 担々麺というと中国を発祥とした、ひき肉と唐辛子が真っ赤なラー油に浮かぶ激辛麺料理。 元々は汁なし担々麺がルーツのようだが、陳建一氏の父・陳建民氏が日本人向けに汁あり担々麺を開発し、浸透したことはよく…

新潟市で食べられる本格家系ラーメン「心一家」豚骨醤油スープのおいしさにせまる!

1990年代の爆発的なブームにより全国に広がった「家系ラーメン」。 新潟市でもそんな家系ラーメンを食べられるお店があります。 六角家姉妹店「心一家」です。 こちらは、現在は閉店してしまった六角家本店で、修行した店主が2002年にオープンさせたお店です…

【含多湯】何て読むかわかりますか?ナゾのご当地メニューを徹底調査

突然ですが、みなさん「含多湯」って何て読むかわかりますか? ふくむた……ゆ……? がん……た……とう……? 一発目で正解できる方はいないのではないでしょうか。 答えはガタタン。何かが崩れ落ちたような音。 北海道の芦別(あしべつ)市には、「含多湯(ガタタン…

徳島生まれのロングセラーカップ麺「金ちゃんヌードル」はなぜ西日本で長年愛され続けるのか【徹底解剖】

私が東京から大阪に引っ越してきてよかったと感じたことの一つに「金ちゃんヌードル」が手に入りやすくなったことが挙げられる。 「金ちゃんヌードル」は徳島県に本拠を構える徳島製粉株式会社が製造・販売しているカップ式のインスタントラーメンである。 …

「すべては○○のため」繁盛店がリニューアルする理由とは?「担担麺の掟を破る者」の流儀

大阪・梅田にほど近い「都島」を歩いていた時のことです。 ふと通りがかったお店に、次から次へと人が並び行列ができているのを発見しました。 それがこちら(行列のない時間に撮ってます)。 へーこんなところにも行列店があったとは。何のお店かなあ、とち…

具ナシのインスタントラーメン、なにを加えると栄養アップする?【誰でもできるコンビニ食材&冷凍野菜活用術】

「料理に時間はかけられない」「でも、栄養は心配……」 というかた、とても多いですね。現代人、本当に忙しくて、疲れている人が多い。帰宅したら1分でも長く休んでいたい、家事の手間は最小限にしたい ── そう願う人のなんと多いことか。 けれど、やっぱり腹…

「亀の手」を使ったラーメン!?佐渡「出世街道」で食べられる珍しい一杯

佐渡市の佐和田という地域にあるお店をご紹介したいと思います。 海がすぐ近くにあります。 真野湾の湾奥に位置するため、左右に陸地が見えます。 佐渡市は島なため、各地でこうしたきれいな海を見る事が出来ます。 個性的なメニュー満載「出世街道」 そして…

日本人に味噌ラーメンを浸透させた昭和の巨大チェーン「どさん子」が、完全リブランドして劇的な復活を遂げていた

40歳以上の方なら、アゴが丼になっているペリカンのロゴで覚えているだろう、1970年代から急激に店舗を増やし、全国展開した味噌ラーメンチェーン「どさん子」。 東京近郊はおろか、地方の外食店のない場所にまで店舗を広げ、短期間で1000店舗を超え、日本人…

深みある醤油ダレに折り重なる豚・鶏・魚介出汁。新潟市「ラーメン屋モン吉」

今回ご紹介するお店は、2017年10月にオープンした新鋭店です。 新潟市江南区の「ラーメン屋モン吉」。 お店の外の案内。 準強力粉1種類の自家製麺 鶏、豚、和風と別々に取った出汁 化学調味料を使わない製法 とのこと。 これは期待が膨らみますね~。 メニュ…

台湾ラーメンの元祖「味仙」にはアメリカン、イタリアン、アフリカンという必殺メニューがある【名古屋を真っ赤に染める】

名古屋を訪れたアーティストが地元のFMラジオにゲスト出演したとき、「昨日は何か名古屋めしを食べましたか?」と、パーソナリティーは必ず聞く。ひと昔前は、手羽先が多かったが、最近では台湾ラーメンを挙げるアーティストが多い。 そもそも名古屋の台湾ラ…

市役所で誰でも食べられる「スラーメン」250円こそ局地的ソウルフードの代表格だ!「スラーメン」の実態に迫る

まいど憶良(おくら)です。 究極のソウルフード、その名も「スラーメン」という謎のラーメンが、市役所の中で、更に250円で食べられる そんな話が、本当にあるんです。 と、いう事で鳥取県は鳥取市にやってきました。 いかにも市役所の中という雰囲気のフロ…

真っ白な豚骨スープ!?濃厚かつクリーミーな味わい、長岡市の「ジョウモン」

新潟県長岡市にあるラーメン店をご紹介します。 「麺縁 ジョウモン」です。 店内は、きれいで落ち着いた雰囲気となっています。 厨房向かいのカウンター席とテーブル席。 壁に向かう形のカウンター席。 小上がり席もあるので、ご家族連れにもおすすめです。 …

千駄ヶ谷の生ける伝説「ホープ軒」、元祖・背脂こってりラーメン誕生の秘密に迫る

当連載『ラーメン系譜学』の第1回で、吉祥寺にある「ホープ軒本舗」を取り上げた。 www.hotpepper.jp その際、「千駄ヶ谷にある『ホープ軒』とは違うのか?」「両店は関係があるの?」という声がよく聞かれた。関係については第1回の記事内でも触れてはいた…

【グリーンカレーラーメン】スパイスカレー店を開店させたばかりの女性店主が作る「うますぎるラーメン」とは【料理人のまかないメシ】

めちゃくちゃおいしい「グリーンカレーラーメン」「ジャークチキン丼」が簡単にできるレシピ【料理人のまかないメシ vol.3】 御徒町にあるカレー店「PIVO」のオーナー樫福由佳さん(左)のまかないメシのレシピ、作ってくださるのは樫福さん、食べるのは店長…

敏腕ラーメン店デザイナー・マーコ氏に聞く「ラーメン店を月商600%UPさせる方法」

日本人のソウルフードともいえる「ラーメン」。みなさんも大好きですよね? 全国のラーメン店総数は35,000軒以上といわれ、まさに「ラーメン天国」な日本。でも店側にしてみれば、まさに暗闘反目の世界。売上の伸び悩みに頭を抱える店主も少なくないのでは?…

4カ月間、光のない「極夜」の中で探検家・角幡唯介の胃袋を満たした“ごちそう”とは【極限メシ】

2018年2月、作家・探検家の角幡唯介さんは『極夜行』(文藝春秋)を発表した。これは日の昇らない冬の北極を4カ月にわたって歩き続けた探検ノンフィクション。 極夜行 作者: 角幡唯介 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/02/09 メディア: 単行本 真っ暗…

海老風味と辛さとシビレの濃厚坦々麺!新潟市の「麺屋 Aishin 河渡本店」

新潟市東区にあるラーメン店「麺屋 Aishin 河渡本店」 2015年にオープンした、夜営業のみの「麺屋 愛心 古町店」がじわじわとラーメンフリークの間で話題となり、翌年こちらのお店がオープンとなりました。 古町店は夜飲んだ後に行きやすいのがメリットです…

【袋ラーメン】アメリカ人たちがホントにやっているインスタント袋ラーメンのハック集【その発想はなかった】

アメリカ人は平気でラーメンをハックする【理系メシ】 アメリカンな食べ物と言えば、ピザ! バーガー! そしてドーナツ! それを全部インスタントラーメンで作ってしまうのだ。本当だ。 ラーメンを科学する おいしい「麺」「だし」「うまみ」の正体 作者: 川…

進化を続ける「油そば」の研究所で開発された次世代型そば「ワセ女油そば」とは

こんにちは。カメラマンの工藤です。 去年の夏辺りから早稲田駅の近く、早稲田通り沿いに気になる看板が置かれているのが気になっていたのです。 「油そば研究所」? 一体ここはどんなお店なのでしょうか。 早稲田周辺には、何店もの有名な油そば店があり、…

トップに戻る