やってみた

【僧侶鼎談】お坊さんが煩悩たっぷりな「しゃぶしゃぶ」を食べたらどんな思考になるのか?

こんにちは、僧侶の稲田です。 近年世界中から注目されている「仏教」。グーグル社がマインドフルネスを取り入れたり、アップル社の共同設立者の一人スティーブ・ジョブズが禅に傾倒したりしたのは有名です。 中でも、最近密かにブームになりつつあるのが、…

「煮切り酒」をご飯にかけたらヤミツキになった。ただし、のっける具は選んだほうがいい【かめきちパパ】

学生時代、安い居酒屋さんで、当時は生ビールも今みたいに安くないんで、飲むのはもっぱら日本酒。メニューに「酒 2合」って書いてあるような、銘柄もようわからん酒でした。それをけっこう飲んで食べて帰ろうかなぁ、という時に友人がシメに食べてたのがこ…

【シマノススメ】旅して学ぶと最高に楽しい“八丈島のソウルフード”「島寿司」握り方入門

伊豆諸島の代表的な郷土料理「島寿司」。離島ならではの旬な魚を味わうことができ、家庭でも気軽に作れるのが魅力です。本場・八丈島を訪ねて、その握り方をじっくり教わってきました!

食卓でかんたんに燻製ができてしまう「魔法の燻製マシン」が開発中だ

燻製をしよう。どんどん燻製を 私は燻製が好きだ。燻製の本を編集したこともあるし、自宅で薫製をすることも多い。 本格的にやろうと思うと大変だが、最近では簡易スモーカーも売られているので、自宅で簡単に燻製を楽しめる。 ▲今回はこの商品のお話をしま…

新しい「せんべい」のあり方を模索したくなるせんべい専門店【せんべい2.0】

せんべいの具、こんなに自由でいいのか 本厚木にすごいせんべい屋さんがあると聞きつけました。 顔がすっぽり隠れるくらいの大きなプレスせんべい、観光地で見たことありませんか? なんでもそのお店は、厚木名産シロコロホルモンやトン漬けもせんべいにして…

【漁協の直売店】わざわざ連休を使ってでも北海道・厚岸まで旅に行くべき理由とは(特に牡蠣)

地元(厚岸)にうまいものがありすぎて困る どうも、ちみをです。道産子です。 たまに北海道の実家(厚岸)に帰ると、地元のうまいものをかっこみ過ぎて胃を悪くするのがお決まりルーティンです。 ただ18歳のときに実家を離れてしまっているため、最近は「自…

北海道から絶品な「じゃがいも」が6品種も届いたのでホクホク食べ比べしてみた

じゃがいもにいろいろ品種があるってご存じでしたか 北海道の友人から採れたてのじゃがいもが届きました。 それも、まとめて6品種も。 その友人は、自家農園で多品種の野菜を自家消費用に育てているのです。 そして今回、食いしん坊仲間の私に、「北海道じゃ…

ウイスキーでつくるレシピの可能性を探ってみる【おつまみ&アレンジドリンク】

INDEX おつまみその①「ウイスキーピクルス」 ドリンクその①「フローズンレモンソルティハイボール」 ドリンクその②「Wアップルハイボール」 おつまみその②「ウイスキー昆布〆」 ドリンクその③「グレープフルーツとガリのハイボール」 おつまみその③ 「ウイス…

「食品乾燥機」で食材を片っ端からドライ化した結果、QOLがバチッと上がったのでご報告

どうもちみをです。食材の歩留まりが悪いです。 先日部下がリンゴをくれたんですよ。 旅行に行ってきたからってお土産にくれたんですよ、いやあうれしいもんですね、「ありがとうおいしくいただくよー」なんつってね、「ソテーにでもしてみようかなー」なん…

【魚屋さん推奨】家にあるもので「生牡蠣」を激ウマに食べる方法4選【魚屋三代目】

牡蠣(カキ)がおいしい季節になってまいりました! フライに焼き牡蠣、鍋に炊き込みご飯と最高。そして、やっぱり「生牡蠣」。フレッシュな牡蠣のうま味が口いっぱいに広がり、ん~、師走の忙しさを一瞬、忘れさせてくれます……。 その生牡蠣、 パック入りの…

「ドレッシングの勝ちパターン」を開発したんだけど、ちょっとサラダに試してみてくれませんか

痩せねばなりません こんにちは、ちみをです。太ってきました。 いや年は取りたくないものでして、代謝の落ちとともに徐々に増量、とは方便でただの暴飲暴食による自業自得。こと担々麺にハマりだしてから、さらには事故により運動を制限されてというもの、…

「さけるタイプのモッツアレラチーズ」、他にいい食べ方はないものか

みんな大好き、あのチーズ。 こういう棒タイプの、さけるタイプのモッツアレラチーズ。各社よりいろいろな商品が発売されていますね。 このチーズ、大概の人は「さいて」食べていると思います。 私はこちら、オーブンで焼いちゃいます。 そうすると、「伸び…

上海在住歴6年のライターが明かす、日本人が知らない本場の中華料理10の驚き

2018年の4月、『ルポ「中国潜入バイト」日記』(小学館新書)という本を出した。 ルポ 中国「潜入バイト」日記 (小学館新書) 作者: 西谷格 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2018/03/29 メディア: 新書 なかなか理解しがたい超大国・中国のリアルな姿を知り…

食べてみるまで中身がわからぬ「闇フライパーティー」の楽しみ

「闇フライ」とはなにか まず「闇フライ」とはなにかを説明せねばなるまい。 とあるバイキング形式のお店に行ったら、串に刺さったフライが大皿に盛られていたことがある。説明も無しで。 フライは衣があるので食べるまで中身がわからない。 口に入れるまで…

カレー風味ソーセージ、パクチー鶏ソーセージ!アレンジソーセージの簡単製作法をプロに伝授してもらった【別視点ガイド】

ソーセージが好きだ。 プリッとした食感、ジューシーにしたたる肉汁、かわいい造形美……。 なにをとっても文句のつけようがない。 朝飯に1本加わるだけで、どれほど多くの人を幸せにしたか。 ライフオブクオリティーの向上にかかせない幸福の聖棍(せいこん)…

豚肉2キロ!超級を超えた「最終カツ丼」を大食いアイドルは撃破できるのか【小林銅蟲×もえのあずき】

メシ通編集部です。 2017年11月にスタートしたレギュラー企画「蟲通」も早いものでそろそろ1年。 おなじみ、小林銅蟲先生も 健在です。 さて今回は、大食い企画。 ドデカイ料理を作って、大食いアイドル(のちほど登場予定)に食べてもらおうと考えました。 …

【飼育日記】幻のニワトリ「大王」を飼い始めて、産んでくれた卵でTKG(卵かけご飯)を食べるまで

感動巨編 〜「日本最大の地鶏」を飼育してみた〜 日本最大の地鶏、その名も……「大王」。 名前からしてラスボス級の雰囲気ですが、 熊本原産のニワトリで、大きいものは体高80センチ、体重で8キロ近くになります。足なんてもう、恐竜なみの存在感です。 昔々…

【費用わずか数百円】カネがないなら「うどん」を打てばいいじゃないか!【初心者のための完全解説】

『メシ通』をご覧の皆さん、こんにちは。漫画家の田中としひさと申します。 私がうどんを打つようになったのは、その昔 ── 友人は飽きっぽいのでその後まったく打たなくなったのですが、私はこれ以来すっかりうどん打ちが気に入ってしまったのでした。 そば…

「バニラアイス」のアレンジレシピ【DJメシ】

バニラアイスをもっとおいしく食べる方法【DJメシ】 今夜のパーティーも大盛況なDJムラマツ。だが誰からも愛されるスイーツであるはずの「バニラアイス」のアレンジレシピについて、不穏な論争が……!? 今回は実在する大御所和モノDJ、珍盤亭娯楽師匠も登場…

速攻で「汁メシもどき」をつくってみる【冷や汁・鶏飯】

鶏飯でも冷や汁でもない、それっぽい汁メシ 汁メシが好きだ。 牛丼はいつだってツユダクだし、カレーはしゃばしゃば。 お茶漬けも湯漬けも大好きだ。 汁メシは、食欲が無いときはもちろん、食欲があるときもおいしい。 味のついたご飯をガバガバと手早くかっ…

メリットだらけの「乾物」をもっと普段使いできないものか【長期保存可・高栄養・メインおかずになる】

毎回1つのテーマをフードライター白央篤司が掘り下げる「ハクオー研」、第5回目は乾物&干物がテーマです!

委員長、今日は一生分のウニを食べてもらいます【小林銅蟲×月ノ美兎】

メシ通編集部です。 連載企画「蟲通」も第4回目。 ゲストはこの方にご登場願いました! 銅蟲先生、今回は『メシ通』史上初めてVirtualなYouTuberが登場です。 ゲストは委員長こと、月ノ美兎さん! www.youtube.com 銅蟲先生:暑いですね。頭髪を全部とりたい…

【おつまみは300円まで】オトナの駄菓子飲みを堪能してみた

「遠足のおやつは300円まで」 そんな先生からの言いつけを守り、100円玉3枚を握りしめながら近所の駄菓子屋さんに駆け込んだのはもう昔のこと……。今や10円、20円程度の差額など思慮の外。100円だろうが、200円だろうがボンボン買い物カゴに入れて「大人買い…

焼きそばを いつものソースで 炒めずに 変わったソースで 試してみたよ【詠み人知らず】

ソース焼きそばの「ソース」は「ウスターソース」じゃなきゃダメ ……なんてルール、一体誰が決めたのでしょう? ちょっと思考停止だと思いませんか? 今回はそんな固定概念にとらわれず、ウスターソース以外の「ソース」で最高の焼きそばが作れないか、試して…

密かに話題の同人誌『米1合に缶詰1個で炊き込みご飯』作者が教える、焼き鳥缶詰めし【安い簡単ウマイ】

『メシ通』をご覧の皆様こんにちは。 先日、『米1合に缶詰1個で炊き込みご飯』という自費出版の薄い本を作りました平田と申します。内容はタイトルそのまんま、いろいろな缶詰で簡単に炊き込みご飯を楽しむ本でございまして、なかなかのご好評をいただいてお…

サラダチキンを「すき焼きのタレ」に漬けると、ご飯がすすみすぎて有罪!懲役100年!

サラダチキンをいろいろな食材に1日漬け置きしてみた みんな大好きサラダチキンでございます。 基本そのまま食べてる人が多いでしょうが、私、晩酌をする時にワサビ醤油を試した過去がございます。 サラダチキンをワサビ醤油で食べると鳥刺し欲が結構満たさ…

【パセリジュース】目が!目が!疲れ目・弱り目・たたり目に効果的な食材とは【理系メシ】

【理系メシ】最近、目が弱くなってませんか? 目が見えんのだよ。 近眼に老眼が入り、遠くも近くも見えないという大変なことになっているのだよ。 笑っている、そこ! 笑っていられるのも今のうちだ! 目の疲れは目だけじゃない。 首も疲れている。腰も疲れ…

【検証】「オンライン飲み会」は楽しいのか

次世代型の飲み会スタイル 気のおけない友だちとワイワイ飲むのは、人生のうちで最も楽しい行為のひとつだと思います。 でも、ま、大人になってきますと、みんな忙しかったりして飲みに行くスケジュールを合わせるのも大変です。 しかも、その友だちが遠くに…

あ!栓抜きがない!そんなとき代用できる道具はこれ

ピクニックやBBQ、キャンプ、ホームパーティーでは、瓶ビールや瓶詰のジュースの出番も多いもの。でも、キンキンに冷やした飲み物をいざ飲もうという時になって「栓抜き忘れた……」なんてことになれば、あなたの株価は暴落。その場のテンションも、なんだか下…

バーミヤンを桃源郷にしてしまうたった2つの方法

1人あたり2,000円ちょいで大満足の3時間 「バーミヤンを桃源郷(とうげんきょう)にする方法」とは。 スマホアプリのクーポンを使う 焼酎のボトルを入れて焼酎用ドリンクバイキングで割りまくる そう。このふたつである。 大人のたしなみ【ファミレス飲み】…

味覇の万能さに甘えた、意識低い「無限ナス」のレシピを考える

突然ですが、みなさん料理していますか? ぼくは、会社と一人暮らしの自宅を往復するだけの生活に完全に順応してしまい、今や「自炊をする」という選択肢すらなくなりました。 しかし、やっぱり料理がしたい……! 料理はできないだけで、興味がないわけじゃな…

ついに漫画『めしにしましょう』と本気コラボ!なんと今回はアイスクリームをガチ揚げしてみたぞ【小林銅蟲×チームしゃちほこ】

こんにちは、メシ通編集部です。 ちょっと久々の「蟲通(ムシつう)」。 ご登場いただくのはご存じ…… われらが小林銅蟲先生! イン・ダ・夏のリゾート感(ちょっとレア)。 今回は、先生が漫画雑誌『イブニング』(講談社)にて連載中の『めしにしましょう』…

ニュータイプぬか漬けの研究【炊きたてのご飯にドンピシャなおかずを探すシリーズ】

スイスチャード、アルファルファ……ニュータイプぬか漬けの研究 最近、ぬか漬けセットを手に入れました。 こちら、従来のものから改良が加えられており、冷蔵庫に入れて管理します。 常温で扱わず、ぬか床を毎日手入れをする必要がありません。 また、コンパ…

そもそも「ご飯」はお酒のツマミにできるのだろうか?

チャーハンはウイスキーの肴に合う? 新刊『無限の本棚 増殖版』(筑摩書房・刊)も好評の特殊古書店マニタ書房店主のとみさわ昭仁さんが、最近チャーハン作りに凝ってるんですよ。 無限の本棚 増殖版 (ちくま文庫) 作者: とみさわ昭仁 出版社/メーカー: 筑…

目玉焼きにトッピングをかけてスイーツにしたら何がいちばんおいしいか選手権

目玉焼きにマーマレードをかけると、青山辺りのケータリングカーで売ってそうな極上スイーツになります 皆さんは目玉焼きに何をかけて食べますか? 僕は砂糖です。 …… あ! 待って行かないで! これが意外とイケるんです!! 味は甘い卵焼きをイメージしても…

「バーミヤン」でファミレス飲みしたら2,000円もしないで楽園に行けた

近年、ファミレスが復調の兆しを見せていることをご存じですか? その理由の一端にあるのが、ずばり「ファミレス飲み」。おいしい料理を安く提供してくれるだけじゃなく、お酒もしっかり低価格。ヘタな居酒屋さんに行くよりもおいしく楽しく飲めると、すっか…

「ノンアルコール飲料だけの飲み会」でどこまで盛り上がることができるか検証してみた

ノンアルコールビール、好評ですよね。 最近は飲み屋さんのメニューにも必ずあるし、コンビニのビールコーナーでも、何種類も置かれて充実してます。 「今のノンアルビール、おいしいよ。もうビールと変わらないくらい」 なんて声もよく聞きます。 クルマで…

【究極の焼き芋】甘味成分を最大化する「6時間焼き」の方法を調査してみた【理系メシ】

究極に甘い焼き芋の作りかた まずは、ご覧あれ! この艶、このやわらかさ、このとろけ具合。 こんな焼き芋を見たことがあるだろうか? そして、この蜜! 焼き芋がまるで大学芋のように蜜にまみれ、内側から蜜がしたたり落ちている! あまりの糖度に、冷凍し…

『めしにしましょう』小林銅蟲先生がもしも鍋料理を作ったら……超ド級「粉砕出汁しゃぶしゃぶ」ができちゃったぞ〜【with姫乃たま】

こんにちは、メシ通編集部です。 さて、本連載「蟲通」の第2回目。 漫画『めしにしましょう』単行本第④巻が2017年12月に発売されたばかりの小林銅蟲先生にご登場いただきます。 銅蟲先生、お久しぶりです! 今日は寒い冬に食べたくなる鍋料理を教えてもらい…

梅干しが酸っぱすぎて食べられないときの対処法

日本人の疲労回復フード、梅干し。梅干しに豊富に含まれているクエン酸は疲労回復の代表格として有名ですよね! だが、しかし! そのクエン酸なのですが、もうすっぱいことすっぱいこと……。 疲れている時は梅を食べようと思い、買ってみたはいいものの……酸っ…

【大人の自由研究】お雑煮のおもちは丸or四角?つゆの味は?具材はナニ?出身地別に作って食べ比べてみた

お雑煮、好きですか? お雑煮って、各地でだしも具材も味つけも変わる。変わるというより、もう千変万化!バリエーションの多さに魅了されて、すっかりハマって早7年のライター、ハクオーです。今回は各地のお雑煮のユニークな実態、ご紹介できればと思いま…

【検証】スイーツをおつまみにして酒を飲むのはアリなのか

突然ですが皆さん、 「酒飲みは甘いものを食べない」 という定説をご存じですよね? 週に8度は飲んでいる私も、まさにスイーツ嫌いで有名な酒飲みでした。 しかし、そんな私も最近、甘いものを欲するようになりました。 年をとって味覚が変化し始めたのでし…

芸人・小林すっとこどっこいが体験!はたして人は「きくらげ」だけで生活できるか?【ポケットマルシェ第2弾】

『メシ通』をご覧のみなさま、寒暖激しい中、風邪などひいておりませんか? オフィス北野という芸能事務所で、お笑いコンビ『がじゅまる』として活動しております、芸人の小林すっとこどっこいと申します。 現在、「ポケットマルシェ」というフード宅配アプ…

マンガ『めしにしましょう』掲載の「肉あんかけチャーハン」、アイドルと一緒に作ってみた【小林銅蟲×妄キャリ】

こんにちは、メシ通編集部です。 あまたある料理マンガの中で、最近のヒット作といえばなんといってもこれでしょう。 ©小林銅蟲/講談社 隔週刊漫画誌『イブニング』(講談社)にて好評連載中の『めしにしましょう』です。 内容を簡単に説明すると…… 漫画家…

脳の疲労に?ウマくて頭もさえる「煮干しラーメン」を自作する【理系メシ】

「煮干し」は脳の疲労に効くらしい。 某社のサプリメントの広告によると、「ヒスチジン」という物質を2週間取ると “頭のさえや注意力向上” が自覚できるのだそうだ。 「ヒスチジン」はアミノ酸の一種で、アレルギー反応を引き起こす「ヒスタミン」の前駆体。…

新しくて楽しい飲みスタイル「チェアリング」を知っていますか【ヒョイ飲み】

最近、一部で話題になっている「チェアリング」という言葉をご存じでしょうか? 居酒屋ライターのパリッコさんとスズキナオさんが提唱している酒の楽しみ方で、ようはいろんなところへ折りたたみチェアを持っていって、座って酒を飲もうということです。 つ…

「棒パ」しない?うまい棒で納豆チャーハンやメンタイパスタをつくってみた

うまい棒ってカゴいっぱい買ってもびっくりするほど安くて、買うたびにちょっとリッチな気分になりますよね。 1979年の発売されて以来ずーっと10円(消費税別)のうまい棒、「なっとう味」や「めんたい味」など、16種類ものフレーバーがあって(2017年9月現…

【かんたん】マスタードを自作してみた【プチプチ】

いくらや明太子のプチプチ食感って本当にステキですよね。 しかし、私は最近これらのプチプチに勝るとも劣らない食べ物にハマっております。それは……「マスタードシード」です!! お高めの料理店などで時おり目にすることができる、マスタードシードの粒が…

【本場】テキサスのステーキ名人にビーフステーキの焼き方を教わった【目からウロコ】

肉!!! 見てくださいよ! このうまそうな肉! どっかのお高いステーキハウスの肉に見えません? 実はこれ、私が焼いたんですよ! あ、こんにちは。メシ通レポーター・カメラマンの工藤です。 いや〜、最近、やたら肉食べてるんですよ。 なぜかっていうと、…

粉からこねて「チキンラーメン」を自作してみた【理系メシ】

やってきました、「カップヌードルミュージアム」。 横浜の赤レンガ倉庫のそばに立つ、しゃれた建物だ。あんまりシャレているので、気づかずに通りすぎる人もいるそうだ。 さて。なぜ「カップヌードルミュージアム」に来たかというと、チキンラーメンを作り…

トップに戻る