中華料理

上海在住歴6年のライターが明かす、日本人が知らない本場の中華料理10の驚き

2018年の4月、『ルポ「中国潜入バイト」日記』(小学館新書)という本を出した。 ルポ 中国「潜入バイト」日記 (小学館新書) 作者: 西谷格 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2018/03/29 メディア: 新書 なかなか理解しがたい超大国・中国のリアルな姿を知り…

ヤミツキになる「町中華のカレーチャーハン」のつくりかた【料理人のまかないメシ】

名物店主「いでっち」のカレーチャーハンのつくりかた もともとまかないメシだったカレーチャーハンが、あまりにもおいしいので、お店のメニューに加えたという町中華があるのですよ。 JR西大井駅からすぐの場所にある美華飯店がそのお店。 美華飯店の2代目…

【創業46年】異彩を放つ鎌倉の老舗中華料理店「ちんや食堂」を深掘りしてみた

鎌倉と言えば、古き良き風情を感じさせる料理店やしゃれたつくりのレストラン・カフェが点在しているイメージをお持ちではないだろうか。 その解釈は間違いではないが、中には例外もある。 まずはこれをご覧いただこう。 アンテナ……? 続いてはこちら。 電卓…

【月間ランキング】2018年9月~「よだれ鶏」や「ハム卵チャーハン」などが話題に

みなさんこんにちは、メシ通編集部です。 「食欲の秋」がやってきました。昨年は不漁の影響で高価だった秋の味覚の代表格「サンマ」、今年は豊漁で脂ものっていておいしいとのこと。ランチに夕食、食べる機会も増えそうですね。 それでは、『メシ通』9月の反…

春雨を戻すのは「この方法」が絶対ラク!懐かしい給食の味「春雨の中華風サラダ(バンサンスー)」【筋肉料理人】

こんにちは~筋肉料理人です! 今日は昔懐かしい給食の味、「春雨の中華風サラダ(バンサンスー)」を紹介させていただきます。小学校や中学校の頃の給食でよく出たメニューだった、なんて方も多いのではないでしょうか。じつは私は子どもの頃、きゅうりが苦…

【日本初上陸】世界最多の店舗数を誇る中国のファストフード店「沙県小吃」がとてもいい

ある日突然、小さなファストフード店の前に大行列ができ始めた 高田馬場駅から徒歩5分くらい、早稲田通り沿いの小さなお店の前に突然、大行列ができ始めたのは今年6月のことでした。 ファストフードっぽいのですが、見たことがないお店です。店名が漢字です…

【やってみて】片栗粉をまぶしてゆでれば鶏むね肉が超絶やわらかに。筋肉料理人の「鶏むね肉の水晶鶏」

こんにちは~筋肉料理人です。 今日は鶏むね肉の「水晶鶏」を紹介させていただきます。水晶鶏とは、鶏ささみを片栗粉をまぶしてたたき、それをゆでたもの。片栗粉の効果で表面が透明感をおび、つるりとした食感になります。今日はそれを鶏むね肉でアレンジし…

【座談会】町中華探検隊が選ぶ、平成が終わっても絶対に残したい「伝説レベルの町中華」とは

いきなり「町中華」っていわれても、なんだかわからないあなたに 「町中華」という言葉、ご存じでしょうか。 『メシ通』をご覧いただいている方はきっと、「食」に対してきっといろんなアンテナを張っている方々だと思うので、耳にしたことあるよ、という人…

「餃子の王将」水道橋店の現役店長に、自宅でできる最高の餃子の焼き方を伝授してもらった

メシ通リポーターのハガユウスケです。 夏到来でビールと餃子が合う季節、焼きはパリパリ、皮はモチモチ、お店のようなおいしい餃子を自宅で焼いてみたい。食は万里を超える! というわけで、「餃子の王将 水道橋店」にやってきました。 同行してもらったの…

チャイナタウンの達人に聞いた、パスポートの要らない中国【池袋】をガッツリ楽しむ極意とは

パスポートの要らない、バーチャルなアジア食べ歩きツアーを首都圏で楽しみたい! それにはまず、ヤシオスタン(八潮市・パキスタン人集住エリア)、リトルヤンゴン(高田馬場・ミャンマー系飲食店集中)、リトルカトマンズ(新大久保・ネパール系飲食店集中…

電子レンジと耐熱ボウルで3分!なのにスプーンが止まらないおいしさの「ハム卵チャーハン」

こんにちは、料理研究家のYuuです。 今回ご紹介させていただくレシピは、レンジでできる「お手軽チャーハン」。今までも、 www.hotpepper.jp www.hotpepper.jp などなど、いくつかレンチンチャーハンのレシピはご紹介させていただきましたが、今回はなんと…

伝説の番組『いかすバンド天国』オンエア30年目に聞いた「イカ天に出て人生どう変わりました?」

『三宅裕司のいかすバンド天国』というテレビ番組をご存じだろうか。反射的に「懐かしい」と思ってしまった方はきっと40代以上に違いない。1980年代後半からジワジワ盛り上がりつつあったインディーズブーム、バンドブーム。その流れを受け、平成元年(1989…

冷凍チャーハン界に新風!?自社工場を作ってまでなし得たかった愛知ラーメンチェーンのこだわりとは

'98(平成10)年、愛知県春日井市に第一号店がオープンした「豚旨(とんこく) うま屋ラーメン」。'18年6月現在、愛知県と岐阜県、三重県、滋賀県に直営店11店、FC店24店舗を展開する、地元で知らない人はいないほど有名なラーメンチェーンだ。 メニューの豊…

鶏むね肉をレンジで4分。手間なし「よだれ鶏」は、どうしてよだれが出るほどおいしいの?

こんにちは、料理研究家のYuuです。 「よだれが出る」ほどおいしい「よだれ鶏」。四川省でよく食べられている中華料理で、街の中華屋さんでも見かけるようになりましたね。おいしさの秘密は、香辛料や薬味がた~っぷり入った風味豊かな辛いソース。これが…

やみつきになる「メルシー」の味を一度は賞味すべき

みなさんには学生時代の思い出の味ってありますか? 授業や部活の合間に楽しんだ大学近くのお店にあったメニュー……。 どこか懐かしさを醸し出している料理を探しに、やってきたのは早稲田大学近くに佇む中華料理店、その名も「メルシー」。 創業から60年に渡…

ハマる調味料「花椒オイル」の鮮烈さに第3の目が開きました【味覚の目覚め】

シビれてますか? ちみをです。 昨今、花椒(ホアジャオ、日本語読みは「かしょう」)入りの担々麺やら四川風な麻婆豆腐やらがずいぶんとはやっておりまして、何かとシビれる機会も多くと存じます今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。 私ですか? いや…

夏はサラダチキンも激辛に!「麻婆チキン」で白ごはんがすすみすぎる件【今週は夏の辛いもの】

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 暑い夏になぜか食べたくなるのが、辛いもの。麻婆豆腐を思い切り辛~くして作るのもいいですが、今回はアレンジしておなじみ「サラダチキン」を辛くしてみました。白ごはんの準備は大丈夫ですか?(笑) コンビニ…

「大谷キラー」と呼ばれた男はいま ──。三菱日立パワーシステムズ・二橋大地選手が迎える勝負の夏【新・男の野球メシ 社会人野球編】

100回目の節目を迎える夏の甲子園に先立ち、今年も「第89回 都市対抗野球大会」が東京ドームで開幕する。7月13日から12日間、予選を勝ち抜いた32チームが全国から集結し熱戦が繰り広げられる社会人野球の一大イベントだ。 そこで『メシ通』では、プロとも、…

ホマレ姉さんの家庭で作るチョッと本格的な麻婆豆腐レシピ【意外と簡単にできる】

こんにちは、有機野菜農家のホマレ姉さんです。 私事で恐縮ですが、もし娘に「母親の味って何?……」と尋ねたら、たぶん彼女は麻婆豆腐と即答する気がします。 そのくらい我が家では頻繁に登場するレシピなんですが、その理由は簡単です。 おいしくて、安くて…

【月間ランキング】2018年5月~「大勝軒のチャーシュー」や「サバ水煮缶の味噌汁」などが話題に

みなさんこんにちは、メシ通編集部です。6月14日からサッカーワールドカップが開幕しました。遅い時間の放送が多いようなのでこの1ヶ月間は寝不足になってしまいそうですが、熱戦が楽しみですね! それでは、『メシ通』5月の反響の大きかった記事ランキング…

「食べるラー油」を自作して進化させたら、さらにハマる味になってしまった【晩酌天国】

【レシピマンガ】自作の「食べるラー油」は辛ウマすぎてビールが止まらなくなった【晩酌天国】 ※保存する場合は清潔な容器を使用しましょう。冷蔵庫などに保管し、早めにお召し上がりください。 なかむらみつのり先生の連載が単行本になりました! 『メシ通…

「つけ麺の元祖」大勝軒に自家製チャーシューのつくり方を教わってきた【料理人のまかないメシ】

「ほぼ大勝軒のチャーシュー」がたった1時間で自作できるって、本当? →本当でした。【料理人のまかないメシ】 自宅でおいしいチャーシューをつくるって、男の夢じゃないですか。 でも、チャーシューって難しそうだよなあ、って思っていたら、鍋ひとつあれば…

バーミヤンを桃源郷にしてしまうたった2つの方法

1人あたり2,000円ちょいで大満足の3時間 「バーミヤンを桃源郷(とうげんきょう)にする方法」とは。 スマホアプリのクーポンを使う 焼酎のボトルを入れて焼酎用ドリンクバイキングで割りまくる そう。このふたつである。 大人のたしなみ【ファミレス飲み】…

鶏むね肉で作る「低糖質中華」の世界。お肉しっとりやわらか「鶏むね肉の黒ごま回鍋肉」【筋肉料理人】

こんにちは~筋肉料理人です! 今日は低糖質料理の定番食材、鶏むね肉を使った回鍋肉を紹介させていただきます。回鍋肉は中華の定番料理、ビールがいければご飯もいけます。これを鶏むね肉と身近な調味料を使って作ります。風味付けに黒ごまをたっぷり使うヘ…

横浜中華街のプロに選ばれる中華鍋の専門メーカー「山田工業所」さんから教わったこと

中華街の料理人たちから圧倒的に信頼される中華鍋 山田工業所という会社がある。鉄鍋、主に中華鍋を作る会社だ。独自の「打ち出し製法」で作られる中華鍋は、プロの要求に応える逸品である。 「打ち出し製法」とは、1枚の鉄板をハンマーでたたいてたたいて鍋…

そもそも「ご飯」はお酒のツマミにできるのだろうか?

チャーハンはウイスキーの肴に合う? 新刊『無限の本棚 増殖版』(筑摩書房・刊)も好評の特殊古書店マニタ書房店主のとみさわ昭仁さんが、最近チャーハン作りに凝ってるんですよ。 無限の本棚 増殖版 (ちくま文庫) 作者: とみさわ昭仁 出版社/メーカー: 筑…

【絶品すぎる】自宅でできる、まかないのケチャップチャーハン【料理人のまかないメシ】

家庭でできるおいしいチャーハンの裏ワザがめちゃくちゃシンプルだった。絶品「ケチャップチャーハン」レシピ【料理人のまかないメシ vol.4】 僕が通っている町中華のひとつが、浅草の「あさひ」です。 他にはない独特のメニューがおいしいので、わざわざ出…

【中華鍋】自分史上最高のチャーハンを求めて【自宅で作る】

お店の火力じゃないと不可能だと思い込んでいた 「〇〇飯店」や「〇〇軒」みたいなお店で、いい感じのオヤジさんや中国から来た調理人が中華鍋をガッコガッコして作る、特別ではないけどおいしいチャーハン。 そこいらのラーメン屋さんで出てくるような、「…

ホントは秘密にしておきたい「倉庫中華」で脂っこい中国料理のイメージが完全に覆された

関西の友人に「ヤバそうなお店がありましたよ!」と教えてもらったのが、大阪市東住吉区にある「邯鄲小吃館」というお店だった。 「はんだんしょうちゅかん」と読む。そのお店は、古いビルの一階の倉庫内で営業していて、看板も出ておらず、知る人ぞ知る、で…

最近の冷凍チャーハンってうますぎませんか?さらにおいしくなるちょい足しアレンジを考えたよ

【レシピマンガ】冷凍食品のチャーハンにちょい足しするだけでさらに絶品になってしまう魔法の食材とは?【晩酌天国】 なかむらみつのり先生の連載が単行本になりました! 『メシ通』で連載中のなかむらみつのり先生の『晩酌天国!』シリーズが単行本になり…

「バーミヤン」でファミレス飲みしたら2,000円もしないで楽園に行けた

近年、ファミレスが復調の兆しを見せていることをご存じですか? その理由の一端にあるのが、ずばり「ファミレス飲み」。おいしい料理を安く提供してくれるだけじゃなく、お酒もしっかり低価格。ヘタな居酒屋さんに行くよりもおいしく楽しく飲めると、すっか…

にんにく香る「チャンジャ炒飯」でビールがすすむ、すすむ!【エダジュン】

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 居酒屋さんや焼き肉屋さんの定番メニュー、チャンジャ。タラの内臓のうま味と歯応えがおつまみに最高ですよね。そのまま食べるのももちろんおいしいのですが、ピリ辛味でじつは炒飯の具にもぴったり! 飲んだ後の…

はかりしれない衝撃度!チャーハンしっとり派が一目置く板橋「龍王」の超目玉新メニュー「ナスバター炒飯」

東京都内、JR板橋駅近くに、夕方となるとサワーが180円で飲めてしまう激安な中華居酒屋さんが存在する。お店の名は「龍王」という。 酒場激戦区にあって、勝ち抜くために単に安さを売りにしているのではない。外観からもうかがえるように、このお店の持つ独…

家チャーハンに「小さじ2杯の味噌」を入れると香りも味もバツグン「味噌わかめチャーハン」

我が家の子ども達、チャーハンが好きでよくリクエストされます。シンプル定番チャーハンからシラス干しや鮭入りなどバリエーションもいろいろ! 今回はそんなチャーハンレシピから、シンプルながらも味噌の風味がほんのり香る1品を紹介しますね。使う具材は…

JK時代の思い出の味は、がっつりパンチの効いたガーリックチャーハンなんです【ブラックペッパーたっぷり】

こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。 毎日こう寒いと、料理をするのも億劫になりますね(暑くてもなりますが…… 笑)。そこで今日は、包丁もまな板も使わずに、フライパン1つであっという間にできるチャーハンをご紹介します! じつはこれ、私が高校生の…

【使える卵レシピ】豆腐入り「コスパかに玉」が予想外にふわふわだった【噂の筋肉料理人】

こんにちは~筋肉料理人です! 寒い日が続くと温かい食べ物が食べたくなります。前回は鍋料理だったので、今日は熱々のあんかけレシピを紹介させていただきます。電子レンジで温めた豆腐にカニカマを使ったかに玉をトッピング。麺つゆベースのとろみあんをか…

【舌対音感】第9回:オカモト“MOBY”タクヤ(SCOOBIE DO)「俺が恋した香港フードたち」

「旅をしない音楽家は不幸だ」という言葉を残したのはモーツァルトだが、では、旅する音楽家の中でもっとも幸せなのは? それはやはり、その土地土地ならではの旨いものを味わい尽くしている音楽家ではないだろうか。そこで! ライブやツアーで各地を巡るミ…

チャーハンの「最適な炒め時間」が判明!パラパラチャーハンを作る「黄金ルール」【主夫めし】

嫁さん評価 ★★★★★ 「今日はパラパラ系のチャーハンなのねぇ。ご飯にしっかりと味はついてる感じだわ、具もシンプルでいいわね」 娘評価 ★★★★★ 「ほんまパラパラやね、これはなんぼでも食べてしまう味やわ! チャーハン以外のおかずがたべれんわー」 「パラパ…

マンガ『めしにしましょう』掲載の「肉あんかけチャーハン」、アイドルと一緒に作ってみた【小林銅蟲×妄キャリ】

こんにちは、メシ通編集部です。 あまたある料理マンガの中で、最近のヒット作といえばなんといってもこれでしょう。 ©小林銅蟲/講談社 隔週刊漫画誌『イブニング』(講談社)にて好評連載中の『めしにしましょう』です。 内容を簡単に説明すると…… 漫画家…

【ズボラさん専用】具は餃子!?包丁もまな板も使わない、まさかの「チャーハン餃子」

こんにちは、料理研究家のYuuです。 今週は、市販の餃子を使ったアレンジレシピをご紹介致します。餃子って、ただ焼いて食べるだけでもとーってもおいしいのですが、じつはいろいろな料理にアレンジが可能! そんな数あるアレンジレシピの中でも、簡単でお…

もやしの麻婆鍋!?財布にやさしくたっぷり食べられて大満足間違いなし【噂の筋肉料理人】

こんにちは~筋肉料理人です! 秋も深まり夜は冷えるようになりました。寒い夜に食べたい料理といえば、鍋料理。今日は体が芯から温まる「麻婆鍋」を、もやしたっぷりでヘルシー、リーズナブルに作ります。 麻婆豆腐を家庭で作る時、市販の麻婆豆腐の素を使…

冷凍食品をおいしく食べるチョイ技!プルプル透け透け「エビチリ蒸し餃子」だって作れます

最近の冷食(冷凍食品)って種類が多い! で、その中から今回使ったのは、 「エビのチリソース炒め」。 しっかりとした味付けなのでご飯やお酒がススム! そのエビチリをちょいとアレンジして「蒸し餃子」を作りました。刻んだレタス&冷蔵庫にあったブロッ…

アジアの空気感漂う老舗「上海小吃」を知らずして新宿歌舞伎町を語るべからず【本場中華から昆虫まで】

こんにちは、ミュージシャンでメシ通レポーターのDJ SASAです。 生まれ故郷の食都、四国・高知から東京に出てきて約30年経ちますが、上京した頃と比較するとすっかり街のイメージがクリーンになった感のある新宿歌舞伎町。 メインストリートには新しく「ゴジ…

松茸の香り!でもとことん安上がりな「松茸風味のあんかけチャーハン」の作り方

嫁さん評価 ★★★★☆ 「懐かしい味+懐かしい風味だわねぇ。これでチャーハンとは、いろいろと考えるのねー」 娘評価 ★★★★☆ 「懐かしい味なん? 普通においしいチャーハンって感じやけどねぇ。あんかけって食べやすいよね、好きやわ」 「お茶漬けの素」、昔から…

【魔法の調味料】鶏油(チーユ)を自作してみた

鶏皮、いつも捨てていませんか? むしろ肉はいらん、皮だけでいい、という皮派、パリパリのやつだけ許せる! というパリ皮受容派、など、鶏皮への思いには相当個人差があると思うのですが、食べたいけど痩せたいという人を中心に、鶏皮を避けている人は少な…

一口かじるとスープがじゅわじゅわあふれ出す焼き小籠包専門店を見つけた!【大阪】

台湾や中国の屋台メシって、めちゃくちゃソソられませんか?大きな文字でメニューが上部にドンと書いてあり、鉄板の上では次から次へとジュージュー焼き上がる料理たち。香ばしいニオイに加え旅情気分も盛り上がり、思わずアレもコレもと注文して、いつも早…

【シリーズ第2弾】老舗魚屋の主人が作る「チャーハン」が抜群にウマい理由

前回好評だった魚屋のチャーハン、 www.hotpepper.jp 今回は我が家の定番メニュー「しらすチャーハン」です。しらす干しは随時お店にあるのでストック切れほぼなし。後はレタスを入れたり長ネギたっぷりだったり、その日の気分や冷蔵庫の中身でしらす以外の…

【餃子の王将】最強のオリジナルミックスメニューを探せ【DJメシ】

「餃子の王将」で最高においしすぎるオリジナルMIXメニューをフロアに投入せよ お店情報 餃子の王将 水道橋店 住所:東京都千代田区三崎町2-18-4徳栄ビル 1F〜2F電話番号:03-3237-8823営業時間:日曜日・月曜日11:00~23:00(LO 22:30)、火曜日~土曜日11:…

味の終着駅「次郎長 本店」の裏メニューが三島市民に大評判らしいので食べてみた【静岡】

圧倒的、炒飯のチカラ!「次郎長 本店」 メシ通レポーターのYELLOWです。今回は箱根の山を飛び越して静岡県の三島市にある「次郎長 本店」に行って来ました! なんでも三島市民は炒飯を食べたくなったら、まず「次郎長 本店」を思い浮かべるとの都市伝説があ…

地域起こしで“日本一リアクションが取れる街”に!京都・向日市「激辛商店街」を歩く

辛い食べ物が好きな人なら京都府の“向日市(むこうし)”という地名を聞いたことがあるかもしれない。 向日市は京都市の南西部に接する地域で、“西日本で最も面積の小さな市”である。絶えず観光客の訪れる京都の中心街とは違い、特に大きな観光資源を持つわけ…

トップに戻る