工藤真衣子

安くてうまい「牛スジ」の調理法をマスターしたら自炊の満足度が爆上がりしたよ

牛スジって、牛肉としてはコスパがいいですよね。しかも、きちんと下ごしらえすればコラーゲンがプルプルして、極上のうまさに。今回は牛スジのおいしい調理法について考えてみました。

【羊肉】頭から脚まで食べ尽くす!羊を知り尽くしたモンゴル人の料理店で頭を丸ごと食べてみる

モンゴル料理は、羊肉に始まって羊肉で終わるといっても過言ではありません。とにかく羊尽くしな食体験がしたくて、マニアの間では広く知られている赤羽の名店に行ってきましたよ。

初めての「チベット料理」はなぜか優しくて懐かしい味だった【都内で唯一のチベット料理専門店】

東京・新宿駅から都営地下鉄新宿線で2駅の曙橋駅にある都内で唯一のチベット料理専門店「タシデレ」で、さまざまなチベット料理を食べてきました。こちらは都内で唯一、チベット出身者が作るチベット料理が食べられるお店なのです。

「生牡蠣」が好きすぎる私、酒や食材20種類と合わせたら多幸感がすごかった

そのまま食べてもおいしい生牡蠣をもっとおいしく、そして毎日食べても飽きないように、その辺で手に入る食材をいろいろちょい足ししてみました。 皆様も生牡蠣と一緒に食べたらおいしい食材があったらぜひ教えてほしいです。

最近よく見かける「ネパール料理屋」はコスパがいいのでぜひ試してほしい

最近街で良く見かけるようになったネパール系のレストラン。まだまだインドカレーのニーズが高いためか、インド料理を取り入れて独自に進化しているお店も多く、最近では「インネパ系」なんて分類で知られるようになってきました。 でも、こういうお店を「ネ…

イケアに行ったら買っておくべき「まとめ買い食材」10選【便利すぎるストック食材で北欧メシ】

イケアといえばスウェーデンの家具と雑貨、が一般的なイメージですよね。でもイケアに行くたびに、ごはんを食べるのも楽しみだったりします。筆者も店だけではなく、自宅でもイケアごはんを楽しんでいます。

世界220カ国の国旗をデザインした弁当をその国の料理&食材で作った「国旗弁当」がスゴすぎた

世界220カ国の国旗を、その国の料理、食材でお弁当にするという前代未聞のレシピ本『食文化・郷土料理がわかる 世界の国旗弁当』。著者の青木ゆり子さんに、いくつか国旗弁当を紹介してもらいながら、このお弁当を制作するに至った経緯について伺いました。

麺類を控えたいなら「しらたき」を食べればいいじゃない【糖質オフおつまみ5選】

低カロリー、低糖質なしらたきはダイエットの強い味方。しかも、その食感は麺類の代用食材としも優秀なんです。今回は、しらたきでばっちりビールに合うおつまみを作りたいと思います。

【ベランダ栽培】「バジル」がワサワサ育ってきたので、すり鉢でジェノベーゼソースを作ってみたら絶品でした

バジルは新鮮なうちに料理すると、さらにおいしいらしいです。採りたてがおすすめの食材なんですね。ベランダで栽培して大量に採れた新鮮なバジルを、1日では消費できないので、ジェノベーゼソースにしてみました。

身近な料理や意外な食材を巻く「雑トルティーヤ」がうまいので毎日の常食にすべき【ブリトー&タコス】

トルティーヤは主に中南米で食べられている薄焼きのパン。手軽にいろいろな使い方ができて、毎日の食材の候補にしておくとなにかと便利なんですよ。

ひよこ豆のペースト「フムス」を知ったら毎日の食事の可能性が広がった【中東料理】

中東諸国の伝統的な定番料理「フムス」。ひよこ豆から作られるペーストで、肉にも野菜にもパンにも合う、おいしくてヘルシーな料理なのです。今回は、このフムスを自宅でも作れるのか、試してみることにしました。

栄養満点な低糖質ランチを「カリフラワー」で作ったら、野菜として優秀すぎたので皆さんにも知って欲しい【ネクストブロッコリー】

低糖質で栄養たっぷり。おいしくて、色々な料理法ができて、主食の代わりにもなるカリフラワー。もちろんダイエット中の方にもおすすめのお野菜です。

マグロの中で一番おいしい部位はどこか、考えてみた【頰肉・カマ・目玉】

トロ箱いっぱいのマグロが届きました。そこで、マグロの全身をいろいろと食べてみよう企画をご提案。第2回は、頰肉、カマ、目玉です。前回の尾の身と脳天は絶品だったので、今回も期待できますよ!

マグロの希少部位は安くてうまいと世界に向かって叫びたい【大トロのような脳天からコラーゲンの尻尾まで】

マグロ。大トロ最高! とか、やっぱり中トロが、とか、ツウは赤身だよね、とかいろいろ言う人はいるんですが、マグロはその他も部位も最高だからもっと食べようよ、という話です。

【羊肉】キャリア50年の伝説の肉職人に「ラム肉の焼き方」を習ってきた

以前、『メシ通』に登場していただいた日進ワールドデリカデッセンの伝説の肉職人・牧野隆夫さんに、ラム肉のさまざまな焼き方を教わってきました。

旬の 「たけのこ」を大量に入手したのでいろんな料理を作ってみた

大量に手元にある旬のたけのこをどう美味しく食すか? さっそくいろいろなレシピにチャレンジしてみます。

旬の「たけのこ」が大量に届いたので、アク抜きからチャレンジしてみた

4月から5月末にかけて、市場には新鮮なたけのこが出回ります。旬の「たけのこ」が大量に届いたので、アク抜きのやり方をレポートしてみました。

本気のラム肉好きなら一度は食べておきたい「世界の羊肉料理」を体験してきた

世界中の羊肉料理が食べられる「羊フェスタ」に行ってきました。最近日本でもますます人気が高まりつつある羊肉料理ですが、世界にはどんなものがあるのでしょうか。

キャリア50年の「伝説の肉職人」に教わる上手なステーキ肉の買い方と焼き方【ステーキ・ローストビーフ】

他の店では手に入りにくい世界中の肉や食品を買える、麻布十番の日進ワールドデリカテッセン。その肉売り場の伝説の肉職人にステーキ肉の上手な扱い方を教わりました。

ガチ中華の最終兵器「ビャンビャン麺」が最高にうまい店【世界一難しい漢字の麺】

ビャンビャン麺って何だ? 「ビャンビャン麺」なんて、食べたことも聞いたこともない、という人も多いのではないでしょうか。 「ビャンビャン」という謎の響き、そしてやたら画数の多い漢字でテレビなどでも話題になっている中国の麺、といえばおわかりにな…

【蒸気で作る鍋】雲南省の「汽鍋鶏(チーコージー)」で鶏肉を限界まで美味しく食べる【ブームの予感】

中国・雲南省に未知のスープがあった 「蒸気で作るスープがある」という話を聞きました。 中国の料理に、容器に入れたスープを大鍋で蒸すものがあるのは知っていました。 しかし、このスープは、水を一切入れずに、吹き上がる蒸気だけで作るというのです。 …

IKEAでザリガニ食べ放題パーティー=「ザリパ」を皆でワイワイやってみたら楽しすぎた

「ザリガニパーティー」って何? 夏の風物詩、ザリガニ。 というと、「ああ、子どもの頃、池でザリガニ獲ったなあ」というのが日本にお住いの方の普通の感想かもしれません。 しかし、北欧・スウェーデンでは、ザリガニといえばザリガニパーティー。 ザリガ…

食わず嫌いの皆さんに新鮮な「ほや」の美味しさを知って欲しい【海のパイナップル】

新鮮な「ほや」を食べたら目からウロコが落ちた ほやを食べたことがない方も多いのではないでしょうか? キモい、クセが強そう、どうやって食べるのかわからない、などと思っている方もいるのでは? そして、鮮度の落ちたほやを食べてしまい、「ホヤなんて、…

食通のラム肉好きたちから「聖地」と称される羊肉の専門店が楽園すぎた【丸焼き】

「羊肉の達人」たち御用達のお店 ラム肉、マトン肉……羊肉にもいろいろありますが、どれもそれぞれおいしい、と筆者は思うのです。 独特な香りと風味から、好き嫌いが分かれるという話も聞きますが、おいしい羊肉はおいしい。みんな、本当においしい羊肉を食…

究極の発酵食品「30年もののなれずし」を食してみた

30年間も発酵させたサンマのなれずし 最近、発酵食品に注目度が高まっているようです。 そんななか、今までに聞いたことももちろん見たこともない、すごい発酵食品があるという情報をキャッチしました。 「なれずし」をご存知でしょうか? 漢字の表記は、「…

黄身が2個入ってて濃厚──双子の玉子「二黄卵」を知ってますか?

双子の玉子に出会うと、宝くじに当たったような気分になりませんか 黄身が2つ入っている、双子の玉子に出会ったことはありますか? 筆者は子供の頃、偶然に何度か出会いました。 普通よりちょっと大き目でちょっと細長い感じの玉子をパカっと割ると、中から…

労働者の町・山谷の男たちを撮ってきた写真家が「映画喫茶」を作った理由【泪橋ホール】

映画喫茶「泪橋ホール」って何? 映画喫茶「泪橋(なみだばし)ホール」の名前を初めて耳にしたのは、今年の始め頃。 東京の下町・かつては労働者の街として知られていた「山谷(さんや)」に、古きよき昭和の映画を観られる映画喫茶ができるというのです。…

令和時代のハンバーガーは、完全栄養食を目指す

「令和」のハンバーガーは、意外なアプローチでやってきました 令和が始まりました。世間は騒然としています。 ハンバーガー界にも、当然、令和の波がやってきました。 その名も、REIWA Burger(レイワバーガー)というバーガーが5月1日に発売されたのです。…

醤油は6タイプに分類できる──料理に合わせてタイプ別で使い分けてみた【職人醤油】

ちょっと良い醤油を使うと、普通の食べ物がぐっとおいしくなる 先日、社長の高橋万太郎さんのインタビューで紹介させていただいた職人醤油。 www.hotpepper.jp 実はこの時に、醤油のタイプ別の特徴や使い分け方についてもいろいろとお伺いしました。 とても…

ある営業マンが年収トップクラスの会社をやめて、醤油の販売を始めた理由【職人醤油】

日本各地の醤油を100mlの瓶に入れて売る「職人醤油」という店があるらしい 「職人醤油」という名前を初めて聞いたのは、先月アボカド専門店「立呑 あぼ太郎」さんを取材していた時のこと。 www.hotpepper.jp 「ほぼマグロをクラフト醤油で」という名前のアボ…

【未知の食材】食べたことないけどご飯にぴったりなおかずを「アジア最大級の食イベント」で探してみた

アジア最大級の食の見本市「FOODEX JAPAN 2019」に行ってきた FOODEX JAPANは、アジア最大級の食品・飲料専門展示会です。 来場対象者は、食品業界関係者。例えば、フードサービス(飲食店など)、商社・卸、メーカー、小売、ホテル・旅館・レジャーなど。 …

新しい「せんべい」のあり方を模索したくなるせんべい専門店【せんべい2.0】

せんべいの具、こんなに自由でいいのか 本厚木にすごいせんべい屋さんがあると聞きつけました。 顔がすっぽり隠れるくらいの大きなプレスせんべい、観光地で見たことありませんか? なんでもそのお店は、厚木名産シロコロホルモンやトン漬けもせんべいにして…

オリーブオイルに可能性がありすぎたのでご報告します【香川県名産】

オリーブオイルが合わない食材なんて、あるのだろうか オリーブオイル、みなさまはどのように使ってますか? 筆者はオリーブオイルが大好きなので、いろいろな料理に使っています。 加熱料理用に安めの大きいボトルのもの、生でいただく用にはテイスティング…

ご飯を何杯でもおかわりしたくなる「西京漬け」を自作【漬けて焼くだけ】

西京漬けってすごくおいしい……でも高い…… 魚の西京焼き弁当、といえばテレビ業界でも有名なロケ弁店の看板メニューです。そのロケ弁が出ると、スタッフ一同のテンションが上がります。 西京焼きは普通の焼き魚と違って、冷めてもおいしい。そして独特な深み…

【タンドリー釜】やたらとタンドリーチキンがうまい立ち飲み屋さんの秘密

なんと「タンドリー釜」がある立ち飲み屋さん 東中野に新しくできた立ち飲み屋さんが、なにやら面白いらしいと聞いて駆けつけました。 立ち飲みだけど、タンドリーチキンが食べられるとか、また、それがやたらと本格的だとか。 立ち飲み、手軽でいいですしね…

北海道から絶品な「じゃがいも」が6品種も届いたのでホクホク食べ比べしてみた

じゃがいもにいろいろ品種があるってご存じでしたか 北海道の友人から採れたてのじゃがいもが届きました。 それも、まとめて6品種も。 その友人は、自家農園で多品種の野菜を自家消費用に育てているのです。 そして今回、食いしん坊仲間の私に、「北海道じゃ…

食わず嫌いの皆さんに「ラム肉」のウマさをもっと知って欲しい【ウイグル料理専門店】

羊。 大好きなんですよ。 独特な風味があるので、苦手! いや、そこがいい! と意見が分かれがちな羊肉。 でも、日本でも年々愛好家が増えてきて、羊料理を食べられるお店も最近増えてきました。 世界には昔から日常的に羊肉を食べてきた地域・民族がたくさ…

日本酒がスイスイ飲めてしまう「絶品おつまみ」を堪能できる居酒屋さん【区民酒場・左利き】

おいしいつまみでおいしい日本酒が飲みたい ちょっと気の利いた旬の味をつまみながら、いろいろな日本酒を試してみたい。 でも、そんなに高いお金は出せないし、常連のおじさんがたくさんいるお店は良さそうだけど、なんとなく入りづらい、なんて方も多いの…

日本全国のレトルトカレーをそろえる「北野エース」がすごく面白い【カレーなる本棚®】

レトルトカレー愛好家の楽園 全国のレトルトカレー愛好家の皆さま、お待たせいたしました。 とうとう皆さまの「夢の本棚」が出来上がりました。 本棚? どうして本? と思われた方……こちらをよくご覧ください。 この「カレーなる本棚®」にずらりと並んでいる…

【これは最高のやつ】老舗「日進ハム」のソーセージ&ハム&ベーコンが全部カッコイイ

INDEX ▽1.カルプスレバーヴルスト ▽2.ジャーマンローフ ▽3.グロースリヨナー ▽4.ガーリック ブラートヴルスト ▽5.ヴァイスシンケン ▽6.バウホシュペック(ブロック) ▽7.レバーケーゼ ▽8.ケーゼヴルスチェン ▽9.パプリカリヨナー ▽10.チゴイナー ヴルストヒ…

【日本初上陸】世界最多の店舗数を誇る中国のファストフード店「沙県小吃」がとてもいい

2018年6月、突如として高田馬場駅近くに大行列を生んだ「沙県小吃 高田馬場店」。店頭にはバンメンと書いてある。謎だらけのこの店、中国全土に65,000店舗を展開する世界最多のファストフードチェーンが、日本初進出を果たした1号店だったのだ。 エリア高田…

「ダイエットが続かない…」心が折れずにダイエットを続けるには【肉とビールでダイエット】

体型維持のために己を律して、肉とビールを制限していることをムダだとは決して思いません。ただ、ちょっと信じられないような、耳を傾けてみてほしい話が聞けました。宮益坂「東京カルチャーカルチャー」ではイベントも開催されているとか。読むだけ読んで…

「鮭フレーク」のポテンシャルって高すぎませんか【鮭フレークでアレンジおかず】

鮭フレークが嫌いな人なんて、いるのだろうか 鮭フレーク。 ご飯のお供としては10本の指に入る、いや、人によっては3本の指に入るくらいの存在ではないでしょうか? 鮭をわざわざ焼かなくてもいいし、缶詰と違って少しずつ使えるし、ふりかけなんかよりも圧…

1度は食べておきたい東京のグルメバーガーの名店10選【2018年版】

チョイスの基準は「熱意」と「こだわり」。 グルメバーガーの名店10選 INDEX ▽1.四ツ谷:CRUZ BURGERS(クルズバーガーズ) ▽2.小伝馬町:Jack37Burger(ジャックサンナナバーガー) ▽3.立川:OLD NEW DINER(オールドニューダイナー) ▽4.池袋:No.18 DININ…

【とうがらし栽培日記】ベランダに植えてみたらワサワサ育って楽しすぎた

「内藤とうがらし」という、とうがらしと出合いました 内藤とうがらしとは、江戸時代に宿場町だった内藤新宿(現在の新宿区内藤町)で栽培され始め、近郊の農地でも盛んに栽培されていたというとうがらしです。 当時、江戸ではそばがはやっていたため、その…

ご飯を何杯もおかわりさせられてしまう中毒性ふりかけ「ちりめん山椒」を自作する

ちりめん山椒が好きすぎる ちりめん山椒 。 これさえあれば、白ご飯が高級料理に。 これさえあれば、どんな日本酒もワンランクアップのおいしさに。 冷蔵庫にちりめん山椒が入っていれば、それだけでリッチな気分に。 世にふりかけはたくさんあるけど、高級…

名店のDNAを受け継ぐ「下町の真面目な職人系ハンバーガー」が絶品すぎる【至高のグルメバーガー】

至高のグルメバーガーシリーズの最終回を飾るのは本所吾妻橋「Builders」。人形町の老舗「BROZERS'」で修業したオーナーが満を持して開店した下町の職人系バーガー店だ。ハンバーガー大好きオーナーの味は、日本人のみならず外国人客にも大好評で、ビールに…

肉!肉!野菜なし!元アメフトのプロ選手が作った「野獣系バーガー」がすごすぎた【至高のグルメバーガー】

【シリーズ】至高のグルメバーガー10選 no.9「ゴリゴリバーガー TAPROOM」@六本木 肉! 肉! 肉! ハンバーガーというと、バンズの間に肉のパティと野菜が挟まっているのがスタンダードですよね。 でも、今回ご紹介する「ゴリゴリバーガー TAPROOM(タップ…

【生姜バーガー】絶対に食べておくべき炭火焼きのオリジナルバーガー【至高のグルメバーガー】

至高のグルメバーガーシリーズ、第8弾は東京・幡ヶ谷「Chess garden」。いろいろな飲食店で経験を積んだ店主がたどり着いたのは王道の炭火焼きバーガーでした。中でも今回お勧めしたいのは、生姜バーガー。修業先の洋食屋さんで会得したポークジンジャーのソ…

【閉店】王道のダブルチーズバーガーをつくる若手オーナーの「理想の味」とは【至高のグルメバーガー】

【シリーズ】至高のグルメバーガー10選 no.7「HAPPY」@高円寺 HAPPYってなんでしょうね? 幸せな場所? 幸せな時間? 幸せな食事? 東京・高円寺のハンバーガーショップ「HAPPY(ハッピー)」の店長さんが考えるHAPPYは、それとはちょっと違うみたいです。 …

トップに戻る