食わず嫌いの皆さんに「ラム肉」のウマさをもっと知って欲しい【ウイグル料理専門店】

f:id:jurilin:20181128173320j:plain

羊。

大好きなんですよ。

独特な風味があるので、苦手! いや、そこがいい! と意見が分かれがちな羊肉。

でも、日本でも年々愛好家が増えてきて、羊料理を食べられるお店も最近増えてきました。

 

世界には昔から日常的に羊肉を食べてきた地域・民族がたくさんあります。

それらの地域では毎日毎日羊肉を食べるわけなので、料理法、スパイス使いなどのバリエーションが豊かで、いろいろなおいしい羊料理があるのです。

その一例が「ウイグル」です。

 

羊が生活に密着している新疆ウイグル自治区

中国の西北部に位置する新疆ウイグル自治区は、中央アジア、ロシア、モンゴルなど8カ国と接する民族の交差点、異文化の交流地。

f:id:jurilin:20181128173402j:plain

そこに暮らすウイグル族の生活では、羊が家畜として生活の一部となっています。そして、羊肉がごちそうとして食卓に並ぶことも多いのです。

 

f:id:jurilin:20181128173424j:plain

さいたま市、埼玉大学の近くにある「シルクロード ムラト」は、2006年に日本で最初にできた新疆ウイグル地区の家庭料理のお店です。

 

f:id:jurilin:20181128173556j:plain

シルクロードの空気を感じるエキゾチックな店内。

 

f:id:jurilin:20181128173619j:plain

壁画には情熱的なマッチョマンも。

 

f:id:jurilin:20181128173642j:plain

新疆ウイグル地区の風景を思い浮かべながら、ウイグルの羊料理をいただきましょう。

 

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

本日は、ここで羊料理満載のスペシャルなうたげが催されるのです。

 

f:id:jurilin:20181128180332j:plain

店主のウシュル・エリさんは、新疆ウイグル地区の出身。約20年前に留学生として来日しました。

2006年に「シルクロード ムラト」をオープン。家族で経営なさっています。

料理のおいしさだけではなく、ご夫妻の笑顔に癒されているお客様も多いとか。

 

f:id:jurilin:20181128181246j:plainウシュル・エリさん:日本の人たちに、自分が育ったウイグルの料理を紹介したいと思うようになって、このお店をオープンさせました。ウイグル料理は、シルクロードを往来する商人を通じて、東西の食文化がウイグルの地で融合した料理です。

 

ウイグル族はイスラム教を信仰しているので、このお店の料理もイスラム教徒が口にすることを許されている「ハラール」のものになります。イスラム教徒はお酒を飲みませんが、メニューにはありますので、飲兵衛の方もご心配なく。

 

舌も骨も。羊を丸ごと味わう羊ざんまいのうたげ

さて、次々に料理が出てきましたので、ここからはどんどん羊料理をご紹介していきましょう!

 

ちなみに羊肉は羊の育成段階によって、ラム→ホゲット→マトンと呼び名が変わりますが、「シルクロード ムラト」では、もっとも若くて柔らかいラムを使用しています。

 

今回はパーティーのため、すべて大皿盛りになっています。

またお店の通常メニューにないものもありますので、ご希望の方は事前にお問い合わせください。

f:id:jurilin:20181128181332j:plain

▲テイル(羊の舌)と春雨・野菜のサラダ (通常1皿価格780円)

 

f:id:jurilin:20181128181405j:plain

ゆでた羊の舌と春雨、千切りのにんじんなどを特製の黒酢ソースで和えたピリ辛でさわやかな冷菜。

 

f:id:jurilin:20181128181458j:plain

なかなかお目にかかれない、羊の舌。さっぱりと柔らかく、牛や豚の舌よりも繊維が細かくしっとりとした感じです。羊肉独特の匂いもほとんどありません。

 

これから始まる羊ざんまいの序章としてふさわしい一品でしょう。

f:id:jurilin:20181128181521j:plain

▲EFES・トルコビール(650円)

 

羊料理には、やはり羊食いの国、トルコのビールを合わせてみましょう。 

f:id:jurilin:20181128181545j:plain

▲スイクーアシュ/ウイグル式 羊肉と野菜入りすいとん的スープ (通常1皿価格400円)

 

f:id:jurilin:20181128181557j:plain

柔らかく煮込まれた羊肉と野菜、短くて切られた幅広のきしめんのような麺が入っています。

スープはスパイスがほどよく効いていて、辛くはないのですが、どこか異国の香りがします。

 

f:id:jurilin:20181128181715j:plain

薄切りの羊肉はとても柔らかいです。

寒い冬の日に、屋台で売ってたりしてたら、ほっこりと温まってとても幸せになれそうです。

 

f:id:jurilin:20181128181755j:plain

▲ジク・カワブ/羊肉の串焼き (1本 180円)

 

串に刺した羊肉に特製スパイスをかけながらじっくり焼き上げています。

特製スパイスは10種類以上のスパイスを混ぜて作っています。辛味が立っていない、複雑な風味です。

 

f:id:jurilin:20181128181824j:plain

ジューシーで柔らかい! 羊肉の風味を控えめなスパイスが引き立てていて、うま味が口いっぱいに広がります。

ほどよく脂身が入っていて、脂のジュワッもおいしいです。

 

f:id:jurilin:20181128181936j:plain

▲ヨクザ/ウイグル式ロールパン(※パーティー用特別メニューのため、普段は提供していません)

 

f:id:jurilin:20181128181949j:plain

蒸しパンいうよりは、中華料理の花巻みたいです。形がちょっと違いますが。

 

f:id:jurilin:20181128182009j:plain

後にくるシチューにつけて食べるものだったのですが、テイルのサラダを包んでいただいてみました。もちろん合います。 

 

f:id:jurilin:20181128182027j:plain

▲コルダク/羊肉のシチュー(※パーティー用特別メニューのため、普段は提供していません)

 

f:id:jurilin:20181128182040j:plain

羊肉を使ったシチュー。圧力鍋で煮込んだ羊肉は箸で切り分けられるほど柔らかくなっています。羊肉は骨の部分も入っているので、濃厚なブイヨンが出ています。

具材のラインアップからすると、ウイグル式肉じゃがでしょうか。

 

f:id:jurilin:20181128182053j:plain

大きい塊の肉がたっぷり。これをヨクザで挟んで食べるのもおすすめです。

 

f:id:jurilin:20181128182118j:plain

本当に箸で切れました。柔らか〜い。 

こういうお肉をいただくと、羊肉のおいしさが良くわかります。滋味にあふれる感じ。

牛肉とも豚肉とも違うなんともいえない風味なんですよね。

 

f:id:jurilin:20181128182323j:plain

▲タクラマカン/天然砂漠人参のお酒(ボトル 5,600円)

 

f:id:jurilin:20181128182405j:plain

シルクロードムラトが日本のメーカーに特注で作ってもらっているというシルクロードのお酒です。

ほんのりと甘みがありつつ、薬効がありそうな風味があります。

飲み方は、ストレート、ロック、水割り、ソーダ割りなどお好みで。

 

続々と登場するひき肉料理。巨大餃子の中にも羊肉が

羊のうたげはまだまだ続きます。

続いて、餃子が出てきました……。

f:id:jurilin:20181128182223j:plain

▲カワマンタ/かぼちゃと羊肉の饅頭(1個 250円)

 

と、思ったらこれはカワマンタというウイグルの蒸し饅頭なのでした。

この写真だとわかりづらいのですが、これほど巨大なのです。

 

f:id:jurilin:20181128182240j:plain

こうすれば、大きさをわかっていただけますでしょうか? 

 

f:id:jurilin:20181128182253j:plain

スマートフォンと比べれば、わかりやすいですね。

巨大な皮ももちろん自家製です。

 

f:id:jurilin:20181128182434j:plain

中身は羊のひき肉とかぼちゃなどの野菜のみじん切り。

優しい甘みのある複雑な味です。ああ、これも毎日おやつに食べたい。

 

f:id:jurilin:20181128182455j:plain

▲キーマー・カワブ/粗挽き羊肉の串焼き(1本 200円)

 

羊肉のひき肉に玉ねぎ、スパイスを入れ練りこんだ生地を特製スパイスをかけながらじっくり焼き上げます。

 

f:id:jurilin:20181128182520j:plain

こういったケバブは結構食べる機会があるのですが、これは一抜けたおいしさです。

あまりしっかり固めていなくてかんだらほろりと粗挽きのお肉が崩れます。そしてジューシー。

 

f:id:jurilin:20181128182551j:plain

▲グシナン/粗挽き羊肉と野菜のスパイス炒め入りミートパイ(680円)

 

f:id:jurilin:20181128182606j:plain

 表面がサクッと内側がもっちりした香ばしいパイ生地に包まれた羊肉のフィリング。

もうビールが止まりません。

 

ご飯にも麺にも、羊肉がてんこ盛り

ここまででかなりお腹は満たされているのですが、ここから主食が続きます。

しかも、山盛りで!

f:id:jurilin:20181128182643j:plain

▲ポロ/ウイグル式羊の炊き込みご飯(通常1皿価格700円)

 

f:id:jurilin:20181128182731j:plain

炊き込みご飯、のイメージを覆す山盛りの羊肉。羊肉はチャーシューのように焼いてあるので香ばしいです。

 

f:id:jurilin:20181128182749j:plain

お米はもっちりしたジャポニカ米。

インドやパキスタンなどのビリヤニよりも、ずっと優しいマイルドな味つけ。

お米と一緒に炊かれたみじん切りの人参が甘みをプラスしています。

 

f:id:jurilin:20181128182805j:plain

ヨーグルトをかけていただくのがおすすめです。

 

ここで、店主のウシュル・エリさんからお声がかかりました。

 

f:id:jurilin:20181128181246j:plainウシュル・エリさん:今からいいとこです! 厨房に来てみてください!

 

急いで厨房に行ってみると……。

f:id:jurilin:20181128182909j:plain

麺が伸ばされ、

 

f:id:jurilin:20181128182929j:plain

巻かれ、

 

f:id:jurilin:20181128182948j:plain

バタン! バタン! と激しくたたきつけれています。

 

「シルクロード ムラト」の麺はすべて、自家製。これは、ラグメンを手打ちしているところなのです。

しかし、こんなに激しくたたきつけるとは。これが、麺のコシの秘訣(ひけつ)なのでしょうか。

打ち終わった麺はゆでられて……

f:id:jurilin:20181128183001j:plain

ラグメンとなって再登場です。

 

f:id:jurilin:20181128183024j:plain

▲ラグメン/羊と旬の野菜と手打ち丸麺(通常1皿価格780円)

 

f:id:jurilin:20181128183102j:plain

まわりがとっちらかっていますが、皿の大きさを表現したかったのです。

 

f:id:jurilin:20181128183129j:plain

打ち立て麺はツルツルです。

 

f:id:jurilin:20181128183158j:plain

ここにも羊肉がたっぷり。野菜と一緒に煮込まれて、スープに良い出汁が出ています。 

 

さて、ここで鶏肉料理一品を挟んで、デザートでフィニッシュです。 

f:id:jurilin:20181128183244j:plain

▲レーズンとくるみのハルワ (通常はバニアアイスを添えて)(400円)

 

f:id:jurilin:20181128183258j:plain

柔らかく、もっちりでほの甘い。とても優しい味です。

 

f:id:jurilin:20181128183316j:plain

食事の後には、トルコ音楽演奏家の太平清さんによるドゥタール&タールの演奏もありました。

胃袋がウイグルで満たされた状態で、素晴らしい音楽で身も心もウイグルに連れて行っていただけました。

今まで知らなかった羊肉の奥深さ、ウイグルの素晴らしさを味わえた素敵なお食事会でした。

ごちそうさまでした!

 

お知らせ

「シルクロードムラト」は店主怪我治療のため、2018年12月20日あたりまで休業することになりました。快復次第、再開しますので、最新情報はお店のFACEBOOKページをご確認ください。来店前には電話確認をしていただけると安心です。

 

お店情報

シルクロード ムラト

住所:埼玉県さいたま市桜区栄和3-20-13
電話番号:048-852-3911
営業時間:火曜日〜金曜日17:00〜23:30(LO 23:00)、土曜日・日曜日11:30〜15:00(LO14:30)17:00〜23:30(LO 23:00)
定休日:月曜日
ウェブサイト:http://silkroad-murat.com/

書いた人:工藤真衣子

工藤真衣子

カメラマン。美しい人が好きなのでグラビア、音楽が好きなのでライブ写真、映画やドラマが好きなのでスチール写真、美味しい食べ物が好きなのでグルメ写真。雑誌、WEBなど各メディアで活動中。趣味は美味しい料理を作って食べること。子供写真スタジオ「アトリーチェ」の経営もしております。

過去記事も読む

トップに戻る