食リポ

昼には売り切れてしまう名店の「卵サンド」。忘れられない味の秘訣は“だし”と米粉だった

行列ができるパン屋さん「こめいち」。こちらの名物「だし巻き卵サンドイッチ」は、お昼には売り切れてしまうほどの絶品の味。今回はこのサンドイッチの誕生秘話に迫りました。

【検証】酢コショウ以外の「餃子のうまい食べ方」について教えてほしい

餃子って、タレの使い方や一緒に頼むメニューなど、人によって食べ方にいろいろな個性がありますよね。今回は、餃子の食べ方に一家言のある3人の町中華好きに、それぞれの好みをプレゼンしてもらいました。エリア 浅草 (東京)

豚肉を豪快に煮込んだ台湾フード、爌肉飯の作り方を台湾料理専門店に聞いてみた

東京・大塚で台湾料理を提供するマンション台北に、爌肉飯の作り方を取材。豚バラ肉の臭みを抜き、日本人好みの食べやすい味わいに仕上げる工夫は必見です。

モチモチのパンに肉とチーズを詰め込んだキューバサンドで、本場のモヒートを流し込まないか?

キューバ人が作る本格的なキューバサンド専門店「CUBAN SANDWICH & DELI AHINAMA 上野店」に行ってきました! オーナーのロベルトさんがキューバで食べていた“故郷の味”とは?エリア上野(東京)

【チキンスパイスカレーパン】「揚げたて方式」の絶品カレーパンをぜひ食べてほしい

突然ですが、皆さんカレーパンはお好きですか? 毎日3食パンでもいいと思うほどのパン好きでもあり、さらに3食カレーでもいいと思うほどカレー好き人間な私。当然、カレーパンは大好物です。エリア 三軒茶屋 (東京)

日本人が食べやすい魯肉飯を作るポイントを台湾料理専門店に聞いてみた

東京・白山で台湾料理を提供するalsoに、魯肉飯の作り方などを取材。スパイスの味わいが強い魯肉飯を日本人好みにアレンジするこだわりは必見です。

構想10年の名物メニュー、マーボー豆腐風カレー。中華とカレーをマリアージュさせた「あの調味料」とは

町中華ファンの間では有名な老舗、寳華園(ほうかえん)。50年以上の歴史がある古き良きお店であり、その昭和なたたずまいはまさに王道。このお店の名物、「マーボー豆腐風カレー」を食べてきました。エリア 蒲田 (東京)

乾燥や発芽とはサヨナラ!余ったにんにくで作る「にんにく肉みそ」がごはんや炒め物、パンなど何でも合う!

ごはん同盟のしらいのりこさんが自分史上最強のごはんのお供という、「にんにく肉みそ」を紹介くださいます。砕いたミックスナッツを加えることで、深みのあるコクがプラスされ、ごはんが進むこと間違いなし。アレンジの汎用(はんよう)性も抜群です!

「インドのスパイス ✕ 日本の居酒屋メニュー」ってどんな味?優しさであふれる居酒屋の訪問録

東京・中野にお店を構えるスパイス&ハーブ居酒屋やるきをご紹介します。インド人のマスターが作る、日本の定番居酒屋メニューを本場のスパイスでアレンジしたメニューは必見です。エリア新中野(東京)

アメリカ南部のソウルフード「ガンボ」を知っているか【ケイジャンスパイスがクセになる】

「ガンボ」というあまり耳慣れない料理をご存じでしょうか。見た目はカレー、食べると濃厚でスパイシーなシチューのような味で、思わずリピートしたくなるのだとか。そんなガンボの専門店を取材してみました。エリア高円寺(東京)

おいしい魚の煮付けを作るには?魚のプロに聞く5つのポイント

海鮮居酒屋 羽田市場などを運営する野本良平さんに取材して、ナメタガレイの煮付けの作り方を教えてもらいました。魚の臭みを取る方法や奥深い味わいのタレの作り方などは必見です。

加熱時間5分でできる甘辛なごはんのお供「生姜オイル佃煮」が、生姜焼きやサンドイッチなど何にでも合う!

皆さまこんにちは! ごはん同盟のしらいのりこです。 今回のごはんのお供は、加熱時間5分でできる「生姜オイル佃煮」です。 一般的な生姜佃煮は油を使いませんが、今回はオイルを加えてコクと、少しうま味も足して、ごはんだけでなく、おかずの素としても大…

羊肉の名店「羊香味坊」でとろけるようなラムチョップを食べてほしい【ガチ中華ファンも絶賛】

「羊肉料理の名店」といえばこのお店 おいしい羊肉料理をおなかいっぱい食べたいとき、ぜひ行ってみてほしいお店があるんです。 いまや東京都内に11店舗を展開する中国東北料理店・味坊集団。羊肉好きにはよく知られた飲食チェーンです。その中でも羊肉に特…

「味噌チャーハン」で常連客から愛される町中華の名店。その味が素人には簡単にまねできない理由

東京都武蔵野市にある町中華の名店、丸善さん。餃子や油そばもファンから支持されていますが、近所にある亜細亜大学の学生さんから特に愛されている名物メニューがこの味噌チャーハンなのです。 エリア東小金井 (東京)

東北東を見てかぶりつけ。スパイスを使った、牛しぐれ煮の恵方巻【巻きす不要&アレンジレシピ付き】

皆さまこんにちは。ごはん同盟のしらいのりこです。 さて、節分といえば恵方巻ですね! 2024年の恵方は東北東だそうです。 自家製の恵方巻と聞くと難しそうなイメージですが、実は半分サイズの海苔で作ると、巻きすやラップを使わず、簡単に巻くことができる…

野菜もタンパク質も取れる「鶏むね肉のしゃぶしゃぶ風鍋」は安くて体づくりにも最適

料理・食文化研究家の庭乃桃さんがおいしく、そして安全に食べられる「鶏むね肉のしゃぶしゃぶ風鍋」のレシピをご紹介します。プリッとした鶏むね肉と「たっぷりねぎのピリ辛だれ」が絡む絶品レシピで温まりましょう。

煮込み不要!電子レンジ5分でOKの「簡単サバ缶カレー」が作り置きもできて、汎用性が抜群だった!!

ごはん同盟のしらいのりこさんがハマっている、煮込み不要の「簡単サバ缶カレー」。レンチン5分でできて、作り置きもOKの手軽なカレー。アレンジも自在で、重宝しますよ!

手巻寿司発祥のお店 築地玉寿司で手巻寿司の作り方の基本〜応用まで全てを教わってきた!

手巻寿司の元祖、築地玉寿司 築地本店、店長の伊藤晃寛さんに、末広手巻(手巻寿司)の歴史や作り方を教えていただきました。 エリア築地(東京)

【閉店】原宿で40年以上続く手作りカレー店。若者のおなかと心を満たしてきた“お母さんの味”のこだわり

東京・原宿で40年以上続く手作りカレーのお店「ONDEN(オンデン)」の“お母さん”にインタビュー。お店の歴史とこだわり、そして看板メニュー「コロッケカレー」の食リポをお届けします! エリア表参道(東京)

静岡おでんをおいしく作るコツは牛すじにあり!専門店に家庭でも使えるテクニックを聞いてみた

東京・高田馬場にお店を構える、静岡おでんが名物の「静岡おでんガッツ」。今回は静岡おでんの作り方や黒いスープの秘密などを伺ってきました。

サラダチキンに飽きたので、レンチンで親子丼を作ってさらにタンパク質摂取を捗らせてみた

サラダチキンを使った電子レンジ調理の親子丼レシピを料理・食文化研究家の庭乃桃さんに教えていただきました。パサつきを抑えてしっとり仕上げるコツもご紹介!

ビールの「注ぎ」を極めたチェコのブランド公認タップスターの店で、ビールとチェコ料理との衝撃的な出合いを体験した

ビールの「注ぎ」を極めた日本人初の「タップスター」の称号を持つ佐藤裕介さんに、「注ぎ」の奥深き世界と、チェコのビール「ピルスナーウルケル」とチェコ料理を堪能できる店「BULVÁR TOKYO」の魅力をお聞きしました。

一人飲みの悦楽。「天ぷら屋」でクイッと一杯ひっかけられる大人でありたい【中野・小出屋 天太】

東京・中野にある立ち飲みのできる天ぷらの名店「小出屋 天太」。揚げたての天ぷらとキリリと冷えたチューハイを味わいながら、あらためて「一人飲み」の楽しみ方について考えてみました。

新宿ゴールデン街で生まれた唯一無二のレモンサワー。ブームの一端を担ったお店が語るこだわりの製法とは

近年、ますます注目を集めるレモンサワー。原料や製法にこだわった唯一無二のレモンサワーについて、ブームの一端を担った「OPEN BOOK」のオーナーに話を聞きました。

個人的に都内でベストだと思う「ビリヤニ」のお店を紹介します

最近はコンビニでも売り出されて、さらにメジャーな存在になりつつあるビリヤニ。筆者も大好きで、あっちこっちで食べています。今回は、特にお勧めのお店を紹介したいと思います。

シュクメルリだけじゃない。ジョージア料理が今日本でアツい理由とは?──創業66年の名店に聞いてみた

ニンニクたっぷりの「シュクメルリ」などで、近年日本でも注目が集まっているジョージア料理。気になるジョージア料理の魅力や「日本人の口に合うの?」などの疑問を、東京・新宿の「スンガリー」にききました。 エリア新宿東口(東京)

なぜ「町中華のチキンライス」は鶏肉ではなく豚肉を使うのか?オムライスにも豚肉が……!【下関マグロ】

ほとんどの町中華で提供されているチキンライスは、「チキンライス」とは名乗っているものの、使っているのは、鶏肉ではなく豚肉であることがほとんどであるらしい(例外あり)。その理由とは……? エリア新小岩(東京)

子育て中にスリランカカレーにハマり、お店を開くことになった店長に家庭との両立のコツを聞いてみた

月曜日のみの間借りカレー屋としてスタートした「月曜スリランカカレー」。2023年の4月、東京・久我山に実店舗をオープンしたとのことで、お話を伺ってきました。なんと、育児とカレー屋、二足のわらじを履かれているとか!?

カプリチョーザを青春時代に楽しんだ筆者が、創業者の娘に話を聞いたら驚きの連続だった

国内外に約100店舗を展開するカジュアルイタリアン「カプリチョーザ」。看板メニューの「トマトとニンニクのスパゲティ」が創業以来45年も愛され続ける理由を、創業者の娘・本多理奈さんにお聞きしました。 エリア渋谷(東京)

アフリカ料理がこんなにおいしいとは知らなかった【ナイジェリア料理】

皆さんはナイジェリア料理を食べたことありますか? 日本ではちょっと珍しいナイジェリア料理、実は新宿に気軽に食べられてナイジェリアの空気までも味わえてしまう、すてきなお店があるのです! エリア新宿三丁目(東京)

チェーン店でマグロを食べる魅力とは?仕入れから提供までの流れを取材して分かったおいしいマグロとの出会い方

おいしいマグロを食べたい時、どんなお店を選ぶといいのでしょうか? 一つの選択肢として、チェーン店でマグロをいただくのもいいらしい……。その情報の真偽を確かめるべく、株式会社大庄のマグロの仕入れに密着してきました。 エリア道玄坂(東京) エリア新…

晩杯屋はなぜ安くてうまいのか?武蔵小山本店に行ってみたらファンに愛される理由が見えてきた

都内を中心にチェーン展開する居酒屋「晩杯屋」。その魅力を探るべく、酒場ライターの塩見なゆが晩杯屋始まりの地である武蔵小山本店に伺いました。

100年前からじゅらくは大衆食堂でチェーン展開していた!?憧れだった洋食が庶民の味になるまで【東京ローカルめし】

東京都内のローカルめしを探訪するシリーズ、第3回目は上野のレストランじゅらくへ。セクシーなCMで一世を風靡(ふうび)した「あの」じゅらくは、なんと外食チェーンの元祖だった!? エリア上野(東京)

40年近く野毛で飲み歩くCKBの小野瀬雅生さんに街の変遷を聞きながら飲む

生まれも育ちも横浜で、横浜を代表する飲み屋街「野毛」をこよなく愛するクレイジーケンバンドのギタリスト・小野瀬雅生さん。グルメでも知られる小野瀬さんと野毛の居酒屋で飲みながら、野毛の魅力を語ってもらいました。 エリア野毛(神奈川) エリア野毛…

70年の歴史、100店超がひしめく大阪のグルメダンジョン「新梅田食道街」をスズキナオがハシゴする

大阪駅・梅田エリアにある「新梅田食道街」。70年もの歴史があり、ガード下に100店舗以上がひしめく関西屈指の一大飲み屋街をライターのスズキナオさんが飲み歩きます。呑兵衛はもちろん、大阪でくいだおれてみたい人なら必読!

そろそろ「本物のしびれ」を体感してみないか【火鍋王国の真実】

激辛中華ブームの中でも代表的なメニュー「火鍋」。中国内陸部の巨大都市・重慶(チョンチン)ではソウルフードだという。当地の事情通が語る、知られざる火鍋王国の愛とプライドとは。 エリア池袋(東京)

野菜が止まらなくなる南フランス発祥の万能ソース「アイオリソース」の作り方をビストロ居酒屋のシェフに聞いてみた

吉祥寺の立飲ビストロRYOで料理長を務める松林涼さんに、南フランス発祥のアイオリソースの作り方を教えてもらいました。どんな料理にも合うアイオリソースの作り方をマスターすれば、料理の幅もグッと広がりそう! エリア吉祥寺(東京)

切り身とレンチンでできる「魚の清蒸(チンジョン)風」は、簡単なのに香りとうま味が本格派

料理・食文化研究家の庭乃桃(にわのもも)さんが、切り身魚で作る中国の高級魚料理「清蒸(チンジョン)」をご紹介。レンチンで簡単にできて、仕上げにかける熱々のごま油で一気にごちそう感がアップ!

レンチン5分で完成!ラー油+花椒の「シビれる麻婆肉みそ」が万能過ぎてごはんが止まらない

ごはん同盟のしらいのりこさんが教える、豆板醤+花椒の「シビれる麻婆肉みそ」。レンチン5分でできてアレンジもしやすく、ごはんやお酒との相性も抜群です!

【羊肉】パキスタン料理店に行ったらこれでもかとばかりに羊肉が出てきて最高だった件

羊肉大好きな皆さま、今度はパキスタン料理にご注目ください。こんなにも羊肉料理がいっぱいなお店がここにもありました。西新宿にある「ナワブ ダイニングカフェ」の羊肉料理は、とにかく羊肉ファンをうならせる充実度なんです。 エリア西新宿(東京)

苦境が続く和菓子業界で、創業220年の老舗がヒット商品を連発できる理由を8代目当主に聞いてみた

京都の四条通に本店を構える、1803年創業の和菓子店「亀屋良長」。あんこ大好きライターのかがたにさんが、老舗ながら「伝統にとらわれない」発想に至った転換点と、これからの和菓子店に期待される発信力について迫りました。

調味料と薬味でうま味が分厚い「牡蠣雑炊」は、晩酌の〆に最高だった!生牡蠣でも冷凍牡蠣でも作れる

料理・食文化研究家の庭乃桃(にわのもも)さんが、生牡蠣や冷凍牡蠣を使った「牡蠣雑炊」を、オイスターソースベースと味噌ベースの2つの味付けでご紹介。身縮みを防ぎ、うま味を閉じ込める調理法もお伝えします!

レンチンしてるのに「つけダレは熱く」「麺は冷盛り」になるニチレイフーズの冷凍麺の謎に迫る~20年前のアイデアを技術で形に

麺の上に氷をのせる新技術を導入した「個食麺シリーズ」が異例の大ヒットを記録。発売元のニチレイフーズ担当者に、商品化に至るまでの裏話や制作秘話を伺いました。

鶏むね肉の進化形「レンジ蒸し鶏」が、肉も野菜もたれまで一度に作れて最高

料理・食文化研究家の庭乃桃(にわのもも)さんが教える、鶏むね肉を使った、付け合わせ野菜もたれも一度に作れる「レンジ蒸し鶏」を二つの味つけでご紹介。スープやパスタ、サンドイッチなど、アレンジも簡単にできて重宝するレシピです!

東京で唯一の“盛岡じゃじゃ麺”専門店 おいしく食べるコツと311、コロナを乗り越えた20年の創業ストーリーを聞いてみた

盛岡三大麺のひとつに数えられる「じゃじゃ麺」ってご存じですか? 今回、東京で唯一の盛岡じゃじゃ麺専門店である「じゃじゃおいけん」さんにうかがい、歴史から特長、おいしい食べ方までを教えてもらいました! エリア三軒茶屋(東京)

バターが入ったすき焼き風の味付けが絶品!李朝園の「和牛ホイル焼き」がうますぎたので紹介させてほしい

吉祥寺の老舗焼肉屋さん李朝園(りちょうえん)で提供されている「和牛ホイル焼き」の作り方を取材しました。すき焼き風のタレにバターを加えた味付けやホイル焼きのコツなど、自宅でまねできる要素も盛りだくさんです。 エリア吉祥寺(東京)

「梅干しを突きつめると、地球をどうするかに辿りつく」梅干し300種類を食べた男が、立ち喰い梅干し屋をオープンするまでの軌跡

東京スカイツリー駅を降りてすぐ、東京ソラマチで「立ち喰い梅干し屋」を営む竹内さんは、全国各地300種類以上の梅干しを食べ歩いたという梅干しマニア。一体どういう経緯で300種類もの梅干を食べ歩いたのか、そしてなぜ立ち食い梅干し屋を始めようと思った…

かけるだけでさっぱりしてすっぱうまくなる!自作「万能酢」は食欲を刺激するぞ!

なんとも食欲がわかないな……そんな時、さっぱりとしたものが食べたくなりませんか? 今回はなかむらみつのりさんに、すっぱうまくて備蓄可能な「万能酢」の作り方と、おすすめの調理法を紹介していただきます。

駅弁文化のないフランスに秋田の老舗が弁当店を開いたワケ【フランス人の味覚】

パリ在住ジャーナリスト・守隨亨延さんが現地と日本の食文化のギャップに迫る連載【フランス人の味覚】。今回のテーマは「駅弁」。フランスにはない駅弁文化を広めるべく奮闘する秋田の老舗を取材しました。

食べられなくなったあなたの代わりに私が食べる~トンカツ~

人は年を重ねるととんかつが食べられなくなるらしい。寂しい。今回はいつかくるエックス・デイにあらがうかのように、とんかつを食べられなくなった人の前でとんかつをバクバク食べてみます。きっと何か変わるはず。

トップに戻る