食リポ

天下一品の「コップdeこってり」スープは多彩なアレンジができる優れモノだった【各地の限定メニュー情報も】

鶏がらベースの「こってり」ラーメンでおなじみの天下一品。中野店ではスープのみをテイクアウトできることでSNSで話題となった。そこで40年以上、天下一品に通うライターが、「こってり」スープの魅力に迫る!

シェフ兼写真家、エドワードさんプロデュースのみそ汁専門店のメニューが良い意味で独創的

みそポタージュやみそポトフなど、みそ汁の概念を飛び越えた斬新なメニューが自慢のみそ汁専門店「MISOJYU」。カリフォルニアでシェフ経験を積んだ異色の写真家が作り出す唯一無二のみそ汁。その発想の源に迫ります!

名店の立ち食いそばの味を引き継ぎたかった常連客2人の話──仲宿・そば谷【東京ソバット団】

「そば谷」は、東十条で営業していた立ち食いそばの名店。その東十条の「そば谷」の店名と味を受け継ぎ、2020年2月にオープンしたのが、この仲宿の「そば谷」。オープン時は「あのそば谷の復活!」と、一部のファンの間で話題になったという。

イカ料理との相性を追求した日本酒「いか純米」は若き蔵人の思いが詰まっていた

石川県の能登に、イカ料理とのペアリングにこだわったという日本酒「いか純米」を造っている蔵元がある。なぜイカなのか。どのような味わいなのか。日本いか連合員の佐野まいけるさんが、その謎に迫ります。

築地から最高にうまいマグロをお取り寄せして上手に解凍する方法

自宅でおいしいマグロが食べられたらなあとずっと思っていました。その夢をすっかり忘れていた私が、マグロの通販の存在を知ったのは数カ月前のこと。さっそく本格的なマグロをお取り寄せしてみたいと思います。

鹿児島県民のソウルフード「きびなご」のポテンシャルがすごかった

12月に旬を迎えるきびなご。鹿児島では県民のソウルフードとして愛されているが全国的にはマイナーな存在。そんなきびなごを一年中、刺身、天麩羅、塩焼で味わえる居酒屋で、きびなご料理を堪能してきました! エリア外苑前

ヨコハマの食卓を支え続けた“知る人ぞ知るローカル製麺所”、それが「丸紀」だ

そば・うどん、サンマーメンに家系ラーメン……横浜の麺文化を半世紀以上支え続けたローカル製麺所「丸紀」。その創業から最新作「ナポリタン焼そば」まで。

宿泊料3万7000円を払って食べるカレーは将棋界で「神グルメ」として知られていた

将棋マニアの中で語り継がれる絶品グルメがある。「陣屋のカレー」もそのひとつ。名勝負、名棋士たちを支えたその味とはいかなるものなのか? 本来は宿泊客限定のところを今回特別にご提供いただいた。 エリア秦野市その他(神奈川)

22年間昆虫を食べ続ける26歳オーナーが営む昆虫食レストランのコースメニューが想像以上にガチだった

昆虫に精通したオーナーと、調理、食材、発酵、酒などのスペシャリストたちが集結した昆虫食専門のレストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」。ゲテモノ料理と捉えられがちな昆虫食をフレンチさながらのコースで提供する同店に、昆虫食初心者のおじさんライタ…

「ピエトロドレッシング」はなぜ全国区になれたのか〜小さなレストランのおすそわけから始まった物語〜

全国のスーパーで買えるピエトロのドレッシング。実は、福岡にあった一軒のレストランで生まれました。驚きのヒストリーからひもとくおいしさの秘密と、応用力バツグンな現行商品の魅力をたっぷりレポートします!

肉好きなら絶対行くべき浅草の「シュラスコ」が全串&全パーツとも最高すぎる

ブラジル風BBQ、シュラスコ。テーブルでいろんな肉をどんどん切り落としてくれるスタイルが肉好きにはたまらない! 東京・浅草にある名店「シュハスカリア キボン」の全串&全パーツを一気にご紹介します。 エリア浅草

【3千円程度で取り寄せ】博多で定番のうまかもんを並べたら自宅が最高の居酒屋になった

どうにも抑えきれない居酒屋欲は、お取り寄せ作戦で一挙解消! 福岡在住のライターがオススメする名店の通販アイテムは、どれもうまかもん揃い。たまにはプロの味で宅飲みしてみては?

「たらこスパゲティ専門店」のたらこスパはやっぱり圧倒的にうまかった

渋谷に「たらこスパゲティ専門店」が出来たようです。ネットで皆さんの投稿をみると、とにかく初日からとんでもない長蛇の列ができているらしい。はてさて、そのお味は……?

人口約5000人の利尻島で脱サラして始めた「日本一行きづらいラーメン店」に全国からマニアが訪れ行列を作るまで

北海道、利尻島。北の最果てとも言えるこの地に、ラーメンマニアでの間では有名なお店がある。看板メニュー「焼き醤油らーめん」でミシュランに選ばれ、首都圏進出をも果たしたサクセスストーリーの裏側には、素材への鬼のようなこだわりと不屈の闘志があっ…

「利尻昆布」が和食のプロたちから愛され続ける理由 〜料理の土台を作る生産者の仕事〜

和食の世界では一大ブランドとして有名な「利尻昆布」。しかしその生産現場はほとんど知られていないのでは? そこで利尻島にハマり続けて毎年通っているBUBBLE-Bさんが体験ルポ&漁師さんにインタビュー。プロに愛される旨味の秘密に迫ります!

自分専用のソースを独り占めできる串カツ店が本場大阪にある

自分専用のソースで串カツの二度漬けができちゃうお店が、本場大阪にあるんです。それがこちらの「ヤナギストア」です。

「ぎょうざの満洲」のメニューを幕末の志士にたとえてみた

サラリーマンの聖地・「ぎょうざの満洲」で、一人で餃子を頬張り、ビールで喉を潤す。まさに至福の時間だ。晩酌ついでに名物メニューを頼みながら、テーブルに届けられたメニューを歴史の偉人たちにたとえてみた。

オープンエアで飲める神戸の茶屋が爽快過ぎた【関西の天国酒場】

まったり宅飲みもいいけど、やっぱり昼間っから屋外で飲むお酒はサイコー! 関西在住・スズキナオさんがリポートする神戸の「お茶屋さん」は、どこもお店でありながらアウトドアっぽい魅力を兼ね備えた素敵な「天国酒場」でした。 エリア芦屋川 (兵庫)

食肉専門店が前身の食べ放題「焼肉ダイニング ワンカルビ」はコスパ最強で希少部位も食べられる

カルビ、ロースなどの定番から、サガリステーキなどの希少部位まで、リーズナブルに食べまくりたい! そんな食いしん坊の欲望を叶えてくれえる「焼肉ダイニング ワンカルビ」。厨房で毎日、職人がカットしているお肉が食べ放題というホスピタリティの塊ぶり…

「巨大かき揚げ」には兄弟で店を立ち上げたそばファンの愛が詰まっていた【穴場店】

2019年の8月、東武練馬にオープンしたばかりの「立喰いそば源」。目立たない立地にある同店だが、とにかく味と気前のいい良店なのだという。

「尾道ラーメン」は通販から広まった!?コッテリなのにアッサリな味わいのルーツとは

中国地方を代表するご当地グルメ、尾道ラーメン。だが「名前は知っていても味わったことがない」という人も少なくないはず。ラヲタならずとも知っておきたい、やみつきになる味わいと意外なルーツとは。 エリア尾道市(広島)

震災からの復興を目指す「猫神様」の島で “まきのねこバーガー”を食べてきた

震災からの復興に猫の力を借りようと、宮城県石巻市で「まきのねこバーガー」が誕生した。「猫島」として知られる田代島を訪れる人達に、石巻の美味しいモノを食べさせたい。創業100年、老舗料理店の女将のそんな思いが結実したバーガーのお味は? エリア石…

激辛レベルは“別居”に“離婚”……夫婦で作った「鬼嫁つけ麺」はどこまでリアル?

成さん夫婦が東京・五反田で営む居酒屋「談」。“この街イチ辛い”と評判のランチメニューは、その名も「鬼嫁つけ麺」。しかも辛さのバロメーターは「家出」に「別居」「離婚」……やけに意味深なそのネーミングの理由とは!? エリア五反田(東京)

コロナ流行後にオープンした「バーガー喫茶」は、下町のおばあちゃんもチルする“昼の時代”の新店

コロナ禍のさなか、東京・蔵前にオープンした「バーガー喫茶 チルトコ」。“ハンバーガー専門店”と“喫茶店”を組み合わせた独自のコンセプトから見えてくる、新しい飲食店のあり方とは。

埠頭の「ナポリタン専門店」が、港で働く人々の“メシ革命”を巻き起こした

“陸の孤島”と呼ばれる横浜の港湾エリアに、「ナポリタン」の専門店が出現!? 港周辺で働く人々をターゲットにした経営哲学と、「日本ナポリタン学会」会長(筆者)もうなる唯一無二のナポリタン観は、いま埠頭に“メシ革命”をもたらしているのだとか!

麺を究めたいから原価計算は一切しない──。「大地のうどん」仰天経営術【名物ごぼう天うどん】

名物「ごぼう天うどん」を筆頭に、絶大な支持を誇る福岡のチェーン「大地のうどん」。創業者が語る、その尋常ならざる麺へのこだわりと、常識をひっくり返す経営スタイルとは。 エリア博多駅

シビ辛の次に来るのは何だ?聞き慣れない四川料理を麻辣連盟総裁と片っ端から試してみた

今やすっかり市民権を得た四川料理の「麻辣」=シビれる辛さ。その代表格といえばやはり「麻婆豆腐」ですが、次に流行るのはいったいどんな料理? 有名店のメニューを片っ端から試食して未知なる「シビ辛&ポストシビ辛」を探ります! エリア大阪駅

アサヒのクラフトビールのための料理を突き詰めた店で「ペアリングのセオリー」を学んできた【ビギナー必見】

「クラフトビール」と「料理」のペアリングを詳しく学ぶため、アサヒビール直営のビアレストラン「TOKYO隅田川ブルーイング」へ。メニュー開発を通してアサヒビールがたどり着いたペアリング論と、ビール会社直営店ならではの創作料理とは!? エリア浅草

自宅で「名古屋めし飲み」したら今さら幻の手羽先の偉大さに気づいた【世界の山ちゃん】

名古屋生まれで今や全国区のチェーン「世界の山ちゃん」。豊富なメニューの中から酒場ライターのパリッコさんがテイクアウト用に選んだのは、やっぱり「宅飲みが最高に楽しくなる最強つまみ」でした。名物・幻の手羽先でビールがとまらない! エリア池袋

現地へ香辛料買い付けに行けない……四川料理店はコロナ禍にどう対応し1日1,200食を売ったか?

新型コロナ禍で苦境に立たされた飲食業界。そんななか「家族」と呼ぶ従業員を守り、本場四川の味をお客さんに届けるべく奮闘する中華料理店を追った。 エリア秋葉原

崎陽軒のシウマイ弁当で主役にも負けない名物おかず「筍煮」の食べ方についてこだわってみた【DJメシ】

神奈川県民のソウルフード、崎陽軒の「シウマイ弁当」。 主役のシウマイが美味しいのはもちろんだが、それに勝るとも劣らずの存在といえば「筍煮」だ。 この名物おかずの食べ方について、あのDJムラマツがとことんこだわってみた!

「ストレートタイプの豚骨スープ」にこだわって福岡のラーメン3店からお取り寄せしてみた

自炊&インスタントもいいけれど、やっぱりプロが仕込んだラーメンが食べたい! そこで福岡の有名店から通販商品をお取り寄せしてみました。自宅で味わうストレートタイプの豚骨スープはどれもほんなごと本場&本物の味ばい!

焼きたてパンを冷凍化して届けてくれる月額制宅配パンサービス「パンスク」が画期的なうまさだった

全国のパンの名店の焼きたてパンが毎月自宅に届けられる、パンのサブスクリプションサービス「パンスク」。 焼きたてパンを独自の冷凍技術で冷凍、それを契約した個人宛に毎月届けるというもの。冷凍庫から取り出し温め直すだけで、全国の評判のパン屋さんの…

元フットサル選手が選んだセカンドキャリア。東京で提供する「岐阜メシ」で成功するまでの壮絶人生

飛騨牛を使った肉料理や、自家製赤味噌だれを使った牛すじ煮込みやトンテキなど、岐阜の食材にこだわった料理を提供する酒場食堂の女性店主は元フットサル選手だった。なぜ彼女がセカンドキャリアに飲食店を選んだのか、波乱万丈な人生に迫ります! エリア中…

和牛焼肉弁当を無料で500個配って店長が得た気づき

新型コロナウイルス感染症拡大で自粛生活が続く中、焼肉を無料で配った焼肉屋が。その結果どうなったのか──。 エリア道玄坂(渋谷)

かにぱん、源氏パイ、チョコバット、カンパン。「国民的ロングセラー」の秘密をメーカーの名物広報に聞いた

静岡県・浜松市にある三立製菓は創業1世紀を誇る超老舗お菓子メーカー。誰もが知っている定番お菓子を戦前から生み出し続けています。そこで、銘菓誕生の秘密や、意外と知られていないネーミングの由来を聞いてきました。案内してくれるのは、業界では有名な…

「未知なる味と向き合うには」南インド料理ブームの立役者、稲田俊輔さんインタビュー

近年にわかに脚光を浴びる南インド料理。ブームを牽引する「エリックサウス」を取り仕切り、SNSやブログでも常に話題を振りまくキーパーソンに、食への目覚めからマニアックなグルメの楽しみ方までじっくりお話を聞きました。好奇心旺盛すぎる食いしん坊必読…

「食」と「笑い」の共通点とは? “第7世代”屈指の漫才師・ママタルトと考える、その奇妙な関係

近年のM-1王者のコンビ名がそうであるように、「食」と「お笑い」には深い繋がりがある? グルメな漫才が話題のママタルトのお二人と、食リポから大喜利、ネタ作り、YouTubeの料理配信まで、その関係性をじっくり考えてみました。 エリア浅草

“二足のわらじ”で10年。とある「スケーター」兼「ハンバーガー屋」のパラレルキャリア論

ハンバーガーショップ・ルーモァバーガーの店主と、ショートトラックスピードスケートの選手を両立してきた中山翔太さん。そのオンリーワンなキャリアの先で見つけた、独自の仕事論を聞いてみました。

離島の幸てんこ盛りの詰め合わせセットで、1週間以上食卓が回せた話

今年は当分旅に出られない? ……こうなったら、離島の食材や食品を「島ごと」お取り寄せしちゃいましょう。島旅フォトライターのいづやんさんが今回チョイスしたのは、長崎・五島列島の「五島よかとこ便」。お宿さながらの8日間の食卓をご覧あれ!

ビール1万本無料配布が4分で終了!「志賀高原IPA」はステイホームの救世酒になった

GW直前、ネット上で話題をさらった「IPA 1万本無料で提供」の太っ腹企画。応募から商品到着、飲ルポ、さらに酒造メーカーへのインタビューまで、滋賀在住のBUBBLE-Bさんがガチの当選者としてリポート。代表者が語った配布企画の真意と秘めた思いとは?

スープカレー専門店の中の人に「自宅で作れるスープカレー」の作り方を教わった

札幌が発祥のスープカレー。作るのが難しいイメージのスープカレーを、自宅で簡単に作るための方法を、東京・秋葉原の名店「スープカレー カムイ」の諸橋(もろはし)さんに教わりました。 エリア岩本町(東京)

おでんを美味しく作るコツを専門店に聞いてみた【調味料は塩のみでお店のような味に】

茅場町で美味しいおでんとおばんざいを提供する「煮炊きや おわん」さんに、自宅でおでんを美味しく作るコツを教わってきました。

こ、この特大ボリュームで980円!?「伝説のミツヤライス」はいかにしてレジェンドになったのか

大阪の老舗喫茶洋食店が誇る名物メニュー「伝説のミツヤライス」。洋食店の定番アイテムがこれでもかというほど載っかったボリューム満点のひと皿を頂きながら、「伝説」たるゆえんを解き明かします!

夜遊びのシメはいつもここ「かおたんラーメン」が見てきたバブルと不況の35年【TOKYOラーメン系譜学】

都内屈指の夜遊びスポットとして知られた六本木・西麻布。そのはずれにポツンと立ちながら、昭和・平成・令和と続くラーメン店がある。カウンター越しから見える夜の景色はどう変わっていったのだろう。 エリア青山

日本一のメニュー数を誇る「餃子の王将」に行ってきた【餃子バリエがハンパない】

おなじみの全国チェーン「餃子の王将」の中で、もっともメニュー数の多い店舗が京都にあるという。その独創性あふれるメニューの数々と、お店の真意とは……? チェーン店トラベラーのBUBBLE-Bさんが秘密に迫ります。全国の餃子民よ、これがホントのKING OF KI…

筋トレ民向けの居酒屋で栄養士と薬剤師が食事を語ったら常人がついていけなかった話

筋トレ民のためのお店「マッスル居酒屋たんぱくしつ」。 話題のこのお店で、筋トレにハマっている薬剤師と栄養士さんが飲み会を開催することに。楽しげでマニアックな筋肉トークに耳を傾けていると、筋トレ民たちのストイックな生活習慣が見えてきました。 …

全国の激辛マニアを震撼させる「ピカイチラーメン 辛さ10度」がデンジャラスすぎる

ドラゴンズファンに愛され続けて半世紀。竜党が集う名古屋の「中国料理 ピカイチ」は、激辛マニアの聖地でもあることをご存じだろうか。泣く子も黙る「辛さ10度」をいざ体験! エリア今池

元日本一のバリスタが「肉入りどら焼き」を考案!コーヒーと合うって本当?

京都・嵐山。渡月橋が有名な桂川の中之島地区にある、コーヒー焙煎所カフェ「Okaffe(オカフェ) kyoto 嵐山」。ちょっ変わった、でも美味しいものがあるという……。一体どんなものなのでしょうか?

江戸時代から肉食が続く「牛肉王国」津山でホルモンうどん、干し肉、そずり肉、ヨメナカセを食べる

岡山県に国内屈指の「牛肉王国」があるのをご存じだろうか。名物「ホルモンうどん」を筆頭に、珍しい牛肉料理がズラリ。独特の食文化が根付く津山市の郷土グルメをリポート!

トップに戻る