スズキナオ

ケーキパフェで話題のカフェ「ミオール」担当者が語る、仰天スイーツ誕生の意外な秘密とは【大阪・梅田】

背の高いグラスに入ったおいしそうなパフェ。 その上に、どこかから飛んできて、たまたまそこに乗っかってしまったかのようにドーンと大きなケーキがフタをしている ──。 これが「ケーキパフェ」か! 大阪・梅田に店舗を構える老舗カフェ「ミオール」には、…

道民御用達コンビニ「セイコーマート」の自社ブランド商品だけで札幌ピクニックしてみた【秋冬リリース情報アリ】

以前、北海道内で圧倒的なシェアを誇るコンビニエンスストア「セイコーマート」の魅力について書いた。 埼玉県にあるセイコーマートの店舗を実際にたずね、自社ブランドの商品をたくさん買って食べながらお酒を味わった。 www.hotpepper.jp それはそれで大変…

生誕地は札幌の小さな酒場?全国でも珍しいオリジナル割り材「サッポロッピー」を飲んでみる

お酒が好きで何でも飲んでいる私だが、なんとなくの自分の中でのブームがあり、5年ぐらい前はやたらビールが好きで、3年ぐらい前からしばらくはハイボール一辺倒になって、ここ最近はもっぱら焼酎ばかり飲んでいる。 ここで私が言っている焼酎は、高級な芋焼…

外食チェーンの本店を巡礼する男、BUBBLE-Bさんに聞く“本店にしかない魅力”とは

実家に帰省して家族で夕飯を食べに外に出た。目当てのお店が閉まっていて、少し悩んだ挙句、近くのファミレスに入る。 「うーん、あのお店閉まってたの残念だったなー」という感じで少しテンション下がり気味で入店したのだが、メニューを広げてみると家族が…

お好み焼きにはじめてマヨネーズをかけたのは「ぼてぢゅう」だった【大阪定番】

大阪といえば“粉もん”である。お好み焼き、たこ焼き、うどんなど、大阪の食文化の代表選手ばかり。もしも小麦粉がこの世からフッと消えてしまったら大阪はどうなるんだろうか。想像するのも恐ろしいことだ。 東京から大阪に引っ越してくるまで、「大阪の名物…

ヨーグルトみたいな懐かし系駄菓子「モロッコヨーグル」の謎に迫る【工場見学】

駄菓子屋さんの定番商品というと何が思い浮かぶだろうか。 うまい棒、よっちゃんいか、ビッグカツ、ポテトフライ、フルーツ餅とか、まあいろいろもちろんあると思うのだが、きっとこれを挙げたら「あー! あった!」と思い出してくれる方がすごく多いんじゃ…

地域起こしで“日本一リアクションが取れる街”に!京都・向日市「激辛商店街」を歩く

辛い食べ物が好きな人なら京都府の“向日市(むこうし)”という地名を聞いたことがあるかもしれない。 向日市は京都市の南西部に接する地域で、“西日本で最も面積の小さな市”である。絶えず観光客の訪れる京都の中心街とは違い、特に大きな観光資源を持つわけ…

“ひとくち餃子”で有名な「点天」は、かつてカウンターだけの小さなお店だった【大阪定番】

点天の「ひとくち餃子」は大阪土産の代表格である。 私はもっぱら自分へのお土産に買って食べているが、サクサクっとした皮とニラの効いたあんのバランスがすごく独特でクセになる。20個が1人前の目安として売られているのだが、「今日は100個いける!」とい…

大阪人にとって「551蓬莱の豚まん」はいったい何なのか【ナニワ定番研究】

大阪に引っ越してきて4年近くなるのだが、ようやく大阪にとって「551蓬莱の豚まん」がどういう存在なのか分かってきた気がする。 たとえば、一日出歩いて少し疲れた帰り道。 「疲れた。もう今日の夕飯は簡単なもので済まそう」という気分の時に駅前にちょう…

大阪・難波から四国・徳島まで片道2,000円!?格安フェリー切符で日帰り飲みをしてみる

フェリーほどぜいたくな旅はない 大阪・難波の地下街を歩いていて、こんなチラシに目が止まった。 「徳島へ 2,000円!!」 えっ! 2,000円!? チラシをもらって帰ってよく読んでみると、南海電鉄が販売する「とくしま好きっぷ2000」という割引キップが販売…

【甲子園名物】高校球児の空きっ腹が生んだ「大力食堂」の超ド級カツ丼

高校球児たちが夢見る大舞台といえば「阪神甲子園球場」。私自身、春・夏の高校野球開催時には甲子園球場に足を運んで試合を観戦するのが楽しみである。白球を追いかけて熱闘を繰り広げる高校生たちを応援しながら飲むビールがたまらなくおいしいのだ。球児…

独自の進化を遂げたローカル麺「尼崎あんかけチャンポン」を食べ歩く【兵庫】

先日、兵庫県尼崎市でとある居酒屋さんを取材していた際、尼崎商工会議所の小柳津駿さんという方と知り合った。 小柳津さんは「尼崎あんかけチャンポン」というご当地グルメのPRを担当しているそうで、その魅力についていろいろお話を聞かせてくれた上で「よ…

珍スポライター金原みわさんのお気に入り居酒屋さんで飲む【大阪日本橋】

街を歩いていると、「あ、ここはヤバそうだな」というお店があったりしませんか。 例えばお店の外におびただしい量の貼り紙があって、そこに店主のメッセージがびっしり。メッセージの内容は、社会情勢を憂うものだったり、宇宙の真理に関するものだったり。…

世界でたった3人の醤油ソムリエから教わる、醤油の奥深〜い世界【福岡・福萬醤油】

福岡市中央区天神、「親不孝通り」近くに「バル福萬醤油」というお店がある。 「福萬醤油」という店名から明らかな通り、醤油を販売するお店なのだが、それだけではない。店内に併設されたバルスペースで醤油のテイスティングが行えるというのだ。 さらにラ…

ドムドムハンバーガー食べ支え団体「ドム連」けんちんさんと行く“ドム活”の旅

ドムドムバーガー存亡の危機!? 2017年に入って私のTwitterのタイムラインに頻繁に「ドムドムハンバーガー」に関する情報が流れてくるようになった。 私は、Twitterを中心に「ドムドムハンバーガー」に関する情報を発信している「ドムドム連合協会」メンバ…

生誕90周年! 商標登録された謎の大阪名物「コロペット」 【梅田】

いつも大阪の面白グルメ情報を私に教えてくれる友人から「『コロペット』って食べたことあります?」と聞かれた。 「え? コロ……」 「『コロペット』です! コロッケじゃなくて『コロペット』。大阪駅前ビルで食べられるんで行ってみてください」とのこと。 …

大阪−別府が往復1万円!「弾丸フェリー」で行く、船と温泉と酒場の一人旅

大阪の南港エリアに出かけた時、「弾丸フェリー」と書かれたパンフレットを何の気なしに手に取ってみた。 「関西から九州まで10,000円~往復できます」とある。やや間があって「え! 往復1万円で九州まで行けるの!?」と思った。計算してみると片道5,000円…

ネットで話題騒然! 焼きあごだしの自販機「だし道楽」とは

ジュース感覚でだしが自販機に 大阪・西天満近辺を歩いていてノドが渇いた。 横断歩道の向こうに自販機が見えたので、あそこで何か飲み物を買おうと思って近づいていった。 ん? あれ……? 売ってるのはお茶じゃない。 「だし」だ! 嘘です。実は最初から何と…

セイコーマートは酒飲みにとって最強のコンビニチェーンかもしれない【道民御用達】

札幌に旅行に行った時、「セイコーマート」というコンビニエンスストアをたくさん見かけた。北海道内では圧倒的なシェアを誇るチェーンだという。 一見すると一般的なコンビニなのだが、じっくりと棚を見ていくと自社ブランドの商品が多数あるのに気がつく。…

そこは「たこせんべい」の楽園だった! 明石~淡路島「たこせん」の旅

大阪に住む友人からこんなことを聞いた。 「明石に行ったら、そこら中で『たこせんべい』売ってるんですよ。『たこせんの自販機』まであります。明石の『たこせん』、うまいんですよ!」 兵庫県明石市。私の住む大阪からも近く、JR大阪駅から明石駅まで40分…

40年続く老舗大衆食堂「力餅食堂」で、関西のローカルめし「木の葉丼」を食べる

関西限定の丼、「木の葉丼」とは 私は大阪市都島区に住んでいる。都島駅周辺はどちらかというと商店よりも住宅が目立ち、駅前もそれほど大きく発展しているわけでもなく、飲食店はチェーン系が多い雰囲気なのだが、自転車で走り回っていると、町の片隅に味の…

大阪の立ち飲み好きが集まるエナジー酒場「種よし」に行ってきた!【天王寺】

大阪市阿倍野区、JR天王寺駅といえば、日本一の高層ビル「あべのハルカス」を中心に、複数のショッピングモールが立ち並ぶ一大“再開発エリア”である。 昨年末には駅から天王寺動物園へと続く天王寺公園の一角が「てんしば」という名のオシャレな広場へ変貌し…

幻の「お好み焼きの天ぷら」を求めて【大阪】

あれは幻だったのか 私がスタッフをしている大阪の中津にあるミニコミショップ「シカク」の店長が巴大樹さんだ。 ▲右が巴さん。ちなみに左は副店長のたけしげみゆきさん 巴さんは大阪育ちでお店に食べに行くのも自分で料理するのも好きな方なので、いつも大…

美味そうな“大阪めし”をリアルに描くマンガ家・はたのさとし氏インタビュー【ナニワめし暮らし】

大阪の食文化は面白い。知れば知るほど面白いが、当の大阪の人々の多くにとっては“それが普通”であり、私にとっては驚くほど安くて美味いものでも、「え? こんなもんやでー」とみんな平然とした顔で食べていたりする。 お値打ち価格で満足いく味の料理を提…

仰天ラーメン店を次々生み出す大阪の「unchi株式会社」っていったい!? 【人類みな麺類】【くそオヤジ最後のひとふり】

ある仕事で大阪の人気ラーメン店を取材させてもらう機会があり、淀川区の十三にある「くそオヤジ最後のひとふり」という妙な名前のお店を訪ねた。 奇抜な名前とは裏腹に、貝のダシの濃厚なうま味を絶妙な加減で醤油とあわせた繊細な味わいのスープが印象的で…

意外な妙味! コリアンタウン鶴橋の隠れ名物「キムチサンド」を食べに行く【大阪】

東京から大阪へ引っ越してきて以来、大阪の持つエネルギッシュな文化に圧倒され通しだが、とりわけ初めて鶴橋駅に降り立った時の衝撃は忘れられない。 西日本最大のコリアンタウンとして全国的にも有名な鶴橋。駅を起点にまるで迷路のごとく入り組んで広がる…

1発で釣れば1,200円で絶品の蒲焼が! 日本橋「うなぎつり」の店に行ってみた【大阪】

東京から大阪へ引っ越し、関東と関西の食文化の違いを感じつつ日々暮らしているのだが、こと「うなぎ」については大きな文化の違いがあると聞いている。 “聞いている”というのは、恥ずかしながら貧乏暮らしでなかなかうなぎを食べる機会がないからなのだが、…

生粋の東京人が、食い倒れの街・大阪に移住して驚いた「コレが安い!」と「アレがない!」

生まれて以来、東京で37年間を過ごし、おととし大阪へ転居することになった。一年半近くになった大阪暮らしの中、様々な場面でカルチャーショックを受けてきたが、やはり文化の違いを最も分かりやすい形で感じるのは「食」の分野だ。 「食」の分野、などと大…

飲兵衛必読の新雑誌『酒場人』創刊記念! パリッコ×スズキナオの酒場対談

2015年12月8日、オークラ出版より新しい雑誌『酒場人』が創刊された。 作家、漫画家、ミュージシャンら著名人がそれぞれの“酒場愛”をディープに語る内容で、その通好みかつ豪華なラインナップは以下のとおり。 【対談】 吉本ばなな(作家)×ユザーン(タブラ…

トップに戻る