食レポ

板橋区民の心のよりどころ「おくちゃん」が店名を変えて復活した日「さかうえ」【東京ソバット団】

地元に愛され続けた、なんとも渋いお店のたたずまい こんにちは! 東京ソバット団のソバット本橋です。 さて、立ち食いそばと言いながらも、実際に立って食べる店舗も少なくなっているのですが、今回は純粋な立ち食い、しかもオープンエアのカウンターという…

北海道で味わうスープカレーが最高すぎる「ソウルストア」

「お待たせしました~」とテーブルに運ばれたスープカレー。おいおいおい。なんだこの、てんこ盛りは!まるで野菜畑ではありませんか!北海道の名物としてすっかり定着したスープカレー。スパイスの効いたサラサラのスープはもちろん、楽しみなのは、たっぷ…

大好きだった極太の「常滑チャーシュー」に再び会いたい……という切なる願いが完璧にかなった日【愛知】

常滑にかつて存在した伝説の中華そば店 いきなり長ったらしい前置きから始めよう。 愛知県の常滑市といえば、日本六古窯のひとつで、今も焼き物「常滑焼」の産地として知られるまち。最近はレトロな町並みの風景や、2005年に開業したセントレア(中部国際空…

三代続く東京郊外の名店「焼肉食道園」の恒例イベント“29の日”が想像のはるか上をいく肉厚な内容だった

東京都の郊外、狛江市。 小田急線の和泉多摩川駅に、長年地元の人々から愛されている「焼肉食道園」という焼肉店があります。存在感がありながらも街の景色に溶け込んでいる空気感は、チェーン店にはまねできない個人店ならでは。 和泉多摩川駅から徒歩約3分…

鹿島アントラーズの本拠地カシマスタジアムがここまで“モツ煮天国”だったとは【アウェイサポが禁断のホーム側初体験】

「鹿島アントラーズのスタジアムグルメってすごいんでしょ?」 ある日、メシ通担当編集者・ムナカタさんからこう聞かれた。 筆者はJリーグが大好きで、横浜F・マリノスのサポーターだ。サポーター歴は15年以上になり、これまでに全国各地のスタジアムに足を…

これぞ大分・日田の元祖「想夫恋」焼きそば!クオリティー維持にかけるその情熱は鉄板よりも熱かった

『メシ通』にて以前、東京で焼きそば専門店の先駆的存在として、高島平の「あぺたいと」を取り上げた。 www.hotpepper.jp あぺたいと社長は、九州の大分県日田(ひた)市という土地で60年以上、焼きそば専門店として不動の地位を築いている「想夫恋(そうふ…

【日本初上陸】世界最多の店舗数を誇る中国のファストフード店「沙県小吃」がとてもいい

ある日突然、小さなファストフード店の前に大行列ができ始めた 高田馬場駅から徒歩5分くらい、早稲田通り沿いの小さなお店の前に突然、大行列ができ始めたのは今年6月のことでした。 ファストフードっぽいのですが、見たことがないお店です。店名が漢字です…

北海道旅行でぜひ飲んで。昆布酵素エキスが入った不思議ドリンク、その名は「タングロン」

北海道の飲み物はちょっと変わったものが多いと思うんです。 雪印メグミルクが北海道限定で販売する乳酸飲料「カツゲン」に、樹液100%のドリンク「森の雫」など、バラエティー豊かなラインアップ。 www.hotpepper.jp www.hotpepper.jp そして、今回は真打登…

名古屋めしのデパート「名古屋大酒場 だるま」が、旅行者・出張族だけでなく地元民にも重宝されるワケ

名古屋めしを愛して止まない私だが、あえて苦言を呈するとするならばこの点だ。 ボリュームがありすぎ。 そう、量が多すぎて、他のご当地グルメのように食べ歩きができないのだ。 名古屋めしを心ゆくまで堪能するには、日帰りは論外。1泊2日間でも足りない。…

そば好きは知っている、在来種「丸岡そば」100%の二八そば、谷口屋のお揚げ、ソースカツ丼が一度に食べられる、丸岡二八そば大宮亭

まいど憶良(おくら)です。 福井県は坂井市にやって来ました。北陸自動車道丸岡インターから1分。 この、ちょっと高級な感じのお店が、実はすごいんです。 福井の丸岡インターという名前を聞いて、そば好きの方はピンときたかもしれませんが、 ここ「大宮亭…

静かな熱気に包まれる食卓!「ザリガニ専門店」でザリガニを40匹以上食べてきた【別視点ガイド】

「中国でザリガニが爆発的ブームになってる」 そんな情報をネットで見かけた。 なんでも中国国内にあるマクドナルドの店舗数を、ザリガニ専門店が抜いたとか。 中国の吉野家にはザリガニ丼もあるらしい。 ザリガニ食に親しみのない私からすれば、にわかに信…

「岡山県で飲むなら成田家に行けば間違いない」という話を確かめに行ってきた

岡山県に行った際、岡山在住の友人に「おすすめの居酒屋さんは?」と聞いた。すると、「成田家という岡山のローカルチェーン居酒屋さんに行っておけば間違いない」という返事があった。また、岡山に住む別の友人からも「成田家というお店が独特で面白いから…

本場の「鯛めし」があまりにもおいしすぎるので皆さんに作り方をご紹介します【愛媛自慢】

愛媛県民が自慢したいもの 愛媛といえば何を連想するでしょうか? 柑橘類? 道後温泉? 絶景の下灘駅? どれも愛媛を代表する名物ですが、じつはもう1つ、全国1位のものがあるのです。 それはマダイ。 生産量は日本一。全国7万トンのうち、4万トンが愛媛。県…

刺激たっぷり味噌オロチョン!新潟市で深夜まで営業している「元祖金太郎ラーメン」

新潟市で古くから繁華街と栄える古町の中心部から徒歩数分。 ひっそりと深夜まで営業しているラーメン店があります。 細い道を抜けると見えてくるのが…… 「元祖金太郎ラーメン」です。 ▲メニュー 伝説の味噌オロチョンが15年ぶりに復活! こちらは、15年前に…

名古屋には創業111年を迎えてなお「居酒屋好きなら一度は行ってみたい最高の老舗」がある【大甚本店】

居酒屋評論家が「日本一!」と太鼓判を押す居酒屋さん──。そう聞くと、東京や京都の老舗店を思い浮かべがちだが、それは名古屋にある。 場所は広小路通と伏見通の交差点。地下鉄東山線・鶴舞線の伏見駅、7番出口の目の前にたたずむ「大甚(だいじん)本店」…

千尋のお父さんがむさぼってたブヨブヨの謎料理?「肉圓(バーワン)」を食べてみた【別視点ガイド】

『千と千尋の神隠し』が好きだ。 ノスタルジックな世界観もグッとくるし、ストーリーも当然いい。カオナシやくされ神なんかのキャラクターたちも、見ていてクセになる。 なかでも強烈に記憶に残っているシーンがある。映画冒頭、千尋の両親が豚になるシーン…

創業40年のステーキチェーン「ステーキ 宮」のステーキが正しすぎる

少年時代に憧れだった、あの「ステーキ 宮(みや)」 メシ通レポーターのハガユウスケです。 お肉が大好きな筆者が小さい頃からずーーーっと気になっていたステーキのお店、それは「ステーキ 宮」。「ステーキ 宮」と「ステーキのあさくま」が立ち並ぶ、東北…

お酒の資格ってどんなのがあるの?どれくらい難しい?いま狙い目の資格は?ホントのところを調べてみた

こんにちは、酔っぱライターの江口まゆみです。 メシ通読者諸兄にとって、趣味と実益を兼ねたおいしい資格といえば、ズバリ「お酒の資格」。じつは今、お酒の資格がとってもアツいんです! 資格を取れば、飲みながらちょっとしたウンチクを語れるだけでなく…

ネットでなにかと話題の「空港のラウンジカレー」はどう撮ればイヤミに見えないのか

好きな食べ物はカレーだ。 カレーの食べ歩きをしたり、自宅でスパイスを使ってカレーを作ったり。旅行に出掛ければ、そのたびにご当地レトルトカレーをお土産として購入する。 それなりにカレー店の取材経験もこなしているし、自分のことを「カレー専門ライ…

全員が幸せになるお店を作りたい。百食限定のステーキ丼専門店、佰食屋

まいど憶良(おくら)です。 ※写真の価格は税抜です。 京都市は右京区にやって来ました。百食限定、昼のみ営業というスタイルのステーキ丼がおいしいお店です。 ※写真の価格は税抜です。 行列を消すチケット この日は14時半にすべてのメニューが完売していま…

とろけるようなうまさの鯨定食を食べながら……「鯨食堂」の社長に話を聞いてきた

鯨(くじら)を食べたいと思った 筆者は現在40歳、もうすぐ41歳になる。幼い頃、鯨(くじら)を食べて育ったわけではない。どちらかというと、自分より年上の世代が食べていたイメージが強い。私の幼少期には、鯨はすでに給食から姿を消していた。 飲み屋さ…

コク深いうま味とさまざまな食感を楽しめる「霜降り味噌」。新潟市「吟醸味噌らーめん まごころ亭」

新潟市中央区には、味噌にとことんまでこだわった一杯を提供しているお店があります。 そのお店の名は…… 「吟醸味噌らーめん まごころ亭」です。 広い店内は、さまざまな客層にも対応可能です。 複数人の場合はテーブル席に 1人、2人の場合はカウンター席に …

知らなかった……大阪・堺市には日本最大の古墳と「前方後円墳型のカレー」があることを

大阪府堺市には日本最大規模の古墳がある……と教科書で習った覚えがある。 「仁徳天皇陵古墳」という古墳だ。最近では「大仙(大山)陵古墳」「大仙古墳」と呼ばれることも多いようだ。 堺市には「百舌鳥古墳群」という44基の古墳で構成される古墳群があり、…

チャイナタウンの達人に聞いた、パスポートの要らない中国【池袋】をガッツリ楽しむ極意とは

パスポートの要らない、バーチャルなアジア食べ歩きツアーを首都圏で楽しみたい! それにはまず、ヤシオスタン(八潮市・パキスタン人集住エリア)、リトルヤンゴン(高田馬場・ミャンマー系飲食店集中)、リトルカトマンズ(新大久保・ネパール系飲食店集中…

【検証】フルーツ入りの料理をどう捉えているのか?「りんご冷麺」発祥の山形県朝日町の場合

突然ですが、山形ってどこにあるか知っていますか? 日本地図を思い浮かべると、はい。赤い部分ですね。 「昔は日本で一番暑かったんだよ~」という友人の一言で、山形ってどんなところなんだっけ? と気になったので調べてみると、「あさひまち りんご冷麺…

少年時代にマンガ家を夢見た男が選んだ道、それは「お客さんの似顔絵を描ける」名物店長だった【大阪】

店長が似顔絵を描いてくれる居酒屋さん こんにちは。ライターの吉村智樹です。 2018年の夏は、各地で記録を更新するほどの酷暑となりました。そして、猛獣のような暑さが列島を駆け抜けた次に迫りくるのが、夏バテ。全身がだるく、いっそ「記念に描き残して…

1,080円でフレーバーティー飲み放題!?お得すぎるティーハウス「The Tee Tokyo」に行ってみた

皆さんは「ムレスナティー」をご存じですか? ムレスナティーとは、スリランカ最大級のティーブランドで、日本では兵庫や京都などにティーハウスがあるため関西ではよく知られています。 the-tee.tokyo そして、東京にも2017年4月、ムレスナティー専門店「Th…

「五條家」のソース以外で味わう串カツ。今思い出しても、ただただヨダレがあふれます。

大阪グルメ定番・串カツのおいしさは、なんといってもソース。 ちょい辛味の効いたソースに串カツをドボンと漬け、ひたひたになったところをパクリ。口の中で油とソースがほどよく絡まり……う、うめええええ(泣)。 ソース最高。ソースに絡めときゃとりあえ…

蕎麦界に革命!?「しょうゆ蕎麦」が目からウロコのうまさだった【東京ソバット団】

「革命的な蕎麦」があらわれた こんにちは! 東京ソバット団のソバット本橋です。 今回は今までにない、ある意味で革命的な蕎麦を食べてきました! その蕎麦が食べられるのは、JR駒込駅近くにある「蕎麦いなり」。 表に置いてある看板をよく見てください。 …

焼肉の牛角に「カルビ専用ごはん」の作り方を教わって自宅で再現してみました

あなたは牛角の「カルビ専用ごはん」を食べたことありますか? こんにちは。お肉とお米が大好きなメシ通リポーターのハガユウスケです。 夏バテ防止のため、がんがん焼肉食ってはビールを飲みたい季節ですね。 さっそくですが、焼き肉チェーン・牛角で大好評…

「ミネラルウォーター」が無限に無料で飲める町。……どゆこと?

大雪旭岳の麓、東川町は全国でも珍しく、北海道では唯一「上水道のない町」です。 つまり、蛇口をひねればミネラルウォーター!すごくないですか、この町。ありえなくないですか、東川町。 約8000人が暮らし、どうやって給水しているのか、その秘密に驚愕(…

冷凍チャーハン界に新風!?自社工場を作ってまでなし得たかった愛知ラーメンチェーンのこだわりとは

'98(平成10)年、愛知県春日井市に第一号店がオープンした「豚旨(とんこく) うま屋ラーメン」。'18年6月現在、愛知県と岐阜県、三重県、滋賀県に直営店11店、FC店24店舗を展開する、地元で知らない人はいないほど有名なラーメンチェーンだ。 メニューの豊…

柚子の香りが漂うあっさり塩 新潟県五泉市「らーめん ゆず」

最近では、ラーメンやつけ麺に柚子が入っているのを良く見かけると思います。 今回ご紹介するお店は、そうした柚子を使ったラーメンが今のように流行るよりも前から、柚子を使ったスープを提供していました。 そのお店が「らーめん ゆず」です。店名にもコン…

蔵元直営で驚異的なコスパの居酒屋チェーン「清龍」の最高みを知ってほしい【冷奴100円、日本酒180円】

飲兵衛をとりこにする居酒屋チェーン「清龍」 本店のある池袋を筆頭に、都内に8店舗を持つ「清龍」。ここは「昼間っからおいいツマミで安く飲みたい」という飲兵衛にはうってつけの居酒屋チェーンといっても過言じゃありません。 そんな「清龍」にみせられて…

韓国のプロ野球を観戦して驚いた、日本とはまるで異なる10の特徴【スタジアムグルメ in コリア】

「プロ野球が盛り上がっている国はアメリカと日本と、あと韓国かな」以前、友人とたわいもない話をしていた時のこと。友人が、このような発言をしたのだった。 ……え!? 韓国で野球が盛り上がっているの? 数カ月前から、月1回のペースで球場観戦をしている…

かき氷は炙るもの。見よ、これが本当の”インスタ映え”だ!

かき氷をガスバーナーで炙ってる……!? 今回は、一瞬「エッ……」と思うような面白メニューがたくさん並ぶ、「麺とかき氷 ドギャン」をご紹介しましょう。 インスタ映えばっちこい、な姿勢 ドギャンはもともと、宮崎県出身のオーナー・坂本さんが、地元で食べ…

味噌の食べ方にルールなんてねぇ!老舗味噌店が「味噌のフレンチトースト」で常識を超えてきた

味噌汁、普段飲みますか? 私は日頃味噌汁を飲まず、自分で味噌を買った経験もありません。同じようなかた、多いのではないでしょうか。 味噌離れが深刻化していくなか、老舗の味噌店が「味噌を食卓に取り戻す」をテーマに、味噌本来の味わいを守りながら新…

東京でもめったに食べられない幻の豚肉「TOKYO-X」を求めて

新潟生まれ、東京経由長野育ち、悪いやつらはだいたい怖い、な私。神奈川暮らしを経て、ここ5年ほどは東京都心(世田谷区)で生活している。うまいものを食べようと思えば、いつでもどこでも食べられるのが、花の都・東京。 しかし、東京に居ながらも、そう…

「ブッダボウル」には人生に必要な野菜がつまっている【恵比寿】

その日、僕は編集者の北尾修一さんと打ち合わせのため、東京都内・恵比寿に来ていた。北尾さんは、カルチャー誌である『クイック・ジャパン』元編集長であり、日本のユース・カルチャーに精通している人物。昼メシでも食べながら打ち合わせをやりましょう、…

浜名湖の観光釣り船「たきや漁」で、ボクたちが見た真夏の夜の夢

以前、『メシ通』で岡山県の網つき小屋「四つ手網」を体験してきたことを記事に書いた。 www.hotpepper.jp その鮮烈な経験について誰かに会うたびに話していた時期があったのだが、私の父に話をした際、「たきや漁は知ってるか?」と聞かれた。 なんのことか…

どこをとっても昭和な「岐阜レトロミュージアム」は、オッサンを少年に変えるタイムマシンだった

今、まさに夏休み真っただ中。皆さんはもう予定が決まっているだろうか? 今回は、アラフィフの筆者があえて家族や子どもとではなく、自分一人、または同世代の友達と一緒に行ってほしいオススメのスポットを紹介しよう。 その理由は、おいおい説明するとし…

厳選された煮干しを用いたスープのラーメンと全9種のつけ麺!新潟市「麺や真玄」

今回ご紹介するのは、新潟市で創作系ラーメンの数々を提供しているお店です。 「麺や真玄」。 「麺や真玄」ですが、以前『メシ通』でご紹介した「中華そば来味」の姉妹店です。 www.hotpepper.jp 豊富なメニューがそろっています。 3種のチャーシューをトッ…

怪しすぎる「古本喫茶酒場」に行ってみたら極楽だった【ヒョイ飲み】

ライターが経営する古本屋さん兼飲み屋さん このところ、ライターや編集者から飲み屋さんのマスターに転職したり、飲み屋さんでバイトしたりって話をよく聞きます。 まぁ、昨今ライターという商売が経済的に厳しくなってきてるというのも理由ではあるんでし…

「きじ肉」ですごい鶏釜飯をつくってみた【うますぎておかわり確定】

特製「きじ釜飯」を食らう 愛媛県鬼北町。四国の清流、四万十川の上流に位置するこの町は、名前に「鬼」が付く珍しい町です。その鬼北町に名物料理があると聞いてやってきました。 それは……きじ! きじなんて、普段なかなか食べる機会がないですよね。でも、…

【猛暑の癒やし】大阪の昭和レトロな喫茶店・甘味処でいただける絶品かき氷5選

あぢーー。なんともたまらない日が続いていますね。 そんな時にはやはりかき氷。口に運ぶごとに涼しさで満たされ、食べ終わる頃には体感気温もぐっと下がっているものです。 中でも筆者が大好きなのは、レトロ風情な店内でいただくやさしいお味の一杯です。…

チャバタってなに!?カラフルなチャバタには人を黙らせる何かがあった【別視点ガイド】

みなさんはチャバタというパンをご存じだろうか。 チャバタとはイタリアで定番の食事パン、らしい。 「らしい」というのは、私自身、チャバタが具体的にどのようなパンか思い浮かんでいないからだ。 見たことがあるような気がするし、食べたことがあるような…

孤食はそんなに後ろめたいことなのか?福岡の路地裏本格カレー「ダメヤ」が“おひとりさま推奨”を掲げる理由

私事で恐縮だが、つい1年前までコーヒーと自家製ケーキの専門店を13年間自営していた。いわゆる「おひとりさま」しか入れないお店で、その特異性ゆえ、メディアに取り上げられることも多かったが、こうした自店のコンセプトに深く共感してくれた人もいた。 …

鉄道系飲食店のイメージを完全に覆す「鐵道(てつどう)カフェ&カレー」のカレーがどれも本格的でビビった【神戸】

「カレーがおいしい」と評判の鉄道カフェがあった 「鉄道カフェの食べ物って『手づくり』『おいしい』っていうイメージがあまりないでしょう。でもたとえ鉄道カフェであっても飲食店なのだから、食べ物で手を抜いちゃいけないと思うんです。だから僕はあえて…

女性店主が作る優しい味わいの至極の一杯、新潟県阿賀野市「ラーメン紅生」

新潟県阿賀野市にある、女性店主が作るちゃーしゅーめんがおいしいと話題のお店をご紹介いたします。 今回のお店は、「ラーメン紅生」です。 メニューをみてみましょう。 醤油味、味噌味の各種ラーメンが並びます。 らーめんが500円というのは、今どき珍しい…

関西人でも知らない551蓬莱の魅力と秘密19選

まいど憶良(おくら)です。 551蓬莱のお店に行ってみると驚きの連続だった 食べ物の中で、大阪の顔と言えば何? と聞かれると、かなりの率で551蓬莱の豚まんっ! という答えが返ってきます。 大阪はもとより関西人なら知っていて当然のお店ですが、さて、そ…

トップに戻る