食レポ

飲み会を終えた大人の俺はシメにパフェを食べに行く【札幌はシメパフェブーム】

ガッハッハと宴はお開き。おつかれさまでした。皆さんはシメにラーメンですか?いや、私は今日はちょっと。雑踏を抜け、いつものお店へ。私は大人の男。かわいいパフェを食べることを楽しみに、今日1日頑張ったんだ! 「パフェ、珈琲、酒 佐藤」をご紹介しま…

ケーキパフェで話題のカフェ「ミオール」担当者が語る、仰天スイーツ誕生の意外な秘密とは【大阪・梅田】

背の高いグラスに入ったおいしそうなパフェ。 その上に、どこかから飛んできて、たまたまそこに乗っかってしまったかのようにドーンと大きなケーキがフタをしている ──。 これが「ケーキパフェ」か! 大阪・梅田に店舗を構える老舗カフェ「ミオール」には、…

ウマくて安いなら立ち食い焼肉も良いじゃない!「さすらいのカンテキ」【大阪】

急成長中の立ち食い焼肉の魅力とは? こんにちは。メシ通レポーターの西尾明彦です。今回ご紹介するのは、新鮮な黒毛和牛の焼肉を、立ち食いスタイルでリーズナブルにいただける「さすらいのカンテキ」です。 2017年8月9日にオープンした、「さすらいのカン…

昼は弁当屋さん、夜は立ち飲み。ご夫婦が切り盛りする「ティンカーベル」は良さしかない名店だった【東京・千石】

こんにちは、パリッコです。今回も調査という名の飲み歩き活動にいそしんでいきたいと思います。 東京都文京区に「千石」という駅があります。 「おばあちゃんの原宿」こと巣鴨や、都立庭園「六義園」のある駒込からも近いのですが、派手な繁華街などはあま…

「食事処みしまや」そびえ立つ「あなご天丼」のタワー感が半端ない件【静岡】

昭和25年創業「食事処みしまや」 メシ通レポーターのYELLOWです。 もともとは初代が豚カツ屋さんとしてオープンさせた「食事処みしまや」ですが、2代目の頃から天ぷらも始め、今ではSNSなどで「あなご天丼」のフォトジェニックな写真が拡散され人気を博して…

鶯谷の巨大銭湯「萩の湯」はネパール人店長で、名物がイエローカレー?

風呂上がりに食べたいものというと、さっぱりそば、酒に合う煮込みや揚げ物、キンキンに冷えたアイスと、人それぞれ、多岐にわたります。 「ひだまりの泉 萩の湯」は、2017年4月末に建て替えオープンした最新型の銭湯です。そこに併設されている食事処では、…

危険すぎる「ノースサファリサッポロ」のフードはやっぱりデンジャラスだった【北海道】

ああ。行きたくない。グルメライターとして、あちこち巡っていますが。こういうのは初めてなんです。今日はサソリとか、ヤモリとか。その手のものを食べるわけで。ああ。行きたくない。でも、せっかく食べるんだから。悲観的にならず……。おいしそうにレポー…

なぜそうなった?「ピザがおいしい」と評判の自転車屋さん「ACT WITH(アクトウィズ)」【大阪】

どうも! いつも自転車操業なメシ通レポーターの吉村智樹です。 自転車と言えば、大阪の郊外に「ピザが食べられる自転車屋さんがある」といううわさを耳にしました。しかもそのピザは、とびっきりウマいのだそう。 ウマいかどうか以前に、そもそもなぜ自転車…

北大路魯山人監修 新潟名物「わっぱ飯」発祥のお店「田舎家」

新潟の各地で食べられている郷土料理「わっぱ飯」。 今回は、その「わっぱ飯」の発祥のお店として知られる老舗料理店をご紹介致します。 それがこちらの「田舎家」です。 メニューには、各種「わっぱ飯」がのっています。(この他にも多種多様な和食メニュー…

つけ麺ブームの立役者「つけ麺大王」総本店は、栄枯盛衰を乗り越え今なお独自に進化していた【自由が丘】

「つけ麺大王」というラーメンチェーンをご存じだろうか。 昭和50年代に都内を中心に、最盛期は1日1店舗ペースで展開。つけ麺という名称を始めて用いた元祖にして、麺をスープにつけて食べるというスタイルを世に知らしめた一大フランチャイズチェーンだった…

なにこれ激ウマ……タコのモツを食べ尽くし!日本と地中海のタコ料理&バー「ブログルド」【京都】

みなさまこんにちは。メシ通レポーターのナガオヨウコです。 先日、めちゃウマなタコ料理店に出合い、もうそれはそれは感激しました。出版業界の友人たちにも「おいしいよ! 知ってる? 」って言って回ったのですが、皆すでにファンでした。ということで、メ…

これはもうB級グルメを超えている!本格割烹料理店で贅の限りを尽くした「名古屋めしコース」を堪能してきた

唐突な話で申し訳ないが、名古屋めしって本当に面白いと思う。なぜなら、きしめんのように400年以上も前から食べられてきた郷土料理もあれば、誕生してから10年にも満たない台湾まぜそばも同じ名古屋めしなのである。 料理のジャンルも和、洋、中と実に幅広…

定食450円でラーメン付き?激安すぎる「キッチンもとや」に潜入【大阪】

財布にやさしすぎる定食屋が話題 安いランチの代名詞「ワンコインランチ」。材料となる食材をはじめ店舗の運営費など何もかもが高くなっている昨今、ワンコインでご飯が食べられるなんてそれだけでも貴重です。安いランチはお店の努力以外のなにものでもない…

10000RTされた話題の「痛風鍋」を食べに行ってみたら、プリン体を忘れて親子の絆と地元愛に感動した話【仙台】

「痛風鍋」 そのネーミングを耳にしただけで、足の親指がチクチクと痛くなってしまいそうなのは気のせいでしょうか。 旬の牡蠣や白子、あん肝をこれでもかと豪快に盛り付けた鍋のインパクト抜群の写真は、ツイッターへ投稿されるや否や一気に1万リツイートを…

和食×ガストロノミー、「Kyo gastronomy KOZO」は驚きの連続【京都】

おそらく日本初!? ガストロノミー料理と日本酒ペアリング こんにちは、おいしい料理と日本酒をこよなく愛する、メシ通レポーターの西尾明彦です。 今回ご紹介するのは、話題のガストロノミー料理です。和食をベースに、フレンチや分子ガストロノミーの技法…

伊勢エビよりも美味?珍食材ウチワエビを使った海鮮ちゃんぽんがうますぎる【福岡】

みなさん、こんにちは! メシ通レポーターの暇モアイです。 寒い季節になってきましたね。みなさんいかがお過ごしでしょうか? 今回はあまり市場に出回らないが、味はあの伊勢エビより美味と言われる「幻のエビ」を、ぜいたくにちゃんぽんに使用しているお店…

豚ロース串から卵黄がトロ〜リ!東京・蒲田で出会った「いちのへ巻き」は、やきとん界の大発明だ

こんにちは、パリッコです。今回も調査という名の飲み歩き活動にいそしんでいきたいと思います。 はじめの1杯100円! 先日、 東京・蒲田の街をあてもなく徘徊(はいかい)していると、真昼間から営業中の新しい飲み屋さんができているのを発見しました。 店…

鶏料理を極めた店主が作る、垂涎確実の「鶏のひつまぶし」とは?【大阪】

こんにちは。メシ通レポーターのハシモトです。 みなさん「ひつまぶし」といえば、ウナギ料理だと思っていますよね? でも、こちらの鶏料理店では世にも珍しい鶏肉を使ったひつまぶしを提供されているというのです。 いったいどんな料理なのか、さっそくご紹…

富士そば・幻の新メニュー「乱切り蕎麦」の実力を徹底調査【東京ソバット団】

東京ソバット団 Presents「富士そばの秘密 〜第4回〜」 こんにちは、東京ソバット団の本橋です。 今回もバリューある立ち食いそばの情報(主にうまいもの)を、レポートしたいと思います! さて、最近、立ち食いそばチェーンの「名代富士そば」が、一部店舗…

そのカレー、インド過ぎにも程がある!京都造形芸術大学「カフェ Verdi」【京都】

みなさまこんにちは。メシ通レポーターのナガオヨウコです。 近年、大学内の学食レベルってかなり上がってきていますよね。大学生でなくとも、学食巡りをするという人も多いと思います。しかし、ここまでインドすぎるカレーを食べられる大学は、なかなかない…

鶏肉の最高峰「名古屋コーチン」がお値打ちに食べられる超穴場店を発見!【究極TKG&親子丼】

鶏肉の最高峰、名古屋コーチン。 名古屋市内には、コーチンを使った鍋をはじめ、串焼きや唐揚げ、親子丼などが楽しめる専門店があるが、かなりハードルが高い。 鍋や刺身、焼き物、、揚げ物など、ひと通りの料理が食べられるコースを注文した日にゃぁ、1万円…

魚河岸丸天「海鮮かき揚げ丼」のタワー感が半端ない【静岡】

最近、沼津の魅力に取りつかれつつあるメシ通レポーターのYELLOWです。 静岡県と言えばサッカー、ウナギ、お茶くらいの大ざっぱなイメージですが、そこに浜松餃子と静岡おでん、ハンバーグの「さわやか」も加わると、結構いい感じの食文化があったりなかった…

絶対に食べておきたい「炭火焼き」の王道グルメバーガー【オールドニューダイナー】

【シリーズ】至高のグルメバーガー10選 no.3「オールドニューダイナー」@立川 大好評のグルメバーガー企画第3弾! 今回は立川にやってきました! こんにちは、カメラマンの工藤です。最近、すっかりハンバーガーにハマってまして、おいしいハンバーガーを求…

“クサイ飯”は本当にクサイのか?東京拘置所「矯正展」で売られる「プリズン弁当」を食べて真相を探ってみた

東京スカイツリーライン小菅駅で電車を降りると、高架駅のホームから非常に変わった形をしたビルが見えた。 窓を数えると縦に12、横はそれ以上の数がある。しかもそれが三方に広がっていた。さっそくグーグルアースで建物の形を確認してみる。すると電話の米…

タコパラダイス!「藤田水産」の珍味で最高の晩酌をメイク【北海道】

こんなおつまみ見たことありますか?すごいでしょ! そのまんまですよ、そのまんま。さあ、晩酌しようかと袋から出すと、息子が大歓声をあげました。タコが名産のマチ、北海道・小平町。藤田水産 はタコのありとあらゆる珍味が買えるお店。知る人ぞ知る、飲…

「串カツ田中」の“居酒屋力”と“全世代対応力”が相当なレベルまできちゃってた【チェーン居酒屋解体新書】

「串カツ田中」の推しポイントは…… お得に飲める仕掛けやイベントが盛りだくさん 串カツだけじゃない、居酒屋メニューも充実 お子様メニューもあり幅広い世代に対応 なぜ「田中」なのか 飲兵衛のみなさん、最近体調いかがですか〜?どんなに飲んでもγ-GTPが3…

噂の甘いチャーハンと塩ラーメンのセットがあるらしい「三咲屋」【新潟】

新潟市に、他では食べられないようなチャーハンとおいしい塩ラーメンを提供していると噂のお店があります。 それが「三咲屋」です。 定番メニューがこちら。 ▲しおたまごらーめん (800円)+半チャーハンセット (+250円) まずは、塩ラーメンを。 あっさり…

リトルヤンゴンこと高田馬場を堪能するなら、銭湯→ミャンマー料理店がオススメ!

普段は風呂屋の番頭さん、休日は風呂あがりに飯を楽しむ、風呂デューサーの毎川直也です。今回、風呂とメシをいただくのは、リトルヤンゴンこと高田馬場。じつはここ、ミャンマー料理のために出来上がった街なのでは、と思うほど、ミャンマーとの共通点が多…

通をもうならせるようなカレーを提供する「メガネカリー」のカレーとは?【福岡】

みなさん、こんにちは! メシ通レポーターの暇モアイです。 今回は福岡の街中から程よく離れた自然豊かな島「志賀島」までやってきました! 島という名前は付いていますが、実は陸続きになっていて、車や電車で簡単に行けてしまうんです。 最近志賀島の一部…

道民御用達コンビニ「セイコーマート」の自社ブランド商品だけで札幌ピクニックしてみた【秋冬リリース情報アリ】

以前、北海道内で圧倒的なシェアを誇るコンビニエンスストア「セイコーマート」の魅力について書いた。 埼玉県にあるセイコーマートの店舗を実際にたずね、自社ブランドの商品をたくさん買って食べながらお酒を味わった。 www.hotpepper.jp それはそれで大変…

中国・東北出身のご夫婦が作る「餃子王」のとぅるんでむっちむちな水餃子には家族の歴史あり

日替わり水餃子はどれも個性豊か! こんにちは。 メシ通レポーターのライター・泡☆盛子です。 日に日に寒さが増す今日この頃、恋しいのは湯気がたつアッツアツの料理。 今回ご紹介するのは、まさにホフホフ言いながら食べて欲しい絶品水餃子です。 中国・東…

名古屋洋食界のレジェンド、邨井(むらい)シェフが編み出す洋食メニューが奇想天外すぎる

まず、この写真をご覧いただきたい。 鰹(カツオ)と昆布で丁寧にとった和風ダシがシミシミの大根の上に、名古屋ならではの豆味噌ベースの甘辛い味噌ダレがとろーり。 これから寒くなる季節にぴったりの味噌おでんと思いきや……。 「ちがーう! これはウチの…

生誕地は札幌の小さな酒場?全国でも珍しいオリジナル割り材「サッポロッピー」を飲んでみる

お酒が好きで何でも飲んでいる私だが、なんとなくの自分の中でのブームがあり、5年ぐらい前はやたらビールが好きで、3年ぐらい前からしばらくはハイボール一辺倒になって、ここ最近はもっぱら焼酎ばかり飲んでいる。 ここで私が言っている焼酎は、高級な芋焼…

おやつといえばコレでしょう!思い出が詰まったビタミンカステーラ【北海道】

まさに出身地発見機。ビタミンカステーラに反応してしまうのは、間違いなく北海道の人たちです。子どもから大人まで、誰もが食べられる優しい味わい! 100円でおつりがくる価格帯! 北海道民のソウルフード、ビタミンカステーラ。パッケージや味に慣れ親しん…

ジビエについて本気で教わってきた【徹底ガイド】

今、肉好きの間でブームとなっているのが「ジビエ」。 なんとなく高級なイメージもあるし、もの珍しいし、野生動物の肉について語れたら、ワイルドでかっこいいオトコになれそうだと思いませんか? でも実際は、獣肉ということを漠然と知っている程度で、ど…

沼津「松福本店」のうまいラーメンはハマると病みつき……なのにチャーハンもこれまた秀逸!

メシ通レポーターのYELLOWです。静岡県の東側はチャーハン王国である説……知っていますか? 筆者、仕事柄あちこちでチャーハンを食べるのですが、全国的に見ても静岡県東部はチャーハンがおいしいと思われ、お茶やウナギを推してる場合じゃないと感じています…

【鉄道メシ】元オリエント急行シェフの並々ならぬ情熱と執念が、レジェンド寝台車「夢空間」を引き寄せた

東京都心と下町エリアを結ぶ地下鉄東西線。 首都圏有数の混雑路線ということもあり、他の路線と比べて幅の広いドア(ワイドドア)の車両が、多く投入されています。 その元祖・05系電車がデビューしたのは、昭和63年(1988年)秋のこと。 実はこれと時を同じ…

小学校跡地でお酒が飲める?泡専門バー「awabar」の魅力にせまる【福岡】

みなさん、こんにちは。メシ通レポーターの暇モアイです。 今回ご紹介するのはバーなのですが、これがまたただのバーではないんです。恐らく日本初の試みではないでしょうか、小学校の跡地でお酒が飲めちゃうバーがあると言うんです! 小学校でお酒飲むって…

ママが皮から作る本格餃子とおつまみが体に染みる……。 横浜・野毛で37年続くスナック「華」の素晴らしさを伝えたい

飲み屋さんがずらりと並ぶ、横浜・野毛(のげ)の都橋商店街。 駅でいえば最寄りはJR桜木町駅、または京急日ノ出町駅となる野毛エリア。さまざまな飲食店が約600店も密集しています。 裏側にまわってみるとこんな感じ。都橋商店街は、川に沿って建っています…

貴重なオールドボトルが1500本!1杯300円から飲める「お酒の美術館」【京都】

こんにちは、ウイスキーのオールドボトルも愛してやまない、メシ通レポーターの西尾明彦です。今回ご紹介するのは、貴重なオールドボトルをリーズナブルに飲める「レトロパブ お酒の美術館」です。 オールドボトルとは、一般的に、ボトルに詰めてから10年以…

関東の一大中華チェーン「珍来」をご存じ?そこには安さ&大盛りで男たちの胃袋を満たしてきた下町スピリットがあった

「珍来」というローカル中華チェーンをご存じだろうか。 東京23区では北東部、東武スカイツリーライン沿線によく見かける。 赤地に白で「珍来」とデカデカと書かれた派手な看板を掲げ、軒先でお土産餃子を包んでいる姿を見かけたことがあるかもしれない。 東…

豊富な和食の経験を積んだ店主が作る唯一無二なマーボーメン!新潟市「千の月」

新潟市にある和食店ながらラーメン専門店のような一杯を提供するお店をご紹介したいと思います。 「千の月」です。 各種メニュー。 丼物や定食、うどんなどをリーズナブルな価格で提供しています。 夜は居酒屋さんとして営業しており、豊富な種類の一品料理…

下町の庶民文化をハシゴする……? 「老舗の湯丼」と「天丼(ハ)」とは?

風呂デューサーとしても活動している毎川直也です。メシ通レポーターでありながら小さめの胃袋の持ち主な私ですが、「丼のハシゴ」をしたことがもちろんありません。想像するだけでうぷっとなります。 今回ご紹介するのは、そんな私と同様に小食のみなさんに…

大人の晩酌は魚で決まり!干物欲を存分に満たしてくれる「ひもの野郎」でしみじみ飲む【大阪】

たまのごちそうは焼き肉、スペシャルな日はステーキ、スーパーでは牛細切れ肉、ラーメンで好きな具材はチャーシュー。10代・20代と「たんぱく質といえば肉」として日々過ごしてきました。 けれども30歳を超えたあたりから、多くの人と同じように肉が少し重く…

つけ麺みたいなハンバーグ?「榎本ハンバーグ研究所」で次世代のハンバーグを食べてきた【別視点ガイド】

榎本ハンバーグ研究所。 研究所とつく硬いネーミングなので、野菜やひき肉の安全性でも調べていそうな施設だが、その実態はハンバーグ専門店。 ここでしか食べられないコンセプト性の高いハンバーグがいろいろ食べられる。 南北線「西ヶ原駅」や京浜東北線「…

キャビアで有名なチョウザメをやりすぎなほど食べられる?「びふか温泉」に行ってみた【北海道】

世界三大珍味のキャビア。チョウザメの卵ですが、北海道の美深町は、マチをあげてチョウザメの養殖に力を入れているのです。これってもしかして。キャビアをガッツリ食べられるってことじゃないですか?そんな軽い気持ちで行ってみると……。 キャビアどころか…

アジアの空気感漂う老舗「上海小吃」を知らずして新宿歌舞伎町を語るべからず【本場中華から昆虫まで】

こんにちは、ミュージシャンでメシ通レポーターのDJ SASAです。 生まれ故郷の食都、四国・高知から東京に出てきて約30年経ちますが、上京した頃と比較するとすっかり街のイメージがクリーンになった感のある新宿歌舞伎町。 メインストリートには新しく「ゴジ…

これ、お肉じゃないの?「ヴィーガンバーグ キッチン」の完全菜食バーガーを食べてきた【大阪】

いざ、関西唯一の完全菜食のハンバーガー専門店へ こんにちは。メシ通レポーターの西尾明彦です。堺市にやってきました。 今回ご紹介するのは、大阪は堺市にある、動物性の食品を一切使わない、完全菜食のヴィーガン(完全菜食主義)対応のハンバーガー専門…

【ほぼイタリアン】名古屋「ラーメン&バル ピオーネ」がラーメン店にしてはビビッド過ぎるメニューを出している

カルボナーラ風やトマトソースなどのラーメンをときどき見かける。これらのメニューの意図するものは、いったい何なのだろう。 「ラーメンが食べたいけど、カルボナーラも食べたい」という欲張りさんに向けたものだろうか。とはいえ、ラーメン店の看板を掲げ…

もつ鍋や水炊きだけじゃない!福岡で評判の「喜人鍋」を知ってる?

こんにちは、メシ通レポーターの泡太郎です。 一日一日秋が深まっている福岡ですが、これから冬に向けて一気に需要が高まるグルメと言えば……。 そう、鍋です! 今回はその鍋、それも福岡の地で15年以上も愛され続けている鍋をご紹介したいと思います。 その…

トップに戻る