Pickup

200店舗オープンを達成したそばチェーン「ゆで太郎」は、なぜ快進撃を続けられているのか

突然ですがこれ、どこのラーメンだと思いますか? 実はそばのチェーン店「ゆで太郎」の中華そば(390円)なんです。 2017年12月に登場し、おいしいと話題になりました。 ネットサーフィンをしていたら、このラーメンに天ぷらを入れた画像も発見。 「ゆで太郎…

【これは最高のやつ】老舗「日進ハム」のソーセージ&ハム&ベーコンが全部カッコイイ

INDEX ▽1.カルプスレバーヴルスト ▽2.ジャーマンローフ ▽3.グロースリヨナー ▽4.ガーリック ブラートヴルスト ▽5.ヴァイスシンケン ▽6.バウホシュペック(ブロック) ▽7.レバーケーゼ ▽8.ケーゼヴルスチェン ▽9.パプリカリヨナー ▽10.チゴイナー ヴルストヒ…

実家のお母さんの作ったご飯よりおいしいものなんてあるのだろうか

親の作ったご飯、いつ食べましたか? 「晩ごはん、なに食べたい?」 帰省する時、親から必ず聞かれるヤツですね。 イラスト:©︎ディスク百合おん 我がお母さん。 ハンバーグ、カレーライス、etc…… 思い浮かぶのは好物が基本でしょう。 ですが私はこういう時…

板橋区民の心のよりどころ「おくちゃん」が店名を変えて復活した日「さかうえ」【東京ソバット団】

地元に愛され続けた、なんとも渋いお店のたたずまい こんにちは! 東京ソバット団のソバット本橋です。 さて、立ち食いそばと言いながらも、実際に立って食べる店舗も少なくなっているのですが、今回は純粋な立ち食い、しかもオープンエアのカウンターという…

自衛隊の食事を取材しまくったミリタリー雑誌編集者が語る「陸・海・空それぞれの絶品メシ」とは

災害派遣で汗を流し働く姿が、国民にもすっかり定着した自衛隊。陸・海・空自衛隊の駐屯地・基地は、分屯地や分屯基地も含めると(陸上自衛隊は駐屯地、海・空自衛隊は基地と呼びます)は全国に約290あるので、みなさんの住まいの近所にもちょっと車で走れば…

豚肉2キロ!超級を超えた「最終カツ丼」を大食いアイドルは撃破できるのか【小林銅蟲×もえのあずき】

メシ通編集部です。 2017年11月にスタートしたレギュラー企画「蟲通」も早いものでそろそろ1年。 おなじみ、小林銅蟲先生も 健在です。 さて今回は、大食い企画。 ドデカイ料理を作って、大食いアイドル(のちほど登場予定)に食べてもらおうと考えました。 …

料理にはその土地の文化や歴史が隠されている ──。「世界のごちそう博物館」本山尚義さんの話が深すぎた

以前、友人に案内されて兵庫県神戸市にある魚崎という町の角打ち(酒屋さんの店内でお酒をやおつまみを味わえるスタイルのお店)に飲みにいったところ、そのお店に「世界のごちそう博物館」と名付けられたレトルト食品が並んでいた。 パッケージを見るに、ど…

【月間ランキング】2018年9月~「よだれ鶏」や「ハム卵チャーハン」が話題に

みなさんこんにちは、メシ通編集部です。 「食欲の秋」がやってきました。昨年は不漁の影響で高価だった秋の味覚の代表格「サンマ」、今年は豊漁で脂ものっていておいしいとのこと。ランチに夕食、食べる機会も増えそうですね。 それでは、『メシ通』9月の反…

大好きだった極太の「常滑チャーシュー」に再び会いたい……という切なる願いが完璧にかなった日【愛知】

常滑にかつて存在した伝説の中華そば店 いきなり長ったらしい前置きから始めよう。 愛知県の常滑市といえば、日本六古窯のひとつで、今も焼き物「常滑焼」の産地として知られるまち。最近はレトロな町並みの風景や、2005年に開業したセントレア(中部国際空…

「京大カレー部」のカレーはスパイス度も偏差値も高めだった

みなさまこんにちは。京都のライター・ナガオヨウコです。 今日は、京都が誇る、いや日本が誇る最強大学・京都大学のユニークなサークルをご紹介します。 その名も京大カレー部(任意団体)。偏差値高すぎ・頭脳派のエリート集団が、カレー活動をしていると…

【自宅で簡単調理】手間いらずで作れる!タコ焼きをもっと楽しめる味付け5選

「まいど!」いしたにです。 皆さんはタコ焼きに何をかけて食べますか? 言うまでもなくソースとマヨネーズですよね。でも、それとは別の味付けで食べてみると、もっと楽しめると思うんですよ。タコ焼きを。 こう言うわたくし、現在は宮城に居を構えています…

料理上手な鈴木先生に冷蔵庫のあまりものだけでチャチャッとタコライスをつくってもらいました【料理人のまかないメシ】

お菓子教室の先生に、お手軽な男子ごはんを教わります ども、下関マグロです。 今日は目黒区にあるお菓子教室にお邪魔しました。 この教室の主宰者で先生の鈴木貴子さんです。よろしくお願いします。 鈴木貴子さんは、お菓子教室の先生でもあり、また TVナレ…

鹿島アントラーズの本拠地カシマスタジアムがここまで“モツ煮天国”だったとは【アウェイサポが禁断のホーム側初体験】

「鹿島アントラーズのスタジアムグルメってすごいんでしょ?」 ある日、メシ通担当編集者・ムナカタさんからこう聞かれた。 筆者はJリーグが大好きで、横浜F・マリノスのサポーターだ。サポーター歴は15年以上になり、これまでに全国各地のスタジアムに足を…

人口約8000人の東川町に佇む、ミシュランガイドも認めた予約殺到の「居酒屋りしり」に行ってみた【北海道】

突然ですが、北海道の東川町ってご存知ですか?人口約8000人の小さな町なのですが、人口増加率が高く、移住者が多いことで知られています。 北海道で一番高い山「大雪山エリア」のお膝元で、田んぼが多く、北海道らしい雄大な景色が眺められることに加えて、…

これぞ大分・日田の元祖「想夫恋」焼きそば!クオリティー維持にかけるその情熱は鉄板よりも熱かった

『メシ通』にて以前、東京で焼きそば専門店の先駆的存在として、高島平の「あぺたいと」を取り上げた。 www.hotpepper.jp あぺたいと社長は、九州の大分県日田(ひた)市という土地で60年以上、焼きそば専門店として不動の地位を築いている「想夫恋(そうふ…

「ウイスキーをぶっかけたらうまくなるもの」で打線を組んでみた

調味料としてウイスキーを考えてみる こんにちは、ちみをです。蒸留酒はウイスキーが好きです。 おやじが夜ごと淡々と「ビール→ウイスキー」のルーティンをこなすのを眺めて育った人間なので、自分もソックリそのまま同ルーティンを相伝しました(糖質を気に…

釣りにハマりすぎて「怪魚ハンター」になってしまったDMM社長・片桐さんの話【釣りバカメシ】

34歳の若さにしてDMMの社長に電撃就任 各業界の釣りバカに、釣りをしながらメシについて語ってもらうというこの企画。 今回のゲストは株式会社DMM.comの片桐孝憲(かたぎりたかのり)社長だ。 株式会社DMM.com(以下、DMM)といえば、さまざまなサービスを仕…

ジューシーでサクサクのチキンカツサンドが鶏ムネ肉で作れちゃう!【ホマレ姉さんのレシピ】

こんにちは、有機野菜農家のホマレ姉さんです! 食欲の秋でもあり、行楽シーズンでもありますので、今日はチキンカツサンドを作ってみたいと思います。 チキンカツと言うと、プロの方は味が良くって柔らかい、鶏モモ肉を使うことが多いようですが、今回はム…

【日本初上陸】世界最多の店舗数を誇る中国のファストフード店「沙県小吃」がとてもいい

ある日突然、小さなファストフード店の前に大行列ができ始めた 高田馬場駅から徒歩5分くらい、早稲田通り沿いの小さなお店の前に突然、大行列ができ始めたのは今年6月のことでした。 ファストフードっぽいのですが、見たことがないお店です。店名が漢字です…

名古屋めしのデパート「名古屋大酒場 だるま」が、旅行者・出張族だけでなく地元民にも重宝されるワケ

名古屋めしを愛して止まない私だが、あえて苦言を呈するとするならばこの点だ。 ボリュームがありすぎ。 そう、量が多すぎて、他のご当地グルメのように食べ歩きができないのだ。 名古屋めしを心ゆくまで堪能するには、日帰りは論外。1泊2日間でも足りない。…

【飼育日記】幻のニワトリ「天草大王」を飼い始めて、産んでくれた卵でTKG(卵かけご飯)を食べるまで

感動巨編 〜「日本最大の地鶏」を飼育してみた〜 日本最大の地鶏、その名も……「天草大王」。 名前からしてラスボス級の雰囲気ですが、 熊本原産のニワトリで、大きいものは体高80センチ、体重で8キロ近くになります。足なんてもう、恐竜なみの存在感です。 …

レトルトカレーとスーパーの総菜を合体させれば、さいきょうの「具だくさんカレー」ができる

本格派カレーがあっという間に いかかでしょうか、こちらの夏野菜カレー。 具もゴロゴロ入って大ボリューム。 ルーも深みがあってかなり本格派。 実はこれ、5分くらいで出来ちゃうんです。 今回はとっておきの簡単レシピを紹介させていただきます。 本格派っ…

アイドルが「ヲタ女子」として生きるということ【虹のコンキスタドール・鶴見萌】

二次元とかき氷が大好き 最近、かき氷好きな人のことをちまたでは「かきごおらー」というそうです。ももいろクローバーZの高城れにさんも「プロかきごおらー」と名乗っているのだとか。 ここにも一人、かき氷をこよなく愛するかきごおらーがいます。 その名…

激辛好きを狂喜乱舞させる新作スナック降臨っ!気になる「うま辛度」と中ニ病丸出しのキャッチコピーとは……

全国5000万人(@個人的推定)の激辛好きの皆さま、お待たせしました。辛い、そしてうまいという究極の激辛スナックが誕生しましたよ。 その名も「真・燃えよ唐辛子」と「超魔王唐辛子」。輪切り唐辛子を衣付けして揚げた、辛味を楽しむスナックです。 見て…

「僕には国籍がなかった」87歳の報道カメラマン・瀬戸正夫さんに聞く波乱万丈なメシの話

タイ生まれ、無国籍。激動のタイを記録してきた 報道カメラマンとして、第2次世界大戦後、激動のタイを記録してきた瀬戸正夫さん(87歳)。波乱万丈の人生のなかで、瀬戸さんの思い出に残っている食事について聞く機会をいただきました。 瀬戸正夫さんプロフ…

静岡の「ガワ」は予想以上のうまさだった!戻りガツオでぜひお試しあれ【フカボリ】

『ホットペッパー』&『ホットペッパービューティー』本誌と『メシ通』の連動企画、「フカボリ! 美味なるご当地グルメ」。第14回は、静岡の名物料理「ガワ」です。

東京⇄群馬の二拠点生活、どんな感じですか?前橋のブックバー「月に開く」店主に聞いてみた

最近よく耳にする「二拠点生活」。 平日は都市部で働き、週末は自然豊かな土地で趣味に没頭するといったライフスタイルがよく取り沙汰されているが、その実態はどうなんだろうか。経済的にも時間的にも余裕がある人だけに許されたゼイタクという気がしないで…

「神様なんかこの世にいねぇよ……」ヨットが転覆し、わずかな水とビスケットで太平洋を漂流した27日間

ひょうりゅう【漂流】 ( 名 ) スル ① 船などが海上をただよい流されること。 「嵐の海を-する」 「 -物」 ② あてもなくさすらうこと。 「余の考えがここ迄-して来た時に/草枕 漱石」 〜「大辞林」第三版(三省堂)より〜 周知のとおり、「漂流」とは海…

静かな熱気に包まれる食卓!「ザリガニ専門店」でザリガニを40匹以上食べてきた【別視点ガイド】

「中国でザリガニが爆発的ブームになってる」 そんな情報をネットで見かけた。 なんでも中国国内にあるマクドナルドの店舗数を、ザリガニ専門店が抜いたとか。 中国の吉野家にはザリガニ丼もあるらしい。 ザリガニ食に親しみのない私からすれば、にわかに信…

「岡山県で飲むなら成田家に行けば間違いない」という話を確かめに行ってきた

岡山県に行った際、岡山在住の友人に「おすすめの居酒屋さんは?」と聞いた。すると、「成田家という岡山のローカルチェーン居酒屋さんに行っておけば間違いない」という返事があった。また、岡山に住む別の友人からも「成田家というお店が独特で面白いから…

旬を迎える「春菊」をガパオライスに。この意外な組み合わせがピタリとハマる【和食材でエスニック】

タイ料理のガパオライス、すっかりおなじみになりましたね。 最近はレトルトや冷凍食品でも見かけるようになりました。 しかし、そもそも「ガパオ」って何のこと……? これです! ガパオとはタイの野菜で、シソ科のハーブの一種。英語でいうと、ホーリーバジ…

なにかとおいしい「塩ビーフ(コンビーフ)」のつくりかた【晩酌天国】

「塩ビーフ」は作るのも簡単【晩酌天国】 イギリスで言う「ソルトビーフ」、アメリカやオーストラリアで言う「コンビーフ」。 コンビーフと言えば缶詰に入っているイメージの強いメニューですが、とにかくシンプルな材料で自宅でも作れてしまうのです。 サラ…

自宅でできる「サンマの完璧な焼き方」を炉端焼きのプロに教わってきた

サンマをもっとおいし焼く方法 秋です。いよいよサンマの旬がやってきました。 今回はおいしいサンマの焼き方を、炉端焼きの達人に教えてもらいに行くことに。周囲に魚を焼く達人を知らない? と聞きまわったところ、高円寺にある炉端焼き「相縁」のご主人・…

【費用わずか数百円】カネがないなら「うどん」を打てばいいじゃないか!【初心者のための完全解説】

『メシ通』をご覧の皆さん、こんにちは。漫画家の田中としひさと申します。 私がうどんを打つようになったのは、その昔 ── 友人は飽きっぽいのでその後まったく打たなくなったのですが、私はこれ以来すっかりうどん打ちが気に入ってしまったのでした。 そば…

「孤高の革命戦士」長州力の原動力となったメシの話【レスラーめし】

日々、リング上で熱い闘いを見せるプロレスラーたち。 その試合の基盤にあるのはタフな練習、そして “食事” だ。 その鍛えた身体を支えるための日々の食事はもちろん、レスラーを目指していた頃の思い出の味、若手の頃に朝早くから作ったちゃんこ、地方巡業…

「バニラアイス」のアレンジレシピ【DJメシ】

バニラアイスをもっとおいしく食べる方法【DJメシ】 今夜のパーティーも大盛況なDJムラマツ。だが誰からも愛されるスイーツであるはずの「バニラアイス」のアレンジレシピについて、不穏な論争が……!? 今回は実在する大御所和モノDJ、珍盤亭娯楽師匠も登場…

塩焼きに飽きたら絶対これ!100均グッズで「サンマのお茶っ葉3分燻製」【筋肉料理人】

こんにちは~筋肉料理人です! 今年はサンマが豊漁、という話があちこちから聞こえてきますね。昨年は不漁でなかなか手が出なかった庶民の味、今年は復活してくれるとよいのですが……。 さて今回はそのサンマの、塩焼き以外のおいしい食べ方。生サンマよりは…

本場の「鯛めし」があまりにもおいしすぎるので皆さんに作り方をご紹介します【愛媛自慢】

愛媛県民が自慢したいもの 愛媛といえば何を連想するでしょうか? 柑橘類? 道後温泉? 絶景の下灘駅? どれも愛媛を代表する名物ですが、じつはもう1つ、全国1位のものがあるのです。 それはマダイ。 生産量は日本一。全国7万トンのうち、4万トンが愛媛。県…

「八寸」をご存じですか 〜日本酒を最高においしく飲みたい人のための極上おつまみレシピ5選〜

「八寸」こそ日本酒最強のアテである みなさんこんにちは、カゲゾウです。会席・懐石料理コースの中頃で出される「八寸(はっすん)」は、その名のとおり八寸(約24cm)四方の木盆に、海のごちそうや山の旬の幸を数種類盛ったぜいたくなお皿です。 「おいし…

【ゴーヤチャンプルー】本場・沖縄のお母さんにの作り方を教えてもらった【本場メシ】

沖縄のフツーの家庭のゴーヤチャンプルーが食べたい 確かミレニアム前後、連日終電帰りのクソ忙しい日々で疲弊していた頃、竹野内豊出演の某航空会社CMを見た影響で旅をした。 以来、沖縄が好き。そして、沖縄料理が好き。 で、短い夏休みを利用して沖縄に飛…

名古屋には創業111年を迎えてなお「居酒屋好きなら一度は行ってみたい最高の老舗」がある【大甚本店】

居酒屋評論家が「日本一!」と太鼓判を押す居酒屋さん──。そう聞くと、東京や京都の老舗店を思い浮かべがちだが、それは名古屋にある。 場所は広小路通と伏見通の交差点。地下鉄東山線・鶴舞線の伏見駅、7番出口の目の前にたたずむ「大甚(だいじん)本店」…

【東京ソバット団・激賞!】2018年、いまこそ体験しておきたい「東京のすごいそば」まとめ

INDEX ▽1.四ツ谷:四谷 政吉 ▽2.代々木八幡店:富士そば 代々木八幡店 ▽3.小伝馬町:田そば ▽4.両国:文殊 両国駅前店 ▽5.千歳船橋:八兆 ▽6.方南町:Y’z☆Kato ▽7.中落合:伊藤松吉商店 中落合店 ▽8.大久保:長寿庵 ▽9.浅草:翁そば ▽10.駒込:蕎麦いなり こ…

「ダイエットが続かない…」心が折れずにダイエットを続けるには【肉とビールでダイエット】

「ダイエットが続かない」 これはもう、みんなの悩み。と言ってしまっても良いのではないでしょうか? さて、食欲の秋。普通にしていたら太るばかりです。そこで、秋を迎える前にダイエットを楽しく学べるこんなイベントがあります。 nikubeer06.peatix.com …

【検証】たいていの料理はキッチンバサミさえあればできてしまうかもしれない説

とある男性からこんなことを聞きました。 料理にキッチンバサミを導入してからというもの、包丁をほとんど使っていません。それどころか「結局、かなりの種類の料理がキッチンバサミだけでできちゃうんじゃね?」と思い始めて軽く10年は経ちます。 キッチン…

創業40年のステーキチェーン「ステーキ 宮」のステーキが正しすぎる

少年時代に憧れだった、あの「ステーキ 宮(みや)」 メシ通レポーターのハガユウスケです。 お肉が大好きな筆者が小さい頃からずーーーっと気になっていたステーキのお店、それは「ステーキ 宮」。「ステーキ 宮」と「ステーキのあさくま」が立ち並ぶ、東北…

速攻で「汁メシもどき」をつくってみる【冷や汁・鶏飯】

鶏飯でも冷や汁でもない、それっぽい汁メシ 汁メシが好きだ。 牛丼はいつだってツユダクだし、カレーはしゃばしゃば。 お茶漬けも湯漬けも大好きだ。 汁メシは、食欲が無いときはもちろん、食欲があるときもおいしい。 味のついたご飯をガバガバと手早くかっ…

【月間ランキング】2018年8月~「絹かけ丼」や「1杯の完璧なビール」などが話題に

みなさんこんにちは、メシ通編集部です。 今年の夏は本当に暑かった。7月23日には埼玉県熊谷市で、観測史上最高気温の「41.1度」を記録。驚きました……。少しずつ日暮れも早くなり、虫の声も聞こえてくるようになりましたね。 それでは、『メシ通』8月の反響…

ネットでなにかと話題の「空港のラウンジカレー」はどう撮ればイヤミに見えないのか

好きな食べ物はカレーだ。 カレーの食べ歩きをしたり、自宅でスパイスを使ってカレーを作ったり。旅行に出掛ければ、そのたびにご当地レトルトカレーをお土産として購入する。 それなりにカレー店の取材経験もこなしているし、自分のことを「カレー専門ライ…

イタリアンのシェフが教えてくれた「つけ麺パスタ」がうますぎました【料理人のまかないメシ】

イタリアンなのに、「つけ麺」!? こんにちは、下関マグロです。 知り合いのライター、和田静香さんはイタリアンのお店でアルバイトをしているんだそうです。そこで、そのお店のシェフの方にまかないメシのご紹介をお願いできないかと聞いてみますと、「冷…

ブロッコリーのポテンシャルをひたすら褒めたたえたい【安い・うまい・高性能】

皆さん、ブロッコリーのことをどう思ってますか? ちみをです。 皆さん、ブロッコリーのことをどう思ってますか。ひょっとして、なめてませんか。もしかして、サラダの二軍構成員くらいの位置づけで認識してませんか? だいたい、ブロッコリーについて真剣に…

トップに戻る