Pickup

鶏むね肉は叩いて伸ばせば柔らか食感に!野菜もたっぷり美味しく摂れる「鶏むね肉の春キャベツチーズ巻き」が絶品すぎる

鶏むね肉を薄く叩いて、春キャベツとチーズを巻いた「鶏むね肉の春キャベツチーズ巻き」をご紹介します。鶏むね肉を柔らかくジューシーに仕上げるポイントなどもお届けしていきますよ。

自炊が苦手なライターが耐熱ガラスボウル+レンジを活用して自炊に挑戦した結果→初級者を脱した気分になった

皆さんは耐熱ガラスボウルをお持ちですか? 今回は耐熱ガラスボウルを全く使いこなせていないライターの裸電球が、料理研究家さんに特徴や使い方、レシピを教えていただきました。さまざまな料理が簡単に作れる耐熱ガラスボウル。うまく使いこなせていない人…

ソースでなくスープを麺にまとう「町中華の焼きそば(チャーメン)」が抜群にうまい理由

町中華の「焼きそば」には、ソース味ではなくて塩味っぽい炒め麺があることをご存じでしょうか。今回は町中華ファンから絶品として支持されている中華珍満さんの「スープで焼いた焼きそば」をご紹介します。 エリア御徒町(東京)

なんでもおにぎりにしてしまう芸人・渡部おにぎりさんの「おにぎり愛」が本物すぎた

「絶対にブレイクする」と大注目のお笑い芸人・金の国の渡部おにぎりさん。おにぎりへの思い入れが強く、おにぎり専門のTwitterアカウントを持っているほど。今回は、そんな彼におすすめのおにぎりなどについてインタビューします。

バナナにも合う衝撃!「ふつうのマヨネーズ」 が美味しい理由を鳥羽周作シェフに聞いてみた

100g1,000円超えで話題の「ふつうのマヨネーズ」をご存じですか? 美味しさに感動した大塚たくまさんが、開発した鳥羽周作シェフにインタビューし、値段や美味しさの理由、驚きのマッチング食材について迫りました。

エスニック入門鍋。クミンとトマトの無水鍋がヘルシーで野菜がすすみすぎる

野菜をたくさん取るのに鍋料理はぴったり。でも、ついついいつも同じ味付けになってしまいがち……。そこで、料理家の美窪たえさんに普段と違った味わいを楽しめるレシピを教えてもらいました。

トマトジュースを自作&作り置きするといろいろな料理に活用できて楽しいんです【嫌いだなんて言わないで】

皆さんは手作りのトマトジュースを飲んだことがありますか? 実はトマトジュースって、自分で簡単に作れて、なおかつすごくおいしく仕上がるんです。今回はトマトジュースの作り方と、それを活用して作る絶品料理も紹介していきます。

予約の取れない名店「餃子坊 豚八戒」の餃子はどうしてこんなにうまいのか

阿佐ヶ谷にある餃子の名店「餃子坊 豚八戒」は、餃子好きの間では定評のある有名店。数週間後まで予約でいっぱいのため、なかなかその味を体験することも難しいのだとか。今回はそんな名店の餃子についてリポートしたいと思います。

鍋のコゲを気持ちいいくらい落とすヒット商品を開発した洗剤のメーカーの中の人に話を聞いてきた

料理好きの皆さん。自宅の台所の鍋、焦がしていませんか? 黒焦げの鍋を楽してピカピカにする、ちょっと信じられないような楽しい洗浄剤を見つけました。今回は爆発的となったヒット商品の開発秘話も含めて、取材してきました。

余らせがちな柚子胡椒、オリーブオイルと混ぜれば万能調味料に!

料理家の今井真実さんが、消費に困りがちな柚子胡椒の活用法を伝授! コンビニ飯との組み合わせの他に、この活用法を使いたくなるメニューのレシピもご紹介します。

昭和22年創業 中華の名店「岐阜屋」に木耳玉子炒めの作り方を聞いてみた

昭和22年創業、新宿の中華の名店「岐阜屋」。町中華ファンから評価の高いお店ですが、数あるメニューの中でも「木耳玉子炒め」が絶品なのだとか。岐阜屋のスタッフさんに木耳玉子炒めの作り方を教えていただきました! エリア新宿西口(東京)

本場っぽい「酔っぱらい鶏」の作り方。ガチ中華な調味料「糟滷(ザオルー)」「酔滷(スイルー)」を入手してやってみた

まだ日本ではあまり知られていない「ガチ中華食材」の糟滷(ザオルー)と酔滷(スイルー)をご存じでしょうか。池袋の輸入中華食材店でこの調味料を入手したので、さっそく本場っぽい「酔っぱらい鶏」や、上海名物「糟貨」を作れないか、試してみることにし…

グルタミン酸が豊富なトマト味噌汁&豚汁は、複雑で不思議と落ち着く味

実は春って、トマトが美味しい季節なんです。トマト以外にも野菜がたっぷり取れる味噌汁&豚汁レシピを、野菜ソムリエプロである「野菜と豆腐の料理家」江戸野陽子さんにお教えいただきました。

「空からボンタンアメを降らせよう」セイカ商品の広告戦略100年史【大正〜令和】

1924年に誕生、1世紀弱の歴史を持つ「ボンタンアメ」。ロングセラーの裏側には、製造元であるセイカ食品の広告・販売戦略があった。大正から令和まで、時代の変遷とともに変わりゆくボンタンアメの広告手法を追いかける。

タンパク質をおいしく補給できるはんぺん茶飯丼は簡単に作れてコスパも◎でうまい【美窪たえ】

出汁などで炊き込んだうま味たっぷりの茶飯と、ふわふわ食感を残したまま濃いめの味付けで煮付けたはんぺんを豪快にのせた「はんぺん茶飯丼」をご紹介します。はんぺんをおいしく煮付ける方法や、意外な食べ方などもお届けします。

一度食べるとヤミツキになる「紅生姜チャーハン」を食べてきた【名店の町中華】

ランチになると、無料でチャーハンがついてくる浅草橋の町中華「上海ブラッセリー」さん。もともと店員のためのまかないだった「紅生姜チャーハン」が評判で、常連さんの間では定番のメニューになっているそうなんです。 エリア浅草橋(東京)

鶏もも肉&むね肉で作る「鶏すき焼き」はタンパク質も野菜もたくさん摂取できて最高

牛肉ではなく鶏肉を使った「鶏すき焼き」をご紹介していきます。後半では〆にぴったりな親子丼の作り方もお届けしていきます。

【高タンパク】卵黄だけ使って卵白を捨てる人に読んでほしい「卵白レシピ」3選

ユッケにのせてみたり、サラダにのっけたりと、「卵黄」はさまざまな料理に使われる食材。でも、そんな料理の際に余ってしまった卵白ってどうすればいいの? 捨ててしまうのはもったいないので、卵白だけでできる絶品レシピを考えてみたいと思います。

材料5つでOK!口溶けよすぎな「特濃厚プリン」をプロに教わって作ってみた

とろける濃厚なプリンが「混ぜて焼くだけ」で作れるなんて! テレワーク中のおやつに悩むライターが、料理家の方に教わって自宅で作ってみました。

なぜ君は「蒸籠」を使わないのか【鶏むね肉もしっとり仕上がる】

蒸籠(せいろ)って、使ってみると「おいしい、簡単、便利、手間なし」と便利なことが多いんです。特に火加減と洗い物に圧倒的メリットがあります。ノールック火加減の手放し調理、一周回って究極のズボラ調理器具、蒸籠をプレゼンいたします。

蕎麦屋の天ぬきが怖くて頼めない→自宅で「ひとり天ぬきプレイ」をしてみた

蕎麦屋で頼むことができると言われる「天ぬき」をご存じでしょうか。天ぬきとは、天ぷら蕎麦の、蕎麦を抜いたものを注文すること。なにやらツウな楽しみ方のような気もしますが、ちょっと一見さんにはなかなかハードルの高い楽しみ方のようで……。

自炊苦手なライターがポリ袋調理の達人の指導で覚醒し、さらに5品作ってみた結果→自炊にハマり、他人にすすめるまでに

料理経験がほぼないライターが、アイラップを使ったポリ袋調理のみで自炊生活に挑戦! 煮込みハンバーグやローストビーフ、蒸し鶏を使ったアレンジレシピなど、日々の自炊に役立つレシピをご紹介します!

『ハクビシン』を食べたことがありますか? 富山の秘境で学んだ、生き物を食べることの意味

ジビエ専門店でもまず目にしない、「ハクビシン鍋」を食べられる郷土料理店が富山県・五箇山にあるという。……ハクビシンって、そもそも食べても大丈夫な動物なのか? 10数年前からハクビシン鍋を提供し続けてきた店主だからこそ語れる、「野生の生き物を食べ…

鶏むね肉を驚くほどしっとりさせた台湾料理「ジーローファン」の作り方【ネクスト魯肉飯】

台湾の絶品おかず「ジーローファン(鶏肉飯)」をご紹介します。鶏むね肉をしっとり仕上げる方法や、2種類の特製ダレの作り方、鶏むね肉の保存&温め直し方法などもお届けします。

コロナ禍に海外の串かつ店がラーメンのテイクアウトを始め、規制解除後に満席になった理由

コロナ禍で深刻な打撃を受けているフランスの飲食業界。そんな中、パリの串カツ屋がテイクアウト向けに始めたのは……なんと「ラーメン」(それも15週間、毎週違ったメニューで)!?

いま改めて「シュールストレミング」を食べて分かったこと【クリティカル・フード・アタック ~極めて大胆不敵な食事~ Vol.1】

齢三十五を数えたあたりから、食事に関し「保守」に走り始めている自分に気付いたワクサカソウヘイ。これは彼が様々な未食に挑戦し、「食事のリベラル性」を取り戻すまでの過程を描くルポ・エッセイシリーズである。

1000円で土瓶蒸しを出す三陸のお店 あの日から今

「松茸は東京で買うと高いけど、産地で買うと安い」 そんな話を聞いたことはないだろうか?都内のスーパーであれば、海外産でも1000円以上、国内産であれば1万円以上の値段で販売されていることも珍しくない松茸。 今回、たまたま10月上旬に岩手に行く機会が…

味の素冷凍食品の「ギョーザ」は何が違うのか?発売50周年、通算50回以上の改良を行った歴史

水なし、油なしで羽根付きが簡単につくれてしまう味の素冷凍食品「ギョーザ」。ギョーザ担当者に話を聞いたら、知らないところでとんでもない進化をしていたことが分かりました。

日本で2番目に袋麺を発売した昭和20年創業のイトメンは、どうして知名度がないのかを中の人に聞いてみた

日本で2番目に袋麺を発売しながらも全国展開に至っていないイトメン。しかし「チャンポンめん」という看板商品を武器に、SNSを通じた斬新なキャンペーンで新しいファン層を獲得。その経緯を社長と広報に直撃した。

常備しておきたい自家製調味料「ニラ醤油」の汎用性の高さに脱帽した【いろいろカスタマイズOK】

ニラを漬け込むことで簡単にできるニラ醤油が話題のようです。私はそんな世間の流行りに惑わされることなく、以前からいろいろなニラ醤油を作ってきました。今回は3種類ほど試してみましたので、それぞれ皆さんにご紹介したいと思います。

テーブルでグツグツ具材を調理&注文する「アヒージョ専門店」が楽しすぎた

とても珍しい「アヒージョの専門店」が中野にオープンしました。なんと、各テーブルにアヒージョ用のIHクッキングヒーターが用意されており、各自でグツグツ熱しながら食べるという新しいスタイルなんだそう。これはぜひ行ってみなければ……!

100年以上の歴史がある名店酒場で働く店員さんの家飲み用おつまみを聞いてきた【塩見なゆ】

酒場の名店さんのご主人や料理長は、自宅でお酒を楽しむ時に、どのようなおつまみを作っているのでしょうか? 今回は、「銀座ライオン」と「富士屋本店」に取材いたしました。 エリア有楽町(東京) エリア桜丘(東京)

全さば連広報がすすめるサバ缶×ナンプラーのうま味が強い料理×4種類を試してほしい

サバをこよなく愛する「全日本さば連合会」の広報担当・池田陽子さんが、サバ缶×ナンプラーでアンチョビを再現する方法と、3つのアレンジレシピをご紹介!

初めての「チベット料理」はなぜか優しくて懐かしい味だった【都内で唯一のチベット料理専門店】

東京・新宿駅から都営地下鉄新宿線で2駅の曙橋駅にある都内で唯一のチベット料理専門店「タシデレ」で、さまざまなチベット料理を食べてきました。こちらは都内で唯一、チベット出身者が作るチベット料理が食べられるお店なのです。

「生牡蠣」が好きすぎる私、酒や食材20種類と合わせたら多幸感がすごかった

そのまま食べてもおいしい生牡蠣をもっとおいしく、そして毎日食べても飽きないように、その辺で手に入る食材をいろいろちょい足ししてみました。 皆様も生牡蠣と一緒に食べたらおいしい食材があったらぜひ教えてほしいです。

紹興酒 ワイン 椎茸 メイラード反応 複雑なうま味の中華風鶏料理「貴妃鶏」が簡単なのにうますぎる【美窪たえ】

鶏の手羽先を使った、コラーゲンたっぷりの中華風煮込み「貴妃鶏翅」をご紹介します。とろとろになった上品な鶏の手羽先を堪能できます。

作ったら、いいことだらけ。「干し野菜」が流行りそうな気がするんです

皆さんは余ってしまった生の野菜を何に使いますか? 煮物にしたり、カレーにぶっこんだりもイイのですが、圧倒的オススメは「干し野菜」。余分な水分が抜けることで甘さとうま味が際立ち、保存も効くという優れモノ食材にできるのです。

君たちはお寿司屋さんレベルの「厚焼き玉子」を自宅で焼いたことはあるかい

よく、寿司屋の腕を確かめるには、最初に厚焼き玉子を注文するといいといいます。おいしい厚焼き玉子を作るのは、すごく手間暇がかかりますよね。今回は、自宅でこだわりの厚焼き玉子を作ってみる過程をご報告いたします。

予約待ちの焼肉屋のネギ塩ダレを手作りして、鶏もも肉をごちそうにしてみた

料理研究家のイガゴーさんに、絶品ネギ塩鶏を電子レンジで簡単に作る方法を教わりました。併せてご紹介しているアレンジレシピも必見です!

インテリアの相談ができる「家具カフェ」でテーブルを新調したら、QOLがアップした話

荻窪にある「家具カフェ wood good brothers 」。兄弟経営のお店で、お兄さんが以前インテリアの仕事をされていたため、店内の家具もその場で購入でき、さらにはインテリア購入の相談ができるという面白いカフェなんです。

とにかく「シュウマイ」が絶品な浅草の町中華。創業90年の伝説の味の秘密を聞いてみました

浅草で地元民から長く愛されてきた町中華「博雅」さん。町中華ファンから評価の高い名店ですが、隠れた名物メニュー「シュウマイ」が絶品なのだとか。実はこれ、祖父の代からの看板メニューだったのです。 エリア浅草(東京)

抹茶は「調味料」にしてもよし。うま味を活かしたアレンジレシピをお茶研究家に伝授してもらった

「抹茶」の楽しみ方は飲むだけじゃない! 調味料として料理に使えば、うま味の相乗効果やコクを生んでくれるんです。全国屈指の茶どころ・鹿児島のお茶研究家が、「抹茶茶漬け」ほか3品のレシピを教えてくれました。

「タルタルソース」って自作したことがなかったから何種類も作ってみた【タルタルアレンジ】

みんな大好きタルタルソース。エビフライやカキフライなどの揚げもの系はもちろん、鶏の唐揚げにのせてチキン南蛮もどきにしても最高。今回は、タルタルソースのピクルス部分を他の食材にした、アレンジタルタルにも挑戦してみたいと思います。

スーパーで手軽に購入できる色んなお茶を使ってお茶ハイを作ってみたら、お酒の選択肢がグッと広がった

今回はさまざまな種類のお茶を使用したお茶ハイをご紹介していきます。併せて、お茶ハイを美味しく作る方法などもお伝えしていきます。

ホームランか、三振か。飲料メーカーの革命児「チェリオ」の人に話を聞いたら色々とぶっ飛んでいた

関西地方で圧倒的な覇権を握るドリンクメーカー「チェリオ」。東日本の人間からすれば謎に包まれた生態を、株式会社チェリオコーポレーションの坂巻彩香さんへのインタビューで明らかにします。

【乳化と鮮度がポイント】マヨネーズは自作すると楽しいんです

マヨネーズを自作したことはありますか? マヨネーズの味の決め手となるもののひとつに「新鮮さ」があるようです。今回は、泡立て器やブレンダーを使って、ひと味違うマヨネーズ作りに挑戦します。

コロナ禍だからにんにくマシマシ 「悪魔のにんにくバター鍋」は〆のペペロンチーノまで最高です

にんにくをまるごと具材にした「悪魔のにんにくバター鍋」を紹介します。後半では〆にぴったりなペペロンチーノの作り方もお届けしていきます。

【漫画】みかんの産地に育った妻の活用術が凄かった【みかん鍋、ジェラート、飴】

コスパ重視で買ったり、人からもらったりした箱みかん。無駄にせず美味しく食べ切るには、「鍋」にするといいかも? みかん消費レシピを3種類と、常温&冷凍での保存方法をご紹介します。

サーモン、マグロ、イカに干物…... 色んな魚介系を酢で締めるのが、簡単だし酒にあうし最高だった

スーパーで買える色んな魚介系の食材を酢漬けにしてみよう! という企画です。酢で締めることで手軽におつまみ化できるし、長持ちするようになるのでまさに一挙両得です。

TKGを知り尽くす、「日本たまごかけごはん研究所」が教える究極の卵かけご飯の作り方【作り方編】

シェフでもある「日本たまごかけごはん研究所」の上野理事が教える、日常使いの卵かけご飯と、ハレの日の卵かけご飯のレシピをご紹介します!

トップに戻る