Pickup

このお店のゆで麺は東京一のうまさだと思います【東京ソバット団】

「早い・安い・うまい」を見事に実現した名店 こんにちは、東京ソバット団の本橋です! 立ち食いそばといえば、早い・安い・うまいが売りなわけですが、今回はその3つを見事に実現した名店を紹介しますよ。 お店の名前は「長寿庵」。 JR大久保駅の南口を出て…

カレーが国民食と呼ばれるまで普及したのはなぜ?カレーの専門家に聞いてみた【メシのはてな】

三大欲求のひとつである、「食欲」。栄養を補給するため、おいしいものを食べるため、空腹を満たすため――。食事をする理由は人によってさまざまですが、朝昼晩と口にしている食べものに、疑問を持ったことはありませんか? 本連載「メシのはてな」は、ふだん…

【検証】名古屋駅の新幹線ホームで食べるきしめんがサイコーにウマい説、ホントのところどうなんだ?

4年ほど前から、きしめんのおいしさに目覚めた私。以来、少なくとも週イチのペースで食べている。市内の有名店も数多く取材してきた。 だから、愛知県外の人からの「名古屋できしめんが食べたいんだけど」とのリクエストに応じることくらい今は朝メシ前であ…

98歳の現役マスター!さながら宇宙船、伝説の純喫茶「マヅラ」に潜入

大阪・梅田の純喫茶「マヅラ」の創業は戦後まもない1947年。名物マスターの劉 盛森(りゅう・せいしん)さんは、その当時から現在まで変わらずに店頭に立ち続けています。 その御年、なんと98歳!! 「マヅラ」は、そんな名物マスターとともに内装の奇抜さで…

ド迫力の大盛りモヤシがそびえ立つ「ラーメン福」こそ名古屋の隠れ実力チェーンだ

名古屋のご当地ラーメン「ラーメン福」を知っているか 名古屋のご当地ラーメンというと、皆さんは何を思い浮かべるだろうか。 スガキヤ? 筆者も子どもの頃、よう食ったわ。ぜんざいソフトと一緒に。 台湾ラーメン? 名古屋で台湾とはこれいかに。しかも最近…

下北沢の老舗定食屋「とん水」が閉店……。が、半年ぶりに店主のおじちゃん・おばちゃんと一緒に帰ってきた!

皆さんは、東京・下北沢を訪れたことがあるでしょうか? 演劇とサブカルチャーの街として広く知られていますが、一方でここでしかない味わい深い名店がひしめくグルメの街でもあるのです。 今回紹介するのは、この街の定食屋さん「とん水」。下北沢の街で創…

「だらしない体のオヤジ」にサヨナラ!「スマッチョボディ」への実践的すぎる食事法とは【プロコーチ・青山剛さん】

「だらしない体のオヤジ」のレッテルを返上したい 梅雨時のこの時期は、1年で一番、体のラインが気になる季節。 来るべき夏本番に備えて、少しでも体を絞りたい。 Tシャツからのぞく腰まわりのだぶついたぜい肉を少しでも減らして、「だらしない体のオヤジ」…

【月間ランキング】2018年5月~「大勝軒のチャーシュー」や「サバ水煮缶の味噌汁」などが話題に

みなさんこんにちは、メシ通編集部です。6月14日からサッカーワールドカップが開幕しました。遅い時間の放送が多いようなのでこの1ヶ月間は寝不足になってしまいそうですが、熱戦が楽しみですね! それでは、『メシ通』5月の反響の大きかった記事ランキング…

「このお肉、前のお客様からです」日本初!?ペイフォワードが体験できる焼肉店に行ってみた【京都】

みなさまこんにちは。京都のライター・ナガオヨウコです。 突然ですが、バーなどで「あちらのお客様からです」と、お酒が運ばれてきたという経験はありますか? 私はありません。まあ、多くの人が「そんな映画みたいな経験、あるわけないやろ」と言うと思い…

「イマドキの酒場ではどんな曲が歌われているの?」現役の”流し”パリなかやまさんに聞いた【恵比寿横丁】

“流し”と聞いてピンとくる方はいるだろうか。私には、スーツに身を包んだ演歌歌手然とした男性がギターを抱えて飲み屋街を練り歩く、といったイメージが思い起こされる言葉である。もしかしたら“流し”という言葉自体聞いたことがないという方もいるかもしれ…

町中華の名店「すずき」店主・スーさんの焼きそばの作り方【料理人のまかないメシ】

スーさんの焼きそばは、どうしてこんなにおいしいのか【料理人のまかないメシ】 こんにちは、下関マグロです。 プロの調理人が休憩時間にとる「まかない飯」。 いろいろなお店の素敵な「まかない飯」を教えてもらうこのシリーズ、今回はいわゆる「町中華」の…

甘えび水揚げ量・日本一の町で食べたドンブリはやっぱりすごかった【羽幌町・蝦名漁業部】

北海道にある「えびパラダイス」羽幌町(はぼろちょう)。ここは、甘えび水揚げ量日本一 の町です。ご覧ください、このえび丼!よくあるえびを食べた時の表現、「ぷりっぷり」どころの騒ぎじゃないですよ。さらに、今まで食べてきた「甘エビ」よりも、もっと…

モテるための「麺つゆ」のアレンジレシピ【DJメシ】

「麺つゆ」を使ったレシピに可能性がありすぎる【DJメシ】 どの家のキッチンにもだいたい置いてある調味料「麺つゆ」。 そうめんやそばのつゆとしてはもちろん、味付け玉子やチーズ、さらには◎◎なメニューにまで……!? さらなるメシDJスキルに磨きをかけるべ…

サラダチキンを「すき焼きのタレ」に漬けると、ご飯がすすみすぎて有罪!懲役100年!

サラダチキンをいろいろな食材に1日漬け置きしてみた みんな大好きサラダチキンでございます。 基本そのまま食べてる人が多いでしょうが、私、晩酌をする時にワサビ醤油を試した過去がございます。 サラダチキンをワサビ醤油で食べると鳥刺し欲が結構満たさ…

空腹を襲う圧倒的ボリューム&ほどよい辛さ!川崎で独自進化した「ニュータンタンメン」が全国に向け進撃中

君はニュータンタンメンを知っているか!? 担々麺というと中国を発祥とした、ひき肉と唐辛子が真っ赤なラー油に浮かぶ激辛麺料理。 元々は汁なし担々麺がルーツのようだが、陳建一氏の父・陳建民氏が日本人向けに汁あり担々麺を開発し、浸透したことはよく…

豚しゃぶ食べ放題・関西チェーン「きんのぶた PREMIUM」のコスパが本当にすごかった

大阪を中心に、関西だけでチェーン展開している豚しゃぶ食べ放題店があります。その名も「きんのぶた」。 この「きんのぶた」が信じられないほどコスパがいいということを、今回ぜひともご紹介したいのです。 これから出てくるお料理、すべて2時間食べ放題コ…

崎陽軒「シウマイ弁当」どんな順番で食べる?超豪華ラインアップがこだわりを語りまくる『食べ方図説』

クイズです。 Q:大食いグルメアイドルの、もえのあずきさん。彼女が崎陽軒のシウマイ弁当を食べるとき、一番最初に箸を付けるのは、次の3つのうち、どれでしょう? まずは、ご飯をひと口。左下のひと俵ぶんをパクリ(シウマイ弁当はご飯が8つの俵に分かれて…

名店のDNAを受け継ぐ「下町の真面目な職人系ハンバーガー」が絶品すぎる【至高のグルメバーガー】

【シリーズ】至高のグルメバーガー10選 no.10「Builders」@本所吾妻橋 さて、この連載も今回で最終回、至高のグルメバーガー、記念すべき10店目です。 やって来たのは都営浅草線の本所吾妻橋駅から徒歩約5分、浅草からスカイツリーに向かう途中、というとわ…

梅雨を乗り越えろ!食欲が無い時に食べたいお粥の簡単な作り方

こんにちは、有機野菜農家のホマレ姉さんです。 ジメジメと蒸し暑い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 何となく体調がすぐれない……とか、夏風邪をひいてしまった……といった方も多いんじゃないかな?…… 往々にして、そんな時は食欲も無くなっ…

新潟市で食べられる本格家系ラーメン「心一家」豚骨醤油スープのおいしさにせまる!

1990年代の爆発的なブームにより全国に広がった「家系ラーメン」。 新潟市でもそんな家系ラーメンを食べられるお店があります。 六角家姉妹店「心一家」です。 こちらは、現在は閉店してしまった六角家本店で、修行した店主が2002年にオープンさせたお店です…

【検証】「オンライン飲み会」は楽しいのか

次世代型の飲み会スタイル 気のおけない友だちとワイワイ飲むのは、人生のうちで最も楽しい行為のひとつだと思います。 でも、ま、大人になってきますと、みんな忙しかったりして飲みに行くスケジュールを合わせるのも大変です。 しかも、その友だちが遠くに…

羊だけど臭くない!国内シェア1%の希少な国産羊肉をジンギスカンで食べられる「羊SUNRISE」【麻布十番】

いきなりですが皆さん、羊のお肉は好きですか? 「独特の匂いがちょっと苦手……」という方も多いと思いますが、そんな方にこそオススメの羊肉の専門店が、東京都港区の麻布十番にあるんです。 “羊のおいしさを広め、羊肉の時代に夜明けを!”という思いを込め…

ユーザー120人に聞いた、夏の「そうめん」を飽きずに食べ倒すには?【具&薬味のバリエーション大研究】

ハクオーことフードライター白央篤司が、毎回ひとつの食テーマを掘り下げてお届けする「ハクオー研」。 今回のテーマは「そうめんの薬味&具」です。 そうめんに欠かせないものとは? みなさんはそうめん、どんな風に食べてます? 人によってこれ、かなり違…

【西荻窪】在住50年の住民と語らった、この街のディープな魅力について【中央線の名居酒屋】

シリーズ・中央線の名居酒屋 vol.5 「やきとり 戎」(西荻窪) 西荻窪、通称・ニシオギ。 この街に住む人も、そうでない人も、 不思議とこの駅は「ニシオギ」と略称で呼ぶ。 ひらがなで書くと同じく6文字の東中野は「ヒガナカ」などと呼ばれないのに、不思議…

PassCode、世界で活躍する彼女たちが味わった挫折と苦悩。ときどき、メシ

全国各地にひしめく女性アイドルグループの中で、今まさに上昇気流の中にいるグループがいます。南菜生さん、高嶋楓さん、今田夢菜さん、大上陽奈子さんという、大阪出身の4人によるそのグループの名前はPassCode。 他のアイドルとは一線を画すラウドでヘヴ…

牧場のスイーツ「過激な牛乳食パンのメープルトースト ソフトクリームをのせて」とは一体何なのか?【別視点ガイド】

牧場のスイーツはお好きだろうか。 しぼりたての牛乳をぜいたくに使ったフレッシュで濃厚なスイーツ。 私は胸を張って言える。大好きだ。 特にソフトクリームには目がないので、出先で牧場を見つけると前のめりでソフトクリーム探しを始めてしまう。 最近は…

「食べるラー油」を自作して進化させたら、さらにハマる味になってしまった【晩酌天国】

【レシピマンガ】自作の「食べるラー油」は辛ウマすぎてビールが止まらなくなった【晩酌天国】 ※保存する場合は清潔な容器を使用しましょう。冷蔵庫などに保管し、早めにお召し上がりください。 なかむらみつのり先生の連載が単行本になりました! 『メシ通…

これさえ入れればカレーが絶対にうまくなる「魔法の食材」について

どんなカレーだってこれさえ入れれば絶対にうまくなる カレーを作るのが好きだ。 カレーやスパイスに関する本をたくさん読んで勉強もした。 「あの有名店の主人が教えるレシピ」などと書かれたページそのままに、ネットで買いそろえたスパイスを使って挑戦し…

あの「いきなりステーキ」をもっと堪能できる裏テクニックがあるらしい

いきなりステーキを10倍楽しむ裏ワザ&裏メニュー 無性にガッツリ肉を食べたい……そんなときの庶民の味方「いきなりステーキ」。 ▲4月27日にオープンしたオリナス錦糸町店 ひとりでフラッと立ち寄れるし、気取らず気負わず肉を堪能できるし、最近は座って食べ…

ド演歌ファイター・越中詩郎の「ジャイアント馬場さんと食べた思い出のフィレオフィッシュ」【レスラーめし】

日々、リング上で熱い闘いを見せるプロレスラーたち。 その試合の基盤にあるのはタフな練習、そして “食事” だ。 その鍛えた身体を支えるための日々の食事はもちろん、レスラーを目指していた頃の思い出の味、若手の頃に朝早くから作ったちゃんこ、地方巡業…

「神田の居酒屋さんはホットケーキを出す」という噂は本当か

皆さんは、居酒屋さんでの〆には何を注文しますか? お茶漬け、おにぎり、チャーハン、焼きそばなどなど……。 ちょっと考えただけでもいろいろ頭に浮かんでくるとは思いますが、このメニューはそう思い浮かべられないでしょう。 ずばり、「ホットケーキ」。 …

ぜんぜんインスタ映えしない!非モテ男子のための「スキレット」のレシピ

こんばんは、ちみをです。腹が空いております。 手前しがないオッサンではありますが、いっちょまえに腹は空く。 そんな時、おもむろに引っ張り出したるはこのスキレット。 ▲この鈍く黒光る質感、肉厚で無骨なボディ、まさに男の男による男のためのツールだ …

おいしい肉を食べたいっ!しかも安く。肉料理 Vin de Kitchen(ヴァンドキッチン)のクオリティーに驚いた

まいど憶良(おくら)です。 メチャうまの肉を、びっくりする価格で食べたいなら、ここへ行け! という情報を嗅ぎ付け、大阪北区は北新地にやって来ました。 その名も、「肉料理 Vin de kitchen(ヴァンドキッチン)」。 絶品! 一日限定6食、サイコロステー…

「サバ缶」を使ったメニューの可能性が無限大すぎるのでご報告します【全さば連】

こんにちは。 サバファンの団体「全日本さば連合会」広報担当、サバジェンヌこと池田です。 www.hotpepper.jp ただいま大ブレイク中の「サバ缶」。 ​サバ缶は、そのままでもおいしいけれど、さまざまな食材と組み合わせれば、おいしさもさらにパワーアップし…

ロードサイド系チェーン「伊藤松吉商店」に立ち食いそばの原点を見た【東京ソバット団】

こんにちは! 東京ソバット団の本橋隆司です! 今回は立ち食いそばの新しい動きをみなさんに紹介したいと思います。 立ち食いそばというと、十年一日の変化がない業界のように思うかもしれませんが、つぶさに見ていくと、いろいろ面白い動きがあるんですよ。…

うまくて応用がきく広島の「がんす」をもっと全国に広めたい【フカボリ】

「ホットペッパー」&「ホットペッパービューティー」本誌との連動企画、「フカボリ! 美味なるご当地グルメ」。第10回は、広島の名物料理「がんす」です!

徳島生まれのロングセラーカップ麺「金ちゃんヌードル」はなぜ西日本で長年愛され続けるのか【徹底解剖】

私が東京から大阪に引っ越してきてよかったと感じたことの一つに「金ちゃんヌードル」が手に入りやすくなったことが挙げられる。 「金ちゃんヌードル」は徳島県に本拠を構える徳島製粉株式会社が製造・販売しているカップ式のインスタントラーメンである。 …

カレー店オーナーたちが絶賛する京都のワンコインカレーってどんなの?食べてきた

カレーの旬は365日。こんにちは、ナガオヨウコです。 わたくしここ数年、関西のカレー本で京都エリアをガッツリ担当しております。カレー本以外にも、複数の雑誌でカレー店を取材しています。 おおかたカレー店のオーナー=究極のカレーマニアなんですが、雑…

納豆に「ちょい足し」したら予想以上においしくなる身近な食材ってなんですか

納豆に「ちょい足し」して意外と大きな効果を発揮する身近な食材を探す もはや「納豆ちょい足しレシピ」は出尽くした感がありますので、ここであらためて身近な食材、つまり冷蔵庫やキッチンにある常備食材、稼働率の少ない調味料などから、なるたけ効果の高…

【いつかお店をやりたいすべての人へ】Tシャツブランド「ハードコアチョコレート」MUNEさんの場合

以前『メシ通』でも取材をさせていただいた、東京・東中野のBAR バレンタイン。 店主のMUNEさんはこれまで、子どもの頃からの「好き」を貫いた自分のお店を、一から作って経営してきた。 www.hotpepper.jp 来年は開店10周年。バーとともに営むTシャツブラン…

特選牛タンとローストビーフのぜいたく丼か、濃厚卵ソースに浮かぶトリュフ香るローストビーフか。悩んでしまう。Cave

まいど憶良(おくら)です。 「肉と珈琲」という看板がそそります 卵のソースが特徴的なローストビーフ丼が食べられるお店があると聞き、 大阪は北区にやって来ました。 店内は、かなりゆったりとした空間。 大阪駅から少し離れただけで、こんなに落ち着いた…

「サブカル界の帝王」杉作J太郎さんに聞く“お母さんの作った謎メニューの思い出”【おかんメシ】

「パソコンがあったら自室にずっと引きこもっていたかもしれません」 「男の墓場プロダクション」の代表であり、漫画家、タレント、映画監督など数多くの肩書を持つ杉作J太郎氏。“食ヒストリー”を通して、氏のマルチな才能はどうやって育まれたのかを探って…

【月間ランキング】2018年4月~「冷凍ステーキ」や「ローストビーフの自作」などが話題に

みなさんこんにちは、メシ通編集部です。 楽しかったゴールデンウィークも過ぎ、いつもの日常が戻ってきました。おいしいものをパワーにかえて、次の祝日を楽しみにしながら……。 では、『メシ通』4月の反響の大きかった記事ランキング、さっそく一緒にみてみ…

「つけ麺の元祖」大勝軒に自家製チャーシューのつくり方を教わってきた【料理人のまかないメシ】

「ほぼ大勝軒のチャーシュー」がたった1時間で自作できるって、本当? →本当でした。【料理人のまかないメシ】 自宅でおいしいチャーシューをつくるって、男の夢じゃないですか。 でも、チャーシューって難しそうだよなあ、って思っていたら、鍋ひとつあれば…

ブーム到来か!? いちどは作ってみたい「ホワイトカレー」のレシピ【東京カリ~番長】

でらいつカレーvol.18 ホントに白い! 「ホワイトカレー」の作りかた 今回紹介するカレーはご覧の通り、白いカレー「ホワイトカレー」です(シチューじゃありませんよ!)。 「ホワイトカレー」なるものが世間をちょいと賑わせている(いた?)と小耳に挟み…

これ何問解ける?漢字テストの正解数で割引率が変わる明石焼き専門店「ゴ」【兵庫】

▲「いくつ読めますか?」お店に入ると早くも難読漢字の読み取りテストが挑んでくる 明石で「明石焼き」は禁句? メシ通リポーターの吉村智樹です。 今回訪れたのは魚業が盛んな街、兵庫県の明石市。 明石漁港から水揚げされたフレッシュな魚介類は、大漁旗が…

【ファミレス飲み】バーミヤンを桃源郷にしてしまうたった2つの方法

※写真の価格はすべて税抜です。 1人あたり2,000円ちょいで大満足の3時間 「バーミヤンを桃源郷(とうげんきょう)にする方法」とは。 スマホアプリのクーポンを使う 焼酎のボトルを入れて焼酎用ドリンクバイキングで割りまくる そう。このふたつである。 大…

「独創的すぎるB級グルメレシピ発明家」がつくる、意外だけどムッチャおいしいオリジナルレシピとは

話題のB級グルメレシピ本の著者に、アレンジレシピ創作の極意を聞いてきた 皆さんは、今いろいろなメディアで取り上げられている『世界一美味しいどん二郎の作り方』(宝島社・刊)というレシピ本をご存じでしょうか? 世界一美味しい「どん二郎」の作り方 …

【永久保存版】ホルモン焼きについてこれだけは知っておきたい【部位と肉質の基礎知識】

特徴から焼き方まで、ホルモンのすべてがわかるホルモン図鑑を作ってみた シロ、アブシン、ギャラ、テッポウ……。 これ、どこの部位かわかりますか? 最近ではすっかりおなじみとなった「ホルモン」。でも、そもそもホルモンの肉って、それがどこの部位でどん…

【ソロ活】ぼっちの達人・朝井麻由美さんに聞く「ひとりぼっちでも楽しく生きる方法」

“ぼっち”のプロ・朝井麻由美さんに聞く「ひとりぼっちでも楽しく生きる方法」【ソロ活の達人】 2035年には日本の人口の半数が独身になるというデータもあり、いまや男女ともに“ひとり”でいることは珍しくない時代。 『ひとりっ子の頭ん中』(中経の文庫)『…

トップに戻る