カレー

カレー店なのに店名が「フジヤマプリン」!?謎が謎を呼びっぱなしで解決には至らず【京都】

名は体を表す、って本当ですか。こんにちは、メシ通レポーターのナガオヨウコです。 今回ご紹介するお店の名前は「フジヤマプリン」です。でも、プリン専門店ではなく、カレーがメインのお店。 そして先に申し上げると「フジヤマ」に、意味はありません。ど…

喫茶店のカレー大好き! なら「珈琲 門」の月末限定カレーをぜひ【名古屋】

カレーとひと口に言っても、欧風やインド、タイなどジャンルは多種多様。そのなかでも、私自身、絶対にハズせないのは喫茶店のカレーである。 使用する食材やスパイスがどうとかではなく、家で食べるカレーよりも洗練された味は、ときどき無性に食べたくなる…

【カレールウ不要】スパイスだけでつくる激ウマ「キーマカレー」【東京カリ〜番長】

シンプルなのに病みつき間違いなし!「スパイスキーマカレー」 【東京カリ~番長】vol.9 前回の記事「超基本編・スパイスだけでつくる極上チキンカレー!」は読んでいただけましたでしょうか? 「たった4種類のスパイスであんな本格的なチキンカレーが出でき…

【超・基本編】カレールウを使わずに4種のスパイスだけでつくる本格チキンカレー【東京カリ~番長】

でらいつカレーvol.8 超基本編・スパイスだけでつくる極上チキンカレー 気が付けば、でらいつカレーも8回目となりました。 過去7回、あれやこれや、さまざまなカレーの作り方を紹介してきましたが、振り返ってみると、どこかちょっとマニアックというか、ハ…

【アレンジレシピ】「カレーは何でも合う!」のオチにする予定だったが……

ライターの直です。突然ですが、僕は今カレーを食べています。なぜなら好きだからです。だって、カレー好きじゃないっていう人、います? なんとなく「好きな食べ物はカレーです」って言えば何か正義っぽくなりません? なりますよね? だってこの見た目とか…

【激ウマこだわりレシピ】ルーを使わずに作る「洋食屋さんのビーフカレー」【東京カリ~番長】

でらいつカレーvol.7 「市販のルーを使わずに作る、洋食屋のビーフカレー」のつくりかた 前回、前々回と4種類のスパイスだけで作る、いわゆる「スパイスカレー」をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? おいしかったですか? ……というか、作ってみて…

【チョイ足し】ごく普通のレトルトカレーが高級レストラン風の味に変身【イカの塩辛】

みなさん、カレーはお好きですか? 私は好きです。作るのも外食も好きです。 でも、レトルトカレーは余り心が躍りません。 だって、塑像できる味なんだもん。 ですが、朗報です。レトルトカレーにとある食材をちょい足しすることで、高級レストラン並みのコ…

あの「カレーメシ」が謎の新提案!? 「コーヒー」「紅茶」が本当にカレーにマッチするのか?

「カレーメシ」、コンビニでよく見かけます! 会社のデスクで食べている人も多いですよね? カップでカレー? とちょっと不思議に思ってました。 そして数日前、渋谷に、「カレーメシ」にコーヒーとかをドリップして食べるカフェがあるって噂を聞いたんです…

とんでもなく激辛ディープなカレーワールドが下北沢にある。その名はマジックスパイス

カレーが好きです。 自分でもスパイスから作るし、いろんなカレーを食べて生きてきました。そのなかでも、初めて食べたときに一番衝撃を受けたカレーといえばマジックスパイスかもしれない。 もともとは札幌に本店があり、全国にスープカレーを広めたとして…

シーフード好き必見! アワビやカニなど海の幸満載の超ゴージャスカレー【伊勢志摩】

豪華! シェフおすすめカレー 2016年5月に開催されたサミットで全国から注目を集めた三重県・伊勢志摩エリア。各国の首脳たちが食べた、地元の食材をふんだんに使った超ゴージャスな料理も話題になった。 われわれ庶民は指をくわえながら、ただ見ているしか…

豚骨はここまで来ている! 博多とんこつカレーには紅しょうがと高菜が合う

こんにちは。日本で行ったことのある場所は、東京、札幌、大阪、京都、静岡などなど、新人作家の大谷です。 47都道府県それぞれ、行ったら必ず食べたいご当地グルメってありますよね。大阪ならたこ焼き、札幌ならスープカリー、長崎ならちゃんぽんなど。 そ…

簡単すぎる! メンドーな「玉ねぎをアメ色になるまで炒める」が5分で出来てしまう裏ワザ【便利】

スパイスから作る本格カレーや、オニオングラタンスープなど、ちょっと凝った料理を作ろうとすると、「玉ねぎをアメ色になるまで炒める」という壁にぶち当たります。 真面目に作ろうとすると平気で30分くらいかかってしまい、火加減をミスするとアメ色を通り…

第三の目が開きそう! 衝撃的なうまさに震える「ティラガ」のスペシャルミールスと南北インド料理【京都】

こんにちは。メシ通レポーターの泡です。 以前にこちらでご紹介した絶品カレーのあるバー「カオス」の店主・福岡さんから、「あそこのカレーは食べなあかんで!」と猛烈にプッシュされたのが、四条大宮にあるインド料理店「ティラガ」。 www.hotpepper.jp あ…

あれはいったい何のお店なの? 噂の「チャンドニー華麗ばぁー」に行ってみた【北海道・札幌】

スゴいお店を見つけちゃいました。 店内キラッキラです。いたるところに電飾が。宝石箱をひっくり返したようなお店です。その名も「チャンドニー華麗ばぁー」。所狭しと雑貨の数々!これは……一筋縄ではいかない予感がプンプンします。実はこのお店、おいしい…

たぶん九州一ディープなカレー店!?「マルハバ」の本格派過ぎるビリヤニ【福岡】

古風な街並みとイスラムカルチャー 博多駅からJR線に乗り、北九州方面へ向かって2つ目の駅「箱崎駅」。 箱崎はかつては学生街であり、老舗の喫茶店なども残る風情ある街です。 そんな箱崎の街を歩いていたところ、何やら気になるものが……。 どうやら、モスク…

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ~番長】

でらいつカレーvol.6 「お手軽自家製マッサマンカレー」のつくりかた 「マッサマンカレー」って知ってますか? タイ料理好きの方ならもちろんご存知でしょうし、数年前からレトルトカレーや、なんならカップラーメンとかスナック菓子でも“マッサマンカレー味…

「宇宙食シリーズ」初体験! JAXA開発1パック 2,700円「スペースカレー」を食べてみた【お取り寄せ】

どうも、こんにちは! SF大好き、放送作家の秋本です。今回はそんなSF好きの私がみつけた、お取り寄せをご紹介します! 有名なSF映画の最新作も大きな話題となったこともあり、『メシ通』でも宇宙的な記事を、と思いたって取り上げてみたのが今回のお取り寄…

口コミ評価最高なのに「R18指定店」「マニア向け」「美味いと書かない」が取材条件の南インド料理店に行ってきた

福岡では有名すぎる南インドカレー店「KALA」。 リピーターに愛されまくり、中毒者続出中。その人気の秘密をさぐりに行って来ました。 福岡市から1時間弱……。ナビに言われるがままに車を走らせて、やっとたどり着いたところ、いきなりこのPOPな感じ。「不慣…

【チョイむずレシピ】絶品すぎる「バターチキンカレー」の作りかた【東京カリ〜番長】

でらいつカレーvol.5 「バターチキンカレー」のつくりかた もうあれですよね。 第5回ともなると、そろそろ本格的なカレーを作ってみたくなりますよね? 南インドのカレーはどーだ、とか、北インドのカレーはこーだ、とか、タミル地方はどーで、ゴア地方はこ…

【野菜足りてる?】魚屋三代目の「むきエビと鶏肉のカレースープ」【今週は鶏肉】

ほっこりポカポカ、やさしい風味のカレースープです よぉ~し! 魚介と鶏肉のコラボいっちゃうよ!! 立春も過ぎ「もうすぐ春なんだね……」と言っても、まだまだ肌寒い日が続きます。うん、ホントに三寒四温……。そんな寒い日にはココロもカラダもポッカポカに…

【サグカレー】一度は作ってみたかった! 超美味な「グリーンカレー」【東京カリ~番長】

でらいつカレーvol.4 「リーダー流サグカレー」のつくりかた 「サグカレー」って好きですか? 「あ~、ほうれん草カレーね」 ちょっと待ったぁ~! 「サグカレー」ってのは「ほうれん草カレー」とは限らないんですよ、旦那さん。 「サグ」というのは「ほうれ…

デフォがご飯500gの超大盛!25年愛される、喫茶店「ナカザワ」の名物カレー【京都・北山】

京都の大盛ゴハン担当になりつつある、メシ通レポーターのナガオヨウコです。 割とご近所に住む男性知人が「北山の喫茶店 ナカザワは、カレー好きなら絶対にハズせない店。量もすごいけど、とにかくウマい」と、力を入れて紹介してくれたのがこちら。場所は…

じわじわキテる! カリー麺専門店「まろ亭」のコクうまな一杯【大阪】

こんにちは、メシ通レポーターのケメコです。 いま、じわじわカレーラーメンブームがきてるって、知ってました? 情報番組で特集されたり、雑誌でピックアップされたりと、カレーラーメンが次々と注目を集めているのです。 そんな中今回ご紹介するのは、カリ…

超~簡単、10分で出来ちゃう挽肉のカレーハンバーグライス

どうも、こんにちは! 上京して、もうすぐ4年が経ってしまう放送作家の卵、内村です。 みなさんは自宅でハンバーグを作るとなると、手でこねて成形してと、面倒くさいので、ついコンビニレトルトでいいかと思ってしまいませんか? しかし、一方で、ハンバー…

渋谷に行けば、予約ナシであの「肉山」のカレーが食べられる!

予約を取ろうにも「半年待ち」といわれる吉祥寺の人気店「肉山」をご存知だろうか。お肉がおいしいのはもちろん、コースの〆に出てくるカレーが絶品であることも有名だ。 以前「メシ通」で、店主光山さんへインタビューした記事はこちら。 この「肉山」のカ…

【梅酒ポークカレー】まるで豚肉のエアーズロックや! 梅酒ポークカレーって、どんな味?【東京カリ~番長】

でらいつカレーvol.3 「梅酒ポークカレー」のつくりかた これを読んでいる方々は、梅酒のひとつやふたつ、とーぜん、作ったことありますよね? ね? デカイ瓶買ってー、梅買ってー、ホワイトリカー買ってー、氷砂糖買ってー、「梅酒の作り方」とかググってー…

皿の上に広がる小宇宙! 京都スパイスカレーの新星「ムジャラ」のカレーは食通をうならすウマさ

来たぞ京都に! おまけに近所に! 関西系スパイスカレーが! こんにちは、メシ通ライターの平山おかんです。おかんのニックネームは文字通り「おかん」っぽいからという理由ですが、それってつまり女性としてのモテとはほど遠い名前だよね……と最近気づきまし…

帯広のソウルフード、インデアンカレーに鍋持参で向かう!

帯広市民の胃袋をガッチリつかんで離さない。 皆さんは「インデアンカレー」をご存知でしょうか。 仕事の間にインデアン。家でも持ち帰りでインデアン。イベント会場でもインデアン。帯広とインデアンカレーは、切っても切れない仲なのです。一体、どんなカ…

コーヒー店とカレー店2つでひとつ !? 京都駅近くにあって、使い勝手良カフェ【京都】

こんにちは。お酒はめっぽう弱いので、お昼のお店担当のメシ通レポーター松永です。今回は、京都駅から徒歩10分、七条河原町の交差点に、今年の4月にオープンしたカフェが何やら話題と聞きつけたので、行ってみます。 交差点すぐと聞いているのですが……。 あ…

「さぼてん食堂」で食べる! こだわり抜かれたカレー【大阪】

みなさん、こんにちは。 メシ通レポーターのsenaです。 今回は大阪の肥後橋にある、さぼてん食堂に行ってきました。 このお店、王道のカレーや変わり種のカレーなど、店長さんがこだわり抜いたカレー屋さんなのです! 外観も個性的でステキです。 この青の扉…

レトルトカレーはここまで頑張ってくれる

レトルトカレーは温めてご飯にかければ立派な一食。けれど胃袋だけでなく心も満たされるかといえば、そうとも限らないですよね。レトルトカレーが大好物、それさえ食べていればこよなく幸せという人ならばともかく、心のどこかで「手抜きで一食済ませた」と…

洋食屋のマストクラシック「キッチンオトボケ」のカツカレーをリミックス!【マンガ「DJメシ」】

「DJメシ」第6回:洋食屋のマストクラシック・早稲田「キッチンオトボケ」のカツカレーをリミックス! お店情報 キッチンオトボケ 住所:東京都新宿区馬場下町62 電話:03-3202-3551営業時間:11:00~21:30定休日:日曜日 ※金額はすべて消費税込です。※本記…

【極上レシピ】サバの水煮缶でつくる「スリランカ風サバカレー」がサイコーに美味い【東京カリ~番長】

でらいつカレーvol.2 「スリランカ風サバカレー」のつくりかた 近ごろ、スリランカカレーが流行ってるらしい。 ひと皿にカレーや付け合わせを何種類もかけ、最終的にまぜまぜして食べちゃう、っつー、なんとも行儀のわる……いやいや、じゃなくて、じゃなくて…

本場仕込みのカレーが食べられる! 「AKASHA(アカーシャ)」のやみつきになるカレーで自分のお気に入りの味を探せ

みなさん、こんにちは。 メシ通レポーターのsenaです。 今回は大阪・京橋にある「天竺伽哩 AKASHA(アカーシャ)」におじゃましてきました。なんでも、ここのカレーの本場な感じが癖になる、との噂です。 そんなわけで、突撃です! こんにちは~。 店内はア…

【桃カレー】なんと「桃」を材料にしてしまう絶品カレーのつくりかた【東京カリ~番長】

でらいつカレーvol.1 「鶏もも肉の桃カレー」のつくりかた かつて、オトコのカレーは「豪快」と「こだわり」が蔓延していた。 金に糸目をつけずに高級食材を使ったり、こだわり抜いたスパイスを何十種類も駆使したり、ことことことこと何時間も煮込んだり、…

炊飯器ワザ傑作選「カレーとスペアリブとバナナケーキの炊き方」【社畜のはりきり朝ごはん】

炊飯器はお米を炊くもの、と思ってはいませんか?(^^) 僕も昔はそう思っていました。 でも、大変忙しく働いている毎日、どうしておかずまで作ってくれないんだろう。炊飯 器め、怠慢じゃないのか! と思ったあなた! ですよね! そうですよね! もし前の晩に…

昼も夜もカレーがワンコイン! お酒片手にルー飲みOK「先斗町薬膳カレー」【京都】

みなさまこんにちは。メシ通レポーターのナガオヨウコです。 今回ご紹介するのは「先斗町薬膳カレー」。 先斗町という地名がついていますが、場所は先斗町と木屋町の間です。 分かりやすい木屋町通り側からご案内しますね。 夜はにぎやかな木屋町通り。西側…

キャラ弁を超えたリアル地形メシ! 渾身のマイ「暗渠カレー」コレクレション

わたしは暗渠(あんきょ)が好きだ。暗渠とは、簡単に言ってしまえば、もと川や水路だった場所のこと。時間があれば、暗渠を歩きに行ったり、調べに行ったりして過ごしている。 仕事が忙しくて暗渠に行けない時に、ふと思った。家にいても、暗渠をたのしむ工…

【祝・開催】下北沢カレー王「今年の推しカレー」3選はコレだ【下北沢カレーフェス2016】

「下北沢カレーフェスティバル2016」がついに開幕! 都内屈指のカレー激戦区である東京・下北沢で、毎年10月に10日間開催されている「下北沢カレーフェスティバル」。「下北沢をカレーの聖地にする」を合い言葉に、今年も10月7日から10月16日まで、133店舗が…

マニア必見! ディテールにこだわりまくった「ダムカレー」をとくと味わう【新豊根ダム】【佐久間ダム】

男子なら砂場で作った「川」に水を流して遊んだことがあるだろう。さらに「河口」を砂で塞いだ「ダム」を作り、あえて決壊させるのがこの砂遊びの醍醐味である。 ダムは男子にとって大きなロマンなのだ。 新豊根ダムの構造を具材で再現 今年の夏、長野県と静…

とにかくナンがでかすぎる!! 笑っちゃうぐらいでかいナンが出てくるネパール料理「カトマンドゥ」【大阪】

みなさん、こんにちは。メシ通レポーターのsenaです。 今回は、笑っちゃうぐらいにでかいナンが出てくるネパール料理屋さん「カトマンドゥ」に行ってきました。 笑っちゃうぐらいっていっても、そこまで? ってみなさん疑うかもしれません。 でも、本当にそ…

【アーノルズはせがわ】自分史上最も○○なカレー 第5回「赤羽 みな★くる」

カレー大好き漫画家、アーノルズはせがわの連載第5回目は、いま注目のスポット・赤羽を訪問。 ここは居酒屋? それともカレー店? はたまたカラオケスナックなのか。 赤羽っぽさ全開な「みな★くる」の本格カレーとは? お店情報 みな★くる 住所:東京都北区…

これぞTHE日本のカレー! 味もパッケージも懐かしい「オリエンタルカレー」を知ってるか【名古屋】

子どもからお年寄りまでみんな大好きなカレー。街に出れば、インドカレーやタイカレー、欧風カレーなど多種多様なカレーが楽しめるが、やはり家で食べるカレーに勝るものはない。 そこで味の決め手となるのは、カレールー。どこの家庭の「ウチはこれでないと…

【京都桂川〜向日市の境】エアギター日本チャンプ×京都カレーのギャップに萌え狂う【カレー工房ギャー】

みなさまこんにちは。メシ通ライターのナガオヨウコです。 本日のレポは、個性強すギィ! な京都のカレー店ですよ! JRなら桂川駅から徒歩5分。 阪急電車なら洛西口駅から徒歩5分。 住所は向日市。 ですが、限りなく京都市に近い立地です。 イオンモール桂川…

インドカレー店でいただく絶品のぶりかま塩焼き!? インドと日本のコラボレーションが織りなす美食の数々【福岡・警固】

けやき通りから一歩入ったところにあるインド料理店 以前から気になっていたんですよね、このお店。 お店の前を通るたびにおいしそうなカレーの匂い、そして「インド&ジャパン」という店名……。 まず、この店名の「インド&ジャパン」って何だろう? インド…

「カレーは飲み物です」or「週2でカレー」、の人必見! 斜め上をいく【オモシロカレー店3選】

彼女よりカレーが好き、『メシ通』編集部です。 「カレーは飲み物です」or「週2でカレー」って、それ自分のこと! っていうか、みんなそうじゃないんですか? カレーの嫌いな人なんて見たことないですよ。 チェーン店のカレーでも美味しくいただけるんですが…

東京・三軒茶屋の路地裏で、行列ができる謎のインド料理店【シバカリーワラ】

東急田園都市線三軒茶屋の駅から徒歩3分。路地裏なのに平日でも行列ができる人気のカレー屋さんがあります。名前は「シバカリーワラ」。あまり並ぶのが好きではない私が並んででも食べたい! と思う数少ないお店のひとつなのです。 三軒茶屋の路地裏にひっそ…

実は食の優等生! 超スピード完成でおいしいドライカレーを自宅で作ってみた

多くの国民に愛されるカレー。その中でも、どこか影の薄いドライカレー。なぜでしょう? レトルトカレーも数えきれないほどの種類が売られているのに、地元のスーパーでレトルトドライカレーを探したら、わずか1種類しか置いていませんでした。 しかもこの通…

あの人気店がついに登場!「唯我独尊」のカレーとソーセージ!【富良野】

北海道の一大観光地、富良野。 テレビでお馴染みの『北の国から』の舞台として、いまなお、たくさんの観光客で賑わうエリアです。そんな中、ここのカレーはすごいですよ。是非、北海道旅行の際には食べていただきたい。全国に「唯我独尊」ファンの多いこと!…

【追いパクチーもビールも堪能】ロイヤルホストの“カレーフェア”で全制覇&食べ比べ!

こんにちは、メシ通レポーターの藤田佳奈美です。うだるような暑さが続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。私はというと、火照った体を冷やすため、毎夜ビールが欠かせません。そう、夏バテ気味の私を救う唯一の楽しみ……。 さて、夏といえば絶対的…

トップに戻る