ツジメシ

野菜がもりもり食べられる!サバ缶バーニャカウダつけ麺【ツジメシの週末メシ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。「ツジメシの日常メシと週末メシ」シリーズ、今回は楽しんで作る「週末メシ」。ところでみなさん健康ですか?僕は前回の健康診断で諸々改善点が発覚してしまい、必要な運動と節…

野菜を調味料に浸すだけ。シンプル冷やし中華を3種類【ツジメシの日常メシ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。「ツジメシの日常メシと週末メシ」シリーズ、今回は手軽な材料で簡単に作れる「日常メシ」。 「冷やし中華、意外とめんどう」問題 暑くなってくると食べたくなる夏の風物詩、冷…

豚バラをナンプラーに浸けて乾かしたら異次元の肉になる【ツジメシの週末メシ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。「ツジメシの日常メシと週末メシ」シリーズ、今回は週末に楽しんで作る「週末メシ」。 僕がもうかれこれ15年以上前から作っていて、友人の集まりがあると「アレやってよ」とリク…

無理なく野菜をたっぷり摂取できる「菜飯定食3選」を新生活にすすめたい【ツジメシの日常メシ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。「ツジメシの日常メシと週末メシ」、今回は日常メシ。 菜飯(菜っ葉の混ぜご飯)は、ケ(日常)の食の代表と言えるのではないでしょうか。大根や蕪の葉を茹でたり炒めたりしてご…

フライパンで作る鶏皮カオマンガイは簡単、美味しい、安い【ツジメシの日常メシと週末メシ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。今回から「ツジメシの日常メシと週末メシ」というテーマで、ふだんのお手軽ご飯と、週末にちょっと手をかけて楽しんで作る料理をご紹介していこうと思います。どうぞよろしくお…

ねっとり甘辛レバーに麻と辣が絡みつく「麻辣鶏レバ丼」はクセになる一杯です【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 鶏レバーを甘辛に炒めた、有名店の名物メニューを想像で再現しているうちに、いつからか麻(マー:山椒のしびれ)と辣(ラー:唐辛子の辛さ)要素が加わって、すっかり定番にな…

【メシ通のそうめん祭り】焼いたなすがすさまじく香ばしい「焼きなすそうめん」【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 ナンプラーの汁で鶏肉を煮て、相乗効果で美味しくなった汁で食べる「ナンプラー茹で鶏そうめん」、 www.hotpepper.jp そして、手軽にめんつゆを使った、まるごとトマトの「トマ…

ナンプラーでしゃぶしゃぶした旨味凝縮つゆで、そばを食べてみてほしい【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 ナンプラーの汁で肉を煮ると、ナンプラーのクセも気にならず、相乗効果で肉も汁も美味しくなります。これを応用した「ナンプラー茹で鶏そうめん」、たくさんの方にお試しいただ…

「いわし丸干しご飯」は、いわしの丸干しの凝縮した旨味でしみじみウマいのです【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 僕は和洋アジアを問わず、世界のご飯もの料理、炊き込みご飯が好きなのですが、今回は、その中でも自分的にかなり上位にくるものをご紹介します。 それは、焼いたいわしの丸干…

クミン香る「スパイス青椒肉絲」は、町中華とインド料理のエッセンスでビールがすすむヤツ【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 町中華でおなじみの、肉とピーマンの細切り炒め「青椒肉絲」。これを、クミンなどのスパイス風味で作っても美味しいんですよ。青椒肉絲にはよくたけのこが使われますが、ここで…

もっちり皮が1人前約15円。薄力粉で作った皮で「水餃子」と「モモ風蒸し餃子」を愛でる【ツジメシの付箋レシピ】

たくさんの方にお試しいただいている「薄力粉うどん」。 www.hotpepper.jp 今回は、同じ生地を使ってもっちりの皮を作り「水餃子」にしてみました。自分で作った皮で包んだ餃子は、おいしさも愛らしさもひとしおですよ。 近所のスーパーでは薄力粉1kgで税込…

【メシ通のリモートめし】バターしょうゆが香る「アスパラご飯」は炒めて混ぜるだけ【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 今日は、かれこれ10年以上やっている僕の料理ブログの初期の人気レシピをご紹介します。 バターで旬のアスパラガスとしらすを炒めて、炊きたてご飯に混ぜ込むだけ。アスパラガ…

【メシ通のリモートめし】ナンプラーで鶏肉をさっと煮る「ナンプラー茹で鷄そうめん」【ツジメシの付箋レシピ】

ナンプラーで味付けした汁で肉をさっと煮ると、肉も汁もお互いの旨味を補完して美味しくなります。この肉と汁を別々の料理にしたり、合わせて麺類にしたり。これも僕がよくやる家めし必勝パターンのひとつです。 今回は、そのパターンをそろそろ食べたくなる…

麺1人分で約15円。極太生パスタ「ピチ」が薄力粉からモチモチむぎゅむぎゅにできた【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 以前書いた手打ちうどんの記事が、今でもよく読まれています。 www.hotpepper.jp おいしくできた、という声もたくさんいただき、ありがとうございます。 今回は、このうどんの…

バターに白ワイン、粒マスタード。家パスタの「必勝パターン」で「豚肉とブロッコリーのショートパスタ」【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 僕がかれこれ長い間作り続けているパスタのレシピに、「バターで肉や野菜を炒めて、白ワインで軽く煮て、仕上げに粒マスタードで香り付け」というものがあります。バターと白ワ…

フライパン1枚で野菜たっぷり「お焼き(仮)」は、お好み焼きでもオムレツでもない“何か”です【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 みなさんのお家に「名前のない料理」ってありますか。 既存の料理名がしっくりこず、よく作るのにどうも名前がはっきりしない、そんな料理。今回は、うちの「名前のない料理」…

家のラーメンに青物を入れて春を呼んでみた。しゃぶしゃぶっぽく食べる「青草ラーメン」【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 僕がこの時期によくやる、インスタントラーメンの簡単なアレンジがあります。あっさり味のラーメンに、季節の青い香りの野菜を生でたっぷりのせて、スープの熱でしゃぶしゃぶの…

鶏皮を牛モツに空目して「博多もつ鍋風 鶏皮鍋」ができた。締めはシビカラの和えそばで【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 今回は、手頃な値段で手に入る鶏皮を牛のモツに見立てて「博多もつ鍋風の鍋」を作ります。鶏皮は茹でてから炒めることでほどよく脂を落としつつ、ぷりぷりの食感に。キャベツの…

癖+癖の大人味「ラム、菜の花、ブルーチーズの手抜きフィデウア」で赤ワインが捗る【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 鍋に材料を全部入れてから火にかけるだけ、のお手軽パスタ料理システム「手抜きフィデウア」。 www.hotpepper.jp 今回は春のごちそう仕様で一手間かけます。 年末くらいから出…

「鶏レバーのスパイスマリネ」でビール→レバー→パンの無限ループが起きた【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 インド料理にピックルとかアチャール、ウールガイと呼ばれる、しょっぱくて酸っぱくて辛い「スパイスオイル漬け」があります。日本では漬け物=野菜のイメージですが、インドで…

「納豆、豚ひき肉、春菊の手抜きフィデウア」という材料入れて火をかけるだけのお手軽パスタ料理【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 フライパンに材料を全部入れて火にかけるだけのお手軽パスタ調理システム「手抜きフィデウア」。 www.hotpepper.jp このフィデウアに僕がよく使う「納豆と豚肉」のパターンから…

僕をしっとり派に目覚めさせた、黒光りする「しっとり牡蠣炒飯」を作ってみた【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 世の料理をし始めた凝り性の人間の御多分にもれず、僕もひと頃、炒飯ばかりを作っていた時期がありました。そして、やはり炒飯を作りはじめの人の御多分にもれず、炒飯といえば…

無類の厚揚げ好きが作る「ふわとろ納豆厚揚げ玉子丼」は、ふわとろのレベルが違いすぎた【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 無類の厚揚げ好きなもので、親子丼のような作り方で厚揚げを使った丼ものをよく作ります。あるとき、いつもの木綿の厚揚げがなかったので買った絹厚揚げと、たまたまうちにあっ…

鶏とにんにくのうま味が春菊にメチャ浸透「鶏もも肉と春菊のソテー」【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 今回は、鶏もも肉を20分ほどかけてじっくりと焼き上げるソテーです。とはいえ、メインはむしろ旬の春菊。外はカリカリ、中はしっとり美味しい鶏肉が焼き上がりますが、肉から出…

無類のサバ缶好きが激推し「サバ缶とクミンの手抜きフィデウア」を基本、ほったらかしで作る【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 フライパンに材料を全部入れて火にかけるだけの お手軽パスタ調理システム「手抜きフィデウア」。 www.hotpepper.jp 今回は、サバ水煮缶詰とスパイスのクミンを使ったものをご…

ほろにが「わた入りさんまご飯」が、簡単ですさまじく美味しい【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 僕はよく「魚を焼いて米にのせて炊く」というのをやります。鍋の蓋を開けると、焼いた鯛がどーんとのっている「鯛めし」なんかがおなじみですが、いろいろな魚で美味しくできま…

塩焼きにはないスパイスの香りが秀逸。「タンドリーさんま」をビールでも飲みながら焼いてみませんか【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 値段も落ち着いてきて、いよいよさんまの季節ですね。定番の塩焼きに飽きたら、たまにはこんな食べ方はどうでしょう。インドのオーブン料理「タンドリーチキン」のさんま版です…

冷凍里芋で「里芋のポテトサラダ」。ポテサラというと普通はジャガイモですが、里芋のねっとり食感も美味しいんです【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 今回は、里芋を使ったポテトサラダを2種類ご紹介します。どちらも人の集まるところで出して評判だったレシピです。 ポテトサラダというと普通はジャガイモですが、里芋のねっと…

無類のサバ缶好きがよく作る「サバ缶クミンご飯」をご紹介します【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 今回は、無類のサバ缶好きの僕がよく作る、サバの水煮缶詰を使ったスパイスを効かせた炊き込みご飯をご紹介します。 細長いインディカ米(タイ米が手に入りやすいと思います)…

叩いて粘りが出たアジが納豆とすこぶる絡む「アジ納豆丼」の作り方【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 今回は、僕が以前からよくやっている、アジと納豆を合わせた丼です。 マグロと納豆を合わせたものはよくありますが、アジと納豆の組み合わせも美味しいです。叩いて粘りが出た…

薄力粉から40分の「簡易手打ちうどん」が、100均のアレで見た目も味も中華麺風になってしまった【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 先日からご紹介し、お試しいただいている薄力粉を使った「簡易手打ちうどん」と、 www.hotpepper.jp それを掟破りの手揉みにした「汁なし坦々風」。 www.hotpepper.jp そんな感…

1玉約15円、薄力粉で作る「簡易手打ちうどん」で「汁なし坦々風うどん」。冷凍うどんでも作れます【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 以前ご紹介した、薄力粉を使った「簡易手打ちうどん」。懐かしかった、お子さんと作った、というコメントも多く、お試しいただきありがとうございました。 www.hotpepper.jp 今…

トマトとめんつゆをレンジで3分半。冷たい「トマトそうめん」はトマトの旨味が満ち満ちている【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 夏はやっぱりそうめんですね。今回はトマトを使ったさっぱり美味しい、手軽なそうめんレシピです。 トマトは生ではなく、めんつゆと合わせて電子レンジで加熱してからよく冷や…

1玉約15円。粉から40分「手打ちうどん」は自作ハードルが意外と低かった【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 僕のまわりには、日常的に自家製麺を作る人たちが意外とたくさんいます。そんな製麺好きによると、最低限かたちになるまでの自家製麺の難易度は、 簡単← うどん < 中華麺 <<(…

魚なしでもオクラを使えばなめろうテイスト、「オクラのなめろう」は丼飯にのっけてもグッド【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 「なめろう」は青魚をみそやネギ、ショウガなどと粘りが出るまで包丁でたたく房総半島の漁師料理。アジやイワシなどで作るのが一般的です。 魚の美味しい居酒屋さんに行くと、…

無類の大根おろし好きが「鬼おろし」だけでキーマカレーを作ってみた【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 以前こちらでご紹介した、ざくざくした食感の大根おろしが味わえる「鬼おろし」。 その際は、無類の大根おろし好きの僕がおすすめするシンプルな丼を作りました。 www.hotpeppe…

きゅうりの美味しい火の通し方。カリカリ感がクセになる「豚きゅうりあんかけ丼」【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 今回は、じめじめした季節にもぴったりの、さっぱりしつつ食べ応えもある手軽な丼です。 丼ものにきゅうりは意外な感じがしますが、とろりとした肉のあんにきゅうりのカリカリ…

時間はかかるがかなりうまい。家庭用のオーブンレンジで「低温ローストポーク」を焼いてみた【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 今回は、専用の器具がなくてもしっとり香ばしく焼ける「低温ローストポーク」をご紹介します。 家庭用オーブンレンジでも低温調理はできる ここ数年、料理好きの間で湯煎式の低…

またの名を“トマト深川めし”。あさりとトマトジュースで「ボンゴレロッソ丼」【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 今回は、トマトジュースで煮たあさりをごはんにかけるだけの「ボンゴレロッソ丼」をご紹介します。 ボンゴレロッソ丼、またの名をトマト深川めし。 ボンゴレ=あさり、ロッソ=…

“味噌煮込み愛”をこじらせた末に生み出した「味噌煮込みペンネ」の作り方【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 今回は、無類の味噌煮込みうどん好きの僕が、味噌煮込み愛をこじらせた末に生み出した「味噌煮込みペンネ」をご紹介します。 味噌煮込みうどんとペンネは似ている? 「味噌煮込…

無類の大根おろし好きが激推し「鬼おろし」をご存じですか?【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 じつは僕、無類の大根おろし好き。そこで今回は「大根の鬼おろし丼」をご紹介します。 大根おろしというと、焼き魚の付け合わせやしらすおろし、なめこおろしなどが一般的な食…

ご飯が美味しく食べられる「カラフトシシャモとピーマンの玉子とじ」【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 今回はカラフトシシャモとピーマンを使った「玉子とじ」。材料さえあれば10分もかからずできます。 カペリン?キャペリン?カラフトシシャモ? 昔はただ「シシャモ」として流通…

「ブロッコリー定食」を作って、ブロッコリーを茎の皮まで食べ尽くしてみた【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 今回はメイン食材+1で、一汁二菜に混ぜご飯の「定食」を作る試み。旬をもれなく食べる「ブロッコリー定食」です。 ブロッコリーは煮ても焼いても炒めてもうまい! ブロッコリ…

「手抜きフィデウア」はレシピというよりアレンジ無限大のシステムです【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 今回は僕のブログの看板料理、「手抜きフィデウア」をご紹介します。 これに慣れると、普通にパスタをゆでることをめったにしなくなる 「フィデウア」はスペインの炊き込みご飯…

“残った白身どうする問題”も解決済み。ねっとりトロ~リ「漬けアボカ丼」【ツジメシの付箋レシピ】

こんにちは。今回から連載を始めます、プロダクトデザイナーときどき料理人のツジメシこと辻村哲也です。オリジナルのレシピを載せたブログをかれこれ10年ほどやっていて、たまにこうしてあちこちにレシピを書いたり、最近は月一でマニア向け(内蔵肉とかス…

トップに戻る