餃子

ママが皮から作る本格餃子とおつまみが体に染みる……。 横浜・野毛で37年続くスナック「華」の素晴らしさを伝えたい

飲み屋さんがずらりと並ぶ、横浜・野毛(のげ)の都橋商店街。 駅でいえば最寄りはJR桜木町駅、または京急日ノ出町駅となる野毛エリア。さまざまな飲食店が約600店も密集しています。 裏側にまわってみるとこんな感じ。都橋商店街は、川に沿って建っています…

中国人コラムニストの食×テクノロジー理論がジワジワ来る【焼餃子=日本のイノベーション】

マイクロ出版社、ferment booksの(よ)です。 突然ですが皆さん、下記の式の意味、わかりますか? 焼餃子 = 日本のイノベーション 中華料理 ≠ 中国料理 日本食 = 和食 +(洋食+中華料理) 和食 = 日本食 -(洋食+中華料理) 洋食 + 中華料理 = 日…

餃子王、パラダイス山元直伝、アッという間につくれる「うまい餃子」【餃子王のレシピ】

餃子の王様といえば、会員制の餃子レストラン「蔓餃苑」のオーナーシェフ、パラダイス山元さん。こちら、とにかく予約が取れない大人気店。行きたくても行けない餃子ラバーたちのために、秘伝レシピを最新著書『うまい餃子』(宝島社)で惜しみなく披露され…

夏の仕事終わりは「541+」餃子&ビールで幸せに浸るべし!【大阪】

こんにちは、メシ通レポーターのケメコです。どんどん暑くなってきました。私かなり汗っかきなので、滝のように汗を流しながら日々仕事をしています。 そうなってくるとやっぱり、仕事終わりのビールが最高にうまいわけですよ! というわけで今回は、まだ明…

予約半年待ち?一度は食べたい「羽根木の羽根付き餃子」を家焼きするコツ

おいしい餃子を家で食べたい! でも、やっぱりお店で焼いてもらったほうがおいしいんだよね……と普通は思いますよね。 世田谷梅ヶ丘にお取り寄せ半年待ちの餃子店があり、しかもその餃子は誰が焼いてもきれいに羽根付きで焼けるらしい、という噂があるんです…

生きる目標がわからない漫画家と、餃子作りをしてみました【小鳥遊しほ×櫻井エネルギー】

イラストレーターにフードコーディネーター、コラムニスト、そしてモデルとして超マルチに活躍する小鳥遊しほが、世の悩める人々のために自ら家へ足を運び、料理を作り、ややナナメ上から人生相談にまで乗ってしまう企画。 人の数だけ悩みはある。悩んでいて…

オシャレすぎる「餃子の王将」は本当に実在するのか

こんにちは。メシ通レポーターの鷺ノ宮やよいです。 「餃子の王将」といえば、リーズナブルなお値段と親しみやすい味わいで人気の大衆中華チェーン。けれど、そうした「餃子の王将」とは一線を画す“ちょっとオトナな王将”があることを皆さんはご存じでしょう…

男子の二大好物が食べたいなら「バルカン」に行けばいいじゃない!【京都】

餃子と唐揚げが二枚看板。 こんにちは。メシ通レポーターの泡です。 老いも若きも、男子たるものこの2つが嫌いな人っているんでしょうか。 (もちろん女子もですが)。 餃子と唐揚げ。 あー、この語感だけでビールが飲みたくなるっ! さて、今回ご紹介するの…

【温泉×うまい飯】超絶極楽! 一度は食べたい温泉地の名物絶品メシ3選【まとめ】

ハア〜ッ……。 いい湯だなあ。 やっぱり温泉は、露天に限るわな……。 毎晩自宅の狭いシステムバスに浸かりつつ、目をつぶって「エア温泉ごっこ」に興じるのが日課となっているメシ通編集部です。それとついでだから神様、一緒に温泉旅行に行ってくれるステキな…

餃子66個ナント999円! コスパ最強な炎の中華「下町の空」【名古屋】

餃子一皿ナント99円!? 高いお金を払えば、美味しいモノが食べられるのは当たり前。安くてうまいモノを探し出すのがグルメライターとしての腕の見せどころである。 そのためにいつもアンテナを張っているのだが、ある日、国道41号線で車を走らせているとき…

ナンプラーで餃子が革命的なうまさに!? パクチーボーイ エダジュンの「エスニック餃子」

ナンプラーのちょい足しで、劇的にウマいエスニック餃子参上! こんにちは、料理研究家のエダジュンです。正月料理ばかり食べて、そろそろ普段の食事が恋しい頃ではないでしょうか……。そんな時にふと、食べたくなる餃子。新年最初の餃子は、和食続きの食事か…

ザ・ローリング・ストーンズが来店! 伝説のロックバー「レッドシューズ」【南青山】

"ロックの迎賓館" シーナ&ロケッツの鮎川誠氏にそう言わしめた真紅のロックバー「レッドシューズ」。世界中のロックセレブに愛され、知る人ぞ知る隠れ家的な大人の社交場として多くのミュージシャンが訪れています。そこにはいったいどんな歴史とドラマが詰…

深夜中華「マルシン飯店」の熟成豚肉ギョーザが激ウマすぎて震える件【京都】

二代目の探求心から生まれた新餃子 こんにちは、メシ通レポーターの泡です。自炊の際は7割方、キャンペーンでゲットした「餃子の王将」の餃子皿に料理を盛りつけています。とても使いやすいのでおすすめです。 と、いきなり他店の話で失礼。今回ご紹介するの…

【餃子バカ必見】一度食べたら忘れられない! 最強にウマい餃子の店【まとめ】

どもども。餃子は必ず一度に五人前は食べるメシ通編集部です。 なぜかって? 決まってるじゃないですか、止まらないからですよ! 皮をパリッとかむと、中からジュワッと肉汁があふれ、さらにかみしめると肉と野菜が渾然一体となったあんが口いっぱいに広がり…

【閉店】がっつりいけるスープ“餃子”専門店がオープンしたぞ!

美意識高めで健康志向な人がこぞって集まるイメージのあるスープ専門店。女子力が高いお客さん(というか女性のお客さんがほとんど)に思わず圧倒されて、入りたくても二の足を踏んでしまった男性も少なくないのでは。 なじみの牛丼店にはない、入りにくさを…

餃子の皮に挽き肉以外の具を包んで焼いてみる! おいしいのはどれだ!?

ご飯のおかずにもビールのおつまみにもなる餃子。お店で食べる餃子もおいしいですが、手作り餃子もそれぞれの家庭の味や個性が出るものです。 しかし、家庭で作ると、どうしても具と皮が余ってしまいがち。具が余ってしまった場合、そのまま丸めて焼けば簡易…

宇都宮みんみん~食材のルーツを辿る旅 其の4(前編)~産地を巡る冒険【タベアルキスト】

みなさん、こんにちは! メシ通レポーターのタベアルキストTokuharaです。 「料理」と「生産者」。両者を繋げる魅力ある「食材」。そのルーツを辿る旅も、今回で4回目となりました。 ビール片手に、餃子でも頬張りたいこの季節。 お届けする食材は、「お酢」…

ひとくち餃子の街に新風! 天国に誘う肉汁たっぷり餃子

こんにちは。博多ひとくち餃子大好き、メシ通レポーターのGです。餃子好きに限らず、なんともそそられる名前のお店、見つけました。その名も「肉汁天国」! 「肉汁」と聞いただけでもヨダレが出てくるのに、「天国」ですよ、「天国」! も~、気になって、気…

バラエティ餃子のフルコース?「さんあい亭」【福岡】

焼き・茹で・スープで全17種類! 博多の隠れた名物に「ひとくち餃子」があるっていう話は以前にもしたけれど、今回紹介するのは、いろんな種類のバラエティ豊かな餃子を出す、今年で創業21年目になる餃子の店「さんあい亭」だ。 個性的な飲食店が多い西鉄平…

G.J. Power(餃子ジョッキーパワー)プレゼンツ。「餃子フェス 2015夏 in co-ba」レポ&お取り寄せベスト5

餃子愛に溢れすぎるイベント「餃子フェス 2015夏 in co-ba」 これまで取り寄せた種類150種類以上、焼いた餃子は実に1万個以上! 餃子が好きすぎて食べるだけでは飽き足らず、ついにはイベントまで立ち上げてしまったこの男。 人呼んでG.J. Power(餃子ジョッ…

季節の変わり目は餃子を食べて元気をだそう! 「第12回 鬼怒川温泉餃子祭り」開催

秋が深まり、だんだんと肌寒くなってきたこのごろは、風邪引きさんが増えるもの。こんなときこそスタミナ満点のおいしおいしいものを食べて、季節の変わり目を乗り越えたい! そこでオススメするのが、2015年10月10日(土)~10月11日(日)に栃木県日光市に…

餃子が好きすぎてグルメ本『餃子女子』まで出版したアーティスト・玉城ちはるオススメの餃子店!

2015年8月、1冊のグルメ本が出版された。その名も『餃子女子』(ラトルズ刊)。著者はシンガーソングライターの玉城ちはるさん。日本全国でコンサートをしながら、北は北海道から南は九州・福岡まで、100軒以上の餃子店に足を運び、その中から43店舗を厳選し…

【メシ通埼玉部】孔子の末裔が腕を振るう西川口「異味香」のデカうま餃子&焼きシューマイ【ニポポ】

埼玉県鴻巣市在住、埼玉をこよなく愛するニポポが、部長として県内のディープな食スポットを巡る「メシ通埼玉部」! ゴリラの後はザリガニの天ぷらを目指したが…… 「これで終わりだ……!!!!」 (言ってみたかっただけ)というわけでコチラ、埼玉・川口市が誇る…

料理初心者がひとり餃子パーティーをしてみた

こんにちは。 これまでの人生で餃子を作ったことがない僕が、今日は餃子パーティーをすることになりました。ひとりで。 ちなみに僕は餃子が好きでもなんでもないので、このとおり。死んだ魚の目をしてます。 今回は餃子のA.T.フィールドをぶっ壊すのがテーマ…

餃子を腹いっぱい食べたい人も、いつもと違う斜め上から攻めてみたい人も「変わりダレ」でお好きなだけどうぞ!

白メシのおかずとしても、ビールのアテとしても優秀な餃子。浜松餃子を代表する餃子文化の地、静岡県西部は持ち帰り餃子の店が多いので、最近はすっかりテイクアウトが主流になりました(ラクだし)。でも稀にやる気を出して自分で包むときは、ここぞとばか…

トップに戻る