読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンビニ食で栄養バランスは維持できる? 『栄養と料理』編集長に聞いた【朝昼晩の組み合わせ例紹介】

この春から、ひとり暮らしデビューの人に質問です。 食生活、どう考えていますか? 「料理したいけど、面倒」「時間がない」「やっぱり出来あいを買ってしまう」 栄養も考えたいと思いつつ、手間や時間はかけにくいもの。コンビニで毎日すませてしまう……とい…

野毛に国産酒専門のバーがあった! 「びじゃぽん」で知るメイド・イン・ジャパンの味【横浜】

やってきました、横浜・野毛(のげ)。 最寄りはJR桜木町駅、または京浜急行線の日ノ出町駅。アクセスがいいとは決して言えませんが、酒場を愛する人が毎夜集ってくるエリアです。 食と酒に関する、ありとあらゆるお店があります。その数、約600。 居酒屋さ…

この春デビューのクラフトビール初心者に教えたい、オススメ&話題の銘柄【北千住びあマ】

北千住に楽しい場所を見つけました! その名も「びあマ」。クラフトビールの専門店で、北千住駅から徒歩1~2分の好立地にあります。看板にあるとおり、スタンドバーとボトルショップの融合店。 つまり、 サクッとそこで飲むもよし 日本そして世界のさまざま…

好評第2弾!「ちくわぶ」はから揚げにしてもウマいんです【ビールのつまみに最高】

奥深! ちくわぶ研究 今回は「ちくわぶについて考える」第2弾です。 「おでんにはマスト!」と固定ファンも多いけれど、 「ほぼ食べない」 もしくは 「食べたことがない」 という人も少なくない……それが、ちくわぶ。 もともと、東京・千葉・埼玉の一部で「お…

「ショウガオイル」が料理の幅をグッと広げます【3分でできる】

料理家の服部志真さんに教わる便利ダレ、第2回は「ショウガオイル」です! この作り方、『メシ通』史上もっともカンタンかも。 サラダや和えもの、炒めものの味がグッと引き立つんですよ。活用レシピも3つお届けします。まずはさっそく、その作り方からご紹…

知らなきゃ損する! キノコは冷凍できるんですっ【保存テク&楽勝レシピ】

こんにちは、フードライターの白央篤司(はくおうあつし)です。 いきなりですが、 キノコって、冷凍できるのご存じでしたか? 以前にツイッターにアップしたら、わりに反響があったんです。 「キノコって冷凍できるんだ」ってよく聞かれますが、安いときに…

身近な食材で楽しむ、ヒレ酒・骨酒入門【大人のスープ】

フグのヒレ酒って、うまいですよねえ。 香ばしくて、なんともうま味が濃厚で。お酒を楽しんでいるのに、極上のスープを味わっているかのような満足感が得られます。 もっと身近に楽しめたらなあ……! なんてことを、飲み仲間でもあるスープ作家の有賀 薫さん…

年がら年中試したい、市販「鍋つゆ」おすすめ3選! 【フードライター 白央篤司 選】

寒さもピーク、鍋がおいしい季節です! スーパーに行くと、たっくさんの「鍋つゆ・鍋のもと」が売っていますよね。実は私、あのインスタント鍋つゆをずっと……敬遠していたんです。 「鍋はダシが肝心! 昆布をひいて具材を煮て、ポン酢が一番」とかたくなに思…

野食ハンマープライス・茸本朗氏が教える「絶対ハズさないキノコごはん」レシピ

キノコたっぷり、炊き込みごはん。 炊飯器を開けたときの香り、たまらないですよね! みなさんはどう作っていますか? 「キノコと調味料を炊飯器に入れて炊き込む」、これがシンプルかつ一般的なやりかたと思われます。 しかし!! 「このやりかたでは、キノ…

こんなおでん店が近所にあったら毎日通う、昼飲み目当てに! 「平澤かまぼこ 王子駅前店」【東京北区】

おでんの湯気がうれしい季節になりました。寒いと人間おっくうになるものですが、寒い日だからこそわざわざ行きたいおでんのお店を本日はご紹介。おでん以外にも、オツなつまみが多いお店なんですよ。 昭和37年創業の老舗おでん店 場所は京浜東北線・王子駅…

コチュジャン+マヨネーズの「コチュマヨ」ソースが万能過ぎる

「コチュマヨ」の作り方は簡単 コチュジャンとマヨネーズを使った、おいしーいタレがあるんです! いろんな料理に実によく合うんですよ。 考案者で料理家の服部志真さんに、その作り方と活用ポイントを早速教えてもらいましょう。 ちなみにコチュジャンは朝…

【ちくわぶ徹底研究】おでん以外に「ちくわぶ」が活躍できる場はあるのか?

こんにちは、郷土料理を研究してます、フードライターの白央篤司です。 いきなりお聞きしますが、ちくわぶっておでん以外の料理で食べたことありますか? 毎日のように食記事がアップされ、料理雑誌もグルメ番組も大量に制作される日本ですが、「ちくわぶレ…

料理家・きじまりゅうたさん直伝! 余ったノリで作る佃煮&応用カルパッチョ

炊きたての白いご飯にはこれ、ノリの佃煮。日本人のメシの友として定番の人気を誇っていますね。あれって、家庭で手づくりできるものなんですよ。今日はテレビや雑誌でもおなじみ、料理研究家のきじまりゅうたさんにそのレシピを教えてもらいます。 教える人…

古地図片手に江戸散歩! 今川焼き&人形焼きのルーツを探る旅【歩き旅応援舎】

先日、テレビを見ていてふと引き込まれた「まち歩き」の番組がありました。 いかにもな名所旧跡をたずねるのではなく、現代にすっかり同化した何気ないスポットを紹介しながら、江戸の昔を感じさせるそのスタイル、語り口がなんとも魅力的。案内をされていた…

【決定版】カンタンうまい「冷や汁」入門! すり鉢不要& いつもの味噌でOKです

「冷や汁」、ご存じですか? こんにちは、郷土料理を研究しているフードライターの白央篤司です。 冷や汁は宮崎県の郷土料理と思われがちですが、実際は日本各地で昔から食べられているもの。きょうはそのごく簡単な作り方と、「本格的にやってみたい!」と…

食中酒としてのクラフトビールと国産シードルの魅力を「Noge West End」で知れ!【横浜野毛】

横浜・野毛エリア。 『メシ通』でもすっかりおなじみの場所ですね! 野毛は横浜市中区にある繁華街で、最寄駅はJRの桜木町駅、もしくは京浜急行線の日ノ出町駅。約600店の飲食店が軒を連ねています。 上の写真は都橋商店街と呼ばれる一帯で、野毛を象徴する…

あの「野食ハンマープライス」主宰・茸本朗氏と行く、アナジャコ釣り@東京湾【調理&実食付き】

エクストリームな「野食ハンマープライス」 「食べたことのないものを食べてみたい。その味が知りたい。誰も食べたことのないものは、なおさら食べてみたい。そしてもしそれが美味しかったならば、こんなにうれしいことはない」 きょうご紹介する、茸本朗(…

3品でも30分以内! 異色のデザイナー料理人、ツジメシ氏に教わる簡単ナンプラーおかず【付箋レシピ】

誰でも一目で把握可能! デザイナーが描くレシピ 辻村哲也さんという料理人がいます。 本職は家電や生活用品などのプロダクトデザインをされる方なのですが、料理好きが高じて食イベントの開催や出張料理などをされ、さらには『付箋レシピ デザイナーときど…

パイオニアたちの姿に心酔! 映画 『カンパイ! 世界が恋する日本酒』監督インタビュー

日本酒業界に生きる3人のパイオニア 7月9日(土)に公開される映画『カンパイ! 世界が恋する日本酒』は、日本酒業界に生きる3人の男を主人公としたドキュメント・フィルム。この人選が実にユニークで、とても見応えのある内容になっています。 まず、岩手県…

みちのくの幸がズラリ勢揃い! 東北の生産者と東京をつなぐ「できる食堂 プエドバル」【北千住】

やってきました北千住! 飲み屋がひしめき合う、酒好きにはたまらないエリア! 煮込みで有名な「大はし」をはじめ、自家製すり身揚げがうまい「千住の永見」、本格的なつまみがたっぷり味わえる立ち飲み「徳多和良」など、いい店が多い!酒好き・居酒屋さん…

米はおかずに合わせて選ぶべし! お米マイスターが教える目からウロコの“選米術”

東京・原宿と渋谷をつなぐ「キャットストリート」という道があります。その中ほどを曲がったところに、精米店があるのをご存知ですか? 住所は、神宮前6丁目。 ビルの1階ではあるものの、米袋がたくさん積まれて、店の奥には精米機がいつも稼働しています。…

納豆王国・茨城で絶大な人気を誇る「舟納豆」の秘密に迫る【ネバうまアレンジ付】

地元の人々にとって「ごちそう納豆」的な立ち位置 納豆の生産量全国一といえば、茨城県。 水戸を中心に、納豆は県内で広く生産されています。 水戸発ブランドとして有名な「くめ納豆」や、創業100年を超える老舗ブランド「天狗納豆」などは全国的にも定番の…

あの富士桜高原麦酒が待望の東京進出! 「BeerBar富士桜Roppongi」に行ってきた【ビール】

ビールが苦手な人に飲んでほしい「ヴァイツェン」 あれは2年前、2014年のこと。 世界30か国以上、700種類ものビールの中から選ばれる、ワールド・ビア・アワード2014で見事「ワールドベスト・スモークド」(スモークフレーバー部門で世界一)に日本のビール…

栃木の名物郷土めし「しもつかれ」コンテストに行ってきた!【観光情報付き】

ご覧ください、この美しい山々! ここは日光連山を間近に眺められる、 栃木県は日光市、今市(いまいち)エリア。 新宿から電車で1本、下今市(しもいまいち)駅には約1時間45分で着きました。 案外近くてビックリ!! 降りるとすぐに、駅からさっきの日光連…

信じる味を伝えたくて20代で起業。 東京・吉祥寺「LIGHT UP COFFEE」の挑戦

「吉祥寺に新しいタイプのコーヒーショップがあって、うまいらしいんですよ。しかも起業したのが25歳ぐらいの男性ふたりで、ほぼ学生からそのまま独立してやってるらしいんですね。ハクオーさん、ちょっと行ってみません?」 と『メシ通』編集Mさんの誘いが…

隠れベストセラー『暗渠マニアック!』著者と行く、東京暗渠飲み【渋谷編】

暗渠(あんきょ)、知っていますか? この1~2年ほど目にすることが増えた「暗渠」という言葉。 私は当初、どう読むのかさえも分かりませんでした。 【渠】[音]キョ(漢) [訓]みぞ こんな字が日本語にあるんだなあ……! しばらくは読めないままに放って…

激ウマ珍味「サメハツ」を体験! 東京・恵比寿『はまらいん』

サメハツとは、読んで字のごとく鮫の心臓。 これ(↑)が実に……うまいんですよ! 初めて食べたときは驚いたなぁ……魚のモツなのに、牛レバ刺しのような食感と味わいがある。それも臭みは一切なし、極上の牛レバーだけがもつ清々しい香りと甘みが広がって「これ…

「おにぎりはラップよりアルミで包むほうが美味い」説は本当か?

それは、1つのツイートから始まりました。 料理家・藤村公洋(ふじむらきみひろ)さんが、2015年11月のある日つぶやいた、こんなツイートから……。 昨日のイベントで話題になった『おにぎりって、ラップよりホイルのほうが美味しさが長持ちするってほんと?…

That's 洋辛子ワールド!新宿三丁目マスタード料理とワインの店「wine & mustard A」

これ全部、マスタードなんです! マスタードの使用例っていえば、ソーセージにつけたり、ホットドッグに塗ったり……そのぐらいしか思い浮かばないのが、正直なところではないでしょうか。 しかし! マスタードはそんな簡単なものじゃありませんでした。 知ら…

神楽坂のスペイン料理店「エスタシオン」のシェフが教える、手軽で味な定番つまみ【通人に訊く】

おつまみタイムを愛するあなたに。 料理達人に、おいしいつまみ&好きなお酒を教えてもらう 「通人に訊く~この酒、このつまみ」も、めでたく5回目! 日本酒居酒屋店主、料理研究家、ワインバルオーナーシェフに続いての登場は、 スペイン料理店のシェフで…

この鍋を食べずして冬を終わらすな! 「秋田だまこ鍋」のつくりかた教えます 

ひと口に「鍋」といっても、日本中いろいろありますな。 2015年秋に紀文さんが全国1400人を対象にした調査によると、 日本人の好きな鍋は「おでん→すき焼き→キムチ鍋→寄せ鍋→しゃぶしゃぶ」 という結果だったそうです。 またこの調査によると、福岡ではやっ…

五反田「ほじゃひ」で味わう広島地酒&鉄板焼つまみ、そしてお好み焼きが間違いないッ!

「広島のお好み焼きを食べたことある人って、実はけっこう少なくない?」 ってな疑問があるんですけど、どうでしょう? 「進学・就職で東京(および地方大都市)に出るまで食べたことがなかった」という声、よく聞くんです。私(東北出身)も同様で、大人に…

渋谷「et sona」のシェフ直伝・赤ワイン×ぽん酢のたれが美味すぎた件【通人に訊く】

おつまみという言葉を聞いて「わくわく」としたものを感じるならば、 あなたはそう、酒好きですね? ええ、私もです。 それも、とびきりの。 「おつまみ」って言葉の響きの楽しさは、数ある語彙のなかでも屈指のもの! 居酒屋などで、日替わりおつまみが一面…

【生ガキ】オイスターバーはこうして楽しめ!東京「オストレア」にはカキの楽しみ方がこんなにもあった

「オイスターバーって、ちょっと敷居が高いんですよねー、なんとなく」 担当Mが私にそう語ったことから、この企画は始まった。 そんなことは全然ないッ!! むしろカキが好きなら積極的に行くべきだ。 カキ好きフードライターの私は声を大にして言いたい! …

鉄人・坂井宏行シェフの店でバイト体験!“まかないメシ”のロールキャベツはやっぱり絶品だった

料理店でしか食べられない料理、そして客は食べられない魅惑の料理……。 それが……「まかない」! 人気店のまかないってどんなものか、確かに気になります。 一番の新人さんが腕だめしをする機会かもしれないし、 余りものを上手に使うコツや工夫が詰まってい…

【極上ビール】デンマークで愛される「ミッケラー」が東京・渋谷に登場!ビールを心底楽しみたい人へ。

美味しいビール、飲んでますか? こんにちは、酒好きフードライターの白央(はくおう)です。 東京・渋谷にオープンした“Mikkeller Tokyo”(ミッケラー トウキョウ)、もう行かれましたか?? ミッケラーとは北欧・デンマークのビール醸造メーカー。年間なん…

全国のユニークな「具」を調査&にぎり倒した!『にっぽんのおにぎり』著者が語る、おにぎりの魅力とは?

あなたの好きな「おにぎり」って、なんですか? シャケ、ツナマヨ、おかか……パッと浮かぶ具も人それぞれですよね。私はやっぱりシャケ、明太子、渋いところだと「葉わさび」が好きなんですよねえ。コンビニにあるとつい買っちゃう。海苔は最初から付いてある…

渋谷で深夜2時まで営業する角打ちサンドイッチスタンド、その名も『ドレスのテイクアウト店』

ある日の深夜のこと。 とあるSNSを眺めていたら、食いしん坊の友人がサンドイッチ写真をアップしていたんですね。 「残っててよかった! 3つゲット!」 そんなコメントと共に写し出された写真が、なんともおいしそう……。そして時計をみれば、なんと深夜の1…

伊豆・伊東から新鮮な地魚を直送! 六本木『紺碧の海』の「一皿会席」に舌鼓。

六本木駅から徒歩3分の好立地にミニ伊豆が! 君は静岡の魚のうまさを知っているか!? 東北や北陸、瀬戸内産に勝るとも劣らないうまさの静岡・伊豆の地魚が、写真のようにどっちゃりと君を待ち構えているのだ! それはいったいどこで!? そう、六本木で! しか…

店主はレゲエシンガー! 自家製レバーペースト&パンが絶品の祐天寺・隠れ家ワインバー「OZAWA」

レバペにロースハム、パンまでもすべて自家製 すっかり有名スポットと化してしまった中目黒の隣に、祐天寺という駅があるのをご存じでしょうか? 東急東横線で渋谷から各駅停車で3つめ、中目黒と学芸大学にはさまれた駅です。 「降りたことがある」という人…

通人に訊く「この酒、このつまみ」。料理研究家 重信初江さん

酒のエキスパートが愛するつまみを知りたい! そんな興味からはじまったこの企画、今回は人気の料理研究家さんに、お話をうかがってきました。 NHK『あさイチ』などのテレビや料理誌でもおなじみ、重信初江さん。お酒も大好き、つまみレシピもたくさんお持ち…

通人に訊く「この酒、このつまみ」。渋谷ワインバー「Parc」丹羽大さん

酒のエキスパートが愛するつまみを知りたい…… そんな興味からはじまったこの企画、今回はワインの通人に話をうかがってきましたよ!渋谷でいま、最も美味店が集結する東急本店裏~富ヶ谷エリアにあるワインバー、「Parc(パルク)」オーナーシェフの丹羽大さ…

肉好き必見。これがアルゼンチンの極太ソウルフードだ!代々木上原「ミ・チョリパン」

長い梅雨が終わったと思ったら灼熱地獄。蒸し暑い時季にぴったりなのが、スパイシーな食べもの。香辛料のきいた料理が好きな人に強力おすすめしたいのが「チョリパン」なんです! チョリパンとは南米・アルゼンチンのソウルフードのこと。その専門店が代々木…

通人に訊く「この酒、このつまみ」。渋谷道玄坂『立呑み なぎ』店主・甲田力さん

通人たちは、普段どんなつまみで酒をやっているのか? そんな興味から誕生したこの企画、第1回目は渋谷の日本酒の達人にご登場を願いました。 福島の日本酒を専門に揃えた道玄坂『立呑み なぎ』の主人、甲田力さんです。 ペンネ・アラビアータと日本酒の意外…

こだわりの無濾過生原酒と極上地鶏を味わう。新宿・歌舞伎町の焼き鳥「鳥みつ」

「旧コマ劇場(現TOHOシネマズ 新宿)裏に、焼き鳥のうまい店があるらしい」 そんな情報を聞いて、正直最初は……半信半疑でした。歌舞伎町といえば、やはり男と女の夜の国。飲食よりもやはり「盛り場」がメインとなるエリア。個人的に食を楽しみたいときは、…

「女子力男子」急増中!? 彼らはナニを食べているのか? 原田曜平が語る!!

自炊&弁当はモテのため!? 健康&スタイル維持のため肉や酒は不人気! 「女子力男子」という言葉をご存知だろうか? ざっくり言うなら「料理はもちろん、スイーツづくりまで難なくこなし、オシャレや体型維持に気を遣う今ドキの男の子」のことで、10代~20代…

トップに戻る