うどん

【費用わずか数百円】カネがないなら「うどん」を打てばいいじゃないか!【初心者のための完全解説】

『メシ通』をご覧の皆さん、こんにちは。漫画家の田中としひさと申します。 私がうどんを打つようになったのは、その昔 ── 友人は飽きっぽいのでその後まったく打たなくなったのですが、私はこれ以来すっかりうどん打ちが気に入ってしまったのでした。 そば…

どこをとっても昭和な「岐阜レトロミュージアム」は、オッサンを少年に変えるタイムマシンだった

今、まさに夏休み真っただ中。皆さんはもう予定が決まっているだろうか? 今回は、アラフィフの筆者があえて家族や子どもとではなく、自分一人、または同世代の友達と一緒に行ってほしいオススメのスポットを紹介しよう。 その理由は、おいおい説明するとし…

東海地方のご当地セルフうどんチェーン「どんどん庵」は最強にお値打ち&使い勝手のいい満腹スポットだ

さぬきうどんのブームに乗り、今や全国各地にあるセルフうどんチェーン。2000年代半ばから後半にかけてが出店のピークだったようだが、愛知県にはそれよりもはるか前からセルフうどんチェーンがあったのである。 愛知県を中心に展開する「どんどん庵」がそれ…

【メシのはてな】うどん専門家に聞く、どうして関東と関西は出汁の味が違うの?

三大欲求のひとつである、「食欲」。栄養を補給するため、おいしいものを食べるため、空腹を満たすため――。食事をする理由は人によってさまざまですが、朝昼晩と口にしている食べものに、疑問を持ったことはありませんか? 本連載「メシのはてな」は、ふだん…

ウマさも原価も割烹レベル?京都のうどんが好きなあなたに訪れてほしい「手打ちうどん ほそ井」

みなさま、うどんにちは。メシ通レポーターのナガオヨウコです。 京都市内のフードコートには讃岐うどんのチェーン店もあり、近年は京都人も讃岐うどんを普通に食しています。 が、京都人が心から愛してやまないのが、コシがなく、やわやわで細いうどんです…

ニッポン全国・いちばんおいしい「うどん」の食べ方とは?【DJメシ】

うどん論争! 最高にイルでドープなUDONの食べ方とは? ※この記事は2017年7月の情報です。 ムラマツヒロキ a.k.a Murama2 漫画家兼DJ。早稲田大学文学部中退。漫画家としてはムラマツヒロキ名義でガイドワークス『パチスロパニック7』『別冊パニック7』にて…

【うどんの名店】関西風ツユで絶品うどんとそばを両方味わう【東京ソバット団】

こんにちは、東京ソバット団の本橋です! “ソバット団”ですが、今回はうどんです、うどん。うどんの店なんです! まぁ、我々はあくまで「立ち食い」的な食べ物を愛しているわけですから、うどんだってアリなわけですよ。ちゃんとそばも食べてきましたし。 と…

さぬきうどんDIY!「代打ち麺ロール」でうどん職人になりきってみた

こんにちは! 幸せな家庭が欲しいと思っている、独身地下放送作家の内村です。 今回は、うどんの麺を自分の好きな太さに調整することができる、その名も「代打ち麺ロール」なるものを取り寄せてみました。 こちらは、ロール状のうどん生地を、自分好みの太さ…

白麺士とはナニモノなのか?【UDON is Rock】

うどんと言えば、関西風ダシ派。メシ通編集部のYです! さて、突如きら星のごとく現れたうどん界の超新生、 うどんアーティスト白麺士こと 小野ウどん氏をご存じでしょうか!? ウワサでは、手打ちうどんを刻むリズムと、 ロックミュージックを融合させたパ…

【日本酒ライター友美がゆく! 東京の蔵元が通う地元メシ】本場香川の味を受け継いだ「讃岐うどん店」店主は野鳥博士!

こんにちは、メシ通レポーターの友美です。今回やってきたのは西東京、東村山市です。「東村山音頭」で有名なあそこですよ。では行ってみましょう! 紹介してくれたお店は、ちょうど東村山と東大和の間にあります。最寄駅は「八坂駅」か「小川駅」だけど、「…

第2の糸島と話題の福津エリアで絶品うどん!店主の旦那さんはヌードルライター

ヌードルライターの山田祐一郎さんをご存じでしょうか。 『うどんのはなし 福岡』を出版され、とても話題になりました。 例えば、取材拒否のお店が掲載されていたり、「一日一 麺」をモットーに麺を食べている山田さんのお気に入りのお店が掲載されていると…

【激ウマ】サバ缶みたいな骨までホロホロのサバ水煮を作って「ご馳走ひっぱりうどん」を作った!【料理解析】

サバ缶を作ってください! 「サバ缶を再現してください!」と私。 「買えば良いでしょ!」と妻。 「ソレで究極のひっぱりうどんを作ってください!」 「だからサバ缶買ってきて納豆入れて『ひっぱりうどん』作れば良いでしょ!」 「作ってみたらば、何かしら…

居酒屋以上に居酒屋なうどん店?【博多】

A氏の告白 「『ウエスト』の居酒屋が……」とA氏が言う。A氏はときどき「私たちは宇宙人に監視されているのよ」などとトンデモないことを口にするが、それ以外は物静かで知的な女性だ。 「……使えるのよ」。 「ウエスト」とは福岡の人間なら誰でも知っている…

世界に誇る埼玉遺産!春日部の地下神殿&パープルレインな名物うどん【ニポポ】

地下へ潜る前に、かっぱ汁で腹ごしらえ やって来ました春日部駅東口! ってのはいいんですけどね、埼玉県民の日ということで埼玉が世界に誇る観光スポット「埼玉の地下神殿」こと「首都圏外郭放水路」の無料開放デーなわけですよ! これはめちゃくちゃ貴重!…

【博多】伝来当時の製法で再現した中世うどん。2玉でも3玉でも値段は一緒……なだけじゃない! 【春月庵】

こんちは〜、メシ通レポーターのマツータケシです。 冬はやっぱり寒いものですね。いやはや、そうなると、あったか〜い出汁が恋しくなりますなぁ〜。 お腹の底からじんわ〜りとカラダが温まるってのが、なんとも幸せ。 食欲もワイワイ湧いてくるってもんです…

博多「肉肉うどん」は替え玉天国!うどん→そばのエンドレス・ループ

博多名物『肉肉うどん』。恥ずかしながらその名前を聞いても、京都出身で関西の上品な出汁で育ってきた僕にとっては全くピンとこないのです。 頭に浮かんでくるのは肉が山盛り乗っかっている、ボリュームありそうなうどんの妄想ばかり……。 40年以上も前に九…

元巨人軍の剛腕が“闘魂こめて”打つ本格うどん!『讃岐うどん 條辺(じょうべ)』店主 條辺剛さん【男の野球メシ#01】

全国の巨人ファンが「條辺のうどん」をすすりにやってくる 池袋から東武東上線に乗って、約30分。埼玉県は上福岡の駅前に、今回のお目当てである、元巨人軍のセットアッパー・條辺剛のうどん屋はある。引退から今年で早10年。10代にして彗星のごとく現れ、わ…

トップに戻る