読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メシ通 Produced by RECRUIT

食欲と知識欲をシゲキする食メディア

  • ブクマする
  • フォローする
  • フォローする
  • フォローする

【味噌の自作】味噌について知ると、味噌汁がもっとおいしくなった

写真:中島規之 ソウルフードならぬソウル調味料 味噌汁を飲んだ瞬間、ほっと安心したことはありませんか。 そんなとき不意に「日本に生まれてよかったー」とか思っちゃったりって、まあそんな大げさな話じゃないですな。 個人的な経験としては、春先の遊園…

この春OPENした「岡崎 カクキュー 八丁村」のメニューが斬新すぎる【八丁味噌のポテンシャル】

名古屋めしには欠かせない八丁味噌。 大豆と塩、水だけで仕込む豆味噌(赤味噌)の一種だが、八丁味噌を名乗ることができるのは、岡崎市八帖町の旧東海道を挟んで向かい合う1560年創業の「カクキュー八丁味噌」と1337年創業の「まるや八丁味噌」の2社のみ。 …

【明太子】こりゃタマらん! とにかくウマ辛の明太子を堪能していたいんです【まとめ】

博多のお土産といえばなんといってもこれ。明太子でしょう。 いったん口にふくむとプリプリとした魚卵ならではのうま味と食感が爆発し、その塩っぱさで何杯でもご飯を食べることができちゃうという、グルメ界のリーサル・ウェポン。 そんな危険すぎるブツに…

ひとり暮らしの男には、野菜が足りない! 「野菜を堪能できる店」まとめ

タンパク質と炭水化物、それと塩分だけは摂取過剰なメシ通編集部のJです。 でも最近、野菜のうまさがわかる大人に一歩近づいてきました。 一日なるべく野菜中心のメニューで過ごすと、次の日なんだか頭も体もスッキリしている感じがしますもんね。 独身で栄…

【カモフラ飯】意識の高いビジネスパーソンは、植木鉢でビタミンとミネラルを補給する

タイム・イズ・マネー。 意識の高いビジネスパーソンは常に時間と競い合い、より効率的なモノを求めている。「24時間戦えますか?」の精神は、21世紀でも健在だ。中でも、食事をいかに手軽に、かつスピーディーに行えるかがポイントとなる。 そこでオススメ…

ネットで大人気な食品サンプル会社「イワサキビーアイ」のトンデモ新着画像を一挙公開!

子どもの頃に東京のデパートで食品サンプルを眺めるのが好き過ぎて親とはぐれ、以来、デパートへ足を運ぶたびにあのトラウマがよみがえるメシ通編集部のYです。 さて、食品サンプルのリーディングカンパニー、「イワサキビーアイ」をご存じですか? 創業は19…

【お財布に優しく】良コスパな最強手作り飯まとめ【低予算 de 自炊記事】

あああああ……。給料日まであと5日以上もあるのに、今月使えるお小遣いがすでにスッカラカンのメシ通編集部です。 こういうとき、いちばん節約しやすいものはやっぱり食費! だけど、できればちゃんと栄養があって、しかもばっちり美味しいものを食べていたい…

福岡のショッピング・マダムご用達。懐かしき「ビクトリア」の釜めし・ソップがけ【福岡・天神】

天神と新天町の歴史 新天町商店街の北通りにある「釜めし ビクトリア」。 福岡で育った人間にとって、天神におでかけの際のごちそうといえば、デパートの食堂のお子様ランチか新天町「ビクトリア」の「釜めし」だった。家族で一張羅を着て天神に出かけ、「釜…

【調味料】最強のちょい足し食材「こんぶ茶」のポテンシャルがすごい

そこのあなた、「ちょい足し」してますか? 最近の料理界は猫も杓子も「ちょい足し」ブーム。 バニラアイスに醤油、カレーにソースあたりがメジャーどころでしょうか。 オシャレにオリーブオイルなんてテもありますよね。 けれど、それ以上にスゴそうな食材…

住みたい街ランキングの常連、恵比寿のお店に詳しくなってモテる【まとめ】

「住みたい街ランキング」の上位にいつもランクインする憧れの街・恵比寿。 ワタクシめにはすっかり縁遠いオシャレタウンかと思っておりましたが、こんなに美味しいお店ばかりなんだったら、心のハードルを上げずに足を運んでみたいものですね。 あとは一緒…

「正しくない箸の持ち方」についての考察

あつまれ! 箸ヘタマンたち 箸の持ち方は人生を左右することもあるテーブルマナーの鬼門。 コンプレックスの元になったりマウンティングのネタになったり、果ては婚約が破談したりと、その影響は小さくないのではないでしょうか。 みなさんのまわりにもユニ…

『笑点』のディレクターから転身。美人女将が切り盛りする落語が聴ける小料理屋さんで粋な夜を

いま、世の中では空前の落語ブームが起きています。 さまざまなメディアで取り上げられることも多くなり、日本で唯一の演芸専門誌『東京かわら版』は、 寄席定席(鈴本演芸場・浅草演芸ホール・末広亭・池袋演芸場・国立演芸場)情報のほか、東京近郊で開か…

【最高のスキルでTKG】極上の卵かけご飯を食べる方法【DJメシ】

最高の TKGはコレだ!@うだつ食堂(早稲田)【DJメシ】 お店情報 うだつ食堂 住所:東京都新宿区西早稲田1-11-1電話:03-5292-9231営業時間:月曜日~土曜日11:00~翌3:00、 日曜日・祝日11:00~22:00定休日:無休 www.hotpepper.jp ※この記事は2017年1月の…

【つくってみた】一度は試しにやってみたい! 美味しくて楽しいDIYレシピ3選【まとめ】

漬け! 干し野菜! 燻製! いつもの料理より一歩先? 料理の素材を作るみたいなDIY感覚な手作り。 なんかプロっぽいっていうか、通っぽい感じがしてアガりますよね! 今回は、メシ通編集部がそんな手作りの超初心者バージョンを集めてみましたよ。 ちょっと…

冷奴を温めて具材を乗せれば、腹持ちする酒のつまみになる発見

一日の終わりに、温まるつまみで軽く一杯飲みたいと思う時はないですか。 そんなときにおススメなのが「温奴」。 冷奴の温かい版ですが、身体も温まるうえヘルシーなのにお腹にもたまるのでつまみに最適です。糖質制限やダイエット中の方にもいいですよね。 …

日本食好きすぎてガイドブックまで出したドイツ人のアクセルさんに聞いた「和食の魅力って?」

まだまだ極寒のヨーロッパからこんにちは! ドイツ・ミュンヘン在住メシ通レポーターの溝口シュテルツ真帆です。 ドイツといえば、ビールと肉料理、じゃがいもばっかりのイメージ? はいそれ、正解です。 もちろん寿司やラーメンなど、ドイツ人に愛される日…

新定番調味料になるかも!? 新感覚の「トマみそ」を試してみた

食べるラー油や塩レモンといった、トレンドの調味料たち。今、密かに注目しているのが「トマみそ」です。「『トマみそ』とはなんぞや?」と思うかもしれませんが、トマトケチャップと味噌を混ぜ合わせただけというそのままのネーミング。和の調味料と洋の調…

【食材の保存方法】大量のお肉やお魚を冷凍保存するときのコツ【料理ハック】

メシ通レポーターのハガです。 みなさん、「ふるさと納税」を試したことはありますか? 以前、『メシ通』でも紹介させていただきましたが、 各自治体が用意する「ふるさと納税」の返礼品には、大量のお肉やお魚がもらえるものがいっぱい! www.hotpepper.jp …

おなじみの「サラダチキン」って焼いてもウマいの? さっそくやってみた

バーベキューはなんでもおいしく感じる。 食材を焼いて外でみんなで食べるという儀式は、どんな人でも楽しい気分にさせる。口に運ぶ食材は、焼いたらとりあえずおいしく感じるもの。 なので、誰かしら「バーベキューしよう」と言ったらなんとなく人は集まる…

【真っ黒】噂の「溶岩石から揚げ」はなぜこんなに激ウマなのか【から揚げ】

誰もが大好き、から揚げ。衣や揚げ方などみなさんそれぞれに自分なりのレシピがあるかと思いますが、今回ご紹介するから揚げはちょっと……いや、そうとう奇妙! だって、色が真っ黒。 見た瞬間、「焦げてるやん!」とツッコミを入れてしまいそうになりますが…

オラの田舎じゃ「とろろご飯」でごちそうシーズンをシメるのだ

筆者の郷里は東北の田舎なのです。そこでは正月だの新年会だの、飲み食いが激しいシーズンの終わりに「とろろご飯」で胃を休めるという習慣がありました。みなさんの田舎ではどうでしたか。 いろんな作り方がある「とろろご飯」ですが、私の郷里の場合はすり…

納豆やフランスパンが味噌になる! 私の「アバンギャルド味噌」研究報告【フツーにオイシー】

あらゆる豆で味噌が作れる!? 料理研究家、ライターの下関と申します。 普段は、タイカルチャー料理家として、屋台総菜や、スナック菓子、ファストフードメニュー、バンコクで人気の外国料理など、普通のタイ料理研究家が作らないようなタイ料理(?)を再…

人気漫画『めしにしましょう』小林銅蟲先生に「超級カツ丼」をごちそうになってきた【やりすぎ飯】

こんにちは、パリッコです。 突然ですがみなさま、小林銅蟲先生の『めしにしましょう』というグルメ漫画をご存じでしょうか!? ©小林銅蟲/講談社 隔週刊漫画誌『イブニング』(講談社)にて好評連載中で、2016年11月には記念すべき単行本第1巻が発売されま…

【漬けおきメシ】朝に漬けておくだけ・夜に焼くだけの染みウマ「豚の生姜焼き」【たったこれだけ】

漬けおき調理は平等だ。 どんな安い食材も、たとえ料理ヘタクソマンでも、なんかそれなりに食べられるものになってくれる。 あと、手間がかからんのもありがたい。 朝に漬けておけば夜には食べごろ、あとは焼くだけ。ポジティブに考えれば8時間ほど時短でき…

デパ地下で売っているあのサラダ、ここまで簡単にできるとは

デパ地下のサラダ専門店やお総菜屋さんで売られている海老とブロッコリーのタルタルサラダ。赤、黄、緑と彩りがよくボリュームもあるので、人が集まったときの1皿としてとても食卓映えします。 しかも冷菜なので、おしゃべりしながらのんびり食べても「冷め…

【これは簡単】コトコト煮込んで味染みブリ大根を作ろう

冬が旬のブリ。まだおいしいシーズンです! 今回はご飯のおともに、お酒のつまみに、味がしっかり染みておいしいブリ大根を作ります。ポイントは下ごしらえのひと手間。ちょっとの手間でグンと味が染みやすくなって、おいしくできますよ。 材料はシンプル […

冷凍食品メシのマンネリを解消する、ひと手間レシピ6選

残業で疲れて帰ってきたときの深夜メシや、ゆっくりしたい休日ごはんなんかにちょうどいいのが冷凍食品。 揚げ物や惣菜など種類も豊富で使い勝手がいいので、つい安売りしているときに買いだめしている人はいませんか? ただ、そのままチンして食べるだけで…

ホントに簡単! 自宅でおいしく漬かる「カンタンぬか床セット」があった

しみじみとおいしいなぁと思う食べ物、というのがあります。 年のせいか、最近漬け物がおいしいのです。 なかでも、いい塩梅に漬かったぬか漬けというのは、日本人に生まれて良かったと思ってしまうほど。 しかし、家でぬか漬けを漬けるというのはなかなかハ…

牡蠣のオイル漬け 、酒飲みにとって常備ツマミは家の宝

冬は美味しいものが多い季節ですが、なかでも必ず食べたいもののひとつが牡蠣。 キュっとレモンを絞った生牡蠣、牡蠣フライ、牡蠣鍋……どれも美味しいけれど、ゆきちゃめゴンが冬になると必ず作りたいのが牡蠣のオイル漬けです。 酒のツマミにはもちろんのこ…

自宅で居酒屋飲み……なにこの幸せ

いろんな料理をお手軽価格でちょっとずついろいろ。それが居酒屋さんの魅力のひとつです。 自宅で同じことができたら…….。 部屋着で、フリーダムな姿勢で、2時間のしばりも隣のテーブルから流れてくるタバコの煙もなく、騒々しい団体客もいない珠玉のだら飲…

ネットで話題騒然! 焼きあごだしの自販機「だし道楽」とは

ジュース感覚でだしが自販機に 大阪・西天満近辺を歩いていてノドが渇いた。 横断歩道の向こうに自販機が見えたので、あそこで何か飲み物を買おうと思って近づいていった。 ん? あれ……? 売ってるのはお茶じゃない。 「だし」だ! 嘘です。実は最初から何と…

知らなきゃ損する! キノコは冷凍できるんですっ【保存テク&楽勝レシピ】

こんにちは、フードライターの白央篤司(はくおうあつし)です。 いきなりですが、 キノコって、冷凍できるのご存じでしたか? 以前にツイッターにアップしたら、わりに反響があったんです。 「キノコって冷凍できるんだ」ってよく聞かれますが、安いときに…

時間をかければトロトロに! 牛すじ煮込みで今夜も一献

土日の休みに外出して気分転換するのもいいけれど、今週末はあえて時間をかけて牛すじを煮込んでみようと思う。 なぜなら仕事とか人間関係とか、がんばっても成果が出ないとか、うまくいかないことも多い世の中、牛すじは時間をかけてコトコト煮込めばちゃん…

おこわはもっと身近な主食になれるはず。しかも簡単にできる!

スーパーにもち米を買いに行ったらなんと売り場に出ていなくて、お店の奥から出して来てもらいました。店頭に並べたもち米は、すべて売れたのだそうです。 でも今ふと思いました。どうしてもちって冬にばかり食べるんでしょう。もちろん「年中もちを食べてい…

【月間人気記事ランキング】2017年1月~ツナ缶や大阪王将などが話題に~

みなさんこんにちは、メシ通編集部です。 突然ですが……今月から、「月間人気記事ランキング」を再開します! これさえ読めば『メシ通』で話題になった記事が分かる、2017年1月の人気記事ランキングです!(≧∇≦)/ 早いもので2017年も1カ月が過ぎましたね……。そ…

【温泉×うまい飯】超絶極楽! 一度は食べたい温泉地の名物絶品メシ3選【まとめ】

ハア〜ッ……。 いい湯だなあ。 やっぱり温泉は、露天に限るわな……。 毎晩自宅の狭いシステムバスに浸かりつつ、目をつぶって「エア温泉ごっこ」に興じるのが日課となっているメシ通編集部です。それとついでだから神様、一緒に温泉旅行に行ってくれるステキな…

『おきなわ食べる通信』 沖縄県今帰仁村の髙田勝さん家族の今帰仁アグー~食べる通信を食べてみる10食目【タベアルキスト】

こんにちは! メシ通レポーターのタベアルキストOtaniです。 この企画は、こだわりの食材と情報誌が届く『食べる通信』を取り寄せ、どんな食材なのか実際に食べてみよう! という企画です。 『食べる通信』とは? 一般社団法人日本食べる通信リーグが全国展…

スープジャーで、デスクランチでも温かく。栄養もプラス!

寒い冬、デスクでずっと作業をしているとだんだん身体が冷えてきますよね。 忙しいとつい買ってきたお弁当でデスクランチ、なんてことも多い今日この頃、ゆきちゃめゴンは毎日のランチを楽しくするために、1週間「スープジャー」を使ってランチタイムを充実…

【アレンジ3種】即席みそ汁がひと手間で大変身!

一人暮らしの働く男性にとって、心強い味方の即席みそ汁……。一人分を作るのが面倒な時など、お湯を注ぐだけでアツアツのみそ汁が食べられますよね。 そんな即席みそ汁ですが、ほんのひと手間加えるだけで、栄養たっぷり&とってもおいしく大変身しますよ。寒…

無洗米は本当に美味しいのか? その答えを探すために工場見学&米料理専門店に行ってきた ~後編~

前回で、無洗米の素晴らしさに開眼した私。 www.hotpepper.jp 無茶を言ってダダこねた結果、東洋ライス株式会社が、2016年11月19日にオープンした米料理専門店「金のダイニング」のレセプションにご招待していただけることになりました。 金のダイニングは、…

【作業工程シンプル】焼き豚は自分でも作れる

焼き豚のレシピを検索すると、星の数ほど作り方があるんじゃないかと思うほど、さまざまなレシピがヒットします。焼き豚作りたい。でもどのレシピで作ればいいのやら。 ここはやはり、料理に対する情熱や腕前や装備(調理道具)がきわめて「並」なレベルに合…

無洗米は本当に美味しいのか? その答えを探すために工場見学&米料理専門店に行ってきた ~前編~

みなさん、もちろん「無洗米」をご存知ですよね。 その名のとおり、洗わなくても……とがなくても、食べられるお米です。時間がなく忙しい現代人の強~い味方である一方、それ以外のメリットがイマイチ浮かんでこなかったも事実。正直、今の私の知識量では無洗…

辛ウマ煮玉子&激辛チャーシューは最高の酒のおつまみなのです【晩酌マンガ】

某激辛タンメンの名店の味!? 辛ウマ煮玉子&辛ウマチャーシューをつくってみた【絶品! 晩酌天国・第5回】 書いた人:なかむらみつのり ラーメン好き。漫画とか描く人。自治会役員。1999年ヤングマガジンギャグ大賞 優秀賞受賞『ハゲ60W』にてデビュー。単…

エンジニア&プログラマー必見! 完全食「COMP」は忙しい現代日本人の救世主となるか?

完全食が世界を変える!? Soylent(ソイレント)という、1日の栄養が取れるドリンクがアメリカにあるのはご存知だろうか? 粉末を水に溶かして飲むだけで1食分の栄養が摂取できるというコンセプトで、スタートアップの起業家やITエンジニア向けに作られたシ…

おいしいの!? キジ料理が味わえるお店「喜地丸燻(きじまるくん)」に潜入【北海道・岩見沢】

お腰につけたきびだんご。 ひとつ私にくださいな。このセリフでお馴染みのキジ。犬や猿に比べて、どうも「脇役」感の拭えないキジ。そんなキジが桃太郎を抑えて、主役に輝いているお店があります。なんとも珍しい、キジ料理の専門店を発見しました。キジって…

洞窟風の店内で食す「クロマニョン」の創作ジビエコースは肉、肉、肉の供宴だった!【名古屋】

血が騒ぐ! ド迫力のステーキ シズル感たっぷりの肉を見たとき、多くの人は理屈抜きに「食いてぇ!」と思うだろう。これは狩猟民族としての、心の奥底からの魂の叫びなのだ。 お上品でオシャレなステーキやブランド牛を使った焼肉もイイが、骨付きのゴツイ肉…

豚の角煮バリエーション! 家で美味しい酒のつまみを作ろう

冬は煮込み料理がおいしい季節。時間をかけてコトコト煮込んでいると心も体も温かいし、部屋中美味しそうな香りで幸せな気分になります。 今回はお酒のつまみとして最高の豚の角煮を、普通の砂糖醤油だけでなく、あっさりしていてどんどん食べられる梅角煮や…

「セイコーマート」は酒飲みにとって最強のコンビニチェーンかもしれない【道民御用達】

札幌に旅行に行った時、「セイコーマート」というコンビニエンスストアをたくさん見かけた。北海道内では圧倒的なシェアを誇るチェーンだという。 一見すると一般的なコンビニなのだが、じっくりと棚を見ていくと自社ブランドの商品が多数あるのに気がつく。…

野食ハンマープライス・茸本朗氏が教える「絶対ハズさないキノコごはん」レシピ

キノコたっぷり、炊き込みごはん。 炊飯器を開けたときの香り、たまらないですよね! みなさんはどう作っていますか? 「キノコと調味料を炊飯器に入れて炊き込む」、これがシンプルかつ一般的なやりかたと思われます。 しかし!! 「このやりかたでは、キノ…

箸が止まらん! 混ぜてチンするだけの「無限ピーマン」を他の野菜でも作ってみた

こんにちは! メシ通レポーターの藤田佳奈美です。さて、今回ご紹介するのは、今ネットで話題のレシピ「無限ピーマン」! 無限に食べていられるほど中毒性があることから、そう名付けられたといいます。野菜を切る以外の手間はなく、材料をお皿に入れてレン…

トップに戻る