読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メシ通 Produced by RECRUIT

食欲と知識欲をシゲキする食メディア

  • ブクマする
  • フォローする
  • フォローする
  • フォローする

【味噌の自作】味噌について知ると、味噌汁がもっとおいしくなった

写真:中島規之 ソウルフードならぬソウル調味料 味噌汁を飲んだ瞬間、ほっと安心したことはありませんか。 そんなとき不意に「日本に生まれてよかったー」とか思っちゃったりって、まあそんな大げさな話じゃないですな。 個人的な経験としては、春先の遊園…

東京駅デパ地下で売れまくっている“肉系”弁当はどれだ!?【大丸お肉の細道】

こんにちは、メシ通編集部の宗像(ムナカタ)です。 出張や旅行、帰省でよく新幹線に乗るんですが、東京駅に来たら必ず弁当を買って新幹線に飛び乗るのが習慣になっています。 そんな僕がしょっちゅう利用しているのが、JR東京駅八重洲口と直結している百貨…

【未知の食感】東京のスーパーで売っていた「サメの卵」を料理してみた

こんにちは。珍しい食べ物には手を出さずにはいられないメシ通レポーター工藤です。 みなさん、「サメの卵」を食べたことはありますか? ある日私は、いつものように夕食の買い物に行ったんです。 場所は東京・新宿区のとあるスーパーの魚売り場、「なんかお…

【衝撃】納豆と「あの野菜」を合わせたら、驚くほどごはんがすすむ!【今週は納豆】

なすと納豆にパクチーを少々。簡単なのに、衝撃のおいしさ こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 今日は納豆の簡単アレンジレシピを紹介したいと思います。納豆はだれもが冷蔵庫に置いてある国民食です。みなさんはどんな食べ方がお好きですか? 定番の…

雷が鳴り、豪雨が降りすさぶお好み焼き屋さん「ちえり」に行ってきた【別視点ガイド】

新連載! 東京別視点ガイドの松澤さんが『メシ通』に登場! 毎月東京を中心に珍スポットをご紹介します。栄えある第一回は、、、雷が鳴り、豪雨が降りすさぶお好み焼き屋さんです。 雷とどろくお好み焼き屋さんが存在する 雷とどろき、豪雨が降りすさぶお好…

筍や椎茸の砂糖漬け! 日本古来の蜜菓子「五智果」がなんかすごい【日本全国3,000円以内お取り寄せリレー】

これ……な~んだ。 くるりと巻いたかさ。無数のひだ。 砂糖がかかっているのが見えますが……。 うん。 椎茸だっ。 外側はカリッと爽やかな甘味、しかし、中は椎茸そのものの風味だっ! 斬新。 きのこの新しい食べ方来たコレ。 これが何かと言うと、大阪は八尾…

【低糖質ブランチ】管理栄養士おすすめ、ドライフルーツの意外な食べ方って?

低糖質でも、ボリュームたっぷりお腹いっぱい! こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。 これからどんどん暖かくなって薄着になる季節。ダイエットしたいと考えるかたも多いのでは? そこで、今回は糖分の取りすぎが気になるときにオススメ、ヨーグルトを…

ひとり暮らしの男には、野菜が足りない! 「野菜を堪能できる店」まとめ

タンパク質と炭水化物、それと塩分だけは摂取過剰なメシ通編集部のJです。 でも最近、野菜のうまさがわかる大人に一歩近づいてきました。 一日なるべく野菜中心のメニューで過ごすと、次の日なんだか頭も体もスッキリしている感じがしますもんね。 独身で栄…

【カモフラ飯】意識の高いビジネスパーソンは、植木鉢でビタミンとミネラルを補給する

タイム・イズ・マネー。 意識の高いビジネスパーソンは常に時間と競い合い、より効率的なモノを求めている。「24時間戦えますか?」の精神は、21世紀でも健在だ。中でも、食事をいかに手軽に、かつスピーディーに行えるかがポイントとなる。 そこでオススメ…

人質にひたすら食事を作り続けた4カ月間【在ペルー日本大使公邸人質事件】

事件当時を振り返る深澤宗昭さん かつて南米のペルーで左翼ゲリラが日本大使公邸を襲撃、人質を取って4カ月あまりにわたって立てこもるという事件があった。在ペルー日本大使公邸人質事件である。 1996年12月17日の午後8時20分、左翼ゲリラ組織MRTA(トゥパ…

ネットで大人気な食品サンプル会社「イワサキビーアイ」のトンデモ新着画像を一挙公開!

子どもの頃に東京のデパートで食品サンプルを眺めるのが好き過ぎて親とはぐれ、以来、デパートへ足を運ぶたびにあのトラウマがよみがえるメシ通編集部のYです。 さて、食品サンプルのリーディングカンパニー、「イワサキビーアイ」をご存じですか? 創業は19…

【タイ料理レシピ3選】実は自宅でかんたんにつくれる激うまタイ料理の作り方【まとめ】

サワディー・クラップ! タイ料理、大好きなんですよ。タイカレーはもちろんのこと、生春巻き、トムヤムクン、カオソーイ、パッタイ、タイスキ、カオマンガイ……。 うーん、バンコクの屋台で食べたあの味を思い出しますね。ぜんぶ、最高です。 でもって、そん…

立食いそばの名店「山吹」の“幻の逸品”と言われるメニューとは【東京ソバット団】

こんにちは! 東京ソバット団の本橋です! アレルギー持ちなんで最近は花粉症の薬を飲んでいるのですが、そのせいか食欲が増して困ったり困らなかったりしています。 ということで、今回は朝も昼もしっかり食べられるお店を紹介しますよ。 場所は東京メトロ…

タイの名物屋台メシを「インスタントラーメン」で作ってみた【エダジュン】

タイの屋台フードは自宅でも簡単にできる件 こんにちは、料理研究家のエダジュンです。今日はタイの屋台フード、ヤムママをアレンジして作りたいと思います! インスタント麺をたっぷり野菜と和えるだけで、罪悪感がなく、おいしく食べられます。一味変わっ…

【1杯300円】「ぼっち系・宅飲み酒場」店主の西田彩乃さんの経営戦略とは【美人ママさんハシゴ酒】

第16回:宅飲み酒場アヤノヤ 彩乃ママの経営戦略とは? このところネットで見かける機会が多い「宅飲み酒場 アヤノヤ」さん。 とにかくツッコミどころ満載のお店であり、ママさんでありまする。 まずは、クラウドファンディングサービス「キッチンスターター…

【お財布に優しく】良コスパな最強手作り飯まとめ【低予算 de 自炊記事】

あああああ……。給料日まであと5日以上もあるのに、今月使えるお小遣いがすでにスッカラカンのメシ通編集部です。 こういうとき、いちばん節約しやすいものはやっぱり食費! だけど、できればちゃんと栄養があって、しかもばっちり美味しいものを食べていたい…

【調味料】最強のちょい足し食材「こんぶ茶」のポテンシャルがすごい

そこのあなた、「ちょい足し」してますか? 最近の料理界は猫も杓子も「ちょい足し」ブーム。 バニラアイスに醤油、カレーにソースあたりがメジャーどころでしょうか。 オシャレにオリーブオイルなんてテもありますよね。 けれど、それ以上にスゴそうな食材…

ご飯がススム! 台湾のおふくろの味、「魯肉飯」を作ってみる

最近、ゆきちゃめゴンは台湾にはまっています。 もちろん最大の関心事は食べること。観光なんて一切せずにひたすら食べ歩いているのですが、本当に台湾はおいしいものが多い国なんです。 数あるおいしいものの中でも、一番気になって日本でも作ってみている…

レアな日本酒をいろいろ飲めるのに、全然ハードルが高くないお店【ヒョイ飲み】

日本酒はハードルが高い。 どうもそういうイメージが拭えないんですよね。飲んでみると、いろいろ味が違うのはわかる。はっきりわかる。濃いのやら、酸味が強いのやら、甘みがあるのやら、それぞれに個性があるのだな、ということはわかります。どれも同じだ…

簡単すぎる! メンドーな「玉ねぎをアメ色になるまで炒める」が5分で出来てしまう裏ワザ【便利】

スパイスから作る本格カレーや、オニオングラタンスープなど、ちょっと凝った料理を作ろうとすると、「玉ねぎをアメ色になるまで炒める」という壁にぶち当たります。 真面目に作ろうとすると平気で30分くらいかかってしまい、火加減をミスするとアメ色を通り…

住みたい街ランキングの常連、恵比寿のお店に詳しくなってモテる【まとめ】

「住みたい街ランキング」の上位にいつもランクインする憧れの街・恵比寿。 ワタクシめにはすっかり縁遠いオシャレタウンかと思っておりましたが、こんなに美味しいお店ばかりなんだったら、心のハードルを上げずに足を運んでみたいものですね。 あとは一緒…

【台湾グルメ】激ウマメニューばかり! 話題の台湾グルメ記事3選【まとめ】

近くて遠い国・台湾。 でも、同じ東アジア圏でもあり、味の好みも似ているからか、台湾のおいしいものは私たちの舌にもぴったりと合いますよね。 ここでは密かにブームとなりつつある、台湾の激ウマメニューを紹介しちゃいましょう! 海外旅行気分で、ドゾ!…

「正しくない箸の持ち方」についての考察

あつまれ! 箸ヘタマンたち 箸の持ち方は人生を左右することもあるテーブルマナーの鬼門。 コンプレックスの元になったりマウンティングのネタになったり、果ては婚約が破談したりと、その影響は小さくないのではないでしょうか。 みなさんのまわりにもユニ…

秋葉原歩きで疲れたときに押さえておきたいお店3選【まとめ】

秋葉原に行くたびに何を食べようかとウロウロして、結局、激安SDカードなんか買って帰宅するメシ通編集部です。 買い物だったり、アイドルのライブだったりと、なにかと訪れる機会が多い秋葉原なのですが、歩き回って疲れることが多いんで、ちょっといやされ…

【炒飯よりウマい】材料切ったら3分! エダジュンの「パクチージャンバラヤ風」

ピリリと辛い味付けが、これからの季節にピッタリ! こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 今日はアメリカンフードで有名な「ジャンバラヤ」を作りたいと思います。しかし、本場の「ジャンバラヤ」はいろいろなスパイスを使っているので、家でお手軽に…

『笑点』のディレクターから転身。美人女将が切り盛りする落語が聴ける小料理屋さんで粋な夜を

いま、世の中では空前の落語ブームが起きています。 さまざまなメディアで取り上げられることも多くなり、日本で唯一の演芸専門誌『東京かわら版』は、 寄席定席(鈴本演芸場・浅草演芸ホール・末広亭・池袋演芸場・国立演芸場)情報のほか、東京近郊で開か…

【葉っぱは食う? 食わない?】満開の桜の下で桜餅を味わいたい【甘党無宿】

ひさかたの光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ ・ ・ ・ あぁ、失敬失敬。あまりの陽気にすっかり歌人気分になってしまった、甘味ユニット「甘党無宿」の住倉カオスです。まぁ他人の歌ですが。 いやぁしかし、花見シーズンとあっては、紀友則さんな…

【やっぱり3色】喫茶店みたいなサンドイッチ作りのコツ【今週はお花見レシピ】

外メシが気持ちいい季節のブランチ こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。 4月になり、お花見シーズン到来! お花見やピクニックで外ブランチ、いつも以上においしく感じるものです。今回は、そんなときに持っていきたいカラフルな3色サンドをご紹介しま…

【月間人気記事ランキング】2017年3月~超級カツ丼や肉まんの正しい食べ方などが話題に~

みなさんこんにちは。先日のエイプリルフール、ネットの情報にはだまされなかったのに、まさかリアルで同僚の冗談に引っかかり、顔が青ざめたメシ通編集部のMです。 ここ東京ではおそらく桜の花も美しく咲きそろい春爛漫ですが、みなさまいかがお過ごしでし…

余ったジャガイモをどうにかする【超手軽ポテチもどき】

スーパーなどで買い物をするときに困るのが、セット売りの量の多さ。 ジャガイモなどは、ちょいとカレーを作りたいときに必要になるんですが「5つじゃなきゃダメよ」といわんばかりにビニール袋に大量のモノが入っていると、夫婦2人だけの家庭には手を出しづ…

【カモフラ飯】意識の高いビジネスパーソンは、パソコンで炭水化物を補給する

タイム・イズ・マネー。 意識の高いビジネスパーソンは常に時間と競い合い、より効率的なモノを求めている「24時間戦えますか?」の精神は、21世紀でも健在だ。中でも、食事をいかに手軽に、かつスピーディーに行えるかがポイントとなる。 そこでオススメし…

【居酒屋さん】な、なんだコレは!? 居酒屋さんの定義を完全に覆される居酒屋さんに行ってみた【まとめ】

歓迎会のお店選びに迷っている幹事さんはいませんか? デートがマンネリで、話が弾まなくなってるカップルはいませんか? そんなあなたに、メシ通編集部が、とびっきりのお店をご紹介いたしましょう! 今回ご紹介するのは、まるっきりタイプが違う、この3店…

【ひとりタコパ】アツアツのたこ焼きを心ゆくまで食べる!

たこ焼きが好き。 ゆきちゃめゴンの好きな食べものベスト10には入ると思う。 でも、ある日ふと、こんなに好きなたこ焼きなのに、これまでオヤツやちょっとした小腹満たしにしか食べてこなかったことに気づきました。 関西生まれなので、子どもの頃家で作った…

【最高のスキルでTKG】極上の卵かけご飯を食べる方法【DJメシ】

最高の TKGはコレだ!@うだつ食堂(早稲田)【DJメシ】 お店情報 うだつ食堂 住所:東京都新宿区西早稲田1-11-1電話:03-5292-9231営業時間:月曜日~土曜日11:00~翌3:00、 日曜日・祝日11:00~22:00定休日:無休 www.hotpepper.jp ※この記事は2017年1月の…

都会で農体験もできる! リーズナブルでからだ想いの肉ダイニングで、肉三昧のスタミナチャージ

新年度を迎え、なにかと慌ただしいこの時期。スタミナをつけるためには、やっぱり肉を食べたいところだ。できることなら、血となり肉となるクオリティの高いステーキなんぞをガッツリ食べたいものだが、懐具合がスタミナを失ってしまっては本末転倒……。 そこ…

【ビールがすすむ】最強の「肉巻きおにぎり」を作ろう!【今週はお花見レシピ】

お弁当にもおつまみにも! 万能おにぎり参上! こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 春のポカポカ日和の中、お花見には最高の季節です。そこで今回は、お花見飲みでも家飲みでも大活躍する、がっつりずっしりがたまらない「肉巻きおにぎり」を紹介しま…

30分かけてつくる!? オタクが考えた究極のスクランブルエッグとは【理系メシ】

「男の料理」というと、肉を塊で焼いたり酒を一本まるごと鍋にぶち込んだり、豪快かつ予算度外視、うまけりゃ正義、後片付け? よくわかんない、だったと思う。 では「オタクの料理」とは? タカタッタターン! 『Cooking for Geeks 第2版ー料理の科学と実践…

「ひとり焼肉」でひとり飲み会をやってみた【男の孤独メシ】

メシ通レポーターのハガです。 みなさん、いかがお過ごしでしょうか? 会社の部署の飲み会で、いつもどおり他部署の愚痴大会になってしまった 学生時代の友人との飲み会に行ってきたはよいものの、リア充ぷりをアピールしマウンティングしてくる (実は学生…

【つくってみた】一度は試しにやってみたい! 美味しくて楽しいDIYレシピ3選【まとめ】

漬け! 干し野菜! 燻製! いつもの料理より一歩先? 料理の素材を作るみたいなDIY感覚な手作り。 なんかプロっぽいっていうか、通っぽい感じがしてアガりますよね! 今回は、メシ通編集部がそんな手作りの超初心者バージョンを集めてみましたよ。 ちょっと…

冷奴を温めて具材を乗せれば、腹持ちする酒のつまみになる発見

一日の終わりに、温まるつまみで軽く一杯飲みたいと思う時はないですか。 そんなときにおススメなのが「温奴」。 冷奴の温かい版ですが、身体も温まるうえヘルシーなのにお腹にもたまるのでつまみに最適です。糖質制限やダイエット中の方にもいいですよね。 …

「鶯谷」という街でお店をやるということ【ビストロ酒場の店員さんに話を聞く】

ディープタウン・鶯谷のビストロの店員さんから見た鶯谷 山手線沿線の駅では随一とも言われるディープスポット・鶯谷。 みなさんは、この街のことをどこまでご存じですか? 何しろ山手線内の駅でもっとも乗降者数が少なく(およそ新宿駅の1/30)、駅前にラブ…

この春デビューのクラフトビール初心者に教えたい、オススメ&話題の銘柄【北千住びあマ】

北千住に楽しい場所を見つけました! その名も「びあマ」。クラフトビールの専門店で、北千住駅から徒歩1~2分の好立地にあります。看板にあるとおり、スタンドバーとボトルショップの融合店。 つまり、 サクッとそこで飲むもよし 日本そして世界のさまざま…

夜仕込んで、朝ウマい! エダジュンの濃厚「卵黄ナンプラー漬け」

簡単なのにごはんが進みすぎる! こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 熱々のごはんに生卵をポン! 朝ごはんの定番ですが、いつもいつも同じだとどうしても飽きてしまいます。そんなときに! マンネリ朝めしに一石を投じる?「卵黄ナンプラー漬け」は…

日本食好きすぎてガイドブックまで出したドイツ人のアクセルさんに聞いた「和食の魅力って?」

まだまだ極寒のヨーロッパからこんにちは! ドイツ・ミュンヘン在住メシ通レポーターの溝口シュテルツ真帆です。 ドイツといえば、ビールと肉料理、じゃがいもばっかりのイメージ? はいそれ、正解です。 もちろん寿司やラーメンなど、ドイツ人に愛される日…

見た目はカツ丼、だけどコスパ良すぎの「コロッケ丼」!

みなさん、こんにちは! 上京して早3年が過ぎようとしている、しがない放送作家、鈴木でございます。 本日ご紹介するレシピは「コロッケ丼」。 「こちらがカツ丼になります」そう言われて出されても、誰も疑うことはないでしょう。ですがこれ、コロッケなん…

アメリカ軍が採用している軍用飯「MRE」って知ってる? ミリタリー好き女子が食べてみた

こんにちは! ミリタリー好き女子で放送作家の卵の高橋レイと申します。 突然ですが、みなさんは「MRE」をご存知でしょうか? 「MRE」は、Meals,Ready to Eat の略で、「です。 ……が、その味は食べらるものじゃない不味さとして有名で、Meals,Rejected by Ev…

新定番調味料になるかも!? 新感覚の「トマみそ」を試してみた

食べるラー油や塩レモンといった、トレンドの調味料たち。今、密かに注目しているのが「トマみそ」です。「『トマみそ』とはなんぞや?」と思うかもしれませんが、トマトケチャップと味噌を混ぜ合わせただけというそのままのネーミング。和の調味料と洋の調…

カルボナーラのパスタは本当にスパゲティがベストなのか? 検証してみた

以前カルボナーラの記事を書いて知りました。人の数だけカルボナーラがあると。カルボナーラを愛する人々の誰もが「マイベストカルボナーラレシピ」を持っていると。カルボナーラってこれほど愛されているパスタだったのですね。学ばせていただきました。 ww…

断面萌え間違いなし! 話題の「#わんぱくサンド」って何?【今週は鶏肉】

人気の「わんぱくサンド」に挑戦! こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。 あたたかい日が増えてくると、休日のブランチは近所の公園でピクニックやベランダでのんびりブランチをしたくなってきませんか? 今週はチキンWEEK! ということで、今大人気のボ…

「白いカレーうどん」を食べてきた【絶品】

恵比寿といえば、高級フレンチから赤ちょうちんまでさまざまなグルメがそろう都内屈指の美食エリア。そのなかから今回ご紹介するのは、「酒彩蕎麦 初代」が掲げる看板メニューです。 その名も「白いカレーうどん」。 ネーミングにちょっとした狂気すら感じま…

トップに戻る