東京

麺が緑色?絶品グルメ「博多天神」のクロレラ冷やし中華を自宅で再現してみた

真夏の日差しが降り注ぎ、外を出歩くのが厳しい日には、クーラーの効いた自宅の部屋で冷たい麺でもズルズルーーーっといきたい。野菜やお酢も取れれば、なおOK。チャーシュー、きゅうり、ふんわり錦糸卵……もしや、今あなたは冷やし中華を食べたいと思いませ…

ご飯を何杯もおかわりさせられてしまう中毒性ふりかけ「ちりめん山椒」を自作する

ちりめん山椒が好きすぎる ちりめん山椒 。 これさえあれば、白ご飯が高級料理に。 これさえあれば、どんな日本酒もワンランクアップのおいしさに。 冷蔵庫にちりめん山椒が入っていれば、それだけでリッチな気分に。 世にふりかけはたくさんあるけど、高級…

うわさのハイカロリーグルメマンガ『禁断の変態ごはん』作者に聞く「私がカロリー沼に溺れ続ける理由」

インスタで支持される食いしん坊礼賛マンガ 食いしん坊すぎるぽっちゃり姉妹のマンガが、インスタ上でちょっとした事件だ。まずは、彼女たちのカロリー過多な日常が描かれた作品を1話分だけメシ通読者に特別にお届けしよう。 〜『禁断の変態ごはん』(©️宝島…

ハマる調味料「花椒オイル」の鮮烈さに第3の目が開きました【味覚の目覚め】

シビれてますか? ちみをです。 昨今、花椒(ホアジャオ、日本語読みは「かしょう」)入りの担々麺やら四川風な麻婆豆腐やらがずいぶんとはやっておりまして、何かとシビれる機会も多くと存じます今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。 私ですか? いや…

夏はサラダチキンも激辛に!「麻婆チキン」で白ごはんがすすみすぎる件【今週は夏の辛いもの】

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 暑い夏になぜか食べたくなるのが、辛いもの。麻婆豆腐を思い切り辛~くして作るのもいいですが、今回はアレンジしておなじみ「サラダチキン」を辛くしてみました。白ごはんの準備は大丈夫ですか?(笑) コンビニ…

焼きそばを いつものソースで 炒めずに 変わったソースで 試してみたよ【詠み人知らず】

ソース焼きそばの「ソース」は「ウスターソース」じゃなきゃダメ ……なんてルール、一体誰が決めたのでしょう? ちょっと思考停止だと思いませんか? 今回はそんな固定概念にとらわれず、ウスターソース以外の「ソース」で最高の焼きそばが作れないか、試して…

【月間ランキング】2018年6月~「そうめんの薬味&具」や「大葉ソースの焼きうどん」などが話題に

みなさんこんにちは、メシ通編集部です。 多くの地方で梅雨明けの便りが聞かれました。例年に比べて早めの梅雨明け。長い長い夏がやってきますね。 それでは、『メシ通』6月の反響の大きかった記事ランキングを見ていきましょう! どんな記事がランクインし…

お店レベルの「香草バター」をつくって、うますぎるメカジキ丼を【料理人のまかないメシ 】

「メカジキの香草パン粉焼き丼」の作り方【下関マグロの料理人のまかないメシ】 こんにちは、下関マグロです。 突然ですが、「香草バター」ってご存じですか? 名前は聞いたことあるけど具体的にどういうものかわからないという人も多いかもしれませんね。別…

約1000軒を食べ尽くし、写真集まで出してしまった「ハンバーグ測量士」が語る究極のハンバーグ店とは?

『メシ通』が注目するオモロな食の同人誌と、その作者を紹介する「ニッポン偉ZINE伝」。 第3回に登場いただくのは、ハンバーグに特化した同人誌の作者で「ハンバーグ測量士」という異色の肩書きを持つ五島鉄平さん。 今回のZINE「おいしいハンバーグの写真集…

“まじ娘”から“majiko”へ。より大きな世界へ進む彼女が離さない宝物。ときどき、メシ

現在、東海テレビ・フジテレビ系列「オトナの土ドラ」枠で放映中の『限界団地』。意外にも連ドラ初主演となる佐野史郎さん演じる寺内誠司が、孫娘への異常な愛情から団地住民を狂気の物語に巻き込んでいく、今話題沸騰中のテレビドラマです。 今回、そのドラ…

夏にピッタリ!ささみがしっとりやわらかな「ささみの春雨ライムスープ」の作り方【エダジュン】

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 本日は夏にピッタリな爽快スープを紹介します。具だくさんですがさらっと食べられるので、食欲がないときにぜひ! その具に使っているのは、ヘルシーなささみや春雨。カロリーも控えめで簡単なので、晩ごはんが遅…

【超シンプル】うまい「ガパオライス」の作り方をタイ人シェフに教わってきた

「ガパオライス」が意外なほど簡単に作れるというのは本当か 皆さん、タイ料理はお好きですか? エスニック系の料理でいえば、ダントツの知名度を誇るタイ料理。 近年ではどの街にも1軒はあるのではないかと思うほど、一般的になってきました。 特に外食とし…

ナス好きにおくるナスをたくさん食べるためのナスのカレー「ベイガンバルタ」【東京カリ〜番長】

こりゃうまい! ナス好きのためのナスがたっぷり入ったカレー「ベイガンバルタ」の作りかた【でらいつカレーvol.19】 このカレーの写真をパっと見て「ベイガンバルタだ!」とわかる人、どのくらいいますかね? とゆーか、「ベイガンバルタ」ってご存じですか…

栄養のプロにおすすめ冷凍食品を挙げてもらったら、その完成度に衝撃を受けた【レンチンでもこんなに美味】

衝撃的な「具の衝撃」シリーズ ある日のこと、雑誌『栄養と料理』の編集委員ケンモツさんから連絡があった。 オーマイから新しく出た冷凍食品、試しました? なんでも、今年2018年春に発売された「オーマイ 具の衝撃」というシリーズが本当に“衝撃”だったと…

前野健太が常連店で語る“自浄派”ソングライター道。ときどき、メシ

いつもチェーン店で食事を済ますなんて味気ないし、つまらない。それは重々承知しているけれど、自分と合うお店を見つけて常連になるのに、なかなか一歩を踏み出せない。そう思いながら毎日を過ごしている人も少なくないでしょう。 そこで、今回話をうかがっ…

昼は活版印刷所、夜は立ち飲み屋さん。「リズムアンドベタープレス」は誰でも入れる自由な印刷所だった【別視点ガイド】

墨田区千歳。 都営新宿線森下駅近くの落ち着いた雰囲気の住宅街に、ドアをめいっぱい開いた開放的なお店があった。 店頭の黒板には不思議なキャッチコピーが描かれている。 「活版印刷と立ち呑みの店」と。 ▲活版印刷機をバックにインタビューをおこなった …

密かに話題の同人誌『米1合に缶詰1個で炊き込みご飯』作者が教える、焼き鳥缶詰めし【安い簡単ウマイ】

『メシ通』をご覧の皆様こんにちは。 先日、『米1合に缶詰1個で炊き込みご飯』という自費出版の薄い本を作りました平田と申します。内容はタイトルそのまんま、いろいろな缶詰で簡単に炊き込みご飯を楽しむ本でございまして、なかなかのご好評をいただいてお…

冷蔵庫のヨーグルトが余ってるときに有効なズボラレシピ集

早くなんとかしたい「残りヨーグルト」問題 冷蔵庫に残った賞味期限ギリのヨーグルト、気になりますよね。 即座に食べ切るにはちょっと多い、というやつ。困りました。 この「早くなんとかしたい残りヨーグルト」は人類共通の課題です。 今回はオカズの素材…

大葉を大量消費!バジルいらずの「ガパオ風ライス」で夏の食欲大復活【エダジュン】

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 今日は、夏メシとしてすっかり定着したタイ料理の「ガパオライス」を和風にアレンジしたレシピを紹介します。そもそもガパオとは、タイ語でバジル(正確にはホーリーバジル)のこと。なのですが、今回は自作しやす…

新大久保で味わう”和”の上質体験

新大久保といえば皆さんご存じ、コリアンタウン。ここに降り立つ人は韓流のグッズを買ったり、韓国料理を食べに来ている人がほとんどです。ただ私は思うんです。コリアンタウンとはいえ、ここは日本。新大久保で和を感じる体験ができないものかと。今回はあ…

現役ナンバーワンレスラー オカダ・カズチカと「吉野家の牛丼」の話【レスラーめし】

日々、リング上で熱い闘いを見せるプロレスラーたち。 その試合の基盤にあるのはタフな練習、そして “食事” だ。 その鍛えた身体を支えるための日々の食事はもちろん、レスラーを目指していた頃の思い出の味、若手の頃に朝早くから作ったちゃんこ、地方巡業…

【塩とキャベツだけ】超シンプル「ザワークラウト」自作で野菜消費量3倍を目指す

ちみをです。忙しい現代人、食べているつもりで食べていないのが野菜。 私ですか? もちろん全然食べてません。いちおう食生活には気を使っているつもりではあったのですが、先日冷静に1日の献立を思い返してみると、ちょっとゾッとするものがありまして……。…

累計1億3000万食を突破したガストの大発明「チーズ IN ハンバーグ」はどう食べるのが最高なのか

こんミンチは! 「一日一バーグ」をモットーに年間400バーグ以上を食す日本ミンチ協会ハンバーグ王子のkazukazuです。 今回ご紹介するのは、全都道府県に店舗を構える国内最大のファミリーレストラン「ガスト」。 ガスト不動の好評メニューと言えば、「チー…

コーラより緑茶があう?東京・大田区大森町の黒いご当地バーガーに挟んだ夢

風呂デューサーを名乗って活動しています、ライターの毎川直也です。 風呂デューサーを名乗っていると、雑談のなかで風呂、温泉に関わるタレコミをいただくことがあります。今回は「お風呂屋さんのことを応援しているハンバーガー店があるらしい」という謎す…

【かんたんレシピ】野菜がたっぷり取れる「だし」を大量につくりました【夏バテにも】

【レシピマンガ】暑い季節にこりゃ最高! 山形のだしを大量につくろう【晩酌天国】 なかむらみつのり先生の連載が単行本になりました! 『メシ通』で連載中のなかむらみつのり先生の『晩酌天国!』シリーズが単行本になりました。 買い出しから料理までをこ…

タイの「ロボットしゃぶしゃぶ店」はロボが踊って皿を運ぶ!【別視点ガイド】

タイ・バンコクに「ロボットが給仕するレストランがある」、そんなうわさを聞きつけた。 日本のロボットレストランには行ったことがある。新宿歌舞伎町のそのお店は巨大ロボットたちがきらびやかでギラギラな舞台で踊り、演じ、美しいダンサーたちが華を添え…

自作ハンバーグを超絶おいしくしてしまう「ある方法」とは?

皆さん、ハンバーグはお好きですか? 昨今のちまたでは、牛肉100%のがっつりしたハンバーグが好評の模様。 せっかく外食でハンバーグを食べるなら、肉汁たっぷり、ガツンと牛味なハンバーグを食したいと思うのが人情でしょう。 しかし、ご家庭ならではのハ…

知ってた?「スモークチーズとクリームチーズ」を混ぜると最強のワインのお供に【超特急おつまみ】

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 今日は、疲れて帰って来た日に本当におすすめ、超特急のお手軽おつまみレシピを紹介します。 2種類のチーズを刻んで混ぜるだけ、時間もかからず最強のおつまみになります。よーく冷やした白ワインにぴったりです!…

「冷凍庫に常備してて便利なものは?」を料理好き20人に訊いてみた【凍らせ上手になろう】

毎回1つのテーマをフードライター白央篤司が掘り下げる「ハクオー研」、今回は「料理はするけど、冷凍庫には氷とアイスクリームぐらいしか入ってないな……」という人にぜひ読んでいただきたい内容ですよ。 冷凍しておくと便利なもの、っていろいろありますよ…

会社員とアイドル業を両立するのらくらさん「会社員を続けているのは、生きるため」

会社員とアイドル業を両立させるアイドル おいしいものを食べていると、自分でも思わずビックリしまうくらいの笑顔になってしまう時はありませんか?それは、いつもステージ上でキラキラ輝いているアイドルだって同じこと。 今回、登場していただくアイドル…

このお店のゆで麺は東京一のうまさだと思います【東京ソバット団】

「早い・安い・うまい」を見事に実現した名店 こんにちは、東京ソバット団の本橋です! 立ち食いそばといえば、早い・安い・うまいが売りなわけですが、今回はその3つを見事に実現した名店を紹介しますよ。 お店の名前は「長寿庵」。 JR大久保駅の南口を出て…

カレーが国民食と呼ばれるまで普及したのはなぜ?カレーの専門家に聞いてみた【メシのはてな】

三大欲求のひとつである、「食欲」。栄養を補給するため、おいしいものを食べるため、空腹を満たすため――。食事をする理由は人によってさまざまですが、朝昼晩と口にしている食べものに、疑問を持ったことはありませんか? 本連載「メシのはてな」は、ふだん…

フルーツの魔王?「ドリアンフェスタ」でドリアンピザとドリアンマンを食べてきた【別視点ガイド】

「セントラルワールド」はタイ・バンコクの中心地にある巨大ショッピングモールだ。 8つのフロアから構成される建物は、ファッションからアート、食事、映画館まで全方位網羅する定番の娯楽スポット。 現地っ子から観光客まで多くの人が押し寄せる。 そんな…

大葉の大量消費に!超簡単「大葉ソース」で本気でおかわりしたくなる焼きうどんが完成【エダジュン】

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 暑くなると安くなって、スーパーでも手に入りやすくなる「大葉」。ただ、安くてたっぷり買ったのはいいけれど、使い切れずに冷蔵庫の奥のほうでしおれさせてしまうのが夏のあるある……。そこで今回は、大葉の大量消…

下北沢の老舗定食屋「とん水」が閉店……。が、半年ぶりに店主のおじちゃん・おばちゃんと一緒に帰ってきた!

皆さんは、東京・下北沢を訪れたことがあるでしょうか? 演劇とサブカルチャーの街として広く知られていますが、一方でここでしかない味わい深い名店がひしめくグルメの街でもあるのです。 今回紹介するのは、この街の定食屋さん「とん水」。下北沢の街で創…

「だらしない体のオヤジ」にサヨナラ!「スマッチョボディ」への実践的すぎる食事法とは【プロコーチ・青山剛さん】

「だらしない体のオヤジ」のレッテルを返上したい 梅雨時のこの時期は、1年で一番、体のラインが気になる季節。 来るべき夏本番に備えて、少しでも体を絞りたい。 Tシャツからのぞく腰まわりのだぶついたぜい肉を少しでも減らして、「だらしない体のオヤジ」…

【月間ランキング】2018年5月~「大勝軒のチャーシュー」や「サバ水煮缶の味噌汁」などが話題に

みなさんこんにちは、メシ通編集部です。6月14日からサッカーワールドカップが開幕しました。遅い時間の放送が多いようなのでこの1ヶ月間は寝不足になってしまいそうですが、熱戦が楽しみですね! それでは、『メシ通』5月の反響の大きかった記事ランキング…

「イマドキの酒場ではどんな曲が歌われているの?」現役の”流し”パリなかやまさんに聞いた【恵比寿横丁】

“流し”と聞いてピンとくる方はいるだろうか。私には、スーツに身を包んだ演歌歌手然とした男性がギターを抱えて飲み屋街を練り歩く、といったイメージが思い起こされる言葉である。もしかしたら“流し”という言葉自体聞いたことがないという方もいるかもしれ…

町中華の名店「すずき」店主・スーさんの焼きそばの作り方【料理人のまかないメシ】

スーさんの焼きそばは、どうしてこんなにおいしいのか【料理人のまかないメシ】 こんにちは、下関マグロです。 プロの調理人が休憩時間にとる「まかない飯」。 いろいろなお店の素敵な「まかない飯」を教えてもらうこのシリーズ、今回はいわゆる「町中華」の…

どんな極限状態でも人は食に喜びを見い出す──。 国境なき医師団の看護師に聞いた「紛争地の知られざる食事情」

「空爆や砲撃、地雷などの被害で手足が損傷したり、銃弾や破片物が身体に突き刺さったりした患者さんが、老若男女関係なく運ばれてきます。救急が頻発して、徹夜であたることもときにはあります」 そう話すのは国境なき医師団(略称:MSF)の手術室看護師、…

【マヨのプロ】「マヨテラス」のコミュニケーターさんお気に入りのマヨ使いを試してみた

マヨネーズにまつわる知識を楽しい施設を見学しながら学べるキユーピーの「マヨテラス」。 『メシ通』にも紹介記事がありますね! www.hotpepper.jp 先日、そこを訪れ筆者もマヨネーズについての理解を深めてきました。特にマヨラーというわけではありません…

モテるための「麺つゆ」のアレンジレシピ【DJメシ】

「麺つゆ」を使ったレシピに可能性がありすぎる【DJメシ】 どの家のキッチンにもだいたい置いてある調味料「麺つゆ」。 そうめんやそばのつゆとしてはもちろん、味付け玉子やチーズ、さらには◎◎なメニューにまで……!? さらなるメシDJスキルに磨きをかけるべ…

食感にサプライズあり!つまみの残りのあれを入れたら「アボカドクラッカー」が味変した【今週はW杯観戦のおとも】

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 さあ、いよいよW杯ロシア大会! 寝不足にさせないで~という心配もありつつ、4年に一度の世界的な大イベント、見逃せないカードばかりで本当に楽しみです。 そこで今回は、サッカー観戦のおともにぴったり、ワンハ…

サラダチキンを「すき焼きのタレ」に漬けると、ご飯がすすみすぎて有罪!懲役100年!

サラダチキンをいろいろな食材に1日漬け置きしてみた みんな大好きサラダチキンでございます。 基本そのまま食べてる人が多いでしょうが、私、晩酌をする時にワサビ醤油を試した過去がございます。 サラダチキンをワサビ醤油で食べると鳥刺し欲が結構満たさ…

【パセリジュース】目が!目が!疲れ目・弱り目・たたり目に効果的な食材とは【理系メシ】

【理系メシ】最近、目が弱くなってませんか? 目が見えんのだよ。 近眼に老眼が入り、遠くも近くも見えないという大変なことになっているのだよ。 笑っている、そこ! 笑っていられるのも今のうちだ! 目の疲れは目だけじゃない。 首も疲れている。腰も疲れ…

崎陽軒「シウマイ弁当」どんな順番で食べる?超豪華ラインアップがこだわりを語りまくる『食べ方図説』

クイズです。 Q:大食いグルメアイドルの、もえのあずきさん。彼女が崎陽軒のシウマイ弁当を食べるとき、一番最初に箸を付けるのは、次の3つのうち、どれでしょう? まずは、ご飯をひと口。左下のひと俵ぶんをパクリ(シウマイ弁当はご飯が8つの俵に分かれて…

【ブログレコーディングダイエット】ブログに全食事を書いたら2カ月4.5㎏痩せた記録【別視点ガイド】

「痩せたい」 ここ数年、寝ても覚めても口にしてるセリフだ。 油ギトギトのラーメン二郎を思う存分すすった直後、ケーキバイキングでケーキの山と戯れた直後、束の間おとずれる賢者タイム。先ほどまでの出来事はなかったかのように「痩せたい」と口にしてい…

名店のDNAを受け継ぐ「下町の真面目な職人系ハンバーガー」が絶品すぎる【至高のグルメバーガー】

【シリーズ】至高のグルメバーガー10選 no.10「Builders」@本所吾妻橋 さて、この連載も今回で最終回、至高のグルメバーガー、記念すべき10店目です。 やって来たのは都営浅草線の本所吾妻橋駅から徒歩約5分、浅草からスカイツリーに向かう途中、というとわ…

【検証】「オンライン飲み会」は楽しいのか

次世代型の飲み会スタイル 気のおけない友だちとワイワイ飲むのは、人生のうちで最も楽しい行為のひとつだと思います。 でも、ま、大人になってきますと、みんな忙しかったりして飲みに行くスケジュールを合わせるのも大変です。 しかも、その友だちが遠くに…

羊だけど臭くない!国内シェア1%の希少な国産羊肉をジンギスカンで食べられる「羊SUNRISE」【麻布十番】

いきなりですが皆さん、羊のお肉は好きですか? 「独特の匂いがちょっと苦手……」という方も多いと思いますが、そんな方にこそオススメの羊肉の専門店が、東京都港区の麻布十番にあるんです。 “羊のおいしさを広め、羊肉の時代に夜明けを!”という思いを込め…

トップに戻る