読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メシ通 Produced by RECRUIT

食のこだわりと食欲を満たすためのWebマガジン

  • ブクマする
  • フォローする
  • フォローする
  • フォローする

この春デビューのクラフトビール初心者に教えたい、オススメ&話題の銘柄【北千住びあマ】

北千住に楽しい場所を見つけました! その名も「びあマ」。クラフトビールの専門店で、北千住駅から徒歩1~2分の好立地にあります。看板にあるとおり、スタンドバーとボトルショップの融合店。 つまり、 サクッとそこで飲むもよし 日本そして世界のさまざま…

夜仕込んで、朝ウマい! エダジュンの濃厚「卵黄ナンプラー漬け」

簡単なのにごはんが進みすぎる! こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 熱々のごはんに生卵をポン! 朝ごはんの定番ですが、いつもいつも同じだとどうしても飽きてしまいます。そんなときに! マンネリ朝めしに一石を投じる?「卵黄ナンプラー漬け」は…

日本食好きすぎてガイドブックまで出したドイツ人のアクセルさんに聞いた「和食の魅力って?」

まだまだ極寒のヨーロッパからこんにちは! ドイツ・ミュンヘン在住メシ通レポーターの溝口シュテルツ真帆です。 ドイツといえば、ビールと肉料理、じゃがいもばっかりのイメージ? はいそれ、正解です。 もちろん寿司やラーメンなど、ドイツ人に愛される日…

見た目はカツ丼、だけどコスパ良すぎの「コロッケ丼」!

みなさん、こんにちは! 上京して早3年が過ぎようとしている、しがない放送作家、鈴木でございます。 本日ご紹介するレシピは「コロッケ丼」。 「こちらがカツ丼になります」そう言われて出されても、誰も疑うことはないでしょう。ですがこれ、コロッケなん…

アメリカ軍が採用している軍用飯「MRE」って知ってる? ミリタリー好き女子が食べてみた

こんにちは! ミリタリー好き女子で放送作家の卵の高橋レイと申します。 突然ですが、みなさんは「MRE」をご存知でしょうか? 「MRE」は、Meals,Ready to Eat の略で、「です。 ……が、その味は食べらるものじゃない不味さとして有名で、Meals,Rejected by Ev…

新定番調味料になるかも!? 新感覚の「トマみそ」を試してみた

食べるラー油や塩レモンといった、トレンドの調味料たち。今、密かに注目しているのが「トマみそ」です。「『トマみそ』とはなんぞや?」と思うかもしれませんが、トマトケチャップと味噌を混ぜ合わせただけというそのままのネーミング。和の調味料と洋の調…

カルボナーラのパスタは本当にスパゲティがベストなのか? 検証してみた

以前カルボナーラの記事を書いて知りました。人の数だけカルボナーラがあると。カルボナーラを愛する人々の誰もが「マイベストカルボナーラレシピ」を持っていると。カルボナーラってこれほど愛されているパスタだったのですね。学ばせていただきました。 ww…

断面萌え間違いなし! 話題の「#わんぱくサンド」って何?【今週は鶏肉】

人気の「わんぱくサンド」に挑戦! こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。 あたたかい日が増えてくると、休日のブランチは近所の公園でピクニックやベランダでのんびりブランチをしたくなってきませんか? 今週はチキンWEEK! ということで、今大人気のボ…

「白いカレーうどん」を食べてきた【絶品】

恵比寿といえば、高級フレンチから赤ちょうちんまでさまざまなグルメがそろう都内屈指の美食エリア。そのなかから今回ご紹介するのは、「酒彩蕎麦 初代」が掲げる看板メニューです。 その名も「白いカレーうどん」。 ネーミングにちょっとした狂気すら感じま…

【カモフラ飯】意識の高いビジネスパーソンは、桜の花びらで糖分を補給する

タイム・イズ・マネー。 意識の高いビジネスパーソンは常に時間と競い合い、より効率的なモノを求めている。「24時間戦えますか?」の精神は、21世紀でも健在だ。中でも、食事をいかに手軽に、かつスピーディーに行えるかがポイントとなる。 そこでオススメ…

新業態「コワーキングスナック」ってなんだ?【美人ママさんハシゴ酒】

第16回:五反田「コワーキングスナック CONTENTZ分室」の美人ママたちに会ってきた このところ、『美人ママさんハシゴ酒』も浸透してきたようで、お店のご提案をいただく機会も多くなってきた。ありがたいことだ。 先日お仕事をさせていただいた編集者の方か…

【10本はペロリ】ケチャップ×コチュジャンで「おつまみの最高傑作」【今週は鶏肉】

お財布にもやさしい、簡単すぎるおつまみ参上! こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 今日はお手ごろな値段で手に入る、「手羽中」を使ったごちそうレシピを紹介します! ケチャップの甘さと、コチュジャンの辛さが見事に合わさった、おつまみの最高傑…

【食材の保存方法】大量のお肉やお魚を冷凍保存するときのコツ【料理ハック】

メシ通レポーターのハガです。 みなさん、「ふるさと納税」を試したことはありますか? 以前、『メシ通』でも紹介させていただきましたが、 各自治体が用意する「ふるさと納税」の返礼品には、大量のお肉やお魚がもらえるものがいっぱい! www.hotpepper.jp …

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ~番長】

今日もカレーにDELIGHTSを! よろこびこそがサイキョー、サイコーの隠し味!? 確かな技術と経験に裏付けされた、新オトコのカレー道。 でらいつカレーvol.6 「お手軽自家製マッサマンカレー」のつくりかた 「マッサマンカレー」って知ってますか? タイ料理…

おなじみの「サラダチキン」って焼いてもウマいの? さっそくやってみた

バーベキューはなんでもおいしく感じる。 食材を焼いて外でみんなで食べるという儀式は、どんな人でも楽しい気分にさせる。口に運ぶ食材は、焼いたらとりあえずおいしく感じるもの。 なので、誰かしら「バーベキューしよう」と言ったらなんとなく人は集まる…

心も体もあたたまる豚汁を鍋いっぱい作って毎日食べよう

みそ汁よりも具が多いというだけで、同じ「みそ」の「汁」でも特別扱いの豚汁。野菜もたっぷり取れて食物繊維も豊富、しかも肉まで入っているし。ほうとうを作ったときも思ったんですが、「肉と野菜を煮込む」料理というのは、しみじみおいしいですね。それ…

【新しい選択肢】市販のとんかつを使って自宅でかつ丼を作る

多くの人に愛されるかつ丼ですが、厚みのある肉を使うだけに、ワンコインで食べられるようなお店はそう多くないし(安いお店はとんかつのボリュームがそれなり)、専門店ではさらに値段も張ります。 お弁当として売られているかつ丼も、こんな感じです。 あ…

意外と簡単! チーズフォンデュ、その可能性とポテンシャル

もう春はすぐそこまで来ていますが、冬は家飲みに限ると思っている、ゆきちゃめゴンです。だって、外で飲んだら帰ってくるとき寒いんですもん。 ただ、家飲みはつい同じようなツマミに偏りがちなのが難点なのだなぁ。意外性があって面白いツマミはないかと考…

料理研究家が忙しい時に食べる「サク飯」ってやっぱり栄養バランスいいの? 聞いてみた【北嶋佳奈さん編】

ウマいもののレシピを毎週、ご紹介いただいている6人の料理家さんに料理との出合いや忙しい時にサクッとつくる「サク飯」について聞いてみる企画の最終日。 今日は、簡単ブランチレシピでおなじみ、管理栄養士の 北嶋佳奈さんです! www.hotpepper.jp 「材料…

【パスタレシピまとめ】自宅でもカンタンに作れてしまう絶品パスタレシピ3選【定番】

こんにちは。メシ通編集部です。 カルボナーラの黄身は、食べる直前に崩したい派です。 今回は「ご自宅でも簡単にできるパスタレシピ」を3つをまとめてご紹介。 まず最初は、シンプルなんだけどムチャクチャ美味しそうな出来栄えで、とても話題になったこの…

久住昌之さんに聞いてみた。「イイお店、どうやって探せばいいですか?」【野武士のグルメ】

定年退職によって時間とお金を自由に使えるようになった主人公が、心のうちに潜む自由で粗野な“野武士”とともに、好きなものを、好きなときに、好きなように食していくさまを描いた人気コミック『野武士のグルメ』(原作:久住昌之/漫画:土山しげる)が、…

【真っ黒】噂の「溶岩石から揚げ」はなぜこんなに激ウマなのか【から揚げ】

誰もが大好き、から揚げ。衣や揚げ方などみなさんそれぞれに自分なりのレシピがあるかと思いますが、今回ご紹介するから揚げはちょっと……いや、そうとう奇妙! だって、色が真っ黒。 見た瞬間、「焦げてるやん!」とツッコミを入れてしまいそうになりますが…

野武士のような孤高メシは苦手!? 竹中直人さんインタビュー 【野武士のグルメ】

定年退職によって時間とお金を自由に使えるようになった主人公が、心のうちに潜む自由で粗野な“野武士”とともに、好きなものを、好きなときに、好きなように食していくさまを描いた人気コミック『漫画版 野武士のグルメ』(原作:久住昌之/漫画:土山しげる…

【論争】肉まんの正しい食べ方【DJメシ】

マンガ「DJメシ」:出身地別「肉まんには何をつけて食べるか問題」、ついに決着か!? 書いた人:ムラマツヒロキ a.k.a Murama2 漫画家兼DJ。早稲田大学文学部中退。漫画家としてはムラマツヒロキ名義でガイドワークス『パチスロパニック7』『別冊パニック7…

八王子が誇るC級グルメ「パンカツ」はもっとメジャーになっていい

みなさん、カツは好きですか? 好きですよね。ジューシーな肉をサクサクとした衣で包んだあの幸せな食感。 今回はそんなあなたのためにとっておきのカツをご紹介しましょう。 その名は…… 「パンカツ」! トンカツではありません。「パンカツ」です。まさかと…

料理研究家が忙しい時に食べる「サク飯」ってやっぱり栄養バランスいいの? 聞いてみた【エダジュンさん編】

ウマいもののレシピを毎週、ご紹介いただいている6人の料理家さんに料理との出合いや忙しい時にサクッとつくる「サク飯」について聞いてみる企画の2日目。 今日は、パクチーボーイことエダジュンさんです! www.hotpepper.jp ほぼ毎日、パクチー料理の日々!…

「宇宙食シリーズ」初体験! JAXA開発1パック 2,700円「スペースカレー」を食べてみた【お取り寄せ】

どうも、こんにちは! SF大好き、放送作家の秋本です。今回はそんなSF好きの私がみつけた、お取り寄せをご紹介します! 有名なSF映画の最新作も大きな話題となったこともあり、『メシ通』でも宇宙的な記事を、と思いたって取り上げてみたのが今回のお取り寄…

牛丼店のテイクアウト「牛皿」でスキヤキを作った話

オイラの家庭は嫁と二人、いずれもケチなもんで、肉を買うといっても基本的に値段のお安い豚肉がメインになりがち。つうか、牛肉? 冗談じゃあない、見てもいないってなもんよ。 いや、もちろん値段を見たことはありますよ。でもまあ高いこと。スーパーの安…

【10分でできる】お店みたいな「エッグベネディクト」【今週はアボカド】

カフェみたいなブランチをわが家で こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。 少しずつ暖かい日が増えてきましたね。花粉症がつらいですが、春は大好きな季節です。 さて、今週はアボカドweek! ということで、今回ご紹介するのは「アボカドエッグベネディク…

【炊飯器料理】ハマったら楽でくせになる! 意外すぎる炊飯器レシピ【まとめ】

美味しいご飯を炊くために、水の量にだけはこだわりたいメシ通編集部です。 我々がほとんど毎日使う身近な調理器具といえば炊飯器。 炊飯器って、実はご飯を炊く以外にもいろいろな使い方があるんですよ。 皆さんもこれを読んで炊飯器でジャーッと、いろんな…

門前仲町「三幸苑」で町中華史上、前代未聞の“事件”が起きている【えっ寿司!?】

町中華をただ食べ歩くというゆるい団体「町中華探検隊」に属しているんだけど、ひとりの隊員から驚きの情報が寄せられた。 なんと、東京・門前仲町にある町中華のお店がメニューに寿司や海鮮丼を出し始めたという。ここ数年、精力的に町中華を食べ歩いてきた…

激辛のカルボナーラmeetsラーメン!? 「辛ボナーラ」のつくりかた【晩酌マンガ】

激辛のカルボナーラ……麺はラーメンの麺でつくる。これ最高【絶品! 晩酌天国・第7回】 書いた人:なかむらみつのり ラーメン好き。漫画とか描く人。自治会役員。1999年ヤングマガジンギャグ大賞 優秀賞受賞『ハゲ60W』にてデビュー。単行本『びんぼうまんが…

肉! ねぎ! 煮込みにビュッフェ! 大井町の東京シティ競馬のメシ事情が想像を超えている

「競馬場は賭け事をするところ」。そのイメージは今回の取材でひっくり返りました。東京シティ競馬はレトログルメに加え、競馬観戦をしながら食事を楽しむオシャレなレストランを完備。さらには広い敷地を活かしたグルメイベントを開催しており、もはや馬に…

本当にフードデリバリーサービス「UberEATS」はやってくるのか? 花見の予行演習で試してみた

アプリで注文するとできたてのメニューを配達するサービス「UberEATS(ウーバーイーツ)」をご存じでしょうか? アメリカで人気のハイヤー配車アプリ「UberEATS」が開始したフードデリバリーサービスです。大まかにいってしまうと、スマホの専用アプリから好…

納豆やフランスパンが味噌になる! 私の「アバンギャルド味噌」研究報告【フツーにオイシー】

あらゆる豆で味噌が作れる!? 料理研究家、ライターの下関と申します。 普段は、タイカルチャー料理家として、屋台総菜や、スナック菓子、ファストフードメニュー、バンコクで人気の外国料理など、普通のタイ料理研究家が作らないようなタイ料理(?)を再…

黄身まで白いタマゴが存在した! 衝撃の食材で作った極上の卵料理を食べてきた

皆さん、この世に黄身まで白い卵が誕生していたことをご存じですか? なんと、マヨネーズでお馴染みのキユーピーさんが開発したそうなんですよ! なんでも2017年のイースター時期は、この白い卵「ピュアホワイト」を使った外食向けの食材がイチオシ商品との…

人気漫画『めしにしましょう』小林銅蟲先生に「超級カツ丼」をごちそうになってきた【やりすぎ飯】

こんにちは、パリッコです。 突然ですがみなさま、小林銅蟲先生の『めしにしましょう』というグルメ漫画をご存じでしょうか!? ©小林銅蟲/講談社 隔週刊漫画誌『イブニング』(講談社)にて好評連載中で、2016年11月には記念すべき単行本第1巻が発売されま…

【なるほど】具だくさんアボカドトースト、パンからこぼさずに焼くには?【今週はアボカド】

とろ~りチーズと、スパイシーな風味がやみつきに! こんにちは。料理研究家、パクチーボーイのエダジュンです。 朝、起きたらまずは食パンをサクっと焼く。夜、小腹が空いたら(いけないと思いつつ……)食パンをコソっと焼く。そんな食パン派必見、いつもの…

“八王子ラーメン”ってナンだ!? ラーオタに教えたい老舗「でんでん」の正統派しょうゆ味

地元の数だけご当地ラーメンあり。みなさんは、東京の西の果て・八王子に独自のラーメン文化があることをご存じでしょうか。 そう、ラーメン好きなら知っておくべき「八王子ラーメン」であります。ほら、ウェブ上にはこんなサイトまで。 八王子にもさまざま…

【漬けおきメシ】朝に漬けておくだけ・夜に焼くだけの染みウマ「豚の生姜焼き」【たったこれだけ】

漬けおき調理は平等だ。 どんな安い食材も、たとえ料理ヘタクソマンでも、なんかそれなりに食べられるものになってくれる。 あと、手間がかからんのもありがたい。 朝に漬けておけば夜には食べごろ、あとは焼くだけ。ポジティブに考えれば8時間ほど時短でき…

ハードボイルド・「ひとり焼肉」の世界 ~ 食べ歩きマニア道 其の8【タベアルキスト】

こんにちは。メシ通レポーターのタベアルキストSudaです。 各担当者が自分の好きな料理を徹底的にマニアックに掘り下げ、みなさんに魅力を伝える当シリーズ。今回はまだまだ未体験の方も多いと聞く「ひとり焼肉」をご紹介したいと思います。 「食べ歩きマニ…

「ぎょうざの満洲」で、餃子の最高の楽しみ方を考えてみた 【ヒョイ飲み】

ビールに一番合う料理は何なのか? 酒飲みの間では、常に激論が交わされる大きなテーマであります。僕はよく「それは餃子ではないだろうか?」と提案し、それはかなりの率で同意を持って受け入れられます。1位とまでは言わなくても、餃子とビールの組み合わ…

好評第2弾!「ちくわぶ」はから揚げにしてもウマいんです【ビールのつまみに最高】

奥深! ちくわぶ研究 今回は「ちくわぶについて考える」第2弾です。 「おでんにはマスト!」と固定ファンも多いけれど、 「ほぼ食べない」 もしくは 「食べたことがない」 という人も少なくない……それが、ちくわぶ。 もともと、東京・千葉・埼玉の一部で「お…

自宅で焼き鳥も!? 余り野菜使いで手抜きごはんのススメ

最近疲れが抜けないなぁ……。なんだかイライラする……。 そんな不調を感じているそこのアナタ! もしかすると野菜不足が原因かもしれませんよ!? 仕事に追われて外食続きになると、つい不足しがちなのが“野菜”。働き盛りのうちから意識して摂取しておきたいと…

デパ地下で売っているあのサラダ、ここまで簡単にできるとは

デパ地下のサラダ専門店やお総菜屋さんで売られている海老とブロッコリーのタルタルサラダ。赤、黄、緑と彩りがよくボリュームもあるので、人が集まったときの1皿としてとても食卓映えします。 しかも冷菜なので、おしゃべりしながらのんびり食べても「冷め…

【これは簡単】コトコト煮込んで味染みブリ大根を作ろう

冬が旬のブリ。まだおいしいシーズンです! 今回はご飯のおともに、お酒のつまみに、味がしっかり染みておいしいブリ大根を作ります。ポイントは下ごしらえのひと手間。ちょっとの手間でグンと味が染みやすくなって、おいしくできますよ。 材料はシンプル […

【裏技・最強TKG】東西天ぷら戦争待ったなし! 揚げたて天ぷら「まきの」【チェーン飯最前線】

ついに天ぷらチェーン革命が始まるか!? 和食におけるチェーン系飲食店の代表的なジャンルといえば牛丼・そば・うどん。しかし「これはもっとあってよくない?」と思ってる日本を代表するメニューがないだろうか。それが「天ぷら」および「天丼」。 現在カ…

【鉄道メシ】あぁ絶景哉。新幹線を浴びるほど拝める、とっておきのお店【有楽町】

三度のメシより鉄道大好き! ライターの望月崇史(もちづき・たかふみ)です。 大好きな「鉄道」を見ながら「メシ」を一緒に味わえば、もっとおいしいハズ……。 そんな飽くなき「美食」追求の思いからお届けしているのが「ライター望月崇史の鉄分補給」。列車…

冷凍食品メシのマンネリを解消する、ひと手間レシピ6選

残業で疲れて帰ってきたときの深夜メシや、ゆっくりしたい休日ごはんなんかにちょうどいいのが冷凍食品。 揚げ物や惣菜など種類も豊富で使い勝手がいいので、つい安売りしているときに買いだめしている人はいませんか? ただ、そのままチンして食べるだけで…

【炭水化物警報】とにかく白いごはんが欲しくなる 「韓国風焼きそば」【パクチーボーイ】

食べ出すととまらない、ごま風味の簡単焼きそば! こんにちは、料理研究家、パクチーボーイのエダジュンです。 焼きそばといえばソース焼きそば、という方が多いかもしれません。確かに香ばしくて美味しいですよね~。 しか~し、調味料を変えるだけで「あっ…

トップに戻る