東京

【生姜バーガー】絶対に食べておくべき炭火焼きのオリジナルバーガー【至高のグルメバーガー10選・Chess garden】

【シリーズ】至高のグルメバーガー10選 no.8「Chess garden」@幡ヶ谷 世の中にはたくさんのハンバーガー屋さんがありますが、店主がハンバーガー屋さんを始めたきっかけって、 それぞれ違いますよね。 ハンバーガーが好きだ! というのは当然としても、なぜ…

リングに革命を起こし続けた前田日明の「新日本プロレス時代の豪快すぎるメシ話」【レスラーめし】

日々、リング上で熱い闘いを見せるプロレスラーたち。 その試合の基盤にあるのはタフな練習、そして “食事” だ。 その鍛えた身体を支えるための日々の食事はもちろん、レスラーを目指していた頃の思い出の味、若手の頃に朝早くから作ったちゃんこ、地方巡業…

【定食のお作法】焼き魚をキレイに食べるために必ず知っておきたいこと【DJメシ】

意外と知らない「魚のキレイな食べ方」を教わった【DJメシ】 焼き魚をキレイに食べられる人は、カッコイイ。 今さら聞けない和食のマナーについて、あのDJムラマツが 達人のスキルを学んできた。 お店情報 きっちん大浪 住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町2-13-…

多忙な現代人の食生活への最適解!?世界初「完全栄養パスタ」を食べ続けてみた

完全栄養食パスタ。それは、未来の食事【理系メシ】 完全栄養食品! 強烈な響きである。未来ではないか。 それだけを食べれば完璧なのだ。完全栄養食品の先駆けといえば、知る人ぞ知る、アメリカのソイレントが有名である。 アメリカ人のロブ・ラインハート…

皮ごと使えて栄養価も高い。メリットしかない旬の新じゃがで「じゃがバタコーン味噌汁」

こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。 あたたかくなってきて、スーパーでも春の食材がたくさん並んでいますね。この時期出まわる「新じゃが」や「新玉ねぎ」は、通年で手に入るものと比べてやわらかく、火が通りやすいだけでなく甘みも強いなどの特徴が…

「ちゃんこってなんですか?」ド素人の質問を元力士&漫画家の琴剣淳弥さんにぶつけてみた【相撲メシ】

いまださめやらずといった感のある、空前の相撲ブーム。 ご存じのとおり、「ちゃんこ鍋」という独特の食文化を持つ相撲の世界は、グルメ方面から見ても非常に魅力的な世界である。がしかし、知識ゼロのビギナーにとってはまだまだハードルが高そうに見えるの…

【圧力調理】レンジだけで簡単にウマい煮込み料理ができてしまう「プチ圧力調理バッグ」が神ツールすぎた

「レンチンで煮込み料理ができる」というライオンの新商品を試してみた 「ただいま~」ってドアを開けたら超カワイイ彼女が迎えてくれて、テーブルの上には手作りの「肉じゃが」や「サバの味噌煮」が並んでて……なんて妄想むなしく、冷え切った部屋でひとりス…

お酒を飲まない人も使える!家にある調味料で「みそマヨガーリックトースト」【エダジュン】

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 今日は、王道おつまみ「ガーリックトースト」を紹介します。ただし、いつもは輪切りにするバゲットをちょっと遊んでスティック状にカット。さらに和風に味変、じゃことみんな大好きみそマヨでつい手が伸びる味に!…

両面バッキバキの焼きそばを求めて行列が!創業30年の専門店「あぺたいと」はもはやひとつのジャンルだ【東京・板橋】

焼きそばに専門店があるのをご存じだろうか? 昨今、第四次焼きそばブームと言われ、食材などにこだわりをもった一部のお店で行列も出来るようになった。 しかしまだ、多くの人は焼きそばというと、縁日の屋台や観光地の売店で数百円で食べられるオヤツ程度…

【お酢をたっぷり入れるカレー】すっぱ辛い「ポークビンダルー」のウマさは中毒性アリ【東京カリ〜番長】

すっぱ辛くてハマる味! いちどは食べたい「ポークビンダルー」の作り方【でらいつカレーvol.17】 「ポークビンダルー」って聞いたことありますか? 「ポーク」っつーからには、“豚肉のなんか”であることは中学英語レベルがあればわかると思いますが、「ビン…

焼酎バーの店主がセレクトした「死ぬまでに一度は飲みたい焼酎」10選【ヒョイ飲み】

焼酎はハードルが高い。 どうもそういうイメージが拭えないんですよね。 飲んでみると、いろいろ味が違うのはわかる。はっきりわかる。 濃いのやら、香りが強いのやら、辛いのやら、それぞれに個性があるのだな、ということはわかります。 どれも同じだとは…

【お店を継ぐということ】名店の味を進化させた二代目夫婦の絶妙な関係【東京ソバット団】

老舗の立ち食いそば店の閉店が続く こんにちは! 東京ソバット団の本橋です。 昨年、2017年は新御徒町の「アヅマ」や神楽坂の「神楽坂そば」、浜松町の「満留賀」など、古くから続く老舗立ち食いそば店の閉店が続いた、ちょっと寂しい年でした。 ちなみにこ…

それでも私がトーストを食べてしまう理由【食パンアレンジレシピ】

パンは、とてもおいしい。 日本人の主食はお米とは言われているが、私のように毎日のようにパンを食している人も決して少なくはないと思う。 総菜パンやデザート代わりのパンなど、具だくさんのパンはもちろんおいしいが、その中でも私が好きなのは、ごくご…

【捨てないで】節約めし「野菜の皮のふりかけ」にベーコンを加えたら、うま味マシマシでとろけそう!

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 だいぶ落ち着いてきましたが、野菜高騰はまだまだ続いていますよね。そこで今日は、野菜をもれなく使うべく、いつも捨てている野菜の皮を使った「ふりかけ」を紹介したいと思います。おいしさが詰まっている野菜の…

王道のダブルチーズバーガーをつくる若手オーナーの「理想の味」とは【至高のグルメバーガー10選】

【シリーズ】至高のグルメバーガー10選 no.7「HAPPY」@高円寺 HAPPYってなんでしょうね? 幸せな場所? 幸せな時間? 幸せな食事? 東京・高円寺のハンバーガーショップ「HAPPY(ハッピー)」の店長さんが考えるHAPPYは、それとはちょっと違うみたいです。 …

【中央線の名居酒屋】居心地が良すぎて、つい飲みすぎてしまうお店【阿佐ヶ谷・和田屋】

シリーズ・中央線の名居酒屋 vol.3 「和田屋」(阿佐ヶ谷) 飲み屋さんが並ぶ街並みの美しさを比べたら、きっと阿佐ヶ谷が中央線イチではないだろうか。 特に、北口の商店街「スターロード」のノスタルジックな風景の美しさは、高円寺びいきであっても認めざ…

【永久保存路線】鉄道に憧れたアノ頃に一瞬で戻れるお店&料理を一挙紹介【鉄道メシまとめ】

本日も『メシ通』をご覧くださいましてありがとうございます。 え〜、当列車「鉄分補給」は全車グリーン席となります。途中下車(離脱)はご遠慮ください。 お客様にお願いいたします。お気に入りの記事につきましては、周りのお客様のお役にたちますよう、R…

最近の冷凍チャーハンってうますぎませんか?さらにおいしくなるちょい足しアレンジを考えたよ

【レシピマンガ】冷凍食品のチャーハンにちょい足しするだけでさらに絶品になってしまう魔法の食材とは?【晩酌天国】 なかむらみつのり先生の連載が単行本になりました! 『メシ通』で連載中のなかむらみつのり先生の『晩酌天国!』シリーズが単行本になり…

ひとり飲み好きなアイドル・ファーストサマーウイカが語る「酒場の流儀」【アイドルめし】

ファーストサマーウイカの「ひとり飲みの流儀」 お酒って最高ですよね。 嫌なことがあってもお酒を飲んで仲間と語り合うだけで一気にそのストレスが吹っ飛んでしまう魔法の薬。 時にはそれで失敗してしまうこともあるけれど、失敗をしても、後悔をしても、ま…

目玉焼きにトッピングをかけてスイーツにしたら何がいちばんおいしいか選手権

目玉焼きにマーマレードをかけると、青山辺りのケータリングカーで売ってそうな極上スイーツになります 皆さんは目玉焼きに何をかけて食べますか? 僕は砂糖です。 …… あ! 待って行かないで! これが意外とイケるんです!! 味は甘い卵焼きをイメージしても…

和菓子には何かが足りない。そうだ、オジサンをくわえよう【別視点ガイド】

日暮里のお菓子屋さん「江戸うさぎ」の店長さんから1通のメールが届いた。 以前ブログで紹介したこともあって顔なじみだ。 「ご無沙汰しております。新作和菓子を作ったのですがネーミングに苦慮しております」 メールの内容はそんな感じ。意見をもらえない…

「スープカレーの正しい食べ方」を知っているか【DJメシ】

一大ブームを引き起こした「スープカレー」の真髄を味わう方法【DJメシ】 北海道・札幌を発祥の地とする「スープカレー」。 スパイスの効いたサラサラのスープ、大きめに盛り付けられた素揚げ野菜……。 まさに日本独自の進化を遂げたと言える「スープカレー」…

千駄ヶ谷の生ける伝説「ホープ軒」、元祖・背脂こってりラーメン誕生の秘密に迫る

当連載『ラーメン系譜学』の第1回で、吉祥寺にある「ホープ軒本舗」を取り上げた。 www.hotpepper.jp その際、「千駄ヶ谷にある『ホープ軒』とは違うのか?」「両店は関係があるの?」という声がよく聞かれた。関係については第1回の記事内でも触れてはいた…

こういうのが家で食べられるのはうれしくないですか?こってり「豚キムチまぜそば」は豪快にまぜて!

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 本日は簡単おかず&つまみの代表「豚キムチ」風、汁なし麺の「まぜそば」レシピをご紹介したいと思います。まぜそばといえば台湾風が有名ですが、本日はキムチで韓国風にアレンジしてみました。どれもスーパーでな…

【グリーンカレーラーメン】スパイスカレー店を開店させたばかりの女性店主が作る「うますぎるラーメン」とは【料理人のまかないメシ】

めちゃくちゃおいしい「グリーンカレーラーメン」「ジャークチキン丼」が簡単にできるレシピ【料理人のまかないメシ vol.3】 御徒町にあるカレー店「PIVO」のオーナー樫福由佳さん(左)のまかないメシのレシピ、作ってくださるのは樫福さん、食べるのは店長…

4カ月間、光のない「極夜」の中で探検家・角幡唯介の胃袋を満たした“ごちそう”とは【極限メシ】

2018年2月、作家・探検家の角幡唯介さんは『極夜行』(文藝春秋)を発表した。これは日の昇らない冬の北極を4カ月にわたって歩き続けた探検ノンフィクション。 極夜行 作者: 角幡唯介 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/02/09 メディア: 単行本 真っ暗…

自宅の炊飯器でかんたんにサラダチキンが自作できる【鶏胸肉がジューシィに】

2018年になってもブームが続く鶏むね肉料理。 なかでもサラダチキンは、実は炊飯器を使えば簡単に(かつ大量にも)やわらくしっとり作れます。 サラダチキン自体が低糖質で良質なたんぱく質のかたまり。 味つけもいろいろなアレンジができるし、メタボ体型が…

【酒場まとめ】酒ライター・パリッコが推薦する「今スグ飲みに行きたい、都内の酔い処9選」

こんにちは、パリッコです。これまで、『メシ通』の連載「ほろよい調査隊」では、たくさんの魅力的な酒場を紹介させていただきました。今回はその中から、なるべく幅広い気分、シチュエーションに対応できるようなお店を9軒まとめてみました。 今夜のお店選…

パティ5枚、総重量1.8kgの超ギガバーガーはどう食べるのが「正解」なのか【テディーズビガーバーガー】

こんミンチは! 日々ミンチのことを考えながら「一日一バーグ」を遂行する日本ミンチ協会ハンバーグ王子ことkazukazuです。 さっそくですが、連載一発目として紹介するミンチ料理は、若者の街・原宿に構えるハンガーガーショップ、 「テディーズビガーバーガ…

アジアの食を知り尽くした事情通が語るインドと日本の「すごいカレー事情」【バックパッカー必読】

▲インド・オールドデリーのムスリム飲食街にて ※インドの写真はすべて小林真樹氏が撮影 「これが正しい」と言えないのがインドだ マイクロ出版社、ferment booksの(よ)です。 まずは恒例のクイズから。 〇か✖かで答えてください。 Q:インド人はカレーを…

この春、たれと辛子から卒業しませんか?エダジュンの「ナンプラー納豆ごはん」【今週は納豆】

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 今週は納豆WEEK、いつもの「納豆のたれ×辛子」ではなく、相性ぴったりの「ナンプラー×ごま油」で味付けをするオススメの食べ方3選を紹介します。どれも簡単でサクッと作れますよ! アジア料理でよく使われるナンプ…

「バーミヤン」でファミレス飲みしたら2,000円もしないで楽園に行けた【極楽飲み会】

近年、ファミレスが復調の兆しを見せていることをご存じですか? その理由の一端にあるのが、ずばり「ファミレス飲み」。 おいしい料理を安く提供してくれるだけじゃなく、お酒もしっかり低価格。 ヘタな居酒屋さんに行くよりもおいしく楽しく飲めると、すっ…

【京大卒の女流プロ雀士】勝負に勝ち続けるための「7つの習慣」【松嶋桃さんインタビュー】

京大卒の女流プロ雀士・勝負に勝ち続けるための「7つの習慣」 プロ雀士の松嶋桃さん。 京都大学法学部に現役合格し、卒業後は同志社のロースクール(法科大学院)に特待生合格するなど、華々しい学歴を持ちながら、法曹の道よりも麻雀を選んだ異色の才女。 …

【絶品】「ソムリエが作るグルメバーガー」はワインにもぴったりなのか【Viva la burger】

ハンバーガーマニアたちが絶賛する「肉汁ジュワ〜」「チーズがカリッ」な本格グルメバーガー 【シリーズ至高のグルメバーガー10選 no.6】「Viva la burger」 グルメバーガーのお店、増えてきました。特に都心、六本木、渋谷、原宿辺りには外資系や資本系の有…

【トマト缶】簡単&おいしい&便利&コスパ良し!4拍子そろったトマト缶の意外すぎるレシピ【常備食材】

なんと「トマト缶」で麻婆豆腐も! サバみそカレーも! 炊き込みご飯も!【晩酌天国】 なかむらみつのり先生の連載が単行本になりました! 『メシ通』で連載中のなかむらみつのり先生の『晩酌天国!』シリーズが単行本になりました。 買い出しから料理までを…

女子プロレス界の女帝・ブル中野さんだから知る「底辺の食事」と「頂点の食事」【レスラーめし】

「女子プロレス界のレジェンド」ブル中野さん【レスラーめし 第4回】 日々、リング上で熱い闘いを見せるプロレスラーたち。 その試合の基盤にあるのはタフな練習、そして “食事” だ。 その鍛えた身体を支えるための日々の食事はもちろん、レスラーを目指して…

【おにぎり】伝説の名店で握られた至高のおにぎりの味【DJメシ】

伝説の名店「おにぎりのぼんご」の味が神レベルな理由とは【DJメシ】 東京・大塚に「神」と呼ばれるDJがいるらしい。その名店に入るやいなや 必ずや極上のダンスミュージックを体感することができるという。 そんな噂を聞きつけたDJムラマツが、今まさに伝説…

「博水社のハイサワーを10倍たのしむ方法」を博水社さんに聞いてきた

ハイサワーをもっと楽しむためのいくつかの方法 「わ・る・な・らハイサワ~♪」 このテレビCMソング、あなたも幾度となく耳にしたことがあるでしょう。 「ハイサワー」は、株式会社博水社から発売されている焼酎割り飲料です。 このハイサワー、実はお酒を割…

にんにく香る「チャンジャ炒飯」でビールがすすむ、すすむ!【エダジュン】

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 居酒屋さんや焼き肉屋さんの定番メニュー、チャンジャ。タラの内臓のうま味と歯応えがおつまみに最高ですよね。そのまま食べるのももちろんおいしいのですが、ピリ辛味でじつは炒飯の具にもぴったり! 飲んだ後の…

【袋ラーメン】アメリカ人たちがホントにやっているインスタント袋ラーメンのハック集【その発想はなかった】

アメリカ人は平気でラーメンをハックする【理系メシ】 アメリカンな食べ物と言えば、 ピザ! バーガー! そしてドーナツ! それを全部インスタントラーメンで作ってしまうのだ。本当だ。 ラーメンを科学する おいしい「麺」「だし」「うまみ」の正体 作者: …

進化を続ける「油そば」の研究所で開発された次世代型そば「ワセ女油そば」とは

こんにちは。カメラマンの工藤です。 去年の夏辺りから早稲田駅の近く、早稲田通り沿いに気になる看板が置かれているのが気になっていたのです。 「油そば研究所」? 一体ここはどんなお店なのでしょうか。 早稲田周辺には、何店もの有名な油そば店があり、…

新発見・カップスープを材料にしてグラタンをサクッと作る方法【その手があったか】

カップスープでグラタンをサクッと作る方法 違うんだ、聞いてくれ。 ごく普通のエビマカロニグラタンをひとり分だけ作りたいんだ。 おいしいグラタンを食べたいならお店に行く。 家族分作るならグラタンの素を買う。 それがベストですよね。 自作するのが面…

駅ナカ戦略で飲食戦国時代を勝ち抜く 立ち食いそばチェーン「文殊」快進撃のワケ【東京ソバット団】

創業以来、着実に店舗数を増やしているすごい立ち食いそばチェーン こんにちは! 東京ソバット団の本橋です。 個人経営店、チェーン店に限らず、日頃、お店を取材していてよく聞くのが、ここのところの原材料費と人件費の高騰。 これは立ち食いそば店に限ら…

新宿のド真ん中でトークライブハウスを“発明”した男がいまたくらんでいること【ロフトプラスワン平野悠氏インタビュー】

東京・新宿歌舞伎町にお店を構える「ロフトプラスワン」。1995年からその歴史が続く、言わずと知れたトークライブハウスの先がけ的な存在だ。 毎回テーマを変え、著名人やソノ道の達人らによるトークを楽しみながら飲み食いできる「トークライブハウス」とい…

市販のルウを使わない!ポカポカになる「スパイスカレー鍋」のレシピ【東京カリ~番長】

でらいつカレーvol.16 カレールウを使わないのにかんたん! 「スパイスカレー鍋」の作り方 この時期、(あ、これ書いてるの12月です) 「鍋」ってのは外せませんよね。 ウェブで「カレー鍋」って検索したら、まー出てくるでてくる。 某検索エンジンでは「約 …

【中央線の名居酒屋】「高円寺でいちばんカッコいい男」のいるお店【一徳】

シリーズ・中央線の名居酒屋 vol.2 「一徳」(高円寺) 中央線沿線で最もアナーキーなイメージを持つ街といったら、間違いなく高円寺だろう。 バンドマンや芸人、役者や作家など、何かを作る人が集い続ける街だ。 最近ではむしろ、古着の街と言ったほうが通…

グランスタの「東京みやげマスター」が教える、絶対に外さない東京みやげ10選

旅行のとき、帰省のとき。 実家や親戚、友人たちへのおみやげって、結構悩みませんか? せっかくなら久しぶりに会う人たちに、センスの良い品を贈りたいですよね。 今日は「グランスタ」(JR東日本グループの株式会社鉄道会館が運営している、JR東日本東京駅…

【ピリ辛とろとろ】「半熟たまごのコチュジャン漬け」で白ごはんのおかわりが止まらない!

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 もう定番になりました、「とろとろ半熟たまご」シリーズ! www.hotpepper.jp 今日はその新作、ピリっとした味わいがクセになる、濃厚な韓国風の半熟たまごです。おつまみでも、ごはんのお供にも楽しんでいただけま…

野食家・茸本朗さんが作った「野食寄せ鍋」が、ものすごいオリジナリティだった【ウツボ、アナジャコ、ポルチーニ】

突然ですが、タコです。 見事に干されています。 続いて、ドライポルチーニ。 いわゆる干しキノコ。 さらにさらに。 ウツボの切り身。 これらの食材で一体なにができるのか? なんか三題噺みたいになってますが、ことの起こりは野食家の茸本朗(たけもとあき…

はかりしれない衝撃度!チャーハンしっとり派が一目置く板橋「龍王」の超目玉新メニュー「ナスバター炒飯」

東京都内、JR板橋駅近くに、夕方となるとサワーが180円で飲めてしまう激安な中華居酒屋さんが存在する。お店の名は「龍王」という。 酒場激戦区にあって、勝ち抜くために単に安さを売りにしているのではない。外観からもうかがえるように、このお店の持つ独…

トップに戻る