無国籍料理

古代メソポタミアで食べられていた料理をガチで作ってみた【歴メシ】

5000年前、古代メソポタミアの人々は何を食べていたんだろう……。人間、一度は考える問題だと思います。あれ? 考えない? でも、古代に思いをはせ、文献を読みあさり、できるだけ当時に近いレシピで「歴史メシ=歴メシ」を作り続けているのが歴史料理研究家…

Twitterで4000RT超!余ったジャムを一瞬でおしゃれなドレッシングに変える方法

毎度おなじみ、料理家の服部志真さんに教わる便利ダレシリーズ。 志真さん、今年前半にこんなヒット・ツイートを発していました。 「あとちょっと残ったジャム」は、酢と塩と油を入れて瓶ごと振れば、おいしいドレッシングになります。今日はしょうがをちょ…

福岡では珍しいパレスチナ料理のお店が大名に登場! ベツレヘムから直輸入の蒸留酒が飲めるのはココだけ

人生初のパレスチナ料理 皆さん、パレスチナについてはどのくらいご存じですか?日本ではニュースでたまに耳にするエリアですが、残念ながら紛争の絶えない危険なエリアというネガティブなイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。ましてやパレス…

一振りでインド風味になる魔法スパイス「ガラムマサラ」でおつまみを作る

こんにちは。まる・しゃんか~るです。今日はインドのスパイス「ガラムマサラ」を使った炒め物をご紹介します。 ご存じの方も多いと思いますが、念のためにご説明します。「ガラムマサラ」とは、クミンやコリアンダー、シナモンなど10種類程度のスパイスが入…

【10分強で完成】タコライスは、作ったフライパンでそのまま食べるズボラ男飯に

こんにちは! 内村です。上京して早3年。夢はテレビ番組を担当する放送作家になること。今回は僕のオススメする、手頃なメキシカンのご紹介です。 料理するのはいいが、食べた後のお皿の片づけが面倒くさい! そんな面倒くさい洗い物をなるべく少なくするに…

【ホクホク食材の聖地】「オブリガーダ」ですごい料理に出会う!

ゴロンと登場しました。何かわかります? これ、ゆり根 なんです!日本全国に出荷されているゆり根の98%が、北海道で作られているんですよ。ゆり根とお酒の相性ときたら、もう!日本酒にもワインにも最高です。今回は、北海道十勝の食材が堪能できるお店、…

インドの極うまスパイシーメシ「ビリヤニ」を自宅で作ってみた!

ふんわりした食感のバスマティ米とたっぷりの肉をインドのスパイスでじっくり炊きこんだビリヤニ。スパイシーでありながらもうま味が詰まったビリヤニを、自宅でも食べたい。 ビリヤニできるかな、できるかな? どうもこんにちは。メシ通レポーターのいぬか…

レアなのにオトク過ぎ! イスラエル料理店「シャマイム」の食べ放題コースをほおばる【東京・江古田】

世界三大宗教の聖地、イスラエル アラブのイスラム教国家に囲まれた国、イスラエル。迫害を受けてきたユダヤ人が第2次大戦後に作った新しい国だ。 イスラエルが建国されてからまだ70年弱。なのに歴史は相当に古い。というのも、イスラエルはユダヤ教、キリス…

【ファストフード】ケバブの次に流行りそうな「ファラフェル」のラップサンドは超絶うまい!【レバノン料理】

「レバノン料理」って、食べたことある? エスニック料理といえば、タイ料理とかインド料理とかは今や日常的だけど、レバノン料理ってあまり聞かないですよね? 聞いたとしても、なんかおしゃれで高そうなイメージ、というか……。 そのレバノン料理の代表的な…

【まとめ記事】聞いたことない世界の料理にダイブ!

ゲームをしながら街をテクテク。食べ歩きもしてる『メシ通』編集部です。 食べ歩き大好きだけど、飽食感も若干ある。休暇で海外へ行きたいけど、どこへ行く予定もない。だったら食で満たされましょうよ! ということで珍しい世界の料理記事をまとめてみまし…

インドを渡り歩いた男が選んだ「ビリヤニがとびっきりウマイ店」を直撃! in 御徒町

スパイスをふんだんに使って手間暇をかけて炊き込んだ、インド・パキスタン界隈に古くから伝わる炊き込みご飯・ビリヤニ。その味を求め、インドを旅したビリヤニオーソリティーが「ウマイ!」と思ったお店に突撃してみました。 雑踏の御徒町に吹く、スパイシ…

ハンガリー料理「グヤーシュ」が思い起こさせた“母なる味”【自由が丘】

ふとしたことで、古い記憶がよみがえり、胸がいっぱいになってしまう――そんな経験をしたことはないだろうか。私の場合、1999年の東欧旅行の思い出がそれにあたる。 ハンガリーの首都、ブダペストにあるゲストハウスの女主人、テレザさんのことを思い出すたび…

ジャマイカBBQ料理「ジャークチキン」を頬張りながら考える、“住み開き”という暮らし方【武蔵小山】

週末限定営業の、ゆる〜い営業スタイル 「ジャークチキン」という料理、ご存じだろうか。 聞き慣れない人も多いと思うが、カリブ海の国、ジャマイカの定番料理。スパイスに漬け込んだ鶏肉をバーベキューのように焼いた、肉汁とスパイスが絡みあうジューシー…

最高にウマいシュラスコを食べまくれ! 「ブラジルグルメグランプリ」をサンバのリズムで味わっちゃおう

「タイフェスティバル」「ナマステ・インディア」「スペインフェスティバル フェイスタ・デ・エスパーニャ」など、世界各国の味を楽しめるイベントやフードフェスティバルがすっかり定着してきた昨今。そのどれもが各国の本場の味や文化に触れられるものばか…

新大久保の「イスラム横丁」は異国情緒あふれる安うまグルメの穴場スポットだった!

イスラム横丁。 新大久保の駅前の路地を入った一角がそんな風に呼ばれるようになったのは数年前からでしょうか? エスニック料理を食べるのも作るのも好きな私は、大久保、新大久保界隈によく買い物に行きます。 以前は韓国系の食品を買うことが多かったので…

2015年4月にオープンした「TACOBELL(タコベル)」いってきた!【ほとぼりさめたかな #1】

人気店にはつきものの、行列。 その行列の先には、並んででも食べたい極楽風味の極上食が待っている。 ってんで『メシ通』にはセクシーJさんの人気連載「行列王」がありますね。 でも……私みたいな生命力の弱い基本省エネモードの人間にとって行列は相当なハ…

あの力士たちも常連。相撲女子&羊肉好きは巣鴨のモンゴル料理屋「シリンゴル」へ

モンゴルと聞いてみなさんは何を連想するだろう。羊を放牧し移動式の住居に暮らす遊牧民か。鎌倉時代の蒙古襲来や昭和初期のノモンハン事変といった戦争の歴史か。赤ちゃんのお尻にできる蒙古斑だろうか。 あるいは、モンゴル勢が席巻して久しい相撲かもしれ…

南アフリカの珍しくてうまいカニ「ディープシーレッドクラブ」に五反田で、であった〜

皆さんは「ディープシーレッドクラブ」をご存知でしょうか? ディープシーレッドクラブは、南アフリカのケープタウン沖、深海600~1,000mに生息する大変貴重なカニです。外敵に襲われる心配が少ない深海に生息しているため、身が柔らかくジューシーなのが特…

食の港・横浜の穴場! ロシア料理店「ミーフバー」で味わう、超カラフルなミルフィーユサラダ&激レアなウォッカ

1859年の開港以降、新しい食のトレンドが生まれてきた街、横浜。明治時代には肉料理が解禁になった後に牛肉料理が食べ始められ、洋食の街としても全国に知られることになりました。現在も、中華街をはじめ、さまざまな国の料理店が軒を連ねています。 今回は…

「なに、クスクス笑ってるんだ!」いえ、部長。こちらは「クスクス」が食べられるお店です

「クスクス」という料理。あまり馴染みがない人も多いことでしょうが、笑い声ではなく、れっきとしたパスタの一種。小麦粉を米粒大のそぼろのようにした食べ物です。発祥は地中海のチュニジアやイタリアのシチリア。中東やフランスの一部でも食べられていま…

キュートな看板娘を眺めつつ「ラクダ肉の串焼き」にかぶりつく……まさに酒池肉林な「海賊バル」を下北沢で発見!

ざわ… ざわ… シモキタざわ… 下北沢の地に足を踏み入れると、なんだか気分がざわついてくる。個人的にシモキタといえば、このあたりで阿呆のように酒をかっくらっていた学生時代の記憶ばかり。だからここに足を踏み入れると、そんな若かりし頃の無鉄砲な気分…

卵も乳製品もなし! 植物由来のラーメンに酢豚など、都内でビーガン料理を食べられるお店まとめ

外国人に多いビーガン(完全菜食主義者)。もし、来日した外国人の友達がビーガンだったら、食べられるものが限られてしまいます。せっかく日本に来たのに、食べるものがサラダしかないのは残念です。そこで、ビーガンの人でもおいしく食べられるように素材…

ルチャマニア激オシ! 東京・四ツ谷「サルサカバナ」で食べるべきメキシカンフード四天王メニュー!

みなさん、東京・四ツ谷にある「しんみち通り」を御存知でしょうか? 四谷見附交差点から新宿方面に向かって延びる細い飲食街です。 実はココ、“四ツ谷の胃袋”の異名を取るほど、細い通りの両サイドには数多くの飲食店が並んでいるのです。昼時は安くて美味…

モルドバ料理を“こち亀タウン”亀有で味わう【日本でおそらく唯一】

「マイアヒー・マイアフー」というフレーズがキャッチーな「恋のマイアヒ」という曲が10年ほど前に流行った。しかしこの曲の歌詞は何語なのか、歌っていたO-Zoneというユニットの出身地はどこなのか。そういった謎が明らかになる前にブームは去ってしまった。…

トップに戻る