北海道

いま流行りの麻薬卵のタレに色んな食材を漬けてみたら……あの食材が相性抜群だった!

皆さんはSNSなどを中心に流行っている「麻薬卵」をご存じでしょうか? 今回は、半熟ゆで卵以外にも麻薬ダレと相性が良い食材を探していきます。

札幌で沖縄出身の店長が開いたステーキ店はブラジリアンスタイル

札幌で24時間営業している「ブラジリアンバル ピッカーニャ(PICANHA)」は、お酒を飲んだ後の〆ステーキを流行らせたお店として地元で知られています。ブラジリアンスタイルで提供するステーキの魅力とは?

20代で山を持った男が所有する土地でアイヌ料理「チタタプ」を作ってきた

20代という若さで自ら山を持ち、環境保全を第一に考えた自伐型林業を行っている木こりの清水さん。氷点下で豪雪の中、清水さんの持つ山で人気アニメで注目されたアイヌ料理「チタタプ」を作ってきました。

「同じものを何年も食べ続ける人」に聞く、求道者だけが知るディープな世界

「出社日のお昼は必ずコンビニおにぎり2個」「8年間、朝食は納豆だけ」……“ずっと同じものを毎日食べ続けている人”のみぞ知る、ディープな世界を辰井裕紀さんが取材。

人口約5000人の利尻島で脱サラして始めた「日本一行きづらいラーメン店」に全国からマニアが訪れ行列を作るまで

北海道、利尻島。北の最果てとも言えるこの地に、ラーメンマニアでの間では有名なお店がある。看板メニュー「焼き醤油らーめん」でミシュランに選ばれ、首都圏進出をも果たしたサクセスストーリーの裏側には、素材への鬼のようなこだわりと不屈の闘志があっ…

「利尻昆布」が和食のプロたちから愛され続ける理由 〜料理の土台を作る生産者の仕事〜

和食の世界では一大ブランドとして有名な「利尻昆布」。しかしその生産現場はほとんど知られていないのでは? そこで利尻島にハマり続けて毎年通っているBUBBLE-Bさんが体験ルポ&漁師さんにインタビュー。プロに愛される旨味の秘密に迫ります!

家庭の冷蔵庫で熟成を楽しめるグリーンチーズには、チーズ工房の郷土愛が詰まっていた

自宅でチーズを熟成させるのは、常に温度や湿度などを管理する必要があって非常に難しいもの。しかし、家庭の冷蔵庫で簡単に熟成できるチースがあります。このチーズを作っている旭川の牧場に伺い、チーズ作りの想いを聞きました。

50歳で農家になり旭山動物園公認の「白くまコーン」を生み出すまでの軌跡

旭山動物園公認の土産品に「白くまコーン」の名で愛される白いとうもろこしがあります。このとうもろこしを栽培しているのは、かにをインターネットで販売するお店の店主。なぜ、かに専門店の店主が農家になってとうもろこしを作っているのかを、とうもろこ…

自称アウトドア系フードライターがすすめるスキレットで作るハードルが低いスペイン料理

手ごろな大きさと丈夫さからアウトドア好きに親しまれている鉄鍋「スキレット」を使ったスペイン料理レシピを2品紹介します。スキレットがあれば、自宅でも手軽にアウトドア気分を味わえますよ!

氷点下16℃!北海道の極寒地でワカサギ釣りをして現地で天ぷらにして食べてみた

極寒の地として知られる北海道雨竜郡幌加内町。そこにある日本最古・日本最大の人造湖「朱鞠内湖」は真冬になるとワカサギ釣りのスポットとして大勢の人で賑わう。そこで旭川在住のライターが、防寒着以外は手ぶらで朱鞠内湖を訪れ、氷上ワカサギ釣りにチャ…

僕たちはまだ「本物のししゃも」を知らない

ししゃもって、いつでも食べられるんじゃないの? そこのあなた! 以下の2点について、ご存知でしょうか。 「ししゃものお寿司」が存在する 「ししゃものお寿司」は年にたった2ヵ月間、北海道の一部だけでしか食べられない その事実を最近知った筆者は、矢も…

東京では約5倍のプレミアがつくのに、北海道で普通に買える日本酒「神川」の意外な戦略

都内ではなかなか手に入りづらく、北海道のコンビニには普通に並ぶ話題の日本酒。この情報だけで、日本酒好きの方はピンとくるかもしれません。 日本で一番新しい酒蔵上川大雪酒造をご存知でしょうか。 2017年にできたばかりの酒蔵のお酒が、数々の鑑評会で…

道東に魅せられたバックパッカーが牧場と家族を得て極上チーズを生み出すまで【地方移住でハッピーに暮らすには】

チーズブームが続いています。農水省の調べによると、2018年度の国内チーズ消費量は35万2930トンと、4年連続で過去最高を更新しました。 飲食店のメニューでも昨年ブレイクしたチーズタッカルビやラクレットチーズを使った料理、今年はパネチキンやチーズテ…

「ビジホの朝食バイキング」を極めた達人が教える、出張&旅行で一度は泊まってみたい全国のビジネスホテル

近年、ビジネスホテルの朝メシがすごいことになっている──。 そう気づいたのは、この本に出会ってから。 タイトルは『ビジホの朝メシを語れるほど食べてみた』。そう、ビジホの朝メシが今や「語れるほど」豪華になっているというのだ。ほんまかいな!? 全国…

「トド肉」を初体験したら人生変わらなかった

北海道でキケンなオイニーのする商品を見つけました。 口いっぱいに広がる野生の香り。動物たちの雄叫びが聞こえてきそうな味わい。 そう、今回は「トド肉」や「熊肉」を使った料理のご紹介です。 体を張って、野生を感じました。本当にやめておけばよかった…

本場・北海道の「つぼ八」が最高だったのでその話を聞いてくれませんか?

『好きです! つぼ八』 このフレーズにピクッとしちゃう人、はい、正直に挙手! あなたのご出身、「北海道」ですね? のっけからローカルな話題ですみません。 つぼ八のテレビCM、北海道ではよく流れていて、このフレーズが印象的なんです。 北海道は札幌市…

鹿児島人が“北の幸”を求めて北海道へ。函館で「国内最高クラスの朝食バイキング」を体験してきた【エンドレスいくら】

一日の始まりは朝食から。 おいしい朝ごはんを食べると、いい一日のスタートを切れる気がします。 おいしい朝食情報をあれこれ調べていたら、なんといくら盛り放題な朝食が食べられるホテルが北海道にはあることを知りました。 いくら盛り放題…… なんて魅惑…

「世界最高峰」と自負する、1日に20リットルしか採れない牛乳を飲んできた

「絶対に感動するから、宇野牧場の牛乳を飲んでこい」 衝撃の牛乳に出会ってしまいました。 北海道・天塩町。 稚内から車で1時間ほど南下した場所にある人口3,000人ほどのこの町には、人間の数を遥かに越える1万数千頭の乳牛が暮らしています。 私は釣りをし…

日本全国1147ヵ所の「道の駅」を完全制覇した男が選ぶ、絶対に訪れるべき道の駅ベスト10

(写真提供:浅井佑一さん) INDEX ▽①食がオススメの道の駅その1:厚岸グルメパーク(北海道厚岸町) ▽②食がオススメの道の駅その2:マリンドリーム能生(新潟県糸魚川市) ▽③食がオススメの道の駅その3:のと千里浜(石川県羽咋市) ▽④絶景が楽しめる道の駅…

「ハセガワストア」を愛しすぎてお店で働いてきた【函館】

北海道の道南だけで展開するコンビニチェーン、「ハセガワストア」をご存知でしょうか。 「ハセストに注文するけど食べる人いるー?」 函館市民のお昼時。オフィスではこんな言葉が交わされます。名物はソウルフードの、やきとり弁当! やきとりとはいうもの…

約45分で200人分の食事を作れる「野外炊具1号」は、自衛隊が誇る最強のメシ炊きマシーンだ

「メシ通」で以前、自衛隊の隊員食堂を紹介する記事を書きました。これです。 www.hotpepper.jp この記事でリポートした食事はあくまで屋内(艦内)での食事ですから、調理は厨房で行なわれます。 では任務上、どうしても屋外で食事しなければならない場合は…

ハンバーガー好きなら一度は訪れたい「ラッキーピエロ」が愛される5つの理由【函館】

函館にある、全国のハンバーガー好きを唸らせるラッキーピエロを知っていますか? 全国ご当地バーガーNo.1に輝くなど、とにかくすごいハンバーガーなのです。今では函館に旅行で来られる方はマストで抑えるお店なのではないでしょうか。なんといっても一番人…

「あの日夢見た秘密の場所を作る」建物の基礎からストーブまで、なにもかもDIYで完成させたとあるお店の話

全てが「手作り」のすごいカフェ 「手作りcafe」と聞くと、どんなイメージを持ちますか? 美味しいケーキなどを、手作りの食器で出してくれる。そんなお店を想像するのではないでしょうか。 今回ご紹介する「手作りcafe Suiba(スイバ)」も、食器はもちろん…

【漁協の直売店】わざわざ連休を使ってでも北海道・厚岸まで旅に行くべき理由とは(特に牡蠣)

地元(厚岸)にうまいものがありすぎて困る どうも、ちみをです。道産子です。 たまに北海道の実家(厚岸)に帰ると、地元のうまいものをかっこみ過ぎて胃を悪くするのがお決まりルーティンです。 ただ18歳のときに実家を離れてしまっているため、最近は「自…

北海道から絶品な「じゃがいも」が6品種も届いたのでホクホク食べ比べしてみた

じゃがいもにいろいろ品種があるってご存じでしたか 北海道の友人から採れたてのじゃがいもが届きました。 それも、まとめて6品種も。 その友人は、自家農園で多品種の野菜を自家消費用に育てているのです。 そして今回、食いしん坊仲間の私に、「北海道じゃ…

糖質制限中のお酒好きの方、こんな“しそ”焼酎はいかがでしょうか?~鍛高譚の工場見学~

酒好き糖質制限系ダイエッターの皆様。 いかがお過ごしでしょう。 パンパンの顔で言うので、説得力が全然ないですが、一応、糖質を気にしています。 メシ通レポーターの裸電球です。 私の唯一の趣味とも言えるのが晩酌なのですが、ビールをガブガブやってい…

「家ではお代わりするでしょ?」ルーの継ぎ足しが名物、創業45年の老舗カレー店「コロンボ」に行ってきた

突然ですが、カレー、お好きですか? 私は好きです。 大好きなカレー、家ではお代わりできますが、お店ではなかなかできないですよね。 そこで、今回ご紹介するのが、北海道の名店「コロンボ」。 「コロンボ」では、お店の方から「ルー足りてます?」と声を…

北海道で味わうスープカレーが最高すぎる「ソウルストア」

「お待たせしました~」とテーブルに運ばれたスープカレー。おいおいおい。なんだこの、てんこ盛りは!まるで野菜畑ではありませんか!北海道の名物としてすっかり定着したスープカレー。スパイスの効いたサラサラのスープはもちろん、楽しみなのは、たっぷ…

人口約8000人の東川町に佇む、ミシュランガイドも認めた予約殺到の「居酒屋りしり」に行ってみた【北海道】

北海道の東川町に全国からファンが集まる小さな店がある。世界的食系ガイドブックにも掲載された「居酒屋りしり」でいただけるのは、新鮮な海の幸、山の幸の数々。一度訪れたら、また行きたくなるという評判の秘密を、食べて、聞いて、しみじみ納得した。 エ…

北海道旅行でぜひ飲んで。昆布酵素エキスが入った不思議ドリンク、その名は「タングロン」

北海道の飲み物はちょっと変わったものが多いと思うんです。 雪印メグミルクが北海道限定で販売する乳酸飲料「カツゲン」に、樹液100%のドリンク「森の雫」など、バラエティー豊かなラインアップ。 www.hotpepper.jp www.hotpepper.jp そして、今回は真打登…

「ミネラルウォーター」が無限に無料で飲める町。……どゆこと?

大雪旭岳の麓、東川町は全国でも珍しく、北海道では唯一「上水道のない町」です。 つまり、蛇口をひねればミネラルウォーター!すごくないですか、この町。ありえなくないですか、東川町。 約8000人が暮らし、どうやって給水しているのか、その秘密に驚愕(…

ロイズ直営のベーカリーが「チョコレート天国」って知ってました?

北海道土産の代表格「ロイズ」が運営するベーカリーをご存じですか? 道内のいくつかの店舗にはベーカリーが併設されていて、そこがチョコレート天国だって聞いたから、急いで札幌市北区「ロイズあいの里公園店」に潜入してきました。グテがね、可愛いんです…

ヒンナヒンナする?アイヌ料理を本場・北海道で堪能!

アイヌ民族をテーマにしたあの漫画のファンなら知っている、アイヌ料理「チタタプ」。食べたくても食べられないと諦めていた諸君に朗報です。すすきの駅「海空のハル」に、チタタプ、ありました! まあ、落ち着いて。裸電球氏が先んじて「ヒンナヒンナ」した…

甘えび水揚げ量・日本一の町で食べたドンブリはやっぱりすごかった【羽幌町・蝦名漁業部】

北海道にある「えびパラダイス」羽幌町(はぼろちょう)。ここは、甘えび水揚げ量日本一 の町です。ご覧ください、このえび丼!よくあるえびを食べた時の表現、「ぷりっぷり」どころの騒ぎじゃないですよ。さらに、今まで食べてきた「甘エビ」よりも、もっと…

【含多湯】何て読むかわかりますか?ナゾのご当地メニューを徹底調査

北海道・芦別市の「含多湯」というご当地メニューをご存じですか? まずなんて読むんだって話ですが、それは本文でご確認ください。その「含多湯」の元祖を名乗るお店「きんたろう」があると聞き、取材しました。そもそも「含多湯」がどんな料理かというと………

え、白樺樹液って飲めるの?実際に飲んでみた!お酒も割ってみた!

大地が吸い上げた神秘の水。とんでもない飲み物があるという噂を耳にしました。北海道を代表する樹木、白樺(しらかば)。その樹液がおいしいというのです!白樺の樹液って……飲めるんですか?そもそもどうやって採取するの?美深町(びふかちょう)の松山農…

誰でも簡単じゃがいも料理!アレンジ豊富な「粉ふきいも」がとにかく最高

北海道の小学校では、調理実習の定番として名高い料理、 誰でも簡単「粉ふきいも」 全国的にはどうなんでしょう? 作ったことありますか? 私の住む北海道では、名産のじゃがいもを楽しむ郷土料理として愛されています。ホクホクのじゃがいもに、バターやイ…

今年のBBQは鶏肉で!その道のプロ「東千歳バーベキュー」でコツを聞いてきた

BBQで鶏肉を美味しく焼くの難しいですよね。上手に焼くコツ、知りたくなったので聞いてきました。教えてくださったのは、鶏肉オンリーのBBQ店、北海道・千歳「東千歳バーベキュー」の女将さん。今週末BBQやりたいぜ! 網の上で鶏肉育てたいぜ! と思っていた…

【開発期間15年】北海道のソウル漬物「にしん漬け」の作り方を田中青果に聞いてきた

北海道を拠点に食べ歩き、メシ通レポーターの裸電球です。今日は私の愛してやまない、北のソウルフードを徹底的にご紹介します!お酒との相性たるや、恐ろしいレベルです。北海道民のDNAレベルまで刷り込まれた、伝統の味! その名も「にしん漬」。 北海道と…

渋い界隈へようこそ!狸小路市場で見つけた「キリン」が熱い【北海道】

札幌の繁華街というと。皆さんご存じの「ススキノ」がありますが、今回はそこからほんの少し歩いたところにある界隈。歴史と伝統のある「狸小路市場」をご紹介します。市場なので、八百屋さんや魚屋さんが軒を連ねているのですが、この中で営む飲食店が激ア…

ホッペ落ちてませんでした?エーデルワイスファームのハムがすごい【北海道】

ハムと言えば、お中元やお歳暮にいただくか、おせちに入っている保存食。もしくは卵の下で焼くことで、目玉焼きをグレードアップしてくれる、あの子。なんて概念を木っ端微塵に砕くハムがあるという。北海道・北広島市「エーデルワイスファーム」で家族で食…

北海道のご当地食材の「かすべ」って食べたことありますか?

北海道民は冬になるとかすべを欲するらしい。かすべのない冬なんて耐えられない、という人もいるんだとか。……かすべって何ですかね? ご存じの北海道民の方にも、初耳のその他地域の方にも、かすべを味わい尽くせる旭川市中心部「旬の味処 かすべ」をご紹介…

ルーツはあの俳優のご先祖?北海道の定番メシ「三平汁」をフカボリしてみた

「ホットペッパー」&「ホットペッパービューティー」本誌との連動企画、「フカボリ! 美味なるご当地グルメ」。第6回は、北海道の名物料理「三平汁」をフカボリしました。

ここを通って食べないなんてありえない!中山峠の「あげいも」に密着

北海道民が札幌ー函館間の往来する際のルートになっているのが中山峠。ウネウネと険しい峠道なのですが、地元民はここを通るのを楽しみにしています。なぜなら「あげいも」を食べられるから。この中山峠名物を販売するのは「道の駅中山峠望羊中山」。今回は…

胃袋スキマゼロ宣言!みゆきちゃん定食のやりすぎな海鮮丼【北海道】

海鮮パラダイス、北海道。でもお高いんでしょう? と思ってるあなたにおすすめしたいお店があります。札幌市北区、北海道大学のすぐ近くで、ハングリーな学生を満たしている「みゆきちゃん定食」。ご飯が全く見えないどころか、すきまなく刺身がのっかった海…

飲み会を終えた大人の俺はシメにパフェを食べに行く【札幌はシメパフェブーム】

ガッハッハと宴はお開き。おつかれさまでした。皆さんはシメにラーメンですか?いや、私は今日はちょっと。雑踏を抜け、いつものお店へ。私は大人の男。かわいいパフェを食べることを楽しみに、今日1日頑張ったんだ! 「パフェ、珈琲、酒 佐藤」をご紹介しま…

危険すぎる「ノースサファリサッポロ」のフードはやっぱりデンジャラスだった【北海道】

ああ。行きたくない。グルメライターとして、あちこち巡っていますが。こういうのは初めてなんです。今日はサソリとか、ヤモリとか。その手のものを食べるわけで。ああ。行きたくない。でも、せっかく食べるんだから。悲観的にならず……。おいしそうにレポー…

タコパラダイス!「藤田水産」の珍味で最高の晩酌をメイク【北海道】

こんなおつまみ見たことありますか?すごいでしょ! そのまんまですよ、そのまんま。さあ、晩酌しようかと袋から出すと、息子が大歓声をあげました。タコが名産のマチ、北海道・小平町。藤田水産 はタコのありとあらゆる珍味が買えるお店。知る人ぞ知る、飲…

道民御用達コンビニ「セイコーマート」の自社ブランド商品だけで札幌ピクニックしてみた【秋冬リリース情報アリ】

以前、北海道内で圧倒的なシェアを誇るコンビニエンスストア「セイコーマート」の魅力について書いた。 埼玉県にあるセイコーマートの店舗を実際にたずね、自社ブランドの商品をたくさん買って食べながらお酒を味わった。 www.hotpepper.jp それはそれで大変…

生誕地は札幌の小さな酒場?全国でも珍しいオリジナル割り材「サッポロッピー」を飲んでみる

お酒が好きで何でも飲んでいる私だが、なんとなくの自分の中でのブームがあり、5年ぐらい前はやたらビールが好きで、3年ぐらい前からしばらくはハイボール一辺倒になって、ここ最近はもっぱら焼酎ばかり飲んでいる。 ここで私が言っている焼酎は、高級な芋焼…

トップに戻る