椿あきら

本場台湾の味「牛肉麺(ニョーローメン)」の作り方を台湾料理のプロに教わったら味が限界を超えた

以前ご紹介した、本場の味が楽しめる台湾家庭料理店「Kanoka」。 www.hotpepper.jp 小さなキッチンの中に小宇宙を見た、ママの料理の腕前が神がかっているあのお店です。 こんなかわいらしい外観ですが、味は妥協なしの本格派。女性グループだって思わずがっ…

「馬路村のぽん酢しょうゆ」があまりにおいしいので高知県民におすすめレシピを教えてもらった

高知県はゆずの生産量が日本一。 当然ながら高知県産のぽん酢は多数販売されています。その中でもすば抜けた人気と知名度、そして売り上げを誇るのが、馬路村農協が製造・販売する「ぽん酢しょうゆ ゆずの村」(以下、ぽん酢しょうゆ)。 今や全国のスーパー…

腹を満たす「総菜パン」。めくるめく創意工夫の世界

パン屋さんという言葉がもはや似合わない、おしゃれなベーカリーが各地で人気を集めている現在の日本。 昔に比べて店舗のみならず、パンの種類も増えました。テレビや雑誌でもパンが特集されるほど、その人気は現代の日本の食生活にしっかり浸透しています。…

缶詰バーの「売れ筋缶詰ベスト3」とは?その実力を検証してみた

以前から、つまみに何十、何百種類もの缶詰をそろえている缶詰バー「mr.kanso」が気になっていました。というのも、日本国内・世界各国の缶詰をそろえているだけでなく、オリジナル缶詰も作っているというのです。しかもその缶詰というのが、激辛カレー、た…

敷き詰めればマイ駅弁、これでエア鉄旅が盛り上がる

駅弁というのは、どうしてああも心がときめくのでしょう。 新幹線や特急電車に乗る前に駅弁を買うときの、あの高揚感。どれもおいしそうでなかなかひとつに決められない楽しいもどかしさ。いざ車内でふたを開けたときのワクワク。ついでに昼間からぷしゅっと…

糖質制限メシで満足感を得られるか?こんにゃく麺を活用してみる

10代の頃はいくら食べても太らなかったのに、健康診断で指摘されて焦る内臓脂肪。ダイエットしなければと思っても、スポーツジム通いは長続きしない……。 そんなときに味方になってくれるのがこんにゃく製品です。もともと麺類を糸状のこんにゃくに替えて、糖…

冷凍食品だけで3食作るとどんな食生活になるのか試してみた

独身男性にとっては1食まるまるフォローしてくれるものとして、お弁当を作る人にとっては欠かせないおかずとして、今や日本人の食生活に欠かせない存在として君臨している冷凍食品。 一般社団法人日本冷凍食品協会のホームページには冷凍食品の魅力が次のよ…

武蔵野うどんは「かんでから飲み込む」。居酒屋使いできる穴場を発見!

武蔵野うどん、食べたことありますか? 太い麺に強いコシ、つるりとした喉越しとは無縁のがっつりとした力強い食感。「スマート」「おしゃれ」といったカテゴリーには決して入らない武蔵野うどんですが、これが実にうまいのです。 「喉越しが良すぎてよくわ…

「太巻き男子」の名を欲しいままに!

もともと太巻きはお祭りとか集会とか、人が集まる晴れの場所と共にありました。にぎわいの場所に太巻きあり。まさにお祭り男ならぬ、お祭り料理です。 その太巻きを自分で作るという発想は……ないですよね。太巻きはおばあちゃんかおかんか親戚のおばちゃんが…

これは盛り上がる。自宅パーティで披露したいビッグサイズ「ねばねば丼」

ご飯の上にねばねばしたものを乗せていただく。 外国人が生まれて初めて食べるときは、それなりの勇気が必要かもしれませんね。しかし私たち日本人は、そのねばねばのうまさをよーく知っています。「ねばねば丼」でググると、山のようにレシピがヒットします…

麻婆トリオでもっとも影が薄い麻婆春雨の実力をチェック

麻婆豆腐、麻婆茄子、麻婆春雨の「麻婆トリオ」。 しかし麻婆豆腐、麻婆茄子に比べてなぜか影が薄い麻婆春雨。 実家でも食べた記憶は薄く、もちろん自分で作ったことなど一度もありません。日本の食事情的にも、麻婆春雨よりむしろチャプチェのほうが大きな…

我が実家スタンダード「天丼の卵とじ」が断然うまい

実家では天丼といえばかつ丼のように天ぷらを卵でとじたものだったので、初めて外食で天丼を食べたときに「卵がない」と衝撃を受けました。本当に衝撃でした。 天ぷらのおいしいお店やホテル内のてんぷら専門店でいただく天丼も、それはそれでおいしいのです…

タヒチ在住24年日本人夫婦が愛する「まぐろのSASHIMIソース」とは?

寿司が世界のSUSHIになってから、生魚を食べることへの抵抗がなくなった外国人はきっと多いことでしょう。しかし日本から約1万キロ離れた南の島タヒチでは、SUSHIが世界に認められる前から、レストランでも家庭でも「SASHIMI」が食べられてきました。呼び名…

マイベストツナ缶レシピを勝手に推薦

缶詰の中でツナ缶ほど日本人の食生活に近しい缶詰はないのでは。そう思うほど、ツナ缶は缶詰の中でも超メジャーな存在です。特におにぎりの具として認知されるようになってからの存在感といったらもう。ツナ缶の仕事はサンドイッチの具になることだけではな…

2つの素材だけでこの完成度。ホットドッグはただ者じゃない

ファストフードやカフェなどで、長年の定番人気商品であるホットドッグ。コンビニでもオリジナル商品が販売されています。 誰もが知っているし食べたことのあるものですが、日本の食生活においては意外に出番が少ないというか、影が薄いというか、少なくとも…

自宅で居酒屋飲み、今度は和食バージョンでやってみた

以前、「自宅で居酒屋飲み……なにこの幸せ」という記事を書きました。 www.hotpepper.jp このときは3,000円の予算で食べきれないほどの料理がテーブルに並びました。 お店の料理より単価が安いので、予算いっぱいまで買うとそれなりのボリュームになったので…

「かつおのたたき」のサクのコスパのよさに注目したい

東日本で赤身魚の刺身といえば、真っ先に思い浮かぶのはまぐろです。お店で刺身盛り合わせや刺身付きの定食を頼むとき、あるいはスーパーなどで刺身盛り合わせセットや手巻き寿司セットを買うとき、100%と言っていいほどそこにはまぐろが含まれています。 …

市販のラーメンを自分好みにカスタマイズしてみた【温・冷2パターン】

私は、外食でラーメンを食べる機会がほとんどありません。 理由としては、猫舌なので食べるのに時間がかかってしまうのでお店にもほかのお客さんにも気を使うから。人と一緒なら食事をしながらおしゃべりができるようなお店に行きたいし、ひとりの場合はひと…

カルボナーラのパスタは本当にスパゲティがベストなのか? 検証してみた

以前カルボナーラの記事を書いて知りました。人の数だけカルボナーラがあると。カルボナーラを愛する人々の誰もが「マイベストカルボナーラレシピ」を持っていると。カルボナーラってこれほど愛されているパスタだったのですね。学ばせていただきました。 ww…

心も体もあたたまる豚汁を鍋いっぱい作って毎日食べよう

みそ汁よりも具が多いというだけで、同じ「みそ」の「汁」でも特別扱いの豚汁。野菜もたっぷり取れて食物繊維も豊富、しかも肉まで入っているし。ほうとうを作ったときも思ったんですが、「肉と野菜を煮込む」料理というのは、しみじみおいしいですね。それ…

【新しい選択肢】市販のとんかつを使って自宅でかつ丼を作る

多くの人に愛されるかつ丼ですが、厚みのある肉を使うだけに、ワンコインで食べられるようなお店はそう多くないし(安いお店はとんかつのボリュームがそれなり)、専門店ではさらに値段も張ります。 お弁当として売られているかつ丼も、こんな感じです。 あ…

デパ地下で売っているあのサラダ、ここまで簡単にできるとは

デパ地下のサラダ専門店やお総菜屋さんで売られている海老とブロッコリーのタルタルサラダ。赤、黄、緑と彩りがよくボリュームもあるので、人が集まったときの1皿としてとても食卓映えします。 しかも冷菜なので、おしゃべりしながらのんびり食べても「冷め…

手抜き上等、省コスト歓迎、おいしければすべてよし。で、ペスカトーレ

魚介のスパゲティ、ペスカトーレは材料費がかかりがちです。確かに海の幸をふんだんに入れるほど高価になってしまいます。けれど冷凍のシーフードミックスを使えば、ぐっとリーズナブルに。「それじゃ味が落ちるよ!」という方は外へ食べに行きましょうね。 …

自宅で居酒屋飲み……なにこの幸せ

いろんな料理をお手軽価格でちょっとずついろいろ。それが居酒屋さんの魅力のひとつです。 自宅で同じことができたら…….。 部屋着で、フリーダムな姿勢で、2時間のしばりも隣のテーブルから流れてくるタバコの煙もなく、騒々しい団体客もいない珠玉のだら飲…

おこわはもっと身近な主食になれるはず。しかも簡単にできる!

スーパーにもち米を買いに行ったらなんと売り場に出ていなくて、お店の奥から出して来てもらいました。店頭に並べたもち米は、すべて売れたのだそうです。 でも今ふと思いました。どうしてもちって冬にばかり食べるんでしょう。もちろん「年中もちを食べてい…

感激の進化! 市販ピザのビフォーアフター

かつてスーパーで売られているピザは冷凍食品のみだったのに、冷蔵&サイズ大きめピザが登場するようになって、しかも、ペパロニから4種のチーズまで各社種類も豊富で、ピザライフが一気に充実した気がします。 ただ、ちょっとさびしいのですよ仕上がりが。…

ホットサラダ、これがおいしい季節です【蒸し野菜編】

恒例のサラダシリーズです。 冬にたっぷり野菜を取るというと鍋に走りがちですが、温かいサラダも冬らしいおすすめレシピです。 しばりがなさすぎて、「ホットサラダ」の定義はないに等しいです。温かい野菜はすべて「ホットサラダ」と言えるのですから。 さ…

チャーシュー(焼豚)は自分でも作れる

チャーシューのレシピを検索すると、星の数ほど作り方があるんじゃないかと思うほど、さまざまなレシピがヒットします。チャーシュ作りたい。でもどのレシピで作ればいいのやら。。。 ここはやはり、料理に対する情熱や腕前や装備(調理道具)がきわめて「並…

手抜きしたって自分好みの麻婆豆腐は作れる

麻婆豆腐、多くの日本人に愛される中華料理の王道です。ひき肉と豆腐を加えて煮立たせればできあがりという「麻婆豆腐の素」も、実にさまざまな種類が売られています。中にはひき肉入りのものまであって便利。 そこでひき肉入り麻婆豆腐の素を使って、どんな…

シンプル、簡単、そして美味。きのこサラダは優等生

きのこのマリネ的なものにたっぷりの野菜が加われば、それはきのこサラダ。サラダシリーズ、今回はローカロリーの王様、きのこを使ったサラダをご紹介します。 まずはきのこをあれこれ買ってきました。 プチトマトにパプリカ、この中には写っていませんが、…

すき焼き、ひとり1,000円でどこまで満足できるか

家で鍋パーティーをすることはあっても、すき焼きパーティーってあまり聞かない気がします。高価というイメージがあるせいかもしれません。けれどリーズナブルながら一定のクオリティのものを提供する、すき焼き&しゃぶしゃぶ食べ放題のお店も人気の昨今、…

存在は知っているのに食シーンに登場しないコンビーフを使い倒す!

コンビーフとは不思議な食べ物です。誰もが知っている食材なのに、日々の食卓にのぼることはほとんどない。自宅の棚の隅に眠っているのを発見しても、どんな料理に使えばいいのか今ひとつわからない……。 そこで今回は「これだけは知っておきたいコンビーフを…

ライスサラダという新しい扉を開いた!

ライスサラダ。日本ではまだまだマイナーな料理です。 「ご飯は熱々ほかほかでないと!」という声も聞こえてきそうですが、お弁当もおにぎりもお寿司もご飯は温かくありませんよね。 「ドレッシングとご飯の組み合わせに抵抗がある」という方、ドレッシング…

普通の鍋で豚の角煮に初チャレンジ

口の中でほろりと肉が崩れる豚の角煮。「自宅で作るなんて無理無理」、そうハナからあきらめてはいませんか。 自炊男子というわけではないし圧力鍋ももちろん持ってない、そんな方でも自宅でこのホロホロ角煮を作れることを、筆者がまず実験台となって試して…

みんなで楽しくセルフ生春巻きパーティー、やってみる?

生春巻きは、お店で食べたりスーパーやデパ地下で買って帰ったりするもので、自宅で作るものではないというイメージがありませんか? 揚げ春巻きのようにおかずになるわけでもなく、かといって主食になるわけでもない。その中途半端な立ち位置が、自宅で作る…

水で溶いて焼けばよし! パンケーキをがっつり宅メシ&酒のつまみにする最強組み合わせ

山盛りのホイップに色とりどりのフルーツ、さらに各種ソースで飾られたパンケーキ。相変わらず根強い人気がありますよね。 しかし、誰もがスイーツ好きとは限りません。パンケーキを「スイーツ」ではなく「食事」のカテゴリーで食べたい人だっているはず。で…

カフェで出てきそうなサンドイッチ、自分で作るとどこまで近づける?

カフェにはおしゃれでおいしそうなサンドイッチのメニューがあります。 ふわふわなクロワッサンを使ったサンドイッチ、きめの細かいイギリスパンを使ったサンドイッチ、バケットを使った食べ応えのあるサンドイッチ。具もハムレタスやツナ、BLTといったスタ…

ヤムウンセンはこんなに簡単なレシピだった【パクチー入り】

サラダという名がつけば、どんなにこってりしたものでも「これはサラダだから」という免罪符が与えられるサラダシリーズ。今回は大人気のパクチーを使ったタイ風春雨サラダ、「ヤムウンセン」を作ってみましょう。 いつもながら、びっくりするほど簡単レシピ…

牛丼、自分で作ってみようじゃありませんか

チェーン展開している牛丼屋さんの牛丼の味は、万人受けする悪くない味と感じた記憶があります。 なぜこのようなまどろっこしい表現なのかというと、これまでの人生で牛丼屋さんの牛丼歴があまりに少ないからです。店舗で食べたこと2度、テイクアウトしたも…

レトルトカレーはここまで頑張ってくれる

レトルトカレーは温めてご飯にかければ立派な一食。けれど胃袋だけでなく心も満たされるかといえば、そうとも限らないですよね。レトルトカレーが大好物、それさえ食べていればこよなく幸せという人ならばともかく、心のどこかで「手抜きで一食済ませた」と…

【究極の和と伊のコラボ】明太子スパ&明太子クリームスパを濃厚ゴージャスに!

スパゲティのメニューに明太子スパがあっても、なんの違和感も覚えない日本人ですが、本場イタリアにこんなメニューがあるわけありません。 これはあんパンのように、西洋から入って来たベースとなる食材に和の要素を取り込み完璧な調和を生み出す、まさに日…

【神アレンジ】偉大なる豚キムチチャーハンは2通りの楽しみ方で

「豚肉」+「キムチ」+「ご飯」という男性なら誰でもそそられるであろう鉄板の組み合わせ。新橋あたりではランチに豚キムチ丼を出すお店もよく見かけます。 この男性にこよなく愛される一品を、自宅で作ってみようではありませんか。作り方を紹介するのはは…

ささみとマヨネーズという諸刃の剣が生み出すささみサラダの誘惑

サラダシリーズ、今回はダイエット中の人にもアスリートにも人気のささみを使ったサラダ、名前もそのまんま「ささみサラダ」をご紹介します。 ささみは高たんぱく低カロリー、眼精疲労に効果のあるビタミンAや疲労回復に役立つビタミンBなども豊富に含む、優…

自宅で、素人が、ローストビーフ! サンドイッチも押し寿司も激ウマ

相変わらず人気が続いていますね、ローストビーフ丼。 ローストビーフは高価ですから、特盛をお得な価格で提供しているお店は話題になったりしていますね。自宅で食べようとスーパーで買おうにも、ほんのちょっとしか入ってないのに強気な価格設定です。 そ…

ドイツに行かなくてもOK!? 世界最大のビール祭り「オクトーバーフェスト」を自宅でやってみた!

毎年600万人以上が訪れる世界最大のビール祭り 今や、日本各地でオクトーバーでない月にも開催されるようになったオクトーバーフェスト。認知度もどんどん上がり、来場者も右肩上がりのようです。 オクトーバーフェストは、ドイツのミュンヘンで9月中旬から1…

実は食の優等生! 超スピード完成でおいしいドライカレーを自宅で作ってみた

多くの国民に愛されるカレー。その中でも、どこか影の薄いドライカレー。なぜでしょう? レトルトカレーも数えきれないほどの種類が売られているのに、地元のスーパーでレトルトドライカレーを探したら、わずか1種類しか置いていませんでした。 しかもこの通…

自宅飲み会? それなら葉野菜の上に牛肉ドーン! 男女ともに大満足もてなしサラダ

自宅に友人たちが来る。食べ物は各自持参してくれると言っていたけれど、うちが何も用意せずではちょっと悪い。かといって買ってきた惣菜ではつまらない、しかし料理はそもそも苦手……。 そんな、そこそこありそうな状況で一発逆転できるのがサラダです。彩り…

駒込に台湾誕生。本場の味に感涙! Taiwan Kitchen Kanoka

JR駒込駅東口から徒歩1分のところにある、台湾料理店 Kanoka。 外観はフェミニンな雰囲気。しかしその実態は、男性の胃袋も歓喜させる、本格台湾料理が味わえる骨太のお店。これもひとつのギャップ萌えですね。 以前は日暮里・舎人ライナー 扇大橋駅そばに店…

「サラダ」という名をつければ、たいがいのものはセーフになる法則@自宅デート

女子はサラダが大好きです。栄養価は高くカロリーは低い、生で食べればボリュームもあって満足感も得られます。 たとえ生野菜の上にこてこてマヨネーズのマカロニサラダが乗っていたとしても、女子は「これはサラダだから」という呪文を唱えていただきます。…

カルボナーラのレシピ:これなら自宅で簡単においしく作れる

カルボナーラを自分でおいしく作るのは、ハードルが高いというイメージがありませんか? そもそも「そのとき家にある材料」で作れないのが難点ですよね。生クリームを冷蔵庫に常備している男性は、控え目に言ってもかなり少数派でしょう。 牛乳で作るカルボ…

トップに戻る