スイーツ

ケーキパフェで話題のカフェ「ミオール」担当者が語る、仰天スイーツ誕生の意外な秘密とは【大阪・梅田】

背の高いグラスに入ったおいしそうなパフェ。 その上に、どこかから飛んできて、たまたまそこに乗っかってしまったかのようにドーンと大きなケーキがフタをしている ──。 これが「ケーキパフェ」か! 大阪・梅田に店舗を構える老舗カフェ「ミオール」には、…

時間が無くても大丈夫!ホマレ姉さんオススメの簡単りんごスイーツのレシピ

こんにちは、有機野菜農家のホマレ姉さんです。 あれよあれよと言う間に秋が過ぎ、本格的な寒さにブルブル震える毎日ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 今回は、そんな寒い季節になると無性に食べたくなるあのフルーツのレシピをご紹介しようと思っ…

おやつといえばコレでしょう!思い出が詰まったビタミンカステーラ【北海道】

まさに出身地発見機。ビタミンカステーラに反応してしまうのは、間違いなく北海道の人たちです。子どもから大人まで、誰もが食べられる優しい味わい! 100円でおつりがくる価格帯! 北海道民のソウルフード、ビタミンカステーラ。パッケージや味に慣れ親しん…

平安時代創業の茶舗「通圓(つうえん)」でランチ&お茶でほっこりしてきた【京都・宇治】

みなさまこんにちは。メシ通レポーターのナガオヨウコです。 京都には、数百年年以上続く、老舗中の老舗がちらほらあります。 平穏で平和な今の時代でも、10年、20年とお店を続けていくのは大変ですよね。 なのに、数々の乱世の時代をくぐり、今もなお愛され…

牛乳のミディアムレア!福島の「べこの乳」はなぜあんなにも濃厚なのか聞いてきた【別視点ガイド】

福島の温泉宿に来ています。どうもこんにちは、別視点ガイドの松澤です。 さきほどから必死で吸い込んでいるのは「ソフトクリーミィヨーグルト」。飲むヨーグルトだ。メーカーは会津中央乳業。福島県内いたるところで目にするので手に取ってみたら、これがま…

回転寿司も真っ青!沼津の老舗喫茶店「どんぐり」のリバーカウンターが斬新過ぎる件

メシ通レポーターのYELLOWでございます。沼津駅の南口側には「沼津仲見世商店街」と呼ばれる、渋い商店街があります。 今はシャッターを下ろしたままのお店も少なくありませんが、昭和30~40年代はこんな感じで栄えていたようですね。 と、言う訳で今でも「…

【うまい棒のひみつ】うますぎるアレンジレシピ&全品実食レビュー

いきなりですが、うまい棒クイズです! この6本のうまい棒、どれがどの味かわかりますでしょうか? 正解はこちら! 左から とんかつソース味 ピザ味 牛タン塩味 エビマヨネーズ味 チキンカレー味 やきとり味 です。 久しぶりにうまい棒を買ってみて気づいた…

たった100円で絶品クレープが味わえる、奇跡の駄菓子屋さん「淡路屋」【神戸】

クレープがたったの100円? こんにちは。メシ通レポーターの放送作家、吉村智樹です。 「絹のような」という意味を持つ「クレープ」。 小麦粉に牛乳やバター、たまご、砂糖などを溶き、あつあつの丸い鉄板へとろ~り。 そこへまるでグラウンドを整えるように…

【検証】1本 3,000円クラスの高級カステラをラスクにしてみた結果

皆さん、ラスクって自宅でも簡単に作れちゃうって知ってますか? なんと、パンを薄く切ってオーブンかトースターで焼けば出来上がりという手軽さ。その素材は超安いバケットでOK。 しかも、時間が経って少しカスカスになったものでも使えちゃう。 さらに、こ…

ヨーグルトみたいな懐かし系駄菓子「モロッコヨーグル」の謎に迫る【工場見学】

駄菓子屋さんの定番商品というと何が思い浮かぶだろうか。 うまい棒、よっちゃんいか、ビッグカツ、ポテトフライ、フルーツ餅とか、まあいろいろもちろんあると思うのだが、きっとこれを挙げたら「あー! あった!」と思い出してくれる方がすごく多いんじゃ…

酸っぱいものが甘くなる「ミラクルフルーツ」を試してみた

こんにちは。人生で奇跡の大逆転を起こしたい放送作家の花見です。 みなさんが思い浮かぶ奇跡って何がありますか? 自分が思い浮かぶ奇跡と言えば1996年長嶋ジャイアンツがペナントレースでみせた「メークミラクル」!! 首位広島から11.5ゲーム差をつけられ…

【月間ランキング】2017年8月~「ヨーグルトコーヒー」や「クラフトビール風に化けさせる裏ワザ」などが話題に

『メシ通』8月の人気記事ランキングです!見逃した記事はありませんか?ぜひ読んでみてね~。

青い空 緑の山と 南国果実。一句詠みたくなるほどのフルーツパーラー「光楽園(ひかりらくえん)」【石垣島】

それは家族愛から始まった こんにちは。メシ通レポーターの泡です。 今回ご紹介するのは、石垣島にあるフルーツパーラー「光楽園」。 「こうらくえん」ではありませんよ、「ひかりらくえん」と読みます。 石垣空港から車で20分ほどの畑の中にあるお店です。 …

生誕40周年の「ビックリマンチョコ」が世代を超えて愛される理由とは?ロッテの担当者を直撃してみた

ロッテの担当者を直撃 『メシ通』をご覧のみなさん、これご存じですよね。 ビックリマンチョコ! いまだ現役の人気菓子ですよ。 なんたって最近は国民的マンガとのコラボや、 国民的アイドルのコラボもやってるんだから。 僕ら団塊ジュニア世代にはおなじみ…

夏の富良野で食べたい、地元民がマジでオススメする変わり種テイクアウトグルメ

今日は富良野です。でも、今回は『北の国から』もラベンダーもチーズもワインも牛乳も関係ないんです。今日のご紹介は「たい焼き」。といっても、ちょっと普通とは違う「たい焼き」なんです。 お店の名前は「甘太郎」。場所はJR富良野駅から歩いて5分ほど。…

ヨーグルトコーヒーは先入観を打ち砕かれるうまさ【ベトナムで大流行中】

マイクロ出版社、ferment booksの(よ)です。実は、みなさんに試して欲しい飲みものがあるんです。 それは、ヨーグルトコーヒー(上の写真)。 もうこの時点で、 「え~っ!? ヨーグルトとコーヒーなんて、合うわけないじゃん!!」 って思った、または、…

1805年創業、帰省のおみやげに船橋屋のくず餅はいかが?【かき氷も大好評】

もうすぐ帰省シーズンがやってきますが、故郷へのおみやげに頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。 なんせ実家の親ときたら、うまいだのまずいだの、安そうだの高そうだのうるさいですからね。 そこでおすすめしたいのが、ぐうの音も出ないほど超…

【あの懐かしグッズも】「ドーナツとコーヒー」は最高の組み合わせ。みんなもっとミスドに行ってもいいんじゃない?

最近忙しくてストレスが溜まっている気がする。 ちょっと気分転換になる楽しいことないかなぁ……。 ま、楽しいことってだいたい食べることだったりするわけですが。 そこでふと思いついたのが、ミスタードーナツ。 コンビニでパンや飲み物を買ってデスクでメ…

カレー店なのに店名が「フジヤマプリン」!?謎が謎を呼びっぱなしで解決には至らず【京都】

名は体を表す、って本当ですか。こんにちは、メシ通レポーターのナガオヨウコです。 今回ご紹介するお店の名前は「フジヤマプリン」です。でも、プリン専門店ではなく、カレーがメインのお店。 そして先に申し上げると「フジヤマ」に、意味はありません。ど…

年中フルーツ狩りを楽しめる! 鮮度最高な果物のおいしさを堪能出来る「白根グレープガーデン」【新潟】

新潟市南区(旧白根市)は、古くから果物の栽培が盛んな地域です。 新潟の信濃川下流域の名産品で西洋梨の「ル・レクチェ」をはじめとし、新潟県産いちごの「越後姫」の他、桃やぶどうなど、多種多様なフルーツが栽培されています。 今回ご紹介する「白根グ…

なつかしの昭和玩具「ママレンジ」は、平成の現在でもちゃんと使えるのか【ガチで調理実験】

セレブのオモチャだった こんにちは、『メシ通』の埼玉部ほか、なつかし系玩具コレクターとしても活動している、ニポポです。 唐突ですが、 覚えていますか?「ママレンジ」 1969年、アサヒ玩具(現在は廃業)というメーカーから3,500円という当時では超高額…

お酒が飲めない人も楽しめるプリン?どぶろく特区の「ほろ酔いどぶろくプリン」を食べてみた【愛媛】

こんにちは! なかなか地上に行けない地下放送作家の内村です。 みなさん「なっそ」って知っています? 南予地方(愛媛県南部)の方言で、を「なっそ」は「なんで?」「どうして?」という意味です。 その南予地方にある宇和島市が、平成19年3月に愛媛県で第…

北海道のお土産といえば「旭豆」でしょ?工場を見学してきた【北海道】

昔懐かしい北海道のお土産はいかがですか? 香ばしく炒った大豆を、てんさい糖でコーティング。 お土産といえば「旭豆」は外せません! シンプルだからこそ難しい、職人の技がキラリと光るお菓子に密着です。 今回、特別に製造工場を見学させていただくこと…

【オカルトクッキング】ノストラダムスが残した「幻のジャムのレシピ」を再現

<<第一章>> 昭和生まれの人なら知らない人はいないであろう予言者、ノストラダムス。 恐怖の大王がやってくるという1999年の予言に震えながら青春時代を過ごした方も多いのではないでしょうか? 占星術や予言で知られるほか、医師でもあったノストラダム…

みんな大好き! 横浜ベビースターランドで【できたてベビースター】を食べる

誰もが子どもの頃に大好きだったお菓子ってありますよね。 ベビースターラーメンなんかもそのひとつ。 ゆきちゃめゴンも大人になった今でもたまに無性に食べたくなることがあり、いつも家のお菓子置き場にストックしています。 実は横浜に「ベビースターラン…

筍や椎茸の砂糖漬け! 日本古来の蜜菓子「五智果」がなんかすごい【日本全国3,000円以内お取り寄せリレー】

これ……な~んだ。 くるりと巻いたかさ。無数のひだ。 砂糖がかかっているのが見えますが……。 うん。 椎茸だっ。 外側はカリッと爽やかな甘味、しかし、中は椎茸そのものの風味だっ! 斬新。 きのこの新しい食べ方来たコレ。 これが何かと言うと、大阪は八尾…

【閲覧注意】血みどろのお菓子を召し上がれ!「中西怪奇菓子工房。」のダークサイド・スイーツ【大阪】

この記事では、リアルなホラー菓子店を取り上げており、視覚的に苦手と思われる方は、これ以上閲覧せずそっと閉じてください……。 モノレールの街にある怪奇菓子 こんにちは。メシ通レポーターの放送作家、吉村智樹です。 さて最近、飲食の世界では「SNS映え…

なぜそこまで限界に挑む!? 「鬼コスパ」の良店まとめ【激ウマ】

お値段の高い食べ物がウマいのは当たり前。 でも、ものすごーくウマいのに、さらにお値段もリーズナブルときたら……こりゃもう我々にとって天国のようなお店なワケで。 ということで、ここでは「あんまり他人には教えたくない、コスパ最高の良店」をこっそり…

この食感は革命的……福井の知られざるお菓子「羽二重シュー」を取り寄せたらほっぺたが落ちた

こんにちは。メシ通レポーターの大矢です。現在東京在住の私ですが、以前は仕事の関係で夫とともに各地を点々としておりました。某県民番組の某夫妻みたいに。で、2014年の11月まで2年ほど暮らしたのが、福井。 皆さん、福井ってどんなイメージがありますか…

和菓子をスルーしてきた甘党放送作家が、トロっとろすぎる本わらび餠を取り寄せてみた

こんにちは! 1日に1回はコンビに寄り、必ず甘い物を買って帰るほど甘いのもが大好きな放送作家、鈴木です。 着々と増えていく体重には見てみぬふりを決め込み、今日も甘い物を頬張っています。そんな私は最近、あることに気がつきました。 「そういえば、和…

【葉っぱは食う? 食わない?】満開の桜の下で桜餅を味わいたい【甘党無宿】

ひさかたの光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ ・ ・ ・ あぁ、失敬失敬。あまりの陽気にすっかり歌人気分になってしまった、甘味ユニット「甘党無宿」の住倉カオスです。まぁ他人の歌ですが。 いやぁしかし、花見シーズンとあっては、紀友則さんな…

フランス革命に影響を与えた? 男がマリーアントワネットの大好物を食べてもいいじゃない!

こんにちは。最近、小さくて温かいものなら何でも「カワイイ!」と言ってしまうほど、可愛さ審査が甘くなってきました。放送作家の高橋です。 先日、「ヴェルサイユ宮殿監修 マリー・アントワネット展」を見に行って、ますます乙女ゴコロが刺激されてしまい…

夢をかなえるメガスイーツ! プリン15個分の「バケツプリン」を取り寄せてみた

こんにちは! 放送作家目指して早3年、今はめでたく放送作家として、少しずつ仕事が入ってくるようになった松尾です。 今回は、誰もが驚くプリンをお取り寄せしてみました! 卵・牛乳・砂糖・香料などを混ぜて、型に入れて蒸し焼きにして作られる洋菓子の「…

【駄菓子&ゼリー菓子まとめ】あの頃の味の記憶が蘇る……僕らの世代の僕らのお店3選

懐かしいですね〜。町の小さな文房具屋さん兼駄菓子屋さんみたいなお店に、100円玉握りしめて行ったこと、昨日のことのように思い出せるメシ通編集部です。 えっ? 何それ? って、君いくつ? あ〜平成生まれは、生まれた時からコンビニがあって、物心ついた…

だんごの中にタレが内包?「元祖大阪みたらしだんご」をさっそく取り寄せてみた

生きている中で一番の幸せは食べること! ウマい物を食べている時が一番幸せを感じる放送作家の鈴木さやかです。 ほぼ毎日、さまざまなお店の料理やスイーツの画像をネットで検索している私。あれも食べたい……これも食べたい……もう全部食べたい!! よだれと…

進化系も増えている懐かしの【ミレービスケット】食べだしたら止まらない!

最近はまっているお菓子があります。 それは「ミレービスケット」。 昭和レトロなパッケージと懐かしい味で最近密かなブームになっていて、いろんなところで見かけるようになりました。一見地味なのですが、ほのかに甘くて固めのビスケットに塩味がなんとも…

【カモフラ飯】意識の高いビジネスパーソンは、桜の花びらで糖分を補給する

タイム・イズ・マネー。 意識の高いビジネスパーソンは常に時間と競い合い、より効率的なモノを求めている。「24時間戦えますか?」の精神は、21世紀でも健在だ。中でも、食事をいかに手軽に、かつスピーディーに行えるかがポイントとなる。 そこでオススメ…

ご飯にかけるチョコレート?さっそく取り寄せて食べてみた

こんにちは。誕生日はバレンタインデーの翌日、新人作家の大谷です。チョコレートをもらった次の日に、チョコレートケーキを母が用意した時は、さすがに甘過ぎるぞ!!と怒った思い出があります。 みなさんはチョコレート好きですか? 僕は、子どもの時は苦…

出会いの森いちご園~食材のルーツを辿る旅 其の7(後編)~産地を巡る冒険【タベアルキスト】

みなさん、こんにちは! メシ通レポーターのタベアルキストTokuharaです。「料理」と「生産者」。両者を繋げる魅力ある「食材」。そのルーツを辿る旅。 第7回目の前半に続き、後編は「スカイベリー(登録品種名「栃木i27号」)」に焦点をあてるべく、「生産…

フルーツダイニング8010~食材のルーツを辿る旅 其の7(前編)~産地を巡る冒険【タベアルキスト】

みなさん、こんにちは! メシ通レポーターのタベアルキストTokuharaです。 「料理」と「生産者」。両者を繋げる魅力ある「食材」。そのルーツを辿る旅。 7回目の今回取り上げる食材は、「いちご」。 その「いちご」の中でも、プレミアムな逸品として分類され…

ホワイトデーのお返しに、買った男性がハマってしまう卵白を使わない「生マシュマロ」とは【神戸】

そろそろ、ホワイトデーですね。個人的に誰からももらっていなくも、女性がいる職場に在籍しているなら、何か用意しておくのもよいかもしれません。 さて。「白くてフワフワしたもの」と言ったら、何を想像しますか? 関東地方の人なら「はんぺん」とか? い…

柑橘類最大級の晩白柚(ばんぺいゆ)は、そのままでもサワーでもウマい!!!

こんにちは。先日行った飲み屋さんで、網焼きした皮つきミカンを食べてそのおいしさに感動し、それ以来買ってきたミカンはレンジでチンして皮ごと食べています。皮の苦さがなくなり、ジュワっとした甘酸っぱさが増して、とてもおいしいですよ。ぜひ試してみ…

小出真保のSNSモノマネ「三度の飯よりいいね!が好き❤」第4回

優香などのモノマネが人気の女芸人・小出真保による連載企画「SNSモノマネ」。 “食”をテーマに、ネット上にあふれる「いいね!」が欲しいオンナたちの姿とその裏側を、小出がこっそり(ちょっとオーバーに?)コピる、なりきり企画です。 たとえ、現実の自分…

【チョコ】明治のチョコレート工場に潜入&2017年のバレンタインのトレンドを聞いてきた

2月といえば、恋の一大イベント・バレンタイン。 個人的な話なのですが、先日夫に「今年のバレンタインは手作りチョコあげるね♥」と言ったところ、「別に作らなくていいから、明治の板チョコにしてくれ」というショッキングな返答をされたのです。 私の手作…

【お酒×パンケーキ】北嶋佳奈のおとなのブランチ「ブランデー香るココアパンケーキ」

ブランチの定番メニューを、お酒にも合うおとな味に こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。 2月に入り、まだまだ寒い日が続いていますが体調など崩されていませんか? 2月といえば、あのイベント! というわけで今回ご紹介するのは「ブランデー香るココア…

新潟名物「笹だんご」作りを体験出来る!? 老舗和菓子店「田中屋本店」【新潟】

新潟名物「笹だんご」 今回は新潟土産といえばコレという一品「笹だんご」をご紹介したいと思います。 新潟には「笹だんご」を提供しているお店が数多くありますが、今回ピックアップしたお店は、単に買って食べるだけではなく、「笹だんご」作り体験の出来…

世界一まずいあめ、フィンランドの「サルミアッキ」を日本食に混ぜてみた

みなさんは「サルミアッキ」を食べたことがありますか? 「サルミアッキ」はフィンランドのお菓子。リコリスというヨーロッパではメジャーなお菓子に、塩化アンモニウムを加えたものです。実はこの「サルミアッキ」、世界一まずいあめということで有名なんで…

フシギ食感! ふわふわトロトロの創作大福がずらり

住宅街にある和菓子のお店 平成27年の国勢調査で人口が5万人を越えて、平成30年に「市」に昇格することが確実になった福岡市のベッドタウン・那珂川町。その閑静な住宅街の一角に、お隣の福岡市や春日市だけでなく、遠方からもひっきりなしにお客さんが訪れ…

毎月1日と15日にだけ現れる謎の「ハトポッポ」の正体は?【福岡・唐人町】

城下町の商店街にある福岡藩主御用達の和菓子店 福岡城の城下町にある唐人町商店街はかつての唐津街道にあたり、古くから賑わってきた商店街だ。 ここにある「加美家」は享保二年(1717年)の創業で、来年300周年になるという福岡藩主黒田家御用達の和菓子の…

「あるあるイラスト」が話題のぺろりん先生(ベボガ!)がはじめての食レポに挑戦【アイドルめし】

本場ハワイアン料理をおいしく食べまくる アイドルと「ヲタクあるある」をイラストにすることで、一躍有名となったベボガ! のぺろりん先生こと鹿目凛。 その後もTwitterのフォロワー数はどんどん増え続け、今では約7万人のフォロワー数を誇る。今回は生まれ…

トップに戻る