ニュース

【フランス人の味覚】和菓子は全部「同じ味」?今パリで“足し算の和菓子”が必要なワケ

パリ在住ジャーナリスト・加藤亨延さんが現地と日本の食文化のギャップに迫る連載【フランス人の味覚】。今回は「和菓子」がテーマです。フランス人とは相性が悪いとされてきたこのジャンルを広めていくため、和菓子職人が考えた秘策とは?

ご飯は「お弁当」に必須じゃない?パリで弁当店を経営する日本人の驚き【フランス人の味覚】

コロナ禍のフランスでも活躍中の「お弁当=Bento」。現代のパリっ子に受け入れられる理由から、フランス人が好き/嫌いな具材まで、その最新事情をたっぷりお伝えします!

焼きたてパンを冷凍化して届けてくれる月額制宅配パンサービス「パンスク」が画期的なうまさだった

全国のパンの名店の焼きたてパンが毎月自宅に届けられる、パンのサブスクリプションサービス「パンスク」。 焼きたてパンを独自の冷凍技術で冷凍、それを契約した個人宛に毎月届けるというもの。冷凍庫から取り出し温め直すだけで、全国の評判のパン屋さんの…

なぜプロバスケチームが飲食店支援を? 元プロ選手の社長が語る地域への想い

厳しい状況にある地元の飲食店を救うべく立ち上がった愛知のプロバスケチーム「三遠ネオフェニックス」。その取り組みと、地域に対する想いとは。

【フランス人の味覚】日本と真逆の営業スタイルの「塩ラーメン屋」が、なぜかパリでウケているワケ

パリのラーメンシーンに変化が起きています。 これまでパリでラーメンと言えば“豚骨”のイメージでした。2011年にパリへ進出した、豚骨スープを使った背脂チャッチャ系「こってりらーめん なりたけ(以下、なりたけ)」を皮切りに、「一風堂」「博多ちょうて…

【食品業界、人手不足問題】ロボットは人間の仕事を奪わない?よくわかる 最新「協働ロボット」入門

人とロボットが協力して働く日がやってきた 工場でロボットが車を組み立てたり溶接したりする姿を、ニュース映像などで見たことがある方は多いと思います。そうした「産業用ロボット」が海外で作られるようになったのは1950年代頃。 その後、1970年代の高度…

【フランス人の味覚】なぜ今、パリで日本の「おにぎり」がトレンドになりつつあるのか?

毎年ミシュランの星付きシェフがブースを出す、パリの食の祭典「テイスト・オブ・パリ」。その会場内にて、パリで長年飲食店を営む「国虎屋」が、来場者たちにある日本食を紹介していました。 彼らが紹介していたのは、あの「おにぎり」。美食を求め訪れた来…

「牛乳配達」ってまだやってるの?実は時代に合わせた新サービスでV字回復していた!【明治フルーツが消えたワケも】

朝もやの中をチリンチリンと走り抜ける牛乳配達の自転車。日本の原風景とも言うべき、さわやかな風景だ。 しかしこの牛乳配達、いまはどうなっているのだろうか? 最近配達している自転車をとんと見ないし、「苦戦している」との話を聞いた気もする。 やはり…

これは未来の飲食店なのか──アバターと飲むスタンドバー「AVASTAND」が出現

未来の飲み屋は、カウンターも無人化されてしまうのか 中野の九龍城とも呼ばれるワールド会館を擁する中野新仲見世商店街。 路地裏の一角に、その店は忽然と姿を現した……。 無人のカウンターには大型モニターが設置されており、そこにはCGのキャラクターが………

キリン「月額制ビール」の美味しさ、値段……本当のところはどうなのか

「月額制のビール」は本当に実現できるのか お家で「いつでも生ビールを愉しめるビールサーバーがあればいいのに」って思ったこと、ありませんか? もし自宅にあれば、いつでもキンキンに冷えた生ビールがあるし、飲みたいだけ飲めるし、泡の量だって自由自…

「全席禁煙化」にかじを切った串カツ田中のその後について話を聞いてきた

あの串カツ田中が全席禁煙化に踏み切った 居酒屋さんの「串カツ田中」が、2018年6月1日からほぼ全店の禁煙化をスタートさせた。禁煙化して最初の1カ月に関するプレスリリースが7月の初頭に発表され、その意外な結果に世間が驚いたことは記憶に新しい。 以下…

トップに戻る