バーその他

「プロントのセルフ立ち飲み」が角打ちみたいでいい感じ【0.5次会にも】

セルフスタンドバー形式で話題の「PRONTO ILBAR(プロントイルバール)」渋谷フクラス店。「角打ちみたいなプロント」ってことで、渋谷周辺のビジネスマン需要も高そうです。

「囲碁将棋ファン集う飲食店」の盛況に学ぶニッチビジネスのヒント

お腹を満たしたい。料理やドリンクを楽しみたい。会話を楽しみたい。雰囲気やサービスを味わいたい。多くの人々はこのような理由で飲食店を訪れているのではないだろうか。 だが、ゲームを楽しむプールバーやダーツバーのように、観戦を楽しむスポーツバーの…

「爬虫類バー」というアナタの知らない世界

爬虫類愛好家のためのお店 メシ通の取材をするようになって、友人知人からいろいろなお店の情報を教えてもらう機会が増えました。 そんななかで「中野にヘビやトカゲとか爬虫類がたくさんいるBARがあるらしい」という噂を少し前から耳にしていました。 いつ…

日本初の「ブロガーが集うバー」がオープンしていたのでログインしてみた

令和初日、若者の街・高円寺にオープンしたブロバー。ここは、おそらく日本で唯一のブロガー向けの飲食店です。いったい誰がどんな目的で作った? お客さんはどんな人が何を求めて夜な夜なやってくるのか? 全ネット民必読!

これから飲んでみたい人のための「ジン」「クラフトジン」入門【まずはこの11本から】

クラフトジンの専門店を発見 巷ではクラフトジンが流行っているようですね。 私も最近、沖縄旅行の際に泡盛ベースのジンを飲んだのがきっかけで興味を持ち、「身近にジンに関していろいろ聞けるお店はないかな……」と思ってずっと探していたんです。 すると、…

これは未来の飲食店なのか──アバターと飲むスタンドバー「AVASTAND」が出現

未来の飲み屋は、カウンターも無人化されてしまうのか 中野の九龍城とも呼ばれるワールド会館を擁する中野新仲見世商店街。 路地裏の一角に、その店は忽然と姿を現した……。 無人のカウンターには大型モニターが設置されており、そこにはCGのキャラクターが………

「バーバーバー」なお店に行ってみた

バーと美容室が一緒になった店 こんにちは、ディスク百合おんです。 先日、京王井の頭線・久我山駅から歩いて2分くらいのところに、民家にモダンさが加わった、良さげな外観のバーを発見しました。 店頭にあったメニューを見てみるとお酒が幅広く揃っていま…

目白「蝶屋」は現代の竜宮城?5000匹の羽ばたきに導かれ「蝶取り名人」の人生哲学に触れた夜

目白通りの地下にひっそりとたたずむ「蝶屋(てふや)」の店主・柿澤清美さんは、そのスジには周知の「蝶捕り名人」であり、指折りのパイオニア。齢75歳にして、今も国内外を忙しく飛び回る研究者だ。 蝶を追っては山の幸に出会い、それを摘んではまた蝶を追…

【ウイスキー】シングルモルト・シングルカスクの神髄にちょっとだけ触れてきた

まるで物語のワンシーンのような 映画やマンガに登場しそうなBARがあります。コンクリート打ちっぱなしの外観は隠れ家的、というか隠れ家そのもの。 その1階にある入口の周辺には目立った看板はなく、扉横に店名が刻印されたプレートがかろうじてあるのみ。 …

ADHD当事者の僕が「発達障害バー」というお店を作った理由

スタッフほぼ全員が発達障害の当事者のバー ここ数年で広く知られるようになった「発達障害」。 挙げられる特徴は多岐にわたるものの、コミュニケーションがうまくはかれなかったり、タスク管理が苦手だったりと、対人関係や仕事の場面で苦労する人も多いと…

サバゲーファンがハマる!「エアガンが撃ちまくれるシューティングバー」の話

たまには撃ちまくりたくなる時がある 「松山市内の、とあるバーに潜入せよ」 筆者に指令が届いた。 さっそく出向いたそのバーの扉には……。 え? 銃!? じつはこのバー、エアガンを撃つことができるシューティングバーなのです。 その名は「フロントライン …

ダメだけど憎めない友人「モリウラ君」が突然お店を始めた

「モリウラ君 誰」 皆さんのまわりにも、こんなタイプの友人が一人や二人、いるのではないでしょうか。 もともとモリウラ君は、クラブで知り合ったお友達。 マイペースな雰囲気でつかみどころがないが、十分な愛嬌(あいきょう)と、ほどよい失礼さを持ち合…

テレビでは出ない本音も盛りだくさん!野性爆弾くっきーとファーストサマーウイカがサシ呑み!

野性爆弾・くっきーとサシ呑み! 前回、こちらの記事に登場していただいたファーストサマーウイカさん。 酒場のことを知り尽くしているといっても過言ではない知識量に驚いた方も多かったのではないでしょうか。 www.hotpepper.jp 今回は、前回とは少し趣向…

クラフトビール量り売り専門店を営む元バックパッカーの生き様【下北沢】

演劇とサブカルチャーの街として知られる下北沢。飲食店も数多くひしめくこの地で今年3月、日本全国のクラフトビールを量り売りするお店がオープンしました。 ▲今年3月にオープンしたお店の外観 それがこの「TAP&GROWLER(タップアンドグロウラー)」。下北…

東京⇄群馬の二拠点生活、どんな感じですか?前橋のブックバー「月に開く」店主に聞いてみた

最近よく耳にする「二拠点生活」。 平日は都市部で働き、週末は自然豊かな土地で趣味に没頭するといったライフスタイルがよく取り沙汰されているが、その実態はどうなんだろうか。経済的にも時間的にも余裕がある人だけに許されたゼイタクという気がしないで…

コルク2000個で肖像画を描くソムリエ!染み込んだワインが顔になる【別視点ガイド】

こちらは見ての通り、ナポレオンの肖像画。ぽつぽつと点描のように描かれてるが、意外なもので出来ている。 なにで出来てるかお分かりだろうか!? なんとワインのコルクなのです! 肖像画1枚に使われるコルクはなんと2000個! 彩色を一切加えず、ありのまま…

昼は活版印刷所、夜は立ち飲み屋さん。「リズムアンドベタープレス」は誰でも入れる自由な印刷所だった【別視点ガイド】

墨田区千歳。 都営新宿線森下駅近くの落ち着いた雰囲気の住宅街に、ドアをめいっぱい開いた開放的なお店があった。 店頭の黒板には不思議なキャッチコピーが描かれている。 「活版印刷と立ち呑みの店」と。 ▲活版印刷機をバックにインタビューをおこなった …

【いつかお店をやりたいすべての人へ】Tシャツブランド「ハードコアチョコレート」MUNEさんの場合

以前『メシ通』でも取材をさせていただいた、東京・東中野のBAR バレンタイン。 店主のMUNEさんはこれまで、子どもの頃からの「好き」を貫いた自分のお店を、一から作って経営してきた。 www.hotpepper.jp 来年は開店10周年。バーとともに営むTシャツブラン…

焼酎バーの店主がセレクトした「死ぬまでに一度は飲みたい焼酎」10選【ヒョイ飲み】

焼酎はハードルが高い。 どうもそういうイメージが拭えないんですよね。 飲んでみると、いろいろ味が違うのはわかる。はっきりわかる。 濃いのやら、香りが強いのやら、辛いのやら、それぞれに個性があるのだな、ということはわかります。 どれも同じだとは…

250種類以上の缶詰と本格カクテルが楽しめるバーを発見……これは楽しい!

だし巻き卵、たこ焼き、激辛カレーなど、個性的なオリジナル缶詰を販売しているmr.kanso。缶詰のクオリティの高さはすでに記事でご紹介済みですが、その缶詰が食べられるmr.kansoのバーにもぜひ行ってみたいと思っていました。 www.hotpepper.jp 今回は門前…

芥川、谷崎、ゲーテ……文学マニアが作ったお店で「文豪たちが愛した食事」を堪能してきた

食事と文学は、切っても切れない関係にある。 もし、主人公がマドレーヌを食べなければ、マルセル・プルーストの『失われた時を求めて』は話が進まないし、村上春樹は『ダンス、ダンス、ダンス』の主人公である「僕」にスモーク・サーモンサンドウィッチの作…

アイドルが渋谷でスナック経営「ヤングスナック-芹奈-」にぜひ行くべし

「アイドル」と「スナック」。 イメージでいえば、昼の世界と夜の世界。 まるで真逆に思えるかもしれない。 しかしアイドルが自らお店を持って「ママ」として切り盛りしているお店がある。 その名は「ヤングスナック-芹奈-」。 場所は渋谷道玄坂から曲がった…

小学校跡地でお酒が飲める?泡専門バー「awabar」の魅力にせまる【福岡】

みなさん、こんにちは。メシ通レポーターの暇モアイです。 今回ご紹介するのはバーなのですが、これがまたただのバーではないんです。恐らく日本初の試みではないでしょうか、小学校の跡地でお酒が飲めちゃうバーがあると言うんです! 小学校でお酒飲むって…

貴重なオールドボトルが1500本!1杯300円から飲める「お酒の美術館」【京都】

こんにちは、ウイスキーのオールドボトルも愛してやまない、メシ通レポーターの西尾明彦です。今回ご紹介するのは、貴重なオールドボトルをリーズナブルに飲める「レトロパブ お酒の美術館」です。 オールドボトルとは、一般的に、ボトルに詰めてから10年以…

飲めるブラジャー「横須賀ブラジャー」を探して

皆さん、「若松マーケット」という街を知っていますか? 横須賀中央駅からほど近くにある、昭和の雰囲気がそのまま残った飲み屋街です。ここには、ブランデーとジンジャーを使った地カクテルが存在するそうです。 その名も……「横須賀ブラジャー」! ぶ……ぶら…

泊まれる立ち飲み屋さんって需要あるの?看板女将のももちゃんに聞いてみた【福岡・大手門】

コンセプトは「飲んで泊れる」お店 ここ数年、つぶれるまで飲んだことが無いライターの桂ですこんにちは。 20代の頃は酔いつぶれて五反田の路上で寝てしまい警察を呼ばれたこともありますが、年齢を重ねるといろいろ自重するのでどれだけ飲んでもきちんと家…

中野の「小さい音楽館」でオリジナルの馬の歌を聞かせてもらった【別視点ガイド】

先日、友人と雑談をしていたら、不思議なお店の話しをしてくれました。 そのお店は中野駅にあると言います。 職場の連中と飲み会をして、ほどよく酔った中野の夜。ハシゴをしようと適当にはいったお店でこころよく迎えてくれたママさん。 どこにでもあるカラ…

飛びかうグラス!躍動するカクテル!世界一のフレア技術をバー「Garden」で見てきた【別視点ガイド】

みなさん、フレアショーをご存じでしょうか? ボトルやシェイカーを使ってバーテンダーが曲芸的にカクテルを作るショーです。 アメリカのバーテンダー・ジェリートーマスが、ウイスキーに火をつけて行ったパフォーマンスがそもそもの起源とされています。 映…

【漫画喫茶】「お酒飲み放題」のネットカフェなんて、天国すぎるじゃないか【ヒョイ飲み】

漫画を読みながらダラダラとお酒を飲むのが好きです。 家で一人飲みをする時は、ラズウェル細木先生の『酒のほそ道』が最高のおつまみになります。相性がいいんですよね、漫画とお酒。 ちょっと空いた時間があると、ネットカフェに行って漫画の一気読みなん…

男子の二大好物が食べたいなら「バルカン」に行けばいいじゃない!【京都】

餃子と唐揚げが二枚看板。 こんにちは。メシ通レポーターの泡です。 老いも若きも、男子たるものこの2つが嫌いな人っているんでしょうか。 (もちろん女子もですが)。 餃子と唐揚げ。 あー、この語感だけでビールが飲みたくなるっ! さて、今回ご紹介するの…

美人に釣られて今宵もフラリ……。大人の街春吉でまったりと日本酒をたしなむ夜【福岡・春吉】

意外と困る二次会のお店選び 一次会が終わって三々五々散っていく参加者たち。「じゃあ親しい仲間と二次会に行こうかな」と思った時に、意外とお店選びに苦労することはありませんか? ラーメンで〆て帰るのはまだ早い、かといってカラオケで騒ぐ気分でもな…

「鶯谷」という街でお店をやるということ【ビストロ酒場の店員さんに話を聞く】

ディープタウン・鶯谷のビストロの店員さんから見た鶯谷 山手線沿線の駅では随一とも言われるディープスポット・鶯谷。 みなさんは、この街のことをどこまでご存じですか? 何しろ山手線内の駅でもっとも乗降者数が少なく(およそ新宿駅の1/30)、駅前にラブ…

新業態「コワーキングスナック」ってなんだ?【美人ママさんハシゴ酒】

第16回:五反田「コワーキングスナック CONTENTZ分室」の美人ママたちに会ってきた このところ、『美人ママさんハシゴ酒』も浸透してきたようで、お店のご提案をいただく機会も多くなってきた。ありがたいことだ。 先日お仕事をさせていただいた編集者の方か…

凝り性マスターが凝りに凝ったラムは、常時300種以上!「ラム酒最強宣言」カフェに夢中【福岡・天神】

「あのカフェ」はこの春、もっとカフェになる。 飲んでますか? メシ通レポーターのあずま梓です。ラムはお好きですか? ビール酒、ワイン酒とは言わないのに、シェリー酒と並び「ラム酒」と表記されるのはなぜでしょう? これは、主に製菓材料として輸入さ…

なにこれすごい……「バー カオス」の中毒必至なカレーと特製ジントニック【京都・木屋町】

飲んべえ大絶賛のカレーはバーにある!? こんにちは。メシ通レポーターの泡です。 『メシ通』読者のみなさんはうすうすお気づきかと思いますが、アタクシにありがちなこと、深夜の飲み食いがやめられません。 酔った帰り道、気づけばコンビニでカップ麺のカ…

南の島のバー「かぶやぁ」で国内外のラムと島フードに酔う【石垣島】

夜の蝶ならぬ○○○○が待つカウンター こんにちは、石垣島出身・京都在住のメシ通レポーターの泡です。 そろそろゴールデンウィークの予定を立て始めた方も多いのではないでしょうか。 今回は、石垣島旅行を計画しているアナタにぜひおすすめしたいバーがござい…

謎の劇団女優さんが働く「おスナック」の楽しい仲間たち【美人ママさんハシゴ酒】

第15回:漫画家・東陽片岡さんの「おスナック」で働く劇団女優・チャーマア ハイヂさん Facebookのお友達であるチャーマア ハイヂさんから、メッセージが届いた。この美人ママさんの連載を見てくれているそうだ。続けて、彼女が土曜日だけ働いている「秋田ぶ…

京の路地奥に潜む「日本酒BAR あさくら」でヘンタイ酒に出会う【京都】

営業マンからBAR店主へ こんにちは、メシ通レポーターの泡です。最近夢中になっている「打首獄門同好会」というバンドの曲で『日本の米は世界一』というのがあるんですが、お米は本当に素晴らしい食べ物ですよね。どうしてあんなにうまいのか。食べても食べ…

美人バーテンダーに聞いた「音楽とお酒で人生をちょっとだけ良くする方法」【美人ママさんハシゴ酒】

第13回:ミュージックバーの美人ママに聞いた「音楽とお酒で人生をちょっと良くする方法」 この連載も今回が13回めとなる。だいたい月に1回のペースなので、1年を過ぎたことになるんだよね。 さて、今回の美人ママはカメラマンの沼田さんからの紹介です。 と…

現役タレントや個性派美人とまったり飲める噂のお店? 「スナックしろくま」に行ってみた

新宿に、ちょっと面白い飲み屋さんがあるという話を小耳に挟んだ。なんでも、現役タレントやアイドルと楽しく飲めるらしい。それだけじゃない。タレント以外のスタッフの女の子も、エッジの立った個性派美人だという。その名は「スナックしろくま」。 さっそ…

大人なら一軒は欲しい「マスター、いつもの」と言えるバー。熟練バーテンダーに男が飲んでカッコいいカクテルを聞いた【福岡】

こんにちは。メシ通レポーターのあずま梓です。 あなたには、「行きつけのバー」はありますか?上司に叱られた日も、プレゼンに勝った日も、恋人と別れた日も、行って話したくなるマスターのいる、馴染みのバーって良いものです。 いつだって、黒服のバーテ…

【うまい酒】飲んべえのための「ライブハウス飲み」の楽しみ方【ヒョイ飲み】

四谷のライブハウス「アウトブレイク」は飲んべえの楽園! イギリスなんかだと、パブ(パブリック・バー)という、みんなが集まる安い飲み屋さんがあって、そこでバンドの演奏なんかもあって、それを見ながら酒を飲むという文化があるそうなんですね。そうし…

美人ママ&いかついマスターに会って週明けのネタにしちゃう?【まとめ記事】

リア充になりたいと願う、メシ通編集部です。 普通の人物に見られたいという思いと、ちょっと変わった人だと思われたいという相反する思いを、同時に抱えていたりしませんか。日常モードの自分を脱ぎ捨て、今まで知らなかった自分に、出会えるかもしれない世…

羽田にないけど「羽田バル」。東京都大田区でつくられたクラフトビールが飲める店!

最近よく聞く「クラフトビール」。小規模な工場で、職人が手作業でつくるビールです。小規模でも作れる、要は都心でも工場を構えることができるわけですね。 2014年12月に大田区唯一のクラフトビール工場「羽田ブルワリー」ができました。そこで作っているク…

古き良きいやし時間! 一人客も居心地が良い熱帯魚BARを発見【大阪・中崎町】

大阪の街・中崎町。 ここは古き良き昭和の時代を感じさせる場所として、近年若い人たちの話題になっているスポットです。 その大阪市中崎町の「天五中崎通商店街」にあるのが「近藤熱帯魚店」。「天五中崎通商店街」は、近くにある天神橋筋商店街の賑わいと…

【ドンキ】ワイン1杯80円!? かつてない鬼コスパのワインバーが立川のMEGAドン・キホーテにあった!【天国酒場】

驚安の殿堂・ドンキで食す極ウマのワイン&おつまみ 仕事帰りにちょっと一杯。そのひとときが至福の時。 でも景気がねぇ。景気がいま一歩で、ちょっと一杯やるのも遠慮がちな今日この頃。 立ち飲みで焼き鳥とホッピーとか、角打ちとかせんべろ店は数多くあれ…

福岡・警固の立ち飲み酒場で、 毎月11日に開催される“せんべろ”を体験!!

メシ通レポーターの泡太郎です。 突然ですが、最近よく耳にする“せんべろ”ってご存知ですか? 「千円でべろべろに酔えちゃう」っていう意味なんです。千円でべろべろ、略して“せんべろ”です。 そんな“せんべろ”が楽しめるお店が福岡にもあり、しかも、その内…

着物姿の似合う美人イラストレーターさんが週イチでバーテンダーをするお店【美人ママさんハシゴ酒】

第11回:美人イラストレーターがバーテンダーをやっているお店・御茶ノ水「いま粋」いずみママ 今回、美人ママがいるのは御茶ノ水。というわけで、JR御茶ノ水駅の聖橋口に降り立った。 もう18時を過ぎているというのに、まだまだ明るいね。本郷通りを駿河台…

【下北沢】接客業30年! 絶妙なトーク術でファンを魅了する美女の店【美人ママさんハシゴ酒】

ニッポン全国 美人ママさんハシゴ酒:第9回 下北沢「BATHTUB GIN」美穂(みほ)ママ 今回のお店があるのは下北沢。 ある意味、東京でも独特の飲み屋さんがいっぱいあるところ。 そして、今回、めちゃくちゃ個性的なお店で、これまた個性的なママがいらっしゃ…

【姫乃たま】サブカル好きが集う東中野「BAR バレンタイン」でナゼかモテを学ぶ【今夜もヒミツ酒:8軒目】

誰にでも秘密はあります。たとえば、故郷などないような顔をしている酒場の人たちにも、きっと。おいしいごはんとお酒に緩んだ、その口元から溢れる、あなたの秘密を教えてくれませんか。 扉を開けると、上下左右にサブカルワールドが 中央線の列車を降りて…

トップに戻る