焼鳥

【西荻窪】在住50年の住民と語らった、この街のディープな魅力について【中央線の名居酒屋】

シリーズ・中央線の名居酒屋 vol.5 「やきとり 戎」(西荻窪) 西荻窪、通称・ニシオギ。 この街に住む人も、そうでない人も、 不思議とこの駅は「ニシオギ」と略称で呼ぶ。 ひらがなで書くと同じく6文字の東中野は「ヒガナカ」などと呼ばれないのに、不思議…

全国の「美唄やきとり」ファンに届け! 福よし本店のもつ串を味わう!【北海道】

全国に熱狂的なファンがいる、魅惑の焼鳥。様々な部位の鶏肉が一串で味わえる名物料理があります。 皆さんは「美唄やきとり」をご存知ですか。北海道・美唄市民の頼み方も豪快です。「18時に持ち帰りで、もつ50本お願いします」週末にもなれば、そんな電話が…

これアイスキャンディーでしょ!?「全や連総本店 東京」に今夏限定で登場した「ク~ルやきとり」

「全や連」って何? と思われた方もいるかもしれません。日本が誇る和食のやきとりをもっと楽しんでほしい! と、全国のご当地やきとりのお店が集結し、立ち上げた「全国やきとり連絡協議会」のことです。 そして、日本中を飛びまわらなくても、全国7大ご当…

商店街に週2限定で現れる 鶏肉店が営む立ち飲みって何だ!?【京都】

関西では立ち飲みブームと言われて久しい昨今(東京ではどうなんでしょうか)、京都では、鶏肉店が立ち飲みをしていて、しかも話題らしい……ということを聞きつけて、さっそく行ってきました。 鶏肉店が立ち飲みにモデルチェンジ 3月のまだまだ寒い日、京都の…

【パリッコ】商店街のド真ん中でオープンエア&立ち飲み!地元民いこいの焼鳥店「鳥勢」【東京・小岩】

こんにちは、パリッコです。今回も調査という名の飲み歩き活動にいそしんでいきたいと思います。 この間、普段そんなに行く機会のない「小岩」という街に用事があり、その用事も済んで、せっかく来たんだしと、ふらふら散歩していたんです。 「なかなか活気…

中央線沿いで飲むならここしかない!北海道からの刺客「串鳥」攻略法を元店員が教えちゃうよ

こんにちは、北海道出身のメシ通レポーターの木村です。 突然ですが、みなさん焼き鳥は好きですか? 札幌市民に「焼き鳥屋さんといえば?」と聞くと、ほとんどの人が「串鳥」と答えるくらいになじみ深い焼き鳥チェーン店があります。 札幌市を中心に道内、東…

ひっそり酒場だけに、知らぬ福岡ッコも多いはず。 ここが焼き鳥天国福岡の虎の穴!

昭和のムードが風に揺れる赤提灯。 そのボロボロ具合までも色気に変えてしまうのが、いい酒場の証。 酒場では、常連客と女将が共犯のごとく繰り広げる人情的な掛け合いが最高の酒の肴となり、気の利いたコメントなんか必要ナッシングな“気楽飯”の温かみが胃…

飲んで学んで内定ゲット!? 有名企業内定者を輩出する、京都の就活生が集う居酒屋とは

突然ですが、あなたはどんな学生時代を過ごしてきましたか。 京都市内、嵐電の白梅町駅からすぐ近く、一条通商店街(通称妖怪ストリート)の中にある「猿基地(さるきち)」という呑み屋には「もうこれ絶対全力で青春じゃん!」がギッシリと詰まっています。…

日本伝統の“焼き鳥”をマレーシアで! ホッピーも飲める、クアラルンプールの「鶏鬨 TORIDOKI Kuala Lumpur」

「日本のラーメンは中国の拉麺とは違う」というお話を耳にすることはありませんか。確かに拉麺は手延べ麺のことを指し、ラーメンは中国語の湯麺(汁麺)と近しい存在。そして独自の発展を遂げた、日本の国民食とも言えるメニューとなりました。 ところ変われ…

こだわりの無濾過生原酒と極上地鶏を味わう。新宿・歌舞伎町の焼き鳥「鳥みつ」

「旧コマ劇場(現TOHOシネマズ 新宿)裏に、焼き鳥のうまい店があるらしい」 そんな情報を聞いて、正直最初は……半信半疑でした。歌舞伎町といえば、やはり男と女の夜の国。飲食よりもやはり「盛り場」がメインとなるエリア。個人的に食を楽しみたいときは、…

「夜まで待てない!」と思った時にオススメ。昼から営業している焼き鳥屋まとめ

昼から飲むお酒って、なんであんなにおいしいのでしょうか……。普段は仕事終わりの夜に飲む人が多いでしょうから、まだ明るい内に飲むのはその背徳感もあって最高なのかもしれません。 最近では、ランチにビールやワインが軽く飲めるお店が増えているものの「…

【姫乃たま】大きな体と、小さな恋 〜下北沢「焼鳥 Shin」〜【今夜もヒミツ酒:1軒目】

誰にでも秘密はあります。たとえば、故郷などないような顔をしている酒場の人たちにも、きっと。おいしいごはんとお酒に緩んだ、その口元から溢れる、あなたの秘密を教えてくれませんか……。 プロローグは雨のシモキタから 雨が降っていました。私は、藤井フ…

トップに戻る