マツータケシ

どれだけ食べても、太らない!? たらふくお肉ば、食べてんしゃい!【福岡・平尾】

まいどっ! 毎月29日は“お肉day”と決めている、肉LOVEなメシ通レポーターのマツータケシです。 ということで、今日は最高のお肉でキメるぜ! ……といきたいところですが、最近のボクときたら、お腹はダルダルお顔はパンパン。奥さんにダイエットを進められ、…

心も体もホットになりたいときこそラーメンを! 裏メニュー「炙り替え玉」とは!?【博多】

いやはや、寒いですね~。 ついこの間まで「暑い! 暑い!!」って言ってませんでしたっけ!? 季節は変わっていくんですね(遠い目……)。 ちょっと寒さに弱い、メシ通レポーターのマツータケシです。 「寒い! 寒い!! 」と家に閉じこもっているのもなんな…

栄養たっぷりの納豆料理。粘りの中にあふれるうま味がたまらない!

こんにちは、メシ通レポーターのマツータケシです。 灼熱の夏も終わり、秋ですね! えっ!? 仕事が忙し過ぎてバテ気味!?それはいけませんね……。わかりました。そんな人たちのために私がひと肌脱ぎましょう!栄養満点! 健康食品として世界中で注目を集め…

不思議なネーミングの名物丼ぶり、「A丼」とは!?【博多】

オイサッ オイサッ、オイサッ オイサッ。 勇ましい声が響き渡っております。 770余年の伝統を誇る「博多祇園山笠」。 そんな博多の夏の風物詩的お祭りの真っただ中に、博多の町にやって参りました。 厳密に言えば「博多っ子」ではなくて、「福岡っ子」のメシ…

かぶりつき系最強! 豪快に骨までしゃぶり尽くせ!【福岡】

こんにちは。メシ通レポーターのマツータケシです。 ジメジメとした梅雨が明けて、夏到来ですね! 今年も花火に夏祭りに海水浴にと、テンションをアゲまくって遊びつくしちゃいますよ〜。 夏といえば BBQも忘れちゃあならんですよね。 ……ってそこのアナタ、…

まるですき焼き!? 長く受け継がれてきたあばあちゃんのもつ鍋【万十屋】

こんにちは。春夏秋冬、朝でも昼でも、鍋歓迎!鍋好きだけど、まだひとり鍋はしたことがない、メシ通レポーターのマツータケシです。 そもそも鍋が好きな理由は、みんなでワイワイ食べることができるからであって、ひとり鍋はその気持ちにそぐわないな……と思…

「日本一のホルモン屋」看板のうたい文句に間違いなし「煮こみ」【福岡】

こんにちは、メシ通レポーターのマツータケシです。 『メシ通』の読者の方ならご存知かもしれませんが……。胃袋を刺激しまくる町・白金&高砂エリア。老舗も中堅も新店も、多様な飲食店があちらこちらで暖簾を掲げていて、「A級だろうがB級だろうが、ウマかも…

300種類が勢揃い!世界のビールを飲みつくせ!【福岡】

どうも~! メシ通レポーターのマツータケシです。 すでに酔ってます。 というのも、今回ご紹介するお店の名物はビール! ビール!! ビーール!!! 3回言っちゃいましたけど、言い足りないくらいの種類のビールが揃ったお店なんです。 「ク~ッ」と言いな…

福岡の朝といえばこのお店! 朝から海鮮づくしも悪くないでしょ【おきよ食堂】

こんちは~、じゃなくて、おはようございま〜す。朝から元気な、メシ通レポーターのマツータケシです。 「腹が減っては戦ができぬ」と言いますが、“朝ごはん”はきちんと食べていますか? 空腹ではいい働きができません。一日のスタートにおいしい“朝ごはん”…

博多の台所に穴場のごはん処!?名物は市場クオリティの絶品海鮮丼「柳橋食堂」

好漁場としても名高い玄界灘が自慢の博多では、当然のことながら魚グルメが強い。高級店がまぶしい中洲でも、話題の店が立ち並ぶ天神でも、魚料理自慢の名店がしのぎを削っていますが、今回ご紹介したいのは大衆系。しかも“佇まい”を含めておいしい穴場があ…

ベーカリーで、菓子店で、喫茶店。 福岡のリトル・オーストリア

みなさん、グリュース・ゴット(こんにちは~)。 メシ通レポーターのマツーです。 今日は、福岡市南区の長丘というエリアにやってきております。 てことで今回は、人呼んで“福岡のリトル・オーストリア”こと、「サイラー」というお店をご紹介します! こち…

このボリューム!さらにスーパージャンボとんかつなる裏メニューも発見「とんかつ大将」【福岡】

おつかれさまでぇ~っす。大食いレポーター……いえいえ、メシ通レポーターのマツーでぇ~っす。 お腹がパンッパンッで爆発寸前な時は、ちょいと口調がチャラくなるクセがあるみたいでぇ~っす。3カ月ぶりの大食い’sハイになっております。そうです、今回も食…

これが博多風お好み焼き!?ほらほら麺をよ~く見てくださいな

B級グルメと呼ばれていても、味や値段の満足度はS級グルメ お好み焼きは、知っての通り大阪&広島が二大聖地。な~んだけど、“庶民のヒーロー飯”として全国各地で親しまれているがゆえに、その土地その土地で独自の進化を遂げていたりする。 ってことで発見…

細い階段を上った先はアートな喫茶「屋根裏 貘」

みなさま、ご機嫌麗しゅう。 メシ通レポーターのマツーです。 わたくし、普段からのんきにヘラヘラと過ごしておりますゆえ、のんびりくつろげる場所が大好きなんス。 ひたすら「ぼーっ」と過ごすのが、一番の贅沢。珈琲を飲みながら、スローな音楽。サイコー…

胃袋を直撃するウマさ!タコスが名物のメキシカンな洋食店【福岡】

「もぐもぐ……」 「むしゃむしゃ……」 「パクパク……」 「ゴクゴク……、プふぁ〜っ」 「……! 」 おおっと、失敬失敬。 ごちそうに夢中になってしまっておりました。メシ通レポーターのマツータケシです。 今日もまっ昼間からゴキゲンへべれけ♪しかも洋食屋さんで…

都会の喧騒を忘れてリフレッシュ! 四季折々を感じながら過ごす、茶屋でのひととき【福岡】

突然ですが、ムショーーーーーーに、甘いものが食べたい……。 うん、和菓子な気分だな。 よし、どこかおいしい甘味処を思い出そう。 「…… …… ……。」 ヤバイ、糖分不足で、脳ミソが働かない。 落ち着け、俺。落ちついて、おいしい甘味処を思い出そう。 「…… ………

ウマかもんば、たらふく食ってけスタイル!無敵の黄金からあげ【黄金彩】

YoYoYo! ここが博多の、食い倒れの穴場。知っている奴らは、鼻高高。 食いしん坊たちが、分かち合う、からあげカーニバル! 沸き立つ食い意地で、新記録たたき出す♪ チェケラッチョ!!!!!!!!!! てなわけで、今日もピースだ、ご飯がウマい♪ へっぽこMC(ではな…

福岡最強のトルコライス!普通盛りでもお腹が破裂寸前なんですけど……「HANAMARU厨房」

おつかれさまです! メシ通レポーターのマツータケシです。 あっ、今、お腹がパンッパンで爆発寸前なもんで、ちょいと口調が変になっとりまぁ〜っす。 これが噂の大食い'sハイってやつですね。 さてさて、何が起きたかというと、そう、喰って喰って喰いまく…

【博多】嗚呼、このデミグラスソースの海で泳ぎたい! 絶品オムライスに舌鼓~【ペヒーズ】

ちゅ〜っす。 メシ通レポーターのマツータケシです。 突然ですが、ちかっぱ(とっても)幸せな夢を見たとです。なんだか茶色い海を渡っていたかと思うと、そこはデミグラスの海。牛肉エキスがたっぷり染み出たソースが、ウマいのなんの。 ってことで、そいつ…

【糸島】黄身がつまめる「つまんでご卵」の 美味しいロールケーキを食べてごらん【つまんでご卵】

メシ通レポーターのマツータケシです。 早速ですが、またまた地元自慢をしてもよかですか。 某アンケートで“日本でイチバン住みたいトコ”にも選ばれ、近年耳にする機会が増えた人も多いのではないでしょうか?新鮮な食材が手に入り、おしゃれなカフェやこだ…

挨拶力も味のうち。 元気モリモリになるたこ焼き&唐揚げ「元気屋」

メシ通レポーターのマツータケシです。 理不尽上司からのとんちんかんなお叱りに、「ハァ〜」。胸キュンしちゃったあの娘からのあからさまな既読スルーに、「ハァ〜」。親父が大切にしていたクラリネットを壊しちゃって、「ハァ〜」。 誰にだって、どんより…

ドイツ愛まっしぐらの主が手づくりする 本格ソーセージ&ハムに悶絶「シュテファン」

グーデン ターク! マイン ナーメ イスト(わたしの名前は)マツータケシです。 今回はドイツにやってき、、、、てはないけど、福岡にいながら気分はすっかりドイツ! でございます。こどもの頃からハムっ子、ソーセージっ子で、遠足の弁当にソーセージが入…

一流の寿司がコースで3,000円代 これが“お魚王国”福岡の食の底力ばい

マグロにカンパチ、真鯛にアナゴ。アジやサバの脂もノリノリ。博多に来たなら、酒の肴にゴマサバ必須! ってことで、ここは“お魚王国”福岡。刺身もウマけりゃ、煮付けもウマい。とくりゃもちろん、寿司もウマくて、値段も手頃。とはいえ、ここまで良心価格な…

【博多】伝来当時の製法で再現した中世うどん。2玉でも3玉でも値段は一緒……なだけじゃない! 【春月庵】

こんちは〜、メシ通レポーターのマツータケシです。 冬はやっぱり寒いものですね。いやはや、そうなると、あったか〜い出汁が恋しくなりますなぁ〜。 お腹の底からじんわ〜りとカラダが温まるってのが、なんとも幸せ。 食欲もワイワイ湧いてくるってもんです…

焼鳥屋なのに牛あり鍋あり魚もウマいってどげな店かいな?【牛作】

こんちは。 福岡の魅力をお届けするために、日々、町を暗躍(ふらっと徘徊)する地元情報操作員、“地元にメロメロセブン”こと、メシ通レポーターのマツーです。 そんなわけで早速、「エッヘン!」と鼻高々に福岡自慢。 福岡県は全国有数の店舗数を誇る焼鳥王…

わがままオーダー大歓迎!ダイニングバーなのに〆はラーメンほんでもってこのウマさ。さすがはラーメン王国ですばい【新川バル DUMBO】

こんにちわ。メシ通レポーターのマツータケシでございます。 仕事で嫌なことがあった日は、「てやんでい」と飲んで、ビールで流して、ウマいもんをたらふく食べりゃあ、それでOK! 次の日に持ち越すだけ損、損、孫正義は福岡の誇り!ってことで、おいしいもん…

ガッツリいけて味も満足、後味スッキリ! まずはランチで食べたい“お助けマン”的中華

メシ通レポーターの松鵜です。 空っ腹に苦悶する胃袋君をガッツリ満たして幸せな午後を迎えたい、でも贅沢病にかかってしまったグルメ舌ちゃんを「どうよ!」とも唸らせたい。 でもでも、胃もたれ将軍の攻撃を受けぬよう、食べた後のスッキリ感も望んでいる……

ひっそり酒場だけに、知らぬ福岡ッコも多いはず。 ここが焼き鳥天国福岡の虎の穴!

昭和のムードが風に揺れる赤提灯。 そのボロボロ具合までも色気に変えてしまうのが、いい酒場の証。 酒場では、常連客と女将が共犯のごとく繰り広げる人情的な掛け合いが最高の酒の肴となり、気の利いたコメントなんか必要ナッシングな“気楽飯”の温かみが胃…

辺ぴな場所で、マニアックなアレンジうどん。 でもね、麺もスープも一級品!!!

知っとりますか? 福岡県民のうどん愛。 ライターの松鵜です。 博多名物といえば、豚骨ラーメン、もつ鍋、辛子明太子、水炊きが一般的だけど、福岡っ子に言わせりゃ「うどんば忘れちゃいかんバイ!!」てなもんです。 実は、福岡のうどん屋の店舗数はラーメ…

豚肉品質がウマさの決め手。九州・博多の“トンコ通”が足しげく通うとんかつ屋のちゃんぽん

ライターの松鵜です。 唐突ながら、県外から遊びに来た友人がツッコミ。 友人「とんかつ屋で、チャンポン?」 私「え? なに? 変?」 友人「博多っ子には豚骨風味の血が流れているなんて冗談を聞いたことがあるけど、まさかとんかつ屋で豚骨ラヴァーズたち…

太っ腹価格で、太っ腹のボリューム!“たこや気分”を満たしてくれる福岡の“たこやキング”

県外では意外と知られていない!? 福岡のグルメ街 ライターの松鵜(マツウ)です。 今回ピックアップするのは、白金&高砂エリアの穴場。老舗、中堅、新店とどの層の店も充実していて、A級グルメでもB級グルメでも食いしん坊たちの欲望を満たしてくれるこの界…

蕎麦屋でラーメン?替え玉もOK?実力派だからこそ「まとめて面倒見ちゃるバイ」

蕎麦屋でラーメン? ライターの松鵜です。突然ですが、「腹減った〜」からのラーメンスイッチON! ってことでやってきました、ウマい!と評判の蕎麦屋さん。 、、、、、ん、蕎麦屋!? アララ、おいらのおトボケさん(頭をコツンっ)。地図を見間違えたかな?と…

トップに戻る