そば・うどん・麺類

カロリー超控え目で麺類欲を満たせる「しらたきボロネーゼ」をぜひ試してほしい【北嶋佳奈】

こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。 歓迎会やらお花見やら、春の宴続きで最近食べ過ぎてる…… というそこのあなたに! カロリー控え目で麺類欲を満たす「しらたきボロネーゼ」をご紹介します。パスタは1人分およそ380kcalであるのに対し、しらたきはな…

なぜか高円寺が「うどん」の激戦区になっていた

いつの間にか高円寺がうどんの激戦区になっていた 少し前から疑問に思っていたのです。 「そう言えば高円寺って、うどん屋が多いな」と。 試しに中央線沿線の駅で、うどん屋(蕎麦屋がうどんを提供している場合と大手全国チェーンを除く)を検索してみたとこ…

インスタントラーメンがウマくなるチョイ技2つ【ヤスナリオ】

こんにちは! 「高円寺メタルめし」のヤスナリオです。 今回はワタクシ、ヤスナリオがハマっている袋入りのインスタントラーメンの作り方を2つご紹介します。 まずチョイ技その1は、卵。インスタントラーメンに卵を入れると美味しいですよね~。皆さんはその…

大量の乾麺、どうしよう。とりあえず「蒸し茹で」にすると捗るよ【かめきちパパ】

1人暮らしの食生活を支える“実家便”に大量に入っていたり、誰かからお土産でいただいたりして、気がつくと意外と大量に居座っている「乾麺うどん」。 日持ちするし調理の手間もかからないし、何もないときには便利なストック食材です。ただし、茹でて、めん…

汗と埼玉愛がわき出すピリ辛ソウルフード、「スタミナラーメン」を今こそ知ってほしい

埼玉県、特にさいたま市界隈で熱愛されているスタミナラーメン。1970年代ごろから浦和・大宮・上尾の男性客を中心に親しまれてきた、埼玉県屈指のソウルフードだ。ご当地グルメファンからは、奈良、茨城、そしてこの埼玉のスタミナラーメンが「日本三大スタ…

「焼きそば」を激ウマに作る新ルール。最初に炒める意外なものって?【エダジュン】

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 お腹にもたまって、野菜も食べられて、しかもビールもすすんじゃう「焼きそば」。10分もあればできて失敗なし、何かと忙しいこの時期には特に重宝しますね。 今回は、その焼きそばを絶品、より濃厚に味変! 隠し味…

ラーメンなのか、そばなのか。老舗立ちそば店の新メニュー「和風中華」が画期的なうまさだった

新橋の名店が打ち出した画期的すぎるメニュー こんにちは、東京ソバット団のソバット本橋です。 今回は老舗の立ち食いそば店が放った、画期的なメニューを紹介しますよ。 そのお店は酒呑みたちの昭和遺産、新橋駅前ビル1号館の1階にある「三松」。 ビル1階の…

BLT(ベーコン・レタス・トマト)の神コンボは、冷凍うどんにぶっかけるのにも超便利だった。ヤスナリオの「BLTうどん」

「BLT(ベーコン・レタス・トマト)」といえば、パンに挟んでBLTサンドイッチにして食べるのがおなじみ。でも意外や意外! この神コンボ、アツアツのスープうどんに入れてもウマしなんです。 作り方もカンタン。鍋にコンソメスープを沸かしてBLTをイン。あと…

「芋煮だけじゃない!」山形出身の2人が語る地元愛とカジョセン。ときどき、メシ

「山形」と聞くとどのようなイメージがありますか? 芋煮、さくらんぼ、あたりはパパっと思い浮かびますが、これ以上すぐにでてくる方は多くはないのではないでしょうか? そんな一見地味に見える山形県ですが、6.5メートルの巨大鍋で芋煮を作り、「8時間で…

年間500杯食べるうどんマニアに教わる「こんなにいろいろある!ニッポンのうどん」

うどんの常識を疑う コシ、のど越し、出汁の3つが命といわれる「うどん」。 体内に半分ほど香川県民の血が流れる筆者も、41年間そう信じて生きてきました。 ところが……です。 世の中には、そんな「うどんの常識」を覆すうどんがあるそうです。 そこで、全国…

冷凍うどんをレンチン5分「春キャベツとしらすのオイスターガーリックうどん」がおいしすぎた【エダジュン】

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 春キャベツが出回っている頃ですね。甘くて、お財布にもやさしくて、食べ応えのあるキャベツは男子メシ、一人暮らしメシにもぴったりです。今日は冷凍うどんと一緒に電子レンジに入れて、あっという間にできるレシ…

関東風と関西風、うどんつゆの「天下分け目」はどこにあるのか? ~関ヶ原のあるお店をめぐって~

東日本と西日本で大きく異なる「うどんのつゆ」。その分岐点はいったいどこに? 歴史上もっとも有名な合戦場・関ヶ原のユニークお店にそのヒントが! エリア岐阜

【そばマニアが本当は秘密にしたい穴場店】ちょっとシャイな店主が語る「そば愛」とは

日本中のそばの名店を追いかけて、今日も東京ソバット団が東奔西走! ジャンク系から本格派まで、ガツンと濃い系から淡く優しい味まで……進化しているそばの世界をご紹介します。

ラーメンを愛する全○○リアンよ、名古屋「さんすけ」の濃厚焼豚うどんをゼヒ一度体感してくれないか?

埼玉・大宮の繁盛ラーメン店長から一転、名古屋のうどん店の主へ。その根底には、熱狂的なファンを持つチェーンで培った技術とスピリットがありました。ラーメンファンをもうならせるド迫力肉系うどんの全貌がここに! エリア名古屋

実は「ちゃんぽん」についてほとんど知らない……ならば本場・長崎の“番長”に聞いてみよう

食べたことはあるけれど、その由来や魅力、地域性についてはよく知らない……。そんな「ちゃんぽん」について、業界では知らない人はいない番長に語り倒していただきました。麺好きは必読! エリア三軒茶屋

焼きそばを「ごはんのおかず」として食べるのはありなのか【後楽そば】

立ち食いそば店なのに、焼きそばで有名なお店 こんにちは、東京ソバット団のソバット本橋です。 そばに限らず麺類全般が好きな私なのですが、今回は立ち食いそば店なのに、焼きそばが大評判なお店を紹介しますよ。 マニアの間では有名な、五反田の「後楽そば…

10分で簡単「ニラ納豆焼きそば」はニラの甘さがいい感じ~【エダジュン】

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 本日は、ニラと納豆を使った、焼きそばレシピをご紹介したいと思います。ニラの風味と納豆が焼きそばの中でまとまった1品です。ニラって甘みがあって、ごま油で炒めるとその甘みも香りも引き立ちます。ぜひ、試し…

ラーメンでもカレーでもなく“焼きそば”に行列ができる専門店が東京のド真ん中にある【神保町 みかさ】

東京、神保町── 。 神保町といえば言わずとしれた古本の街であり、また有名カレー店が多いことでも知られるようになった。そもそも学校が多いエリアで、学生向けに安くてボリューム満点な飲食店が古くから軒を連ねている。そこに新規参入店も増え、今まさに…

老舗の立ち食いそばの名店で常連さんたちが愛する「そば以外のあるメニュー」とは

こんにちは、東京ソバット団のソバット本橋です! 今回はあるとつい頼みたくなってしまう魅惑のサイドメニュー、丼が最高なお店を紹介したいと思います。その丼があるのは、市ヶ谷にある「そば処瓢箪」。開店して20年以上になる、市ヶ谷の名物店ですね。 外…

「沖縄そば」について僕たちはこんなにも知らない

本当の「沖縄そば」について専門店に聞いてきた 近年ではインスタント食品も販売されており、日本全国で知名度を上げつつある「沖縄そば」。一度は食べたことがあるという方が多いのではないだろうか? しかし、では「沖縄そば」がどのような食べ物であるか…

虎ノ門の名店「そば処 大吉田」の巨大かき揚げをツマミに飲むと楽しすぎた

ビビるぐらいに大きいかき揚げで有名 こんにちは! 東京ソバット団のソバット本橋です。突然ですが皆さん、ビビるぐらいに大きいかき揚げで有名な、虎ノ門の「そば処 大吉田」はご存じですか? 「大吉田」という品名なんですが、この巨大さで590円。 そばも…

【キーシマ逆バージョン@京都】ラーメンスープにうどん麺を入れた麺料理が超おいしい

エリア宮津・京丹後・京都府その他

名古屋麺文化の生き字引「きしめんよしだ」吉田孝則社長の“きしめん人生”

数ある名古屋めしの中でも400年以上の歴史があるといわれる「きしめん」。 その発祥や名前の由来など解明されていない部分が多いのは、お上ではなく庶民によって育まれた大衆文化だからだろう。 この名古屋のきしめん文化を語る上で絶対に欠かせない人物がい…

栃木県のマイナーご当地グルメ「にらそば」が画期的なうまさだった【誠や9号店】

栃木県・鹿沼市民限定のソウルフード「にらそば」を知っていますか こんにちは! 東京ソバット団のソバット本橋です。 ところでみなさん、「にらそば」って知っていますか? もりそばにゆでたにらをのせた栃木県鹿沼市のご当地グルメなんですが、にらの甘み…

夏の残りのそうめんは酸っぱウマ「サンラータンにゅうめん」で秋冬もスタメン起用へ【北嶋佳奈】

こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。 10月も後半にさしかかり、肌寒い日も増えてきましたね。温かい麺ものでも、とキッチンを探して発掘したのが、 夏にたくさん買って食べ切れなかったそうめん……。そうです、温かいそうめん「にゅうめん」にすれば、そ…

200店舗オープンを達成したそばチェーン「ゆで太郎」は、なぜ快進撃を続けられているのか

突然ですがこれ、どこのラーメンだと思いますか? 実はそばのチェーン店「ゆで太郎」の中華そば(390円)なんです。 2017年12月に登場し、おいしいと話題になりました。 ネットサーフィンをしていたら、このラーメンに天ぷらを入れた画像も発見。 「ゆで太郎…

板橋区民の心のよりどころ「おくちゃん」が店名を変えて復活した日「さかうえ」【東京ソバット団】

地元に愛され続けた、なんとも渋いお店のたたずまい こんにちは! 東京ソバット団のソバット本橋です。 さて、立ち食いそばと言いながらも、実際に立って食べる店舗も少なくなっているのですが、今回は純粋な立ち食い、しかもオープンエアのカウンターという…

関西人が焼きうどんに納豆をドバっと入れてみた。「きのこと納豆の味噌焼きうどん」が地味ウマ!

嫁さん評価 ★☆☆☆☆ 「でた、納豆! 見た感じはおいしそうだけど香りとネバネバ感がやっぱり無理だわー。とろろやったら食べられるんだけどねえ」 娘評価 ★★★★★ 「私は普通に好きな味やわ、とろろうどんと変わらんやん。しこしこしたきのこがなんかおいしいわ…

これぞ大分・日田の元祖「想夫恋」焼きそば!クオリティー維持にかけるその情熱は鉄板よりも熱かった

『メシ通』にて以前、東京で焼きそば専門店の先駆的存在として、高島平の「あぺたいと」を取り上げた。 www.hotpepper.jp あぺたいと社長は、九州の大分県日田(ひた)市という土地で60年以上、焼きそば専門店として不動の地位を築いている「想夫恋(そうふ…

そば好きは知っている、在来種「丸岡そば」100%の二八そば、谷口屋のお揚げ、ソースカツ丼が一度に食べられる、丸岡二八そば大宮亭

まいど憶良(おくら)です。 福井県は坂井市にやって来ました。北陸自動車道丸岡インターから1分。 この、ちょっと高級な感じのお店が、実はすごいんです。 福井の丸岡インターという名前を聞いて、そば好きの方はピンときたかもしれませんが、 ここ「大宮亭…

【費用わずか数百円】カネがないなら「うどん」を打てばいいじゃないか!【初心者のための完全解説】

『メシ通』をご覧の皆さん、こんにちは。漫画家の田中としひさと申します。 私がうどんを打つようになったのは、その昔 ── 友人は飽きっぽいのでその後まったく打たなくなったのですが、私はこれ以来すっかりうどん打ちが気に入ってしまったのでした。 そば…

【東京ソバット団・激賞!】2018年、いまこそ体験しておきたい「東京のすごいそば」まとめ

INDEX ▽1.代々木八幡店:富士そば 代々木八幡店 ▽2.小伝馬町:田そば ▽3.両国:文殊 両国駅前店 ▽4.千歳船橋:八兆 ▽5.方南町:Y’z☆Kato ▽6.中落合:伊藤松吉商店 中落合店 ▽7.大久保:長寿庵 ▽8.浅草:翁そば こんにちは! 東京ソバット団のソバット本橋で…

【検証】たいていの料理はキッチンバサミさえあればできてしまうかもしれない説

とある男性からこんなことを聞きました。 料理にキッチンバサミを導入してからというもの、包丁をほとんど使っていません。それどころか「結局、かなりの種類の料理がキッチンバサミだけでできちゃうんじゃね?」と思い始めて軽く10年は経ちます。 キッチン…

【検証】フルーツ入りの料理をどう捉えているのか?「りんご冷麺」発祥の山形県朝日町の場合

突然ですが、山形ってどこにあるか知っていますか? 日本地図を思い浮かべると、はい。赤い部分ですね。 「昔は日本で一番暑かったんだよ~」という友人の一言で、山形ってどんなところなんだっけ? と気になったので調べてみると、「あさひまち りんご冷麺…

「サバの水煮缶」で「カップ焼きそば」が激ウマに。「ガーリックサバ焼きそば」【筋肉料理人】

こんにちは~筋肉料理人です! 今日は買い置きの定番「カップ焼きそば」と「缶詰」を使った、お手軽、スピードアレンジレシピの紹介です。「カップソース焼きそば+サバの水煮缶詰め」、そして「カップ塩焼きそば+焼き鳥缶詰」の、2種類のアレンジレシピを…

ひと皿でも栄養補給がハンパない「そばの食べ方」【今週は徹底的にきゅうり】

こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。 毎日暑くてバテますね……。こんな日はさっぱりつるつるのおそばで決まり! 今回は、野菜もたっぷり入れて、ひと皿でも栄養満点、夏バテ知らずな「おそばの食べ方」をご紹介します。おそばをゆでるときにえのきも一緒…

どこをとっても昭和な「岐阜レトロミュージアム」は、オッサンを少年に変えるタイムマシンだった

今、まさに夏休み真っただ中。皆さんはもう予定が決まっているだろうか? 今回は、アラフィフの筆者があえて家族や子どもとではなく、自分一人、または同世代の友達と一緒に行ってほしいオススメのスポットを紹介しよう。 その理由は、おいおい説明するとし…

冷た~い麺に「酒の肴」をぶっかけたら予想以上にウマかった「ぶっかけまぐろ納豆そば」

毎日、こう暑いと食事はつい、冷た~い麺に走りがち。だけども麺だけだと栄養が偏るし、何より飽きてくる……。はい、そこでやってみました、パパっとできる「酒の肴」をそばやうどん、そうめんにぶっかけ! おつまみメニューは味のしっかりしているものが多い…

40年間そばを食べ続けてきた男が語る「大衆そば」の素晴らしき世界とは【東京ソバット団】

「大衆そば」ってなんですか? こんにちは、東京ソバット団のソバット本橋です! 今回からブランディングのために呼び名が変わりましたが、気にしないでください。 さて、実は最近『うまい! 大衆そばの本』(スタンダーズプレス)という本が出ましてね。こ…

「冷やしコーンスープそば」がTwitterでここまでバズるとは……。そこで最終レシピを練ってみた

市販のコーンスープ、よく冷やしてそばと合わせると意外なうまさ。このところ、ちょっとハマっておりました。 と、いうようなことをツイートしたら、かなり反響があったんですね。 よく冷やした市販のコーンクリームスープに、めんつゆ(濃縮タイプ)ちょい…

ツナ缶で作る「冷やし坦坦そうめん」は後から辛い!【今週は夏の辛いもの】

嫁さん評価 ★★★★☆ 「見た目以上においしくて…… しかも辛いわ! 後からくる辛さだわね。こんな食べ方もありなのかも」 娘評価 ★★★☆☆ 「うーん、ツナは好きやしそうめんも好きやけど、やっぱり辛いねぇ。最初の味は好きなほうやけどやっぱり辛いわ」 毎日暑い…

麺が緑色?絶品グルメ「博多天神」のクロレラ冷やし中華を自宅で再現してみた

真夏の日差しが降り注ぎ、外を出歩くのが厳しい日には、クーラーの効いた自宅の部屋で冷たい麺でもズルズルーーーっといきたい。野菜やお酢も取れれば、なおOK。チャーシュー、きゅうり、ふんわり錦糸卵……もしや、今あなたは冷やし中華を食べたいと思いませ…

この辛さ、挑戦者求む!クセになる「激辛そうめん」で真夏の滝汗【今週は夏の辛いもの】

こんにちは、料理研究家のYuuです。 暑くなってくると、無性に食べたくなるのが「そうめん」と「辛いもの」。というわけで今週は、そうめんを使った酸っぱ辛い「ビビン麺」をご紹介します。 作り方は、そうめんをサッとゆでたら、コチュジャンベースのタレ…

焼きそばを いつものソースで 炒めずに 変わったソースで 試してみたよ【詠み人知らず】

ソース焼きそばの「ソース」は「ウスターソース」じゃなきゃダメ ……なんてルール、一体誰が決めたのでしょう? ちょっと思考停止だと思いませんか? 今回はそんな固定概念にとらわれず、ウスターソース以外の「ソース」で最高の焼きそばが作れないか、試して…

【月間ランキング】2018年6月~「そうめんの薬味&具」や「大葉ソースの焼きうどん」などが話題に

みなさんこんにちは、メシ通編集部です。 多くの地方で梅雨明けの便りが聞かれました。例年に比べて早めの梅雨明け。長い長い夏がやってきますね。 それでは、『メシ通』6月の反響の大きかった記事ランキングを見ていきましょう! どんな記事がランクインし…

ネーミングに矛盾?激ウマだからそんなことには目をつぶって「あったかい冷やし中華」はじめました

嫁さん評価 ★★★★★ 「ふーん、悔しいけど妙においしいわね! なんとも今の季節にぴったりのような味、というか温度? かしらね」 娘評価 ★★★★☆ 「なんかフツーにおいしいわ~! しいていえば具が少ないかな、きゅうりは欲しいところやね」 暑い夏、カラダにこ…

新大久保で味わう”和”の上質体験

新大久保といえば皆さんご存じ、コリアンタウン。ここに降り立つ人は韓流のグッズを買ったり、韓国料理を食べに来ている人がほとんどです。ただ私は思うんです。コリアンタウンとはいえ、ここは日本。新大久保で和を感じる体験ができないものかと。今回はあ…

このお店のゆで麺は東京一のうまさだと思います【東京ソバット団】

「早い・安い・うまい」を見事に実現した名店 こんにちは、東京ソバット団の本橋です! 立ち食いそばといえば、早い・安い・うまいが売りなわけですが、今回はその3つを見事に実現した名店を紹介しますよ。 お店の名前は「長寿庵」。 JR大久保駅の南口を出て…

さば水煮缶を汁1滴残さず使う「サバ缶で焼きうどん」がとにかくウマい

便利でおいしいサバ缶。骨までやわらかく加工してあるので、丸ごと食べられて栄養価もバツグン! ほのかな塩味の水煮、ほかにも味噌煮や醤油煮などもあって味付けのバラエティーも考えられています。そのサバ缶、今回は水煮を焼きうどんの具材として使ってみ…

【検証】名古屋駅の新幹線ホームで食べるきしめんがサイコーにウマい説、ホントのところどうなんだ?

4年ほど前から、きしめんのおいしさに目覚めた私。以来、少なくとも週イチのペースで食べている。市内の有名店も数多く取材してきた。 だから、愛知県外の人からの「名古屋できしめんが食べたいんだけど」とのリクエストに応じることくらい今は朝メシ前であ…

トップに戻る