田中健介

君は学校給食用「ソフトめん」のあの温もりを覚えているか?

ここ数年、ニュースやSNSをたびたびにぎわす「ソフトめん」。ある世代や地域では給食の定番メニューだったこの食べ物、いったいどこでどのように作られているのだろう? ソフトめんの正体を解き明かすため、向かった先は……。

「改めてナポリタンは、うまいと言わせたい」で12年。「パンチョ」の魅力に改めて迫った

ナポリタン専門店「スパゲッティーのパンチョ」の魅力は、速さやボリュームだけじゃない。すべては「改めてナポリタンは、うまい」と言わせるために。美味しいナポリタンへのあくなき探究心を、「パンチョ大王」こと野尻圭介さんに聞いてみました。 エリア道…

【全部100均】ナポリタンが超手軽に美味しくなる「液体調味料」はコレだ!

ナポリタン専門ライターの田中健介さん。今回探求するのは「ナポリタンとマッチする100均液体調味料」。厳選した5つの調味料を紹介します!

ヨコハマの食卓を支え続けた“知る人ぞ知るローカル製麺所”、それが「丸紀」だ

そば・うどん、サンマーメンに家系ラーメン……横浜の麺文化を半世紀以上支え続けたローカル製麺所「丸紀」。その創業から最新作「ナポリタン焼そば」まで。

埠頭の「ナポリタン専門店」が、港で働く人々の“メシ革命”を巻き起こした

“陸の孤島”と呼ばれる横浜の港湾エリアに、「ナポリタン」の専門店が出現!? 港周辺で働く人々をターゲットにした経営哲学と、「日本ナポリタン学会」会長(筆者)もうなる唯一無二のナポリタン観は、いま埠頭に“メシ革命”をもたらしているのだとか!

おうちナポリタンが生まれ変わる“ひとつまみ”世界選手権【シナモン、魚粉、コンソメetc.】

ナポリタンは、“ひとつまみ”を加えることでますます美味しくなる —— 7カ国からエントリーした8種類の粉末調味料のうち、最もナポリタンに合う“ひとつまみ”とは果たして? 「日本ナポリタン学会」会長・田中健介さんが検証します!

ナポリタンとサンマーメンの二刀流を貫く老舗には、横浜の食文化と家族の物語が詰まっていた

創業70年を迎えた横浜の老舗レストラン「すいれん」は、横浜生まれの「サンマーメン」と「ナポリタン」を誕生初期から提供し続けてきた、貴重なレストラン。二つのメニューを軸にひも解かれる横浜の食文化の歴史と、4代に受け継がれる店主たちの物語とは……?…

あのオタフクソースが人知れず「トマトケチャップ」を長年製造していた話

広島で出会った思い出の味 旅を企てる目的の一つに、その土地土地の美味いものを味わう楽しみがある。 それらを目当てに現地へ赴き、もちろん美味かったにもかかわらず、実は何気ないものの方が強く印象に残ったという経験が、皆さんにはおありだろうか? 筆…

江戸時代より続く伝統技術から生まれし、究極のオールラウンド麺「淡路島ぬーどる」を知っているか

日本には、さまざまな麺文化がある。うどん・そば・ラーメン・スパゲッティなどと一概には言えない、その土地土地によって多種多様な麺・麺料理があふれているのには、我々日本人が麺類大好きということも根底にあるのだろう。 今回はその中でも、「淡路島ぬ…

九州のご当地グルメが異様に充実した店がなぜか湘南エリアにある【ちゃポリタンに太平燕】

「ちゃポリタン」という料理をご存じだろうか。 長崎かんぼこ王国、長崎県生麺協同組合、カゴメ株式会社が2012年に共同開発した、ちゃんぽんとナポリタンを合体させた料理である。 九州エリアはトマトケチャップの消費量が多く、長崎県もそれが例外でない。…

トップに戻る