静岡

「食事処みしまや」そびえ立つ「あなご天丼」のタワー感が半端ない件【静岡】

昭和25年創業「食事処みしまや」 メシ通レポーターのYELLOWです。 もともとは初代が豚カツ屋さんとしてオープンさせた「食事処みしまや」ですが、2代目の頃から天ぷらも始め、今ではSNSなどで「あなご天丼」のフォトジェニックな写真が拡散され人気を博して…

魚河岸丸天「海鮮かき揚げ丼」のタワー感が半端ない【静岡】

最近、沼津の魅力に取りつかれつつあるメシ通レポーターのYELLOWです。 静岡県と言えばサッカー、ウナギ、お茶くらいの大ざっぱなイメージですが、そこに浜松餃子と静岡おでん、ハンバーグの「さわやか」も加わると、結構いい感じの食文化があったりなかった…

沼津「松福本店」のうまいラーメンはハマると病みつき……なのにチャーハンもこれまた秀逸!

メシ通レポーターのYELLOWです。静岡県の東側はチャーハン王国である説……知っていますか? 筆者、仕事柄あちこちでチャーハンを食べるのですが、全国的に見ても静岡県東部はチャーハンがおいしいと思われ、お茶やウナギを推してる場合じゃないと感じています…

毎朝仕入れた魚でメニューが決まる!新鮮食材を堪能できる「沼津魚市場食堂」で丼と定食を食べてきた【静岡】

市場食堂……なんともロマンあふれる響きだと思いませんか? 昨今のグルメ漫画ブームで、ちょいとした食べ歩き、それも渋い感じのお店とかが注目されつつある感じですが、やはり食堂、それも市場食堂ともなるとファミリーレストランとは違った響きがあり、あま…

回転寿司も真っ青!沼津の老舗喫茶店「どんぐり」のリバーカウンターが斬新過ぎる件

メシ通レポーターのYELLOWでございます。沼津駅の南口側には「沼津仲見世商店街」と呼ばれる、渋い商店街があります。 今はシャッターを下ろしたままのお店も少なくありませんが、昭和30~40年代はこんな感じで栄えていたようですね。 と、言う訳で今でも「…

圧倒的チャーシューヂカラ!「らーめんブッチャー」の「ふじそばバカ豚」がすごい【静岡】

メシ通レポーターのYELLOWでございます。今回は静岡県沼津市の「らーめんブッチャー 沼津店」に行って来ました。 ちなみにコチラの「らーめんブッチャー」のラーメンは、東京都町田市で開催されたラーメンイベント「最強ラーメンFes.」で食べた事があり、い…

味の終着駅「次郎長 本店」の裏メニューが三島市民に大評判らしいので食べてみた【静岡】

圧倒的、炒飯のチカラ!「次郎長 本店」 メシ通レポーターのYELLOWです。今回は箱根の山を飛び越して静岡県の三島市にある「次郎長 本店」に行って来ました! なんでも三島市民は炒飯を食べたくなったら、まず「次郎長 本店」を思い浮かべるとの都市伝説があ…

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

メシ通レポーターのYELLOWでございます。今回は静岡県三島市の「光玉母食堂 めし しんちゃん」(以下、光玉母食堂)に行って来ました。 前回は海岸沿いをバイクで走ってしんどい思いをしたので、今回は箱根の山をズバっと越えて楽をする作戦です。 昔は毎週…

永遠にご飯が足される豚カツ屋さんがあるらしい【静岡】

青い海とデカ盛り定食が魅力の伊豆半島 メシ通レポーターのYELLOWでございます。今回は”陸の孤島”と呼ばれる静岡県下田市に、おいしい豚カツを求めて旅に出てみました。 まず、わざわざ伊豆半島の下田まで行って、海鮮系を食べないとか意味不明な気がします…

【牡蠣料理記事まとめ】まるまる太った牡蠣をいただく幸せ【極上のプリプリ感】

牡蠣が美味しい季節です! もうドキドキわくわく、幸せな気分のメシ通編集部です! この上の写真を眺めているだけで、もう昇天しそうな勢いです。 ああ、今日は牡蠣の季節がもうすぐ終わってしまうのを惜しんで、メシ通厳選の牡蠣記事をお送りしましょう。 …

大きな牛スジが自慢の「静岡おでん」を地酒とともに楽しめるお店「つるかめ」【静岡】

巷では“ご当地グルメ”が花盛り。でも、いったいどこからどこまでが“ご当地グルメ”なのか、いまいち釈然としないと思いませんか? どうも、しゃべりだしたらグチ or ボヤキ。グチから生まれてきた男、メシ通レポーターの間覚です。 牛スジや豚モツのお肉のう…

クセのあるオーナーに吸寄せられる人が続出のワインバー「ヴィナイーノ」【静岡】

自称「前世はイタリア人」の陽気なオーナー こんにちは。メシ通レポーターの間覚です。 今回は、クセのあるオーナーに吸寄せられる人が続出の、静岡・鷹匠にあるワインバーを紹介しましょう。 イタリアワインを専門に出すワインバー「ヴィナイーノ」のオーナ…

洋風居酒屋「Deseo de Estrella MAEDA」の”サングリア”が、ノスタルジーの世界へいざなう?【静岡】

静岡人と”サングリア” 「“サングリア”といえば、紺碧(こんぺき)の海を望む洋館を思い出す」 そんな人は、きっと静岡市出身ではないかしらん。 ナゾナゾのような始まりになって恐縮ですが、それはさておき、みなさんは静岡市出身者は子どもの頃から“サング…

スペシャル企画 「2016年名店巡礼」 思い出に残ったお店ベスト3 ~もう一度行きたいあのお店~【タベアルキスト】

みなさんこんにちは、タベアルキストWakuiです。今年も残すところあとわずかとなりました。2016年は、みなさまにとってどんな年でしたでしょうか。 我々タベアルキストは今年、「名店巡礼」という企画で10エリア、50もの飲食店を訪れました。改めて「名店巡…

うまい焼鳥店には、“焼鳥を焼く顔”を持つ店主が焼き場に立っている?【静岡】

“焼鳥を焼く顔”について 子どもの頃から一貫して好きな食べ物って、誰にでもあると思います。僕の場合は、焼鳥ですね。小学5年生のころ、近所に持ち帰りの焼鳥専門店ができて、僕はそのオープンの日にはじめて焼鳥というものを口にしました。その衝撃はすご…

"男は黙って甲類焼酎"的オジサンのワインバー初体験物語【静岡】

大衆居酒屋さん側からのぞき見たワインバー ワインというのは、好きな人にとってはどこまでも興味の尽きない代物ですが、そうでない人にとってはいかにもキザったらしいお酒という節がありますよね。産地とかブドウ品種とか、マリアージュがどうのとか……、煮…

【クラフトビール】やっぱりウマい! 通なら知ってるクラフトビールの良店3選【まとめ】

げぷっ、あ、失礼しました。昨夜、ビールを飲みすぎたメシ通編集部です。 いやいや、美味かったですね。ほら、クラフトビールっていうんですか、最近流行りのちょっとツウな美味しいビール、『メシ通』でも最近よく見かけるんで行ってみたんですよ。炎天下に…

熱海・伊東エリアのグルメキーワードは「おさかな百景」 ~名店巡礼 熱海・伊東エリア編~【タベアルキスト】

みなさんこんにちは、メシ通レポーターのタベアルキストWakuiです。 今回も我々タベアルキストが、わざわざ食べに行く価値のある逸品を提供しているお店へ実際に訪れ、食べまくる究極の食べ歩き「名店巡礼」をお届けします。名店巡礼のセレクト店の定義やこ…

【お腹に優しい3選】ストレスで胃が荒れてるので……お腹にも心にも優しいごはん、ください。

お元気ですか? 仕事のストレスで胃が荒れ気味の『メシ通』編集部です。 そんな時でも美味いものが食いたいのが人のサガ。だけど、今ラーメンとか行ったら後で苦しむのが目に見えてますよねー。 「お腹にも心にも優しいごはん、くださ〜い!」 お、さすが『…

うなぎの聖地・浜松へうなぎ上りの「うなぎ」る旅【うなぎ記事まとめ】

常に精をつけることに余念がない、『メシ通』編集部です。 夏といえば、土用の丑の日に食すうなぎ。うなぎといえば浜松! ということで!? スタミナをつけつつ夏の旅の思い出が作れる「浜松へ行ってうなぎ(関連)を食べよう。バーチャルツアー」へGO! ま…

これが浜松の地ソース! 主役の味を最大限に引き立てる「トリイソース」が素晴らしすぎる

皆さん、「ソース」は何を使っていますか?この答えで出身地が分かるほど、ソースもご当地色の強い食材のひとつ。東京では「ブルドッグ」派が圧倒的多数でしたが、愛知のスーパーでは「コーミ」が棚を占拠し、西にいくと「オタフク」がシェアを拡大しつつも…

漁港直結、ガバ食い必至! 海が見える「みなと食堂」の極上の海鮮ランチ

とれたてフレッシュ! 絶品の「お魚定食」 伊豆の付け根に漁協直営の食堂があるんです。 漁港に隣接し、とれたてフレッシュな魚が市場に行く前にピックアップされて、その日のうちにもりもり出すんです。 うまい、ガバ盛り、雰囲気良し。刺身も煮魚もフライ…

鉄ちゃん&うなぎ好き必食! 静岡県・天竜浜名湖鉄道の駅舎内にうなぎ店があった!

世にも珍し「エキナカうなぎ店」 駅のホームや構内で楽しめるグルメといえば、うどんやそば。小腹を満たすだけではなく、その地域ならではの麺やつゆ、具を味わうのも旅の楽しみである。 静岡県の浜名湖北岸を走る天竜浜名湖鉄道は、県西部の湖西市と掛川市…

静岡市のグルメキーワードは「先人の知恵と」と「甘酸っぱい幸せ」! ~名店巡礼 静岡市編~【タベアルキスト】

みなさんこんにちは、メシ通レポーターのタベアルキストWakuiです。 今回も我々タベアルキストが、わざわざ食べに行く価値のある逸品を提供しているお店へ実際に訪れ、食べまくる究極の食べ歩き「名店巡礼」をお届けします。 名店巡礼のセレクト店の定義やこ…

養鰻場見学もできる浜名湖のうなぎ料理屋さんでうなぎと触れ合うといい!

皆さん、うなぎはお好きですか?浜名湖うなぎを食べたことはありますか? 「浜名湖(浜松)といえば、うなぎ。うなぎといえば浜名湖(浜松)」 というように、浜名湖(もしくは浜松)観光とうなぎは定番コース。訪れた際にはうな丼、うな重を食べるのが定番…

【冬限定】ぼってり&ぷりっぷりの牡蠣に“あのタレ”が絡む絶品ご当地丼。浜名湖食材が結集した「牡蠣カバ丼」がバカうまい!

牡蠣の美味しい季節です。 牡蠣と言えば、あの少々グロテスクな見た目とグニャッとした食感、磯の香り、子どもの頃は大嫌いなものNO.1だったのに、大人になって好きに転じた食材。 カキフライが食卓に上がろうものならケチャップまみれにして牛乳で流し込む…

「うなぎ~ぱいぱいぱーい♪」が耳から離れない!年間63万人が訪れる、浜松銘菓「うなぎパイ」の工場見学

結論から言いますとね。うなぎパイは手作りです。 唐突な出だしで失礼しましたが、お急ぎの読者(……が『メシ通』を見ているかという話はさておき)に向けて、今回は結論を最初に持ってまいりました。それほどお急ぎでない方は、お茶でもすすりながら続きをご…

ワンじゃねえ、ニャンだ! 猫好き必飲のカップ酒「にゃんかっぷ」はガチな実力の吟醸酒!

ネコ派なら無条件で呑みたくなる酒 私はネコ派です。飼っていたネコ(享年18)の命日には、毎年墓参りをしています。 ネコ好きとして同好の士にオススメしたい日本酒、それが今回紹介する「にゃんかっぷ」。イラストはCHISAさんが手がけています。うんうん、…

グラノーラ風から甘いやつまで! 日本が誇る万能ごはんの友「ふりかけ」

キリンさんが好きです。 でも、ふりかけのほうが、100倍くらい好きです。 つきあって5年目のカップルぐらい、そばにいるのが当たり前になりすぎて気づいてないだけで、実はすごいやつなんですよ、『ふりかけ』。 筆者は、ジャリジャリになるくらい大量のふり…

「うなぎコーラ」に震撼走る!カレーラムネに『清水ラムネ博物館』、ぶっ飛び炭酸飲料を世に送り出す木村飲料の社長にインタビュー!

「なぜ静岡にはこんなに炭酸飲料があるのか」 その疑問は、駅の売店の棚を見てふと湧いたもの。 今まで当たり前すぎて見逃していた光景でしたが、 県内の駅や高速のサービスエリア、道の駅などの売店の棚に「しずおかコーラ」「富士山頂コーラ」「お茶らむね…

【検証】いろんなビールを凍らせて、混ぜたり合わせたり。で、変化を調べてみる

夏になると、泡を凍らせた「フローズンビール」が出回ります。ところが液体のビールの上に食感の異なるシャリシャリの泡がのっかっている状態なのでどうも口当たりが気になる……。シャリシャリ邪魔じゃない……?それなら泡だけじゃなくて、まるごと凍らせてみ…

「メロン漬け」は想像以上にご飯やお酒と相性抜群! 地元民が強くオススメする静岡のドうまいお土産!

静岡土産を『うなぎパイ』か『こっこ』で済まそうとする皆さんこんにちは。 ローカルネタを強めにプッシュする静岡県民の筆者です。確かにどちらもド定番で、静岡の外さないお土産の二大勢力です。ですよね。ですが!無難すぎるがゆえに、せっかく相手に渡し…

静岡・袋井の名物「たまごふわふわ」。ふわふわしてるのに、忠実に再現したらB級グルメの域を超える逸品でした

【たまごふわふわ】 この単語を見てネガティブな印象を持つ人なんてほぼいないはず。なんつったって、まずその字面。平仮名ってのがニクイ。すべての字の形が丸くてころんとしている。そして、なんだかよくわからない。わかるようで、わからない。卵を使った…

【閲覧注意?】静岡名物の骨スナック「うなぎボーン」をあの手この手で料理してみた

「うなぎボーン」――それはウナギ骨をカリカリに揚げたスナック。ものの見事に名前のまんまなんですが、静岡県内の土産物屋や高速道路のPA・SA、駅の売店などで売っています。(本当は「どこでも売ってる」と書きたかったのに、意外と地元のスーパーやドラッ…

主食か? おかずか? 終わることなき「おでん論争」に一石を投じる「しぞーかおでん」を堪能するならこの5店

お宅のおでんは主食ですか? それともおかずですかね?おでんを作った時は、ごはんを炊くべきか否か……。おでんで白飯が進むかっていったら正直微妙なんですが、肉も野菜も練り物もあるし、煮物として扱うかどうか、クリームシチューと並んで扱い(献立)に困…

静岡市初のクラフトビール醸造所『AOI BREWING』は、深い地元愛とビール愛に満ちた静岡の新名所だった!

今日は静岡の新名所をご紹介します。 とある地方の醸造所で、できたてのビールの旨さを知って震えた時、 「日本にはどんな醸造所があって、どんな職人がどんな歴史を辿り、どんなこだわりを持ってビールを仕込んでいるんだろう。そのビールにはどんなアイデ…

「おにぎらず」は本当に“簡単&オシャレ”なのか!? おにぎりスキルの低い人がいろんな具で挑戦してみたリアルなレポート

キャラ弁が作れません。良くてたこさんウインナーとりんごのうさぎです(キャラ弁に入るのか)。おにぎりも作りますが、まぁそれほど得意でもありません。とりあえず成形すれるだけで「ひと仕事終わった」気になるので、食べる頃にはごはんが固くなっていた…

トップに戻る