読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メシ通 Produced by RECRUIT

食欲と知識欲をシゲキする食メディア

  • ブクマする
  • フォローする
  • フォローする
  • フォローする

うなぎが高ければ山芋を食べればいいじゃない! 普茶料理の「もどき蒲焼」で子どもも納得するか試してみた

なんせ貴重な食材ですから 連日の残暑に負けちゃいかんと、家族にナイショでうなぎを食べに行ったときの話です。ええ、こう見えても一家の大黒柱ですからね、フンパツして松竹梅の「竹」をオーダーしましたよ。野口先生を3人出して、お釣がちょろっと返って…

【絶品】創業338年の老舗「元祖本吉屋」の「うなぎのせいろ蒸し」が美味すぎる【福岡柳川】

福岡でうなぎと言えば、柳川です。柳川は、川くだりができる水郷の町で、情緒あふれる小京都のような雰囲気もあります。江戸時代後期は、うなぎが名産品として扱われ、柳川藩の大きな収入にもなっていたとか……。 そんな食文化を受け継ぎ、今でも柳川では数多…

老舗うなぎ店の若女将に「うなぎの通な味わい方」を聞いた【美人ママさんハシゴ酒】

第12回:うなぎ通ならわさびで食すのも粋! 大塚うなぎ「宮川」八馬玲奈若女将 担当のM氏が「うなぎのうんちくを教えてくれる美人女将はいませんかねぇ」と聞いてきた。ほう、うなぎか。そりゃ、いいや。うなぎで一杯やりたいね。そこで、うなぎジャーナリス…

うなぎの聖地・浜松へうなぎ上りの「うなぎ」る旅【うなぎ記事まとめ】

常に精をつけることに余念がない、『メシ通』編集部です。 夏といえば、土用の丑の日に食すうなぎ。うなぎといえば浜松! ということで!? スタミナをつけつつ夏の旅の思い出が作れる「浜松へ行ってうなぎ(関連)を食べよう。バーチャルツアー」へGO! ま…

国産並みのおいしさに!? 巷で話題の「中国産うなぎをおいしくする方法」2種類を試してみた

夏の「土用の丑の日」といえば、やっぱり「うなぎ」。酷暑を迎え撃つにふさわしい「国産うなぎのかば焼き」は、脂の乗ったつややかなフォルムと、ぷっくりとした身の歯ごたえが恍惚とさせてくれる。とはいえ、お財布事情を考えればスーパーなどで売られてい…

ハードボイルド・「うな重」の世界 ~ 食べ歩きマニア道 其の1【タベアルキスト】

お疲れさまです! メシ通レポーターのタベアルキストTokuharaです。 茹だるような暑さの中、日々様々なものと戦いながら、バリバリ働くみなさんの胃袋を刺激すべく、今回は新たな企画をお届けします。 「食べ歩きマニア道 ハードボイルド・◯◯の世界」とは── …

この夏、安くてうまいウナギを食べたいなら愛知県西尾市一色町へ行くしかない!【一色うなぎ】

暑い夏に食べたくなるのが、うなぎ。そういえば、今年7月30日(土)は土用の丑の日だ。 東海地方では、静岡県の浜名湖うなぎが全国的に有名だが、実は愛知県もうなぎの養殖が盛んであることをご存じだろうか? 西三河地方の西尾市一色町の「一色うなぎ」がそ…

そうだ、日間賀島へ行こう! 名古屋から1時間強で行けるタコ&穴子天国【愛知】

名古屋市内から1時間で行ける楽園、日間賀島 都会の喧噪(けんそう)を離れて、ゆっくりと時間が流れる場所に行きたい……。 ときどきそんな衝動に駆られる。そんなとき、たとえば名古屋人の自分ならこう思うのだ。 そうだ、日間賀島(ひまかじま)へ行こう。 …

1発で釣れば1,200円で絶品の蒲焼が! 日本橋「うなぎつり」の店に行ってみた【大阪】

東京から大阪へ引っ越し、関東と関西の食文化の違いを感じつつ日々暮らしているのだが、こと「うなぎ」については大きな文化の違いがあると聞いている。 “聞いている”というのは、恥ずかしながら貧乏暮らしでなかなかうなぎを食べる機会がないからなのだが、…

【レキシ】特別対談「歴史はメシで作られる!」池田貴史×永山久夫【前編】

日本人はいったい何を食べてきたのか。 封建社会や江戸時代では、どんな食材や食事がポピュラーだったのか。 現代人は味わえない、古代の豊かな食文化とは? 日本史に魅せられた音楽家・池田貴史(レキシ)と、食文化研究の第一人者・永山久夫が『メシ通』で…

鉄ちゃん&うなぎ好き必食! 静岡県・天竜浜名湖鉄道の駅舎内にうなぎ店があった!

世にも珍し「エキナカうなぎ店」 駅のホームや構内で楽しめるグルメといえば、うどんやそば。小腹を満たすだけではなく、その地域ならではの麺やつゆ、具を味わうのも旅の楽しみである。 静岡県の浜名湖北岸を走る天竜浜名湖鉄道は、県西部の湖西市と掛川市…

【仙台】ホッペがいくつあっても足りない! 口の中でとろける ”北限のアナゴ“の絶品握り!

宮城県は、年間水揚げ300t~600tを誇る、全国トップクラスのアナゴの名産地。しかも、質の高さでも群を抜いており“北限のアナゴ”などとも呼ばれ、築地市場などでも高く評価されているのをご存知ですか? その秘密は、豊かな仙台湾にあります。暖流と寒流が…

ウナギが食べたい! けど高いので、いろんな食材でタレだけ味わってみたんです

真夏の暑い日。 スタミナをつけたい。 そんなときに食べたいもの……そう、ウナギです。 口の中に入れるとほどける身、噛みしめると甘辛なタレとウナギからジュワリと染みだした旨味が混ざり合ってなんとも言えないんですよね。また最後にタレと残ったごはんを…

【閲覧注意?】静岡名物の骨スナック「うなぎボーン」をあの手この手で料理してみた

「うなぎボーン」――それはウナギ骨をカリカリに揚げたスナック。ものの見事に名前のまんまなんですが、静岡県内の土産物屋や高速道路のPA・SA、駅の売店などで売っています。(本当は「どこでも売ってる」と書きたかったのに、意外と地元のスーパーやドラッ…

トップに戻る