ひつまぶし

ひつまぶしを味わうなら、うまい・お値打ち・本家ほど混まない「のれん分け店」を狙え!【名古屋めしライター大推奨】

ここ数年、価格が高騰している鰻。ひと昔前と違って、食べる機会が減ってしまった。名古屋で鰻といえば、何といっても「ひつまぶし」だが、3,500円~4,000円は覚悟せねばならない。 でも、土用丑の日くらいはおいしい鰻を食べたい。 とはいえ、老舗店や話題…

鶏料理を極めた店主が作る、垂涎確実の「鶏のひつまぶし」とは?【大阪】

こんにちは。メシ通レポーターのハシモトです。 みなさん「ひつまぶし」といえば、ウナギ料理だと思っていますよね? でも、こちらの鶏料理店では世にも珍しい鶏肉を使ったひつまぶしを提供されているというのです。 いったいどんな料理なのか、さっそくご紹…

「ニュータイプひつまぶし」は本家・鰻を超えるのか!?【新名古屋めし】

一杯目はそのまま。二杯目は薬味をのせて食べて、お茶漬けで締める「ひつまぶし」。 その発祥は明治末期。当時は出前の注文が多く、出前持ちが丼を割ってしまうことがたびたびあったそうで、人数分のご飯と鰻を大きなお櫃に入れて客へ届けることにした。とこ…

トップに戻る