TKGを知り尽くす、「日本たまごかけごはん研究所」が教える究極の卵かけご飯の作り方【作り方編】

シェフでもある「日本たまごかけごはん研究所」の上野理事が教える、日常使いの卵かけご飯と、ハレの日の卵かけご飯のレシピをご紹介します!

f:id:henmichieco:20211206152906j:plain

秒で作れるのに味はごちそうレベル

こんにちは。2022年となりましたが、何かとスタートダッシュでバタつく新年。

忙しいときの強い味方TKG(以下、卵かけご飯 )ですが、簡単なコツを覚えるといつもより格段においしくなるんです。

 

前回の【準備編】で食べたい気持ちがマックスになったところで、今回は【作り方編】ということで、引き続き卵かけご飯を知り尽くす「一般社団法人 日本たまごかけごはん研究所」の代表理事、上野貴史さんにご登場いただきます。

 

www.hotpepper.jp

 

f:id:Meshi2_IB:20211214120906j:plain

日本たまごかけごはん研究所 代表理事 上野貴史さん
(画像提供:日本たまごかけごはん研究所)

 

上野さんに教えていただいた、「日常使いの卵かけご飯」3つと、ちょっと特別な「ハレの日の卵かけご飯」2つのレシピを、実際に作って食べた感想と共に、順番に紹介していきますね。

 

日常使い1: Sunrise(以下、サンライズ)

 

f:id:Meshi2_IB:20211214143000p:plain

サンライズ (画像提供:日本たまごかけごはん研究所)

 

f:id:henmichieco:20211206152817j:plain

少し固めに炊いたご飯に醤油をかけ、混ぜます。

 

f:id:henmichieco:20211206152826j:plain

そこに、別の容器で軽く溶いた卵をかけ、混ぜます。

 

f:id:henmichieco:20211206152836j:plain

夜空のご飯に太陽の卵を登らせたら、サンライズの完成です!

 

――あっという間にできましたー。では、いただきます。

 

――……無言。

 

編集D:おーい、どうしたー?

 

f:id:henmichieco:20211213150909j:plain

 

――おいしすぎて衝撃なんですけど。今まで作っていた卵かけご飯は、卵かけご飯のふりをした別物だったとしか思えないです。これは毎日でも食べたいですね。

 

f:id:Meshi2_IB:20211214141452p:plain上野さん:前編でお伝えしましたが、好みの味の濃さの醤油ご飯を先に作っておいて、あとから卵でコーティングするイメージのため、食べるときにはおいしさが「卵のコク→醤油のうま味→最後にご飯の甘み」と、朝日が空を染めるようにグラデーションで伝わってくると思います。醤油は基本的に家にあるものでOKで、おすすめは薄口醤油や少し甘みが感じられるもの。作り方に記載している7gは推奨のため、味見をしながら醤油ご飯を作っていき、それぞれがおいしいと感じた分量が正解になります。どんなタイプの醤油で作ってもおいしくできるのが、サンライズのメリットです。

 

【サンライズ】の作り方

①お茶碗に盛った温かいご飯150gに、醤油7gをかけ、混ぜる。

②別の容器で軽く溶いたMサイズの卵(60gくらい)を①にかけ、混ぜて食べる。

※醤油は家にあるものでOK。おすすめは薄口や、少し甘みを感じられるもの。

※醤油の分量は推奨のため、好みの味の濃さの醤油ご飯となるよう、調整。

 

日常使い2: Flying Nimbus(以下、觔斗雲/きんとうん)

 

f:id:Meshi2_IB:20211214144332p:plain

觔斗雲 (画像提供:日本たまごかけごはん研究所)

 

f:id:henmichieco:20211206152914j:plain

ご飯、醤油、メレンゲ状に泡立てた白身に溶いた黄身を混ぜたものを用意します。

 

f:id:henmichieco:20211206152931j:plain

ご飯に醤油をかけて混ぜたら、卵をかけてできあがり。

 

編集D:おおー。黄金色ではないですかー。

 

――なんだか神々しいです。食べてみますね。

 

f:id:henmichieco:20211206152940j:plain

▲泡をしっかりすくえるスプーンで食べてみました

 

f:id:Meshi2_IB:20211214141452p:plain上野さん:いかがですか。

 

――……! まろやかで、濃厚です。泡立っているので薄味になるのかと思ってたら、まさかの濃厚。口に入れるとはじめはふわっときて、そのあと濃厚な卵クリームご飯になって、和風スフレみたいです。卵のうま味が、かなり強調されますね。

 

【觔斗雲】の作り方

①Mサイズ(60gくらい)の卵の白身を、泡立て器でメレンゲ状になるまでしっかりと泡立てる。

②別の容器で軽く溶いた黄身を、加えて混ぜる。

③お茶碗に盛った温かいご飯150gに醤油7gをかけて混ぜ、②をかけて食べる。

※醤油は家にあるものでOK。おすすめは薄口や、少し甘みを感じられるもの。

※醤油の分量は推奨のため、好みの味の濃さの醤油ご飯となるよう、調整。

 

日常使い3: Dark Side(以下、ダークサイド)

 

f:id:Meshi2_IB:20211214191046p:plain

ダークサイド (画像提供:日本たまごかけごはん研究所)

 

――では、ダークサイドいってみますね。黄身の準備はできてます。

 

f:id:henmichieco:20211206152845j:plain

醤油(写真は量がちょっと多めですが、7gで)に漬け込んで冷蔵庫で一晩寝かせた黄身と、ご飯を用意。

 

f:id:henmichieco:20211206152858j:plain

ご飯の上に、黄身をのせます(漬け込んだ醤油を、お好みの分量足してもOK)。

 

f:id:henmichieco:20211206152906j:plain

黄身をお箸で崩して、少しずつご飯と混ぜながらいただきます。

 

編集D:黄身が、いい感じにダークな色合いになっていて、たまらないですね!

 

――めちゃくちゃおいしいです。これは子どもがおやつに喜びそう。崩しすぎると、せっかくの黄身の食感が損なわれてしまうので、混ぜすぎないようにして食べるといいと思いました。

 

f:id:Meshi2_IB:20211214141452p:plain上野さん:余った白身は、いろいろな卵かけご飯を紹介しているTKG styleに掲載中の白身と醤油だけをご飯にかける「I miss you」や、お味噌汁の具材などにして楽しんでください。

 

【ダークサイド】の作り方

①黄身のみを醤油7gに漬け込み、冷蔵庫で一晩寝かす。

②お茶碗に盛った温かいご飯150gに、①をのせて少しずつ崩しながら食べる(お好みで漬け込んだ醤油を足してもOK)。

※醤油は家にあるものでOK。おすすめは薄口や、少し甘みを感じられるもの。

※醤油の分量は推奨のため、好みの味の濃さの醤油ご飯となるよう、調整。

 

ハレの日1: サンライズ+わさび+味付け海苔

 

――では続いてハレの日のレシピに移りたいと思います。日常使いの「サンライズ」を、「わさび+味付け海苔」でいただきます。ハレの日なので、前回の【準備編】で上野さんに教えていただいた、1個40円以上の卵を使ってみます。

 

f:id:henmichieco:20211206152947j:plain

ご飯、醤油(スミマセン、写真に写っていません)、卵、わさび、味付け海苔を用意。

 

f:id:henmichieco:20211206152956j:plain

まずは、サンライズを作ります(上記「【サンライズ】の作り方」を参照)。

 

f:id:henmichieco:20211206153004j:plain

わさびをトッピングして、味付け海苔にのせるか巻いていただきます。

 

――こ、これは……!

 

編集D:いかがですか。

 

――今までのものもおいしかったけど、これが一番好きかも……。あの、これ、毎日食べられますね。さすがは、ハレの日の卵かけご飯!

 

f:id:Meshi2_IB:20211214141452p:plain上野さん:あまりのおいしさに驚いてますね(笑)。わさびが加わることで、スパッとキレのある味になりますよね。刺激のある調味料だと、味の輪郭をくっきりさせてくれる黒こしょうもよく合います。そこにチーズと炒めたベーコンをトッピングすれば、一気に洋風になりますよ。

 

編集D:洋風もいいですね。今度やってみます!

 

f:id:Meshi2_IB:20211214141452p:plain上野さん:卵かけご飯には、塩+油もよく合います。同じくTKG styleに掲載中の卵かけご飯を塩で作る「Summer Salt」のアレンジとしておすすめしているのも、「塩+オリーブオイル」や「塩+ごま油」です。どちらもリゾット風になっておいしいですよ。

 

f:id:henmichieco:20211217154818j:plain



 

【サンライズ+わさび+味付け海苔】の作り方

①サンライズを作り、味付け海苔に一口大ほどのせる。

②お好みの量のわさびを①にトッピングし、そのままか巻いて食べる。

 

ハレの日2: サンライズ+明太子+いくら

――さて、次に「サンライズ」を、「明太子+いくら」で食べてみます。

 

f:id:henmichieco:20211206153044j:plain

ご飯、醤油(スミマセン、写真に写っていません)、明太子、いくらを用意します。

 

f:id:henmichieco:20211206153052j:plain

サンライズの上に、明太子といくらをのせます(写真は分量外の白ごまをふっています。よく合いますので、白ごまが好きな方はぜひ)。

 

f:id:Meshi2_IB:20211214141452p:plain上野さん:ご飯の量に対して明太子といくらの比率が多くて、少々塩分過多かもですね(笑)。読者の方が食べるときは、それぞれ写真の半分以下の量でOKです。そして、おいしさが混ざってしまうので「サンライズ+明太子」「サンライズ+いくら」という感じで、別々に作ったほうがいいでしょう。一緒にのせる場合は、必ず分けて食べてくださいね。

 

――はい。では、いくらからいただきます。あっ……。やばい。卵同士の馴染み方がやばい。

 

f:id:Meshi2_IB:20211214141452p:plain上野さん:そう、卵には卵が合うんですよ。

 

――まろやかなサンライズの素地があるから、例えば普通のいくら丼を食べたときよりも、卵と卵が繋がり合っているというか、味も食感もものすごく馴染んでいます。これは卵かけご飯じゃないと味わえないですね。

 

上野さん:おいしいので、おもてなしにもとても喜ばれます。キャビアなんかも合いますので、「最高に特別なハレの日」におすすめですよ。

 

【サンライズ+明太子+いくら】の作り方

①サンライズに、明太子といくらを、それぞれお好みの分量をのせる。

②サンライズ+明太子、サンライズ+いくら、と別々に食べる。

 

――ハレの日の卵かけご飯1と2は、前回の【準備編】で教えていただいた、ハレの日用の単価40円以上の卵を使ったことで、もはや一品料理でした。卵かけご飯のポテンシャル、すごいですね!

 

編集D:日常使いの卵かけご飯、種類が豊富で驚きました。ハレの日の卵かけご飯も、どれも簡単なのにごちそう感があって、ぜひおもてなしで作りたいです。

 

――5種類どれもおいしかったです。特に「サンライズ+わさび+味付け海苔」はハマりそう。上野さん、今回もどうもありがとうございました!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

私は卵かけご飯のイメージがいい意味でガラッと変わりました。

これからも食べ続けていこうと思います。

皆さんのおすすめの卵かけご飯の作り方、具の組み合わせ、食べ方などありましたら、コメントで教えていただけると幸いです。

 

ではこれで。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

f:id:henmichieco:20211206153004j:plain

 

撮影/イラスト: 逸見チエコ

 

書いた人:逸見チエコ

逸見チエコ

ライター、イラストレーター、まんが家、猫カメラマン、ボサノヴァシンガー。主な著書に『猫カフェめぐり~あの猫に会いにでかけよう~』(エンターブレイン)『まちの看板ねこ』(宝島社)などがある。横幅の広い顔の猫が好き。

過去記事も読む

トップに戻る