間覚

大きな牛スジが自慢の「静岡おでん」を地酒とともに楽しめるお店「つるかめ」【静岡】

巷では“ご当地グルメ”が花盛り。でも、いったいどこからどこまでが“ご当地グルメ”なのか、いまいち釈然としないと思いませんか? どうも、しゃべりだしたらグチ or ボヤキ。グチから生まれてきた男、メシ通レポーターの間覚です。 牛スジや豚モツのお肉のう…

クセのあるオーナーに吸寄せられる人が続出のワインバー「ヴィナイーノ」【静岡】

自称「前世はイタリア人」の陽気なオーナー こんにちは。メシ通レポーターの間覚です。 今回は、クセのあるオーナーに吸寄せられる人が続出の、静岡・鷹匠にあるワインバーを紹介しましょう。 イタリアワインを専門に出すワインバー「ヴィナイーノ」のオーナ…

洋風居酒屋「Deseo de Estrella MAEDA」の”サングリア”が、ノスタルジーの世界へいざなう?【静岡】

静岡人と”サングリア” 「“サングリア”といえば、紺碧(こんぺき)の海を望む洋館を思い出す」 そんな人は、きっと静岡市出身ではないかしらん。 ナゾナゾのような始まりになって恐縮ですが、それはさておき、みなさんは静岡市出身者は子どもの頃から“サング…

うまい焼鳥店には、“焼鳥を焼く顔”を持つ店主が焼き場に立っている?【静岡】

“焼鳥を焼く顔”について 子どもの頃から一貫して好きな食べ物って、誰にでもあると思います。僕の場合は、焼鳥ですね。小学5年生のころ、近所に持ち帰りの焼鳥専門店ができて、僕はそのオープンの日にはじめて焼鳥というものを口にしました。その衝撃はすご…

"男は黙って甲類焼酎"的オジサンのワインバー初体験物語【静岡】

大衆居酒屋さん側からのぞき見たワインバー ワインというのは、好きな人にとってはどこまでも興味の尽きない代物ですが、そうでない人にとってはいかにもキザったらしいお酒という節がありますよね。産地とかブドウ品種とか、マリアージュがどうのとか……、煮…

トップに戻る