郷土料理

北大路魯山人監修 新潟名物「わっぱ飯」発祥のお店「田舎家」

新潟の各地で食べられている郷土料理「わっぱ飯」。 今回は、その「わっぱ飯」の発祥のお店として知られる老舗料理店をご紹介致します。 それがこちらの「田舎家」です。 メニューには、各種「わっぱ飯」がのっています。(この他にも多種多様な和食メニュー…

モツ煮と何が違うの?愛知名物「どて煮」をフカボリしてみた

「ホットペッパー」&「ホットペッパービューティー」本誌との連動企画「フカボリ! 美味なるご当地グルメ」。第4回目は、名古屋の名物料理「どて煮」をフカボリしました~。

イカニンジンってなに?それっておいしいの?福島名物「イカニンジン」をフカボリしてみた

「ホットペッパー」&「ホットペッパービューティー」本誌との連動企画「フカボリ! 美味なるご当地グルメ」。第3回目は、福島の名物料理「イカニンジン」をフカボリしました。

とろっとろ!比内地鶏を使った親子丼が極上のうまさだった

まずは、何も言わずにこれを見てください! 親子丼です。でも、ただの親子丼じゃないんです。高級な比内地鶏を惜しげもなく使った究極の親子丼なんです。 んー!! とろっとろの半熟卵に、炭火で皮目をさっと炙った比内地鶏のお肉が、香ばしい〜! とにかく…

炊き込まない鯛めし?愛媛名物「鯛めし」をフカボリしてみた

「ホットペッパー」&「ホットペッパービューティー」本誌との連動企画「フカボリ! 美味なるご当地グルメ」。第2回目は、愛媛の名物料理「鯛めし」をフカボリしました。

埼玉県・行田市の名物B級グルメ「ゼリーフライ」とは、いったいどんなものなのか

突然だが諸君、 行田の朝は早い。 市内にある「古代蓮の里」で、 早朝から12万株の蓮が開花する様子を眺め、(午前7時頃から咲き始める。見頃は6月下旬~8月初旬) そのまま世界遺産登録を狙う「さきたま古墳群」を巡り、ひと汗流す。 あ~このスケール。も…

どうしても皿をなめたくなる?千葉名物「なめろう」をフカボリしてみた

メシ通読者のみなさん! 「ホットペッパー」&「ホットペッパービューティー」最新号をぜひお手に取ってみてください。 「フカボリ! 美味なるご当地グルメ」というコーナーが今月から始まりました! 毎月1県を決めて、その地ならではの食べものを紹介するコ…

ごはんアリ、お土産アリ。 ランチ客にも観光客にもうれしい「福太郎」の明太子パラダイス【福岡】

福岡・博多の人気ナンバーワン名物にして、我が最愛のごはんの友・辛子明太子。もちろんお土産として明太子を売っている店は福岡にいくらでもあるんだけど、明太子でごはんを食べたい、というシンプルな願いに応えてくれるところは意外とない。 そんな訳で、…

【最強すぎる辛味調味料】青ヶ島生まれの最強辛味「鬼辛」をご存じですか

日常生活にもっと刺激を! 日々刺激を求めて街をさまよう、酒と辛い食べ物に目がないメシ通レポーター、工藤です。 今回は大好きな島グルメのイベントに行ってきたのですが、そこで出合っちゃったんですよ、素敵な辛味調味料に。そのあまりの辛さと豊かな風…

東京のご当地料理店開拓 大分編 ~地方を旅する気分で訪れたい~

こんにちは! メシ通レポーターのタベアルキストKikutaniです。 マニア道企画からスピンオフしまして、「東京で全国47都道府県の味を堪能する」企画、東京ご当地料理店開拓がスタートしました。 タベアルキストご当地料理担当目線で、ディープでマニアックな…

「魔の3歳児」まっさかりの息子を「なまはげ」にちょっくら叱ってもらってきた

皆さん、「なまはげ」ってご存じですよね。 そう、手に包丁を持った鬼が「悪い子はいねがーーー!!」と叫びながら各家庭をまわる秋田名物のあれ、です。 私はテレビなどでしか目にしたことがありませんが、今見かけたなら「なまはげ」にこう訴えたいです。…

【名古屋メシまとめ】B級グルメの聖地・名古屋に行ったら絶対にトライしたいメニューについて

名古屋といえばグルメの激戦地! ういろう、ひつまぶし、きしめん、味噌カツ、あんかけスパ、手羽先、土手煮……。 いやいや、まだまだもっとたくさんあるはずです。 そんな食いしん坊の聖地・名古屋に行ったらぜひトライしてみたいお店、どどーんとご紹介しち…

【山形記事まとめ】鍋料理に地酒……魅惑のご当地料理ワールドへようこそ

どーもです! 山形の渓流に釣りに行ったときに、新鮮なクマのふんを踏んづけてしまった経験があるメシ通編集部です。あのときは怖かったなあ。 山形といえば自然の宝庫。もちろん食材や地酒も多種多様で、美味しいものばかり。きっと全国的にはまだ知られて…

城グルメ第1章~会津・鶴ヶ城編~【タベアルキスト】

城グルメとは? 日本人ならば老若男女問わず自然と心がひかれる、城……。当企画は、城を巡りつつ、その土地に根付くおいしい郷土料理や名物料理を探そうと言うプロジェクトです。 観光地である城下町に行くと、「何を食べていいのか分からない」とか「いかに…

【熊本の郷土料理】「豆腐の味噌漬け」はねっちりしていてうまかった!

熊本の郷土料理に「豆腐の味噌漬け」があるのをご存じでしょうか。その名の通り、豆腐を味噌漬けにして置いておくだけでできる簡単料理。酒のつまみにもなり、それでいて低カロリーで高タンパク質。酒好きだけど体のラインが気になる筆者としては試さずには…

富山県珍味「ほたるいかの素干し」を炙ったら美味すぎて止められなかった【お取り寄せ】

みなさん、こんにちは! 安くてうまいものをただひたすら探すことが趣味の放送作家、秋本です! 突然ですが、みなさんは富山県の名産「ほたるいかの素干し」をご存じでしょうか。 富山湾で捕れたほたるいかをシンプルに素干しにした郷土珍味ですが、そのうま…

東京のご当地料理店開拓 青森編 ~地方を旅する気分で訪れたい~

こんにちは! メシ通レポーターのタベアルキストKikutaniです。 マニア道企画からスピンオフしまして、「東京で全国47都道府県の味を堪能する」新企画、東京ご当地料理店開拓がスタートします。 タベアルキストご当地料理担当目線で、ディープでマニアックな…

メシから甘味まで13種類!? 栃木・塩原温泉のご当地グルメ「とて焼」を食べ歩く

栃木の名湯、塩原温泉のご当地グルメ「とて焼」。 とて……? 「土手焼き」の間違いでは……? 調べてみると、がっつり食べられるメシから甘いデザートまで幅広い味があり、塩原温泉の飲食店など13店舗でそれぞれ違ったものを食べられるのだそう。 全然想像でき…

スペシャル企画 「2016年名店巡礼」 思い出に残ったお店ベスト3 ~もう一度行きたいあのお店~【タベアルキスト】

みなさんこんにちは、タベアルキストWakuiです。今年も残すところあとわずかとなりました。2016年は、みなさまにとってどんな年でしたでしょうか。 我々タベアルキストは今年、「名店巡礼」という企画で10エリア、50もの飲食店を訪れました。改めて「名店巡…

【ローストチキン自作レシピ】クリスマスの主役を簡単&良コスパで仕上げてみた【肉汁ジュワ~】

クリスマスの食卓の主役といえば、やっぱりこの、 ローストチキン! いや、本場(欧米?)では本当は七面鳥らしいんですけどね。あれ、手に入りにくいし、ちょっと大きすぎるんで、『メシ通』的にはローストチキンでいいんじゃないでしょうか? そこで今回は…

【マンガ】極上の珍味「イカ徳利」で飲む熱燗の味とは……?【絶品! 晩酌天国】

これぞ究極の珍味! 「イカ徳利」を晩酌に試してみたら【絶品! 晩酌天国】第4回 > 書いた人:なかむらみつのり ラーメン好き。漫画とか描く人。自治会役員。1999年ヤングマガジンギャグ大賞 優秀賞受賞『ハゲ60W』にてデビュー。単行本『びんぼうまんが家!…

進化形“八重山そば”ここにあり! 「平良商店」【石垣島】

知ってほしい、我がソウルフードを! ハイタイ! メシ通レポーターの泡です。今回は私の故郷、沖縄は石垣島から地元グルメネタをお届けいたします。ちなみに「ハイタイ」というのは「ハイサイ(こんにちは)」の女性語です。 沖縄本島から飛行機で約1時間の…

島人の胃袋を満たしまくる「あさひ食堂」のデカ盛りにアキサミヨー!【沖縄・石垣島】

腹ペコじゃなきゃ、行っちゃダメ絶対! ハイタイ!(※1) 石垣島出身のメシ通レポーター泡です。今回は、我が島が誇る島人満腹・デカ盛り食堂にご案内いたします。 さー、みなさんお腹は空いてますかー。 「でーじヤーサン!」(※2) おお、いいお返事ですね…

新潟市内エリアのグルメキーワードは「観光ガイドには載らない名店」 ~名店巡礼 新潟市編~【タベアルキスト】

みなさんこんにちは、メシ通レポーターのタベアルキストWakuiです。 今回も我々タベアルキストが、わざわざ食べに行く価値のある逸品を提供しているお店へ実際に訪れ、食べまくる究極の食べ歩き「名店巡礼」をお届けします。名店巡礼のセレクト店の定義やこ…

銀座熊本館で出会った、ピリ辛のからし蓮根と球磨焼酎のタッグが完全にハマる

近年、地方発祥でブレイクするものが増えてきています。そのなかで、継続して大きな経済効果を生んでいるもののひとつが「ゆるキャラ」です。火付け役となった熊本県営業部長兼しあわせ部長「くまモン」は、今や日本国民に知られる大人気キャラになりました…

【実は日本で2社】味噌を知り尽くした元祖「八丁味噌蔵」で味噌三昧の旅をする【愛知・岡崎】

“名古屋めし”といえば「味噌煮込みうどん」「味噌カツ」「味噌田楽」に代表される「赤味噌文化」。赤味噌とは、大豆と食塩、水を原料として長期熟成させる豆味噌の一種で、その代名詞ともいえる銘柄が「八丁味噌」です。皆さん、食べたことはありますか? (…

熱海・伊東エリアのグルメキーワードは「おさかな百景」 ~名店巡礼 熱海・伊東エリア編~【タベアルキスト】

みなさんこんにちは、メシ通レポーターのタベアルキストWakuiです。 今回も我々タベアルキストが、わざわざ食べに行く価値のある逸品を提供しているお店へ実際に訪れ、食べまくる究極の食べ歩き「名店巡礼」をお届けします。名店巡礼のセレクト店の定義やこ…

【地方グルメ】旅行に行ったら絶対に押さえたいローカルフード3選【札幌・博多・沖縄】

バモス! サッカー観戦で地方遠征する度に名物を食い尽くし「イナゴかよ」と他サポに恐れられている某チームサポのメシ通編集部です。 だって、どこに行っても美味しいものがあるんですよ。東京ではなかなか出会えないようなものが。しかも、安い! という。…

【モテるギフト】出張のお土産にしたら職場でウケるお土産3選【名古屋・石川・静岡】

こんにちは。出張に行っても特にお土産は買わないメシ通編集部です。だってあげる人いないんだもん。 でも、取引先の人とかに地方のお土産をもらうとうれしいもんですよね。できるビジネスマンはお土産も上手! もらってうれしい、美味しかったり、面白かっ…

その発想が欲しかった! 明太子といえばご飯でしょ!【博多】

博多土産のトップに上げられる名物・明太子。 味といい、食感といい、これ以上の“ご飯の友”は他にないと言っても過言ではない。 にも関わらず、お土産として明太子を売っている名店は山ほどあっても、実際にコレでご飯を食べたいと思っても、「明太子+ご飯…

栃木県民なら知らぬ人はいない「レモン牛乳」の工場を見学してきた!

みなさん「レモン牛乳」をご存じですか? 正式名称は「関東・栃木レモン」。栃木県民ならば誰もが知っている、いわば栃木県のソウル・ドリンクです! 埼玉出身の私は、恥ずかしながらその存在を長きに渡って知らずにおりました。が、先日プライベートで栃木…

【肉+スパ+飯】セミオーダー制トルコライス! パーツを組んで大人のお子様ランチ勝負

わんぱくな大人のお子様ランチ 大人のお子様ランチとも言われるトルコライスをご存知でしょう。 定義としては「トンカツ、ピラフ、スパゲティを一皿に盛ったワンプレートご飯」です。なんともわんぱくな食べ物です。 長崎のご当地グルメでありまして、名前の…

【決定版】カンタンうまい「冷や汁」入門!すり鉢不要&いつもの味噌でOKです

「冷や汁」、ご存じですか? こんにちは、郷土料理を研究しているフードライターの白央篤司です。 冷や汁は宮崎県の郷土料理と思われがちですが、実際は日本各地で昔から食べられているもの。きょうはそのごく簡単な作り方と、「本格的にやってみたい!」と…

北海道のソウルドリンク「カツゲン」に迫る!

進学や就職で北海道を離れた人が、 広大な大地に思いをはせ、飲みたくなるドリンクの代名詞。雪印メグミルクが販売する「カツゲン」です。優しい甘みと乳酸菌飲料ならではの酸味。ゴクゴクと喉を鳴らして飲める爽やかさ。「カツゲン」は道産子のソウルドリン…

逗子葉山エリアのグルメキーワードは「リラックス!」 ~名店巡礼 逗子葉山編~ 【タベアルキスト】

みなさんこんにちは、メシ通レポーターのタベアルキストWakuiです。 今回も我々タベアルキストが、わざわざ食べに行く価値のある逸品を提供しているお店へ実際に訪れ、食べまくる究極の食べ歩き「名店巡礼」をお届けします。名店巡礼のセレクト店の定義やこ…

これが浜松の地ソース! 主役の味を最大限に引き立てる「トリイソース」が素晴らしすぎる

皆さん、「ソース」は何を使っていますか?この答えで出身地が分かるほど、ソースもご当地色の強い食材のひとつ。東京では「ブルドッグ」派が圧倒的多数でしたが、愛知のスーパーでは「コーミ」が棚を占拠し、西にいくと「オタフク」がシェアを拡大しつつも…

松本エリアのグルメキーワードは「推し【そば】を探せ!」 ~名店巡礼 松本エリア編~【タベアルキスト】

みなさんこんにちは、メシ通レポーターのタベアルキストWakuiです。 今回も我々タベアルキストが、わざわざ食べに行く価値のある逸品を提供しているお店へ実際に訪れ、食べまくる究極の食べ歩き「名店巡礼」をお届けします。名店巡礼のセレクト店の定義やこ…

うまい「鯛めし」には2種類ある@香川・愛媛「かおりひめ」【出不精ジャパンツアー】

えーっと。この「出不精ジャパンツアー」という企画。 首都圏にある各県のアンテナショップ。そこに併設されているレストランで郷土料理やご当地食材の料理を食べて、旅行した気分だけ味わおうという趣旨でお送りします。 現代人は忙しい、でも旅はしたい、…

夏こそチュルンといきたい! 山形名物「冷やしラーメン」の誕生秘話&正しい食べ方

近年東京でひとつのブームを巻き起こしている、山形発祥の「冷やしラーメン」。都内のラーメン店でも提供されている他、コンビニラーメンとしてもとてもポピュラーな存在となりました。暑い夏にこそ食べたい冷やしラーメンですが、その誕生秘話と正しい食べ…

栃木の名物郷土めし「しもつかれ」コンテストに行ってきた!【観光情報付き】

ご覧ください、この美しい山々! ここは日光連山を間近に眺められる、 栃木県は日光市、今市(いまいち)エリア。 新宿から電車で1本、下今市(しもいまいち)駅には約1時間45分で着きました。 案外近くてビックリ!! 降りるとすぐに、駅からさっきの日光連…

【お食い得】毎月8日は「なごやめしの日」と制定させていただきますっ!【名古屋】

主宰グループは「なごやめし8(エイト)どえりゃこむ」 味噌かつや手羽先、ひつまぶしなどの、いわゆる「なごやめし」。味も見た目も個性的なものが多いからなのか、全国ネットのTV番組でもたびたび紹介され、今や名古屋観光のキラーコンテンツとなっている…

アメを食べたら風邪をひかないという言い伝えの「アメッコ市」。ついでに秋田犬もモフモフしてきた

秋田県大館市の祭り「アメッコ市」はワイルドで素朴キャンディ祭り 時は天正16年(西暦1588年)。 ついに天下統一を果たした豊臣秀吉が刀狩令を発布したまさにその年に始まったとされるのが秋田県大館市の祭り「アメッコ市」。皆の衆、ご存知か。 毎年2月の…

「かまくら」のカタチは知ってるだろうが「横手の雪まつり」のホンモノの良さは知るまい。超メルヘンだぞ。

雪でドーム状のアレを作って中でナニする「かまくら」はみなさんもご存知かと思うが、実際のところ、3m級のホンモノに入ったことはあるかね。 そもそも「かまくら」とはどういう意味のあるもので、中で何をするのかご存知かね。 恥ずかしながら私もよくわ…

『山形食べる通信』大蔵村の最上鴨(もがみがも)~『食べる通信』を食べてみる 2食目【タベアルキスト】

こんにちは! メシ通レポーターのタベアルキスト Sudaです。 前回から始まった新シリーズ「食べる通信を食べてみる」。こだわりの食材と情報誌が届く、『食べる通信』を取り寄せ、どんな食材なのか実際に食べてみよう! という企画です。 『食べる通信』とは…

静岡市のグルメキーワードは「先人の知恵と」と「甘酸っぱい幸せ」! ~名店巡礼 静岡市編~【タベアルキスト】

みなさんこんにちは、メシ通レポーターのタベアルキストWakuiです。 今回も我々タベアルキストが、わざわざ食べに行く価値のある逸品を提供しているお店へ実際に訪れ、食べまくる究極の食べ歩き「名店巡礼」をお届けします。 名店巡礼のセレクト店の定義やこ…

名古屋めし勢揃い。老舗「山本屋 大久手店」のオールスター感にひれ伏せ!

どて煮、味噌串かつ、手羽先などおなじみのメニューがズラリ 今や名古屋観光のキラーコンテンツになっている「名古屋めし」。ここ数年間で名古屋駅界隈には名古屋めしが食べられる店が急増した。とくに地下街は、味噌煮込みうどんや味噌かつ、手羽先、ひつま…

福岡最強のトルコライス。まじかっ、このボリューム!! 普通盛りでも、お腹が破裂寸前なんですけど……【HANAMARU厨房 】

おつかれさまでぇ〜っす。 メシ通レポーターのマツータケシでぇ〜っす。 あっ、今、お腹がパンッパンで爆発寸前なもんで、ちょいと口調が変になっとりまぁ〜っす。 これが噂の大食い'sハイってやつですね。 どへぇ〜。 さてさて、何が起きたかというと、そう…

消えたご当地グルメが地域を変える! 山形県大石田町に伝わる幻の郷土料理「にぎりばっと」とは?

「にぎりばっと」 みなさんはこの名称を聞いて、一体どんなものをイメージするでしょうか? 握り、バット。握った、バット。バットを、握る……。この名称を説明するとき、「野球で使うバットのことではありませんよ〜」と冗談交じりに話すのが、もはや地元で…

養鰻場見学もできる浜名湖のうなぎ料理屋さんでうなぎと触れ合うといい!

皆さん、うなぎはお好きですか?浜名湖うなぎを食べたことはありますか? 「浜名湖(浜松)といえば、うなぎ。うなぎといえば浜名湖(浜松)」 というように、浜名湖(もしくは浜松)観光とうなぎは定番コース。訪れた際にはうな丼、うな重を食べるのが定番…

名古屋コーチンが39円!? 絶品鶏料理がリーズナブルに楽しめる!

「名古屋と言えば? 」いろいろと名前が挙がりますよね。 味噌カツ、ひつまぶし、手羽先唐揚げ、きしめん……まだまだ出てきそうですが、なかでも推したいのは“名古屋コーチン”。引き締まった身の持つ弾力は、他の鶏の比でないですよ。 しかし、高級食材のイメ…

トップに戻る