並んででも食べたい「中央亭」の餃子ってどんな感じ?【静岡】

f:id:mesitsu_lc:20171026183535j:plain

メシ通レポーターのYELLOWです。静岡県と言えば餃子と鰻、あとは「さわやか」のハンバーグとお茶が基本的なイメージではないでしょうか?

 

特に餃子と言えば、栃木県と餃子消費量日本一を争う県でございます。

 

すなわち浜松餃子と宇都宮餃子の餃子対決でして、特にここ数年はグルメブームの影響もあり、熱い戦いを繰り広げています。

 

行列の出来る餃子専門店「中央亭」

f:id:mesitsu_lc:20171026183611j:plain

と、言う訳でおいしい餃子を求めて沼津駅に降り立ちました。さも浜松餃子を食べると見せて食べないパターンでしょうか?

 

静岡県と言えば浜松餃子ばかりが注目されていますが、筆者の好きな餃子は浜松餃子ではなく、静岡県の沼津市にある「中央亭」のオリジナル餃子です。

 

f:id:mesitsu_lc:20171026184007j:plain

どこら辺がオリジナルなのかと言うと「中央亭」の餃子はあんの包み方、焼き方に特徴があり、60数年前に「中央亭」の初代が考案した餃子なのです。

 

そのおいしさは地元の人達にも大評判で、持ち帰り餃子の予約は数週間どころか、1カ月先まで完売済みと言う状態でして、毎日大量の餃子が売れています。

 

f:id:mesitsu_lc:20171026183944j:plain

ちなみに「中央亭」は11:00オープンですが、売り切れ次第終了ですので12時半くらいに餃子が売り切れて終了してしまう日もあります。

 

「餃子 中」(8個 777円)

f:id:mesitsu_lc:20171026183838j:plain

「中央亭」は餃子専門店でして、メニューは餃子とライス、あとはビールとソフトドリンクしかありません。

 

f:id:mesitsu_lc:20171026183900j:plain

と、言う訳で餃子が8個食べられる「餃子 中」と「ライス」(162円)を食べてみる事にします。

 

f:id:mesitsu_lc:20171026184028j:plain

「中央亭」の餃子は独特でして、焼き餃子でもあり、水餃子でもあるみたいな餃子になっています。

 

f:id:mesitsu_lc:20171026184039j:plain

通常、焼き餃子はちょっと焼いてから水、または湯をさし、ふたをして蒸し、最後にふたを取ってパリっと焼き上げるのですが、「中央亭」の餃子はその逆です。

 

f:id:mesitsu_lc:20171026184330j:plain

「中央亭」ではパリっと焼き上げてから、大量の湯をさしてゆで上げるので、皮のパリっとした食感はありません。

 

f:id:mesitsu_lc:20171026184402j:plain

こう書くと「え? それっておいしいの?」と思う人が多いと思うのですが、そのおいしさは開店前から出来る行列が証明しています。

 

f:id:mesitsu_lc:20171026184414j:plain

気になる餃子の大きさですが写真の通りでして、1個が大きいので女性の方は「餃子 小」(6個 583円)を食べている人が多かったですね。

 

f:id:mesitsu_lc:20171026184926j:plain

恐らく男性でも10個とライスはちょっと重めですので、初見であれば8個くらいが無難だと思います。

 

f:id:mesitsu_lc:20171026184305j:plain

それでもあんの中にはキャベツが大量に入っているので、脂っこい感じの餃子ではなく、食べてる途中で飽きてしまう事はありません。

 

f:id:mesitsu_lc:20171026185135j:plain

食べ方のコツと言う訳ではありませんが、思い切ってひとくちで食べると肉汁を逃がさずにおいしくいただけると思います。(やけどに注意! )

 

f:id:mesitsu_lc:20171026184104j:plain

ライスの量はちょい少なめですが「大盛ライス」(216円)もあるので、男性であれば「餃子 中」と「大盛ライス」で満足出来ると思います。

 

f:id:mesitsu_lc:20171026185335j:plain

気付けば残り2個、ですと……?

 

並ぶ手間を考えると10個食べてみるのも正解だったかもですね。

 

「餃子 大」(10個 972円)

f:id:mesitsu_lc:20171026185400j:plain

と、言う訳で通常であれば餃子とライスを食べて終了ですが、あまりに「中央亭」の餃子がおいしかったので、日を改めて「餃子 大」を食べに来てみました。

 

f:id:mesitsu_lc:20171026185425j:plain

「中央亭」の餃子は焼き方も独特ですが、餃子を食べる時に使う調味料にもコダワリがあります。

 

f:id:mesitsu_lc:20171026185920j:plain

通常であれば置いてあるラー油は存在せず、かわりに一味(唐辛子)と自家製からし油が置いてあります。

 

f:id:mesitsu_lc:20171026185947j:plain

この自家製からし油がイイ感じでして、辛さはほとんど無いのですが、是非試して欲しいと思います。

 

f:id:mesitsu_lc:20171026190117j:plain

そして一味ですが筆者は普通に小皿で醤油に溶いて使いましたが、地元の人達は餃子に一味を直接振りかけて食べていました。

 

f:id:mesitsu_lc:20171026190133j:plain

ん~、この「中央亭」餃子のおいしさよ……。

 

f:id:mesitsu_lc:20171026190148j:plain

まさに「餃子とビールがあればいい!」って感じでして、水餃子のような皮のおいしさと、しっかりした餃子のあんのおいしさは、ビールと合わせると最高の組み合わせだと思います。

 

f:id:mesitsu_lc:20171026190314j:plain

餃子としては豚ひき肉の割合も多めでジューシーなので、口に含んだ時のボリューム感もあり、非常に満足感の高い餃子だと思います。

 

ごちそうさまでした!

 

「中央亭」 総評

f:id:mesitsu_lc:20171026183723j:plain

焼き餃子と言えばニンニク、ニラのガツンときいたパンチのある味と、パリっとした皮のおいしさを想像しますが「中央亭」の餃子を食べると、その概念が覆る可能性……あると思います。

 

筆者も「いやいや、皮はパリっとしてないと!」と思っていたのですが、気が付いたら「中央亭」のオリジナル餃子おいしさにハマっていましたね。

 

やはり水餃子のような皮のおいしさもですが、豚ひき肉とキャベツのおいしさが前面に出てくる、スープ感の高い餃子は唯一無二の存在でして、餃子好きなら必食の「中央亭」かなと思います。

 

f:id:mesitsu_lc:20171026183816j:plain

是非、みなさんも「中央亭」のおいしい餃子を食べに、沼津に訪れてみて下さい。

 

お店情報

中央亭

住所:静岡沼津市大手町4-4-7
電話番号:055-962-4420
営業時間:11:00~売り切れまで
定休日:月曜日、第3火曜日

www.hotpepper.jp

※この記事は2017年11月の情報です。
※金額はすべて税込みです。

 

書いた人:YELLOW

YELLOW

ラーメンからカツカレー、ハイカロリーな写真を武器に暗躍するフリーライター。なぜ痩せられないのか?

過去記事も読む

トップに戻る