中央線の名居酒屋

【西荻窪】在住50年の住民と語らった、この街のディープな魅力について【中央線の名居酒屋】

シリーズ・中央線の名居酒屋 vol.5 「やきとり 戎」(西荻窪) 西荻窪、通称・ニシオギ。 この街に住む人も、そうでない人も、 不思議とこの駅は「ニシオギ」と略称で呼ぶ。 ひらがなで書くと同じく6文字の東中野は「ヒガナカ」などと呼ばれないのに、不思議…

「中央線でいちばん落ち着ける街」僕たちが荻窪に夢中になってしまう理由【中央線の名居酒屋】

シリーズ・中央線の名居酒屋 vol.4 「二代目 鳥七」(荻窪) 東京駅に始まる中央線の中でも、いわゆるザ・中央線エリアとして認識されているのが、中野〜吉祥寺エリアだ。 この連載でも、中野、高円寺、阿佐ヶ谷と歩を進めてきたが、荻窪ってどんな街? と聞…

【中央線の名居酒屋】居心地が良すぎて、つい飲みすぎてしまうお店【阿佐ヶ谷・和田屋】

シリーズ・中央線の名居酒屋 vol.3 「和田屋」(阿佐ヶ谷) 飲み屋さんが並ぶ街並みの美しさを比べたら、きっと阿佐ヶ谷が中央線イチではないだろうか。 特に、北口の商店街「スターロード」のノスタルジックな風景の美しさは、高円寺びいきであっても認めざ…

【中央線の名居酒屋】「高円寺でいちばんカッコいい男」のいるお店【一徳】

シリーズ・中央線の名居酒屋 vol.2 「一徳」(高円寺) 中央線沿線で最もアナーキーなイメージを持つ街といったら、間違いなく高円寺だろう。 バンドマンや芸人、役者や作家など、何かを作る人が集い続ける街だ。 最近ではむしろ、古着の街と言ったほうが通…

【中央線の名居酒屋】中野の名店で「ふぐのひれ酒」に酔いしれた【第二力酒蔵】

シリーズ・中央線の名居酒屋 vol.1 「第二力酒蔵」(中野) 「中央線の酒場」のイメージといったら、なんだろう。 ガード沿いのお店で傾ける濃すぎるホッピーや、隣り合わせた酔客との間で突如始まる人生相談、だろうか。 かくいう自分も、そんなベタベタの…

トップに戻る