胃袋スキマゼロ宣言!みゆきちゃん定食のやりすぎな海鮮丼【北海道】

f:id:mesitsu_lc:20171031101221j:plain

ドンブリに隙間がないものですから、
そんなの食べたら、胃袋も隙間ゼロ。

とんでもない海鮮丼を見つけました。
ご飯が見えないほどに刺身、刺身、刺身! 
それだけにとどまらず。

敷き詰めた刺身の上に、さらに貝殻の小鉢。

しかも、めっちゃ安いんですよ。
みゆきちゃん定食 
をご紹介します。

 

海鮮天国・北海道のすごいお店

f:id:mesitsu_lc:20171031100932j:plain

最初にがっつりハードル上げときますけど、
ある程度の海鮮では驚きませんよ?

北海道内どれだけ巡っていることやら。
消化と吸収を繰り返し、
日に日に大きくなっている、メシ通レポーターの裸電球です。

海鮮パラダイスの北海道で生まれ育ったので、
私、そのへん厳しいですからね。

そんな目線で行ったのに。
なんてお店だ!

赤字にならないのかお客さんが心配してしまうほどの、
破壊的ボリュームの海鮮丼を見つけてしまいました。

 

f:id:mesitsu_lc:20171031101334j:plain

※写真の価格は税抜

札幌駅から地下鉄南北線で北18条へ。
このあたり、すごいお店が多いんですよ。

すぐ近くに北海道大学がありますからね。
金欠ハングリーな学生が多いんです。

だからこそ、安く、量も多く、おいしいお店が立ち並ぶ界隈! 
今回ご紹介するみゆきちゃん定食もそんなお店です。

 

f:id:mesitsu_lc:20171031100959j:plain

f:id:mesitsu_lc:20171031100943j:plain

※写真の価格は税抜

パンチのきいた外観、それに強烈なポップの数々。
名店の予感がプンプンします。

なんでも観光地で食べる、
半額くらいですごい料理が食べられるとうわさですからね。

いや~、楽しみです。

 

f:id:mesitsu_lc:20171031101011j:plain

※写真の価格は税抜

f:id:mesitsu_lc:20171031101305j:plain

※写真の価格は税抜

外観のインパクトそのままに、
店内にも激安の手書きメニューがズラリ。

その中から、海鮮丼定食をお願いしました。

 

お店一番の海鮮丼

f:id:mesitsu_lc:20171031101024j:plain

f:id:mesitsu_lc:20171031101035j:plain

厨房を見学させていただきました。
みゆきちゃん定食、店主の佐藤 忠志さんです。

学生街にあるお店だから、値段もあげられないんだよと話しつつ、
調理開始です。

仕入れによってネタは変わるということで、
この日はサーモンからですね。

ドンブリに1つのネタごとに4切れずつ敷き詰めていきます。 
みゆきちゃん劇場の始まりです! 

 

f:id:mesitsu_lc:20171031101041j:plain

エンガワにマグロにと、魅惑の 刺身ボーダーが! 

この時点で12切れってことですよね。
まだドンブリの半分くらいでしょうか。

f:id:mesitsu_lc:20171031101050j:plain

今回注文したのは「大盛り」などプラス料金を払うものではなく、
あくまでお店のノーマルサイズということをお忘れなく。

サバに北海道産のタコ頭、さらにカンパチと続きます。

 

隙間がない! ご飯が見えない!

f:id:mesitsu_lc:20171031101057j:plain

海鮮丼のコンセプトは、隙間がないこと! 

ご飯が全く見えないので、
海鮮丼ではなく刺身の盛り合わせだと勘違いして、
ご飯を待ち続けるお客さんもいたんだとか。

 

f:id:mesitsu_lc:20171031101103j:plain

さらにサーモンハラスが追加され、
これにて隙間ゼロ。

美しい! 

7種類のネタが4切れずつですからね。
28切れの刺身が乗っているという、
なんとも豪快な海鮮丼です。

 

ここからがみゆきちゃん定食のすごいところ

f:id:mesitsu_lc:20171031101110j:plain

完成かと思いきや……。
敷き詰めた刺身の上に、
おもむろに貝殻を散らした佐藤さん。

まさか……。
うそでしょ??

 

f:id:mesitsu_lc:20171031101118j:plain
この海鮮丼、
まだまだ終わりではないのです。

貝殻を小鉢のようにさらに海の幸が追加されていきます。

 

こちらが完成した海鮮丼

f:id:mesitsu_lc:20171031101124j:plain

▲海鮮丼定食 1,080円

 

ええっと。
宮城ですか?

 

隙間なく埋め尽くされた刺身のボーダー。
その上に貝殻の小鉢。

折り返すように、小鉢がドンブリの半分ほどまで並んでいます。

それでいてこのお値段! 

観光地で食べたら2倍、3倍はしそうです。

 

f:id:mesitsu_lc:20171031101328j:plain

味もおいしい!
市場に頼らず、独自のルートで仕入れるという魚の数々。
ここに安さの秘訣(ひけつ)がありそうです。

おなかを空かせた学生さんを、
リーズナブルな価格でおなかいっぱいにしてあげたいという思いで生まれた、海鮮丼。

うわさがうわさを呼び、
今では観光の方も後を絶ちません。

お昼時ともなれば店内は大混雑! 

 

f:id:mesitsu_lc:20171031101140j:plain

さらにこの海鮮丼は「定食」ですからね。
小鉢やお味噌汁などもついてこの価格。

いや〜、お客さんがお店のことを心配してしまいます。
そんなに安くて……大丈夫なのでしょうか。

 

食べても食べても出てくる海鮮

f:id:mesitsu_lc:20171031101321j:plain

どうですかこのサービス精神。
どこから手をつけていいのかわからなくなります。

ちなみに今回はノーマルを頼みましたが、
プラス300円で大盛りもあるんですって。

こちらは刺身のネタが1つ増え、
さらに4切れが5切れになるそうです。

刺身だけでも……40切れだ。
すごすぎるよ、みゆきちゃん定食!  

 

f:id:mesitsu_lc:20171031101227j:plain

f:id:mesitsu_lc:20171031101207j:plain

ということで。
海鮮の豪華な盛りには慣れているつもりでしたが。

みゆきちゃん定食、おそるべし! 
ボリューム満点、胃袋隙間ゼロです。

この海鮮丼以外にも、
ウニを一折使った破格のウニ丼や、
コスパ最高の握り寿司などもあるそうです。

まさに海鮮パラダイス! 
皆様、みゆきちゃん定食に是非! 

お店情報

みゆきちゃん定食

住所:北海道札幌市北区北18条西5丁目2-35
電話番号:011-594-8414
営業時間:11:30~13:30、18:00〜19:30(ご飯がなくなり次第終了)
定休日:無休

※この記事は2017年11月の情報です。
※金額はすべて消費税込です。

 

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。

過去記事も読む

トップに戻る