ハンバーグ

つけ麺みたいなハンバーグ?「榎本ハンバーグ研究所」で次世代のハンバーグを食べてきた【別視点ガイド】

榎本ハンバーグ研究所。 研究所とつく硬いネーミングなので、野菜やひき肉の安全性でも調べていそうな施設だが、その実態はハンバーグ専門店。 ここでしか食べられないコンセプト性の高いハンバーグがいろいろ食べられる。 南北線「西ヶ原駅」や京浜東北線「…

【ふるさと納税】たった5,000円でゲット!激ウマすぎる「肉盛り食材」まとめ【7選】

メシ通レポーターのハガです。 今回はふるさと納税の返礼品のなかから、なんと寄付金5,000円でもらえるお肉を紹介いたします! では行ってみましょう。 牛肉【茨城県 日立市 】日立産常陸牛切り落とし 300g 茨城が誇る極上霜降り肉・常陸牛の切り落とし肉の…

【濃厚ソース】お皿をなめたくなるおいしさ! ズボラさん用「BIGハンバーグ」

成形なしでラクラク! こんにちは、料理研究家のYuu*です。今回はズボラさんにうれしいハンバーグレシピをご紹介します。タネは小さく成形せずにざっくり2等分、あとはフライパンにドドーンと落として焼くだけ。とってもラクなんです! そしてそして、どう…

都会で農体験もできる! リーズナブルでからだ想いの肉ダイニングで、肉三昧のスタミナチャージ

新年度を迎え、なにかと慌ただしいこの時期。スタミナをつけるためには、やっぱり肉を食べたいところだ。できることなら、血となり肉となるクオリティの高いステーキなんぞをガッツリ食べたいものだが、懐具合がスタミナを失ってしまっては本末転倒……。 そこ…

超絶ウマし! 寝てもさめてもハンバ~~~グ!?【良店3選】

みんな大好きハンバーグ! 自宅で作るハンバーグももちろん最高ですが、やっぱりその道のプロがつくるハンバーグの味は別格ですよね。それが評判の味だったら、なおさら。 我らの期待を絶対に裏切らない、絶品ハンバーグの記事を集めてみました! 【ハンバー…

【小鳥遊しほ】あと5年で魔法使い。古着にとりこのアパレル店員のお家でハンバーグを作ります

イラストレーターにフードコーディネーター、コラムニスト、そしてモデルとして超マルチに活躍する小鳥遊しほが、世の悩める人々のために自ら家へ足を運び、料理を作り、ややナナメ上から人生相談にまで乗ってしまう企画。 人の数だけ悩みはある。悩んでいて…

「俺のハンバーグ山本」から「山本のハンバーグ」へ。山本社長が語る激烈ハンバーグ愛

「俺の」から「山本のハンバーグ」へ 「俺のハンバーグ山本」という、一度聞いたら耳に残るネーミングのハンバーグ専門店があります。ハンバーグに特化した業態で一世を風靡したお店ですが、今年の春に、代表を務めておられた山本昇平氏が、新たな名前のお店…

美しくきらめく「光るハンバーグ」を作ってみた【理系メシ】

「ハンバーグ」を光らせよう! 最近、Twitterで話題になった「チェレンコフゼリー」を知っているだろうか。 アイスキューブで作った青いゼリーを紫外線で照らしたら、青く光るというもの。 どうやって作るのかというと、トニックウォーターを寒天で固めるだ…

福岡の老舗「ブラジレイロ」で洋食と自家焙煎珈琲を味わう

珈琲好きのみなさん、福岡の老舗喫茶店、 「ブラジレイロ」を知っていますか? 福岡の喫茶店の中でも、特に老舗と言われている「ブラジレイロ」。 昭和9年にブラジル・サンパウロのコーヒー局が、ブラジルの珈琲を宣伝する目的で中洲湖畔にモダンな珈琲店を…

【ハンバーグ好き必見】まるでユッケ?自分で焼いて食べる肉の塊ハンバーグ!

肉好きですが、まだひとり焼肉はしたことがない、メシ通レポーターのsenaです。 さっそくですが、こちらはなんばから細い道を入った、ディープな裏なんば。 裏なんば美味しいお店がいっぱいで、最近では外国人観光客の方も長蛇の列に参戦しているのもちらほ…

老舗の米屋直営「キッチンパパ」の洋食は、ご飯がススムにもほどがある!【おかわりOK】

150年以上続く米屋の奥で こんにちは、メシ通レポーターの泡です。今回やってきたのは西陣織の産地として栄華を誇った西陣エリア。 千本通から上立売通を東へ入った所にある「大米米穀店」は、創業以来159年の歴史を持つ老舗です。 阪急・河原町駅やJR二条駅…

ニューヨーカーを魅了した凄腕シェフが仙台に凱旋! 仙台牛100%の異次元ハンバーグの衝撃!

今、仙台の食通たちの間で話題を集める一軒の創作料理レストランがあります。その名は「New York 紐育(ニューヨーク・ニューヨーク)」。 この店のオーナーシェフ・庄子泰弘さんは、およそ30年にわたりニューヨークに住み、2つのレストランを経営して来たと…

シネフィルよ、喰らえ。「第28回東京国際映画祭」で話題の店の味をお手頃に堪能できる「東京映画食堂」開催だっ!

芸術の秋。東京ではさまざまなアートイベントが開催されるので、アート志向なシティボーイ&シティガールは見逃せないものばかりだろう。一人で行くもよし、デートで行くもよし、友達以上恋人未満の二人が距離を縮めるために行くもよし、好きなように楽しむ…

「おいしい料理はまかないのように全部混ぜてもおいしい」は本当か試してみた

テレビ離れが深刻と言われている昨今、筆者が視聴している数少ない番組の1つに日曜深夜帯のトーク・バラエティ「ヨルタモリ」(フジテレビ系)がある。 さっそく本題に入るが、2015年5月31日放送の「ヨルタモリ」で、ゲストの歌舞伎俳優・松本幸四郎さんが「…

「横浜ブギ」というゴキゲンな響きの洋食屋で出会った、レアなハイボールと王道ハンバーグ&ナポリタン

世界的に有名なチョークアート作家が描いたメニューボード 女子と初めて食事に行くとき、お店選びに迷ったらメニューにオムライスがある店を選びましょう。まずハズしません(注:実行するときは自己責任でお願いします) 。いまやオムライスは、筆者のよう…

トップに戻る