エッセイ

あの「いらすとや」さんにリクエストしてイラストを描いてもらった話

かわいいフリー素材といえば 無料かつ商用可のかわいいイラストで有名な「いらすとや」。 名前をご存知ない方もいるかもしれませんが、イラストは見たことがあるはず。 ネット上や街中でしこたま使われていますよね。 ▲グルメライターのイラスト(女性) 商…

エッセイ「酒と酒場と男と女」【酔っぱライター 江口まゆみ】

食と異性、食と恋愛、デートと外食などをテーマにした女性クリエイターによるリレー連載「21世紀のGUY食問題」。 今回はお酒を中心とした飲食文化に造詣の深い作家の江口まゆみさんが登場。「酔っぱライター」の異名を持つ彼女が、男女とお酒の関わりについ…

【言葉が調味料】料理界の達人・名人の名言でもっとおいしく調理したい

料理がうまくなりたいなぁといつも思っています。家族の誕生日や記念日のごちそうもそうですが、肉じゃが・きんぴらごぼうといった日々の何気ないおかずこそおいしく作りたい。 しっくりなじむ洗いざらしの綿のパンツと清潔なシャツを着て、簡素な台所に立ち…

小出真保のSNSモノマネ「三度の飯よりいいね!が好き❤」第4回

優香などのモノマネが人気の女芸人・小出真保による連載企画「SNSモノマネ」。 “食”をテーマに、ネット上にあふれる「いいね!」が欲しいオンナたちの姿とその裏側を、小出がこっそり(ちょっとオーバーに?)コピる、なりきり企画です。 たとえ、現実の自分…

ピザトーストについて僕が語りたい8つのこと

どんな髭剃りにも哲学がある この言葉、村上春樹の小説(『1973年のピンボール』講談社)で知ったのですが、元はサマセット・モームの小説からの引用のようです。 日常的で些細(ささい)なルーティーンでも、長く続ければそれなりの哲学が生まれる。うん、…

【食と恋愛】彼氏彼女の食事【辛酸なめ子】

食と恋愛や、デートと外食をテーマにした女性クリエイターによるリレー連載「21世紀のGUY食問題」。 第3回目は、漫画家/コラムニストの辛酸なめ子さんが登場。「彼氏彼女の食事」というテーマで、デートにおける男女のパワーバランスについて考察していただ…

小出真保のSNSモノマネ「三度の飯よりいいね!が好き❤」第3回

優香などのモノマネが人気の女芸人・小出真保による連載企画「SNSモノマネ」。 “食”をテーマに、ネット上にあふれる「いいね!」が欲しいオンナたちの姿とその裏側を、小出がこっそり(ちょっとオーバーに?)コピる、なりきり企画です。 たとえ、現実の自分…

小出真保のSNSモノマネ「三度の飯よりいいね!が好き❤️」第2回

優香などのモノマネが人気の女芸人・小出真保による連載企画「SNSモノマネ」! “食”をテーマに、ネット上にあふれる「いいね!」が欲しいオンナたちの姿とその裏側を、小出がこっそり(ちょっとオーバーに?)コピる、なりきり企画です。 たとえ、現実の自分…

エコか? ケチか? ドイツ人夫と日本人妻の、たぎる「ゆで卵バトル」

独流ゆで卵はエコのたまもの!? みなさんは、ゆで卵ってどう作ってますか? お鍋に卵がかぶるくらいの水をはって、沸騰してから5~7分くらいでしょうか? 「はいそれ、エコじゃないからダメ~!」 ……って、うちのドイツ人の夫なら言うかも。 というわけで、今…

【食と恋愛】初デートの食事、はたしてどんなお店を選べばいいのか?【さえり】

食と恋愛や、デートと食事をテーマにした女性クリエイターによるリレー連載「21世紀の外食……いやGUY食問題」。 第3回目は前回のトイアンナさん同様、Twitterで絶大な支持を集めるフリーライターのさえりさん。テーマは男性なら誰もが悩む「初デートのお店選…

【食と恋愛】なぜ「俺のお気に入りのお店」へ連れて行くとオトコはフラれるのか?【トイアンナ】

切っても切れない食事と恋愛の関係。『メシ通』では、外食やデートをテーマにした女性クリエイターによるリレー連載がスタートしました。題して「21世紀の外食…いやGUY食問題」! 第2回目は前回同様、トイアンナさん。テーマは「俺のお気に入りの店問題」………

今宵の読書は、名探偵が愛したグラスを傾けながら

ミステリーに登場する名探偵たちは、タフな事件の合間に、そして解決後にグラスを傾けます。今宵は主人公たちが愛した酒を飲みながら、その作品を楽しもうという趣向です。 『長いお別れ』&オールドグランダッド まずは、ハードボイルドの代名詞ともいえる探…

小出真保のSNSモノマネ「三度の飯よりいいね!が好き❤️」第1回

優香などのモノマネが人気の女芸人・小出真保による新連載がスタート! “食”をテーマに、ネット上にあふれる「いいね!」が欲しいオンナたちの姿とその裏側を、小出がこっそりコピります。 題して「SNSモノマネ」。 たとえ、現実の自分からかけ離れて…

【食と恋愛】男女おごりおごられ問題~ご飯代の支払いにまつわる女性のホンネ~【トイアンナ】

切っても切れない食事と恋愛の関係。『メシ通』では、外食やデートをテーマにした女性クリエイターによるリレー連載「21世紀のGUY食問題」がスタートします。 記念すべき第1回目は、人気ブロガーであり書籍の執筆や恋愛相談も行うトイアンナさんが登場。テー…

“呑める蕎麦店”からの原点回帰。 「いつか、自分で育てた蕎麦の実で自分の蕎麦を打つ!【木曽路】

会社をずる休みしたり無理して借金こしらえたり。そこまでしてもやり遂げたい、いわゆる“悪魔の趣味”というものがあります。有名なのは釣りですが、蕎麦もその一味じゃないかというのが僕の持論です。なぜ人は蕎麦にハマってしまうのか。その理由を考えると…

出汁(だし)のロマン

「出汁(だし)」。 それは男子のロマンをいつだってかき立てる。 出汁という概念を知ったのは、小学4年生の頃だった。 母が味噌汁を作る際に、鰹節をお湯に投入しているその様子を訝しみ、「なんでそんなことするの?」と尋ねた。母の口から「この鰹節から…

思い出の「おとうさんのおすし」

今でも思い出すお父さんのあのお寿司 僕の奥さん、アッコさんが時々懐かしそうに語るのが「おとうさんのおすし」。それはアッコさんの子供時代、今は亡きお父さん(カゲゾウにとっては義父)が三人の幼い兄弟のために握ってくれたお寿司のこと。 時代は昭和…

苦しい豆腐と運動会

給食には、切ない思い出がある。 僕は食べることがとても遅く、「反芻してるのか」「胃が4つあるのか」「トータル、牛か」と級友に責められるほどに、ゆっくりゆっくりと給食を噛み続ける子どもであった。 みんなが早々にごちそうさまをしても、僕だけがいつ…

ローソン限定「ご当地ヒーロー」シールが熱い! ていうかヒーロー熱い!!

みなさん。 日本は古来より各地方地方、地域地域に不思議な伝承とさまざまな怪、要するに妖怪の類の存在が知られてきた。 遠野には河童。京都には鞍馬天狗。 そして現代の世。 日本全国津々浦々まで隙間なく、ゆるキャラで溢れておる。 ふなっしー、くまモン…

未知なるカレーと初デート

カレーが大好きだ。 二日に一度は、カレーを食べる。昨日はチキンカレー、その前はグリーンカレー、さらにその前はスープカレー、といった具合に、だらしない日々にカレーで句読点を打ちながら生きている。 だから僕は「この世に溢れる、ありとあらゆる種類…

キミは春巻きが似合わない

カップラーメンをどう食べるか。それが問題だ。 数年前、CMでとあるタレントが、アフリカの大平原で太陽を見つめながらカップラーメンをすすっていた。とても、絵になっていた。 カップラーメンを食べている様など、普通は絵にならない。どこでどう食べよう…

トップに戻る