煮込むより断然ラク「ツナ缶じゃがドライカレー」がエース級のウマさ【ヤスナリオ】

こんにちは、高円寺メタルめしのヤスナリオです。

今日は、僕のお店のまかないメシの定番「ツナ缶じゃがドライカレー」をご紹介します。

ドライカレーというと、ひき肉を使うものや、チャーハンのようにご飯と具を一緒に炒めるものなどもありますが、これはツナ缶を使い、じゃがいも、玉ねぎを炒めてカレー粉、ソース、トマトケチャップを混ぜるだけ。常備してある材料と、普段使いの調味料で手軽に作れますよ。

煮込まずに炒めてサッとできるので、今すぐカレー的なものが食べたい! そんなときにもうれしいひと皿です。

 

ヤスナリオの「ツナ缶じゃがドライカレー」

【材料】1人分

  • じゃがいも 中1個(130g程度)
  • 玉ねぎ 1/4個
  • ツナ缶(オイル漬けタイプ) 1缶(70g程度)
  • カレー粉 小さじ1
  • 中濃ソース 大さじ1
  • トマトケチャップ 小さじ1
  • サラダ油 小さじ1
  • 粗びき黒こしょう、乾燥パセリ 適量
  • ご飯 1人分
  • 目玉焼き お好みで

 

作り方

1. じゃがいもは洗って皮付きのままラップに包み、600wの電子レンジで5~6分加熱してやわらかくする。

 

2. じゃがいもの粗熱が取れたら手で皮をむき、10等分に切る。玉ねぎは縦に薄切りにする。

 

3. フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、玉ねぎを入れて炒める。

 

4. 玉ねぎがしんなりしてきたらじゃがいも、ツナ缶をオイルごと入れ、さらに炒める。

 

5. 4にカレー粉、中濃ソース、トマトケチャップを加えて全体に絡め、

 

汁気が少なくなるまで1~2分炒める。

 

6. 器にご飯を盛り、5、お好みで目玉焼きをのせ、粗びき黒こしょう、乾燥パセリをかける。

 

そのままおつまみにしちゃってもウマい!

オイルごと入れたツナのうま味、玉ねぎの甘みがスパイシーなカレー粉とよく合います。ご飯との相性ももちろんバッチリ! じゃがいもが1個分、ゴロゴロ入っているから、食べごたえも抜群です。

目玉焼きトッピングでさらにボリュームアップさせるのがヤスナリオ流。目玉焼きは、じゃがいもをレンチンしている間に焼いておくのもいいですね。

このドライカレーは、パンにのっけて、ピザ用チーズをのせて焼いても美味しいですし、そのままおつまみやおかずにしちゃってもウマい! フライパンで炒め始めたら10分もかからないので、一度作って食べてみてください。EAT FAST! EAT HARD! YES! METAL MESHI!

 

作った人:ヤスナリオ

ヤスナリオ

三度のメシよりヘヴィメタル好き!かもしれない、自称「料理勉強家」。「ホントはこういうのが一番ウマいんだよねえ」と唸らせる、シンプルでカンタンな料理をブログで発信。雑誌、WEB、TV番組などへのレシピ提供も行う。2015年オープンのヘヴィメタル・ダイニングバー『高円寺メタルめし』では、自慢のメタルめしがさく裂中! 『極ラクめし』(グラフィック社)、『メタルめし!』(DU BOOKS)が発売中。愛猫「はこ」を漫画家の堀道広先生が描いたTシャツほか、高円寺メタルめし5周年記念グッズが好評発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る