洋食全般特集

大正時代になると安価な洋食店も増え、庶民にも洋食が定着してきました。当時は「ソースをかければ何でも洋食」という言い回しがあったくらいで、 大阪では水に溶いた小麦粉を鉄板で焼き、ネギなどをのせて焼いたお好み焼きの原型ともいえる料理が「一銭洋食」と呼ばれ、流行したと言われています。そんな洋食は、いまなお営業している明治期創業の老舗洋食店にはじまり、ハレの日のレストランとして重宝されているホテル、戦後の外食ブームを牽引してきたファミリーレストラン、 街場の個人店まで、さまざまなシーンで利用できるお店がそろうのも特徴です。

今月の洋食全般の新着情報2018/04/27更新

洋食全般の新着口コミ

  • まどろんさんの画像

    A1

    ランチ

    まどろんさん

    1080円のランチを食べました。 コーヒーもセルフで飲めて、ハンバーグと魚フライとサラダとポークステーキがついてこのお値段はとてもお手頃でした^ ^ 川が見える席も素敵でした。

    2018/04/15投稿

  • 伊代ちゃんさんの画像

    創作洋食 タムノス・樹

    人気のハンバーグ

    伊代ちゃんさん

    主人と初めて行ったお店ですが、雰囲気も良くスタッフさんの接客も気持ちの良い接客でした。なんと言っても1押しのハンバーグ!ジューシーでめっちゃ美味しかったです。是非また行きたいと思います。30分ドライブして行ったかいありました。

    2018/04/13投稿

今月の洋食全般のお店紹介 関東エリア2018/04/27更新

今月の洋食全般のお店紹介 関西エリア2018/04/27更新