生ニンニクをどどーんとたっぷり盛り! ボリューム満点の個性的なカレーを出す名店・上石神井「analog.」に行ってきた!

f:id:Meshi2_IB:20150703202223j:plain

練馬区上石神井にある個性的な雰囲気が漂うカレー屋「analog.(アナログ)」。実は私の自宅の近くにあるお店で、何度か来店したことがあるんです。その大盛り具合とか男気あふれるニンニク使いとか、とにかく野郎感がハンパないカレーなんで、ここで紹介させていただきます!

f:id:Meshi2_IB:20150703202218j:plain

西武新宿線・上石神井駅。読み方は「かみしゃくじい」です。あまり知名度は高くない駅ですけど、高田馬場から急行で2駅、10分少々という、実は便利な駅なんです。そんな上石神井駅から歩いて2~3分のところにある「analog.」があります。

f:id:Meshi2_IB:20150703202219j:plain

店内はカウンターのみ5席。コンパクトサイズのお店で、体が大きい私が入ると邪魔がられるかもしれませんが、そんなことは気にしません(笑)。

f:id:Meshi2_IB:20150703202239j:plain

f:id:Meshi2_IB:20150703202220j:plain

いきなりテーブルに置いてあった香辛料。辛そうっすねえ!

f:id:Meshi2_IB:20150703202221j:plain

昼夜、各2~3種類のメニューを提供とのことで、この日、注文できる「カレーJAPAN」と「チキンな彼へ。」の両方を注文!

 

早速、目の前で盛られるご飯。並盛りなのに、すごいボリュームで、大食い党の私でも存分に満足できる量っす! これで370グラムくらいあるらしいです。

f:id:Meshi2_IB:20150703202222j:plain

もちろんルーの量も多いっす!

f:id:Meshi2_IB:20150703202223j:plain

どーんと出てきた「カレーJAPAN」。最もスタンダードなメニューですが、具材も多くて充分に個性を感じさせます。

f:id:Meshi2_IB:20150703202225j:plain

そして、ここの売りはなんと言ってもこれ。

f:id:Meshi2_IB:20150703202224j:plain

刻みニンニクがたっぷり。

「ニンニクは入れますか?」と聞かれるので、デートとか商談とかの予定がある人は断ることもできます。ヒマ人の私は、もちろん入れてもらいました(笑)。

f:id:Meshi2_IB:20150703202226j:plain

続いて『チキンな彼へ。』。いわゆるチキンカレーです(笑)。

「カレーJAPAN」との写真と同じ!? すみません! でもこれは間違いなく「チキンな彼へ。」で、「カレーJAPAN」とは別物です(キッパリ!)。

f:id:Meshi2_IB:20150703202227j:plain

f:id:Meshi2_IB:20150703202238j:plain

でっかいチキンが入ってますよ! コイツがモリッとした食感でメチャ美味なのであります!

f:id:Meshi2_IB:20150703202228j:plain

さっそく「カレーJAPAN」から喰らいます! ジャガイモやニンジンがたくさん入っていて、何というかいろんな味が混ざり合っているような、バラエティに富んでいる複雑な味わい。単調な味ではないんですよね。表現が難しいですが……。ひと言で言えば「美味い!」なんですけど(笑)。

f:id:Meshi2_IB:20150703202229j:plain

いきなりニンニクを食べてしまった私。写真撮影用にすくったんですが、そのまま食べてしまいました。

むーん……ニンニク、効くぜ!

f:id:Meshi2_IB:20150703202230j:plain

バクバク食べちゃいました。それにしても腕が太いなあ(笑)。体がデカイので、相対的にカレーが小さく見えちゃいますけど、ボリューム満点ですからね! これぞ、デブの弊害(涙)。

f:id:Meshi2_IB:20150703202231j:plain

「カレーJAPAN」を一気に食して、今度は「チキンな彼へ。」。ドヤ顔のオッサン(私)。自分で見ても、ウザいですね。

f:id:Meshi2_IB:20150703202232j:plain

瞬く間に2杯完食。「チキンな彼へ。」は、大きめに切った野菜に加え、大ぶりなチキンがたくさん入っていて、これまた食べ甲斐がありました。しかも「カレーJAPAN」よりも辛い。

f:id:Meshi2_IB:20150703202240j:plain

お水をガブガブ飲みましたけど、汗がドッと噴出するくらい辛かったです。辛党の人には、コチラがオススメです。

f:id:Meshi2_IB:20150703202233j:plain

さらなる辛さを求める方には、こんなものもあります。なんか怖い。

 

メニューは「カレーJAPAN」「チキンな彼へ。」のほか、水を使用していない「プルシン」、パクチーを投入してくれる「アナログリィィィィンカレー」、「とりバジル」などがありますけど、どのメニューが提供されるかは、その日にならないとわからないんですよ(笑)。まさに店長さんの気分次第?

あ、価格ですけど、全メニュー、並盛り→750円、大盛り(500~550グラムのご飯!)→850円、控えめ→680円、二種類のカレーを食せるハーフ&ハーフ→780円と、いろいろあります。

f:id:Meshi2_IB:20150703202234j:plain

ちなみにテイクアウトもできて、ルーのみだと400円。もちろんニンニクもどっさり入れてもらえます

f:id:Meshi2_IB:20150703202235j:plain

てことで、ルーのみ持ち帰って、カレーをおかずにビール。カレーでビールを飲むのが趣味。カレーは飲みもの、ですね。

f:id:Meshi2_IB:20150703202236j:plain

何度も言いますけど、体が大きいだけで、カレーの量はとっても多いんです。

テイクアウトしたのは「チキンな彼へ。」だったので、メチャ辛くてビールが進んじゃいましたよ。

酒飲み党にはたまらんおツマミですわ。

f:id:Meshi2_IB:20150703202237j:plain

コチラ、1人でお店を切り盛りしている店主。写真ぶれぶれ(笑)。次々とお客さんが来て動き回っていたので、まともな写真が撮れませんでした(言い訳)。

軽くインタビューしてきたので、どうぞ!

 

――開店したのはいつですか? 

「2011年の2月です」

――ユニークなメニュー名は、どんな風に考えたんですか?

「思いつきで(笑)。何も考えてません!」

――刻んだ生ニンニクを投入するのが特徴的ですよね。

「ラーメン二郎が好きで、それに由来してます。生ニンニクって、インパクトがデカイですし、ルーの味わいを引き立てますから」

――ご飯の量が並盛りでも多いですけど、それもラーメン二郎の影響ですか?

「そうですね(笑)」

――飲食店などで修行した経験はありますか?

「それがまったくないんです。完全に独学です」

――上石神井に出店したきっかけは?

「家が近いから(笑)。上石神井って、結構地味な町じゃないですか。その中で個性的な個人店を作りたい、という気持ちもあって出店しました」

――今後、新しいメニューが出る予定はありますか?

「ありますよ! でも詳細はヒミツ。たまに限定メニューも出していますよ」

忙しい中、図々しくもお話を伺わせていただきました。というわけで、今日も大盛りニンニクのカレーをテイクアウトしてビールを飲むことにします!

お店情報

analog.(アナログ)
住所:東京都練馬区上石神井1-13-7
電話:非公開 
定休日:不定休

※お店公式のツイッターで営業日当日の呟き、要チェックです。

書いた人:川村河内 責(かわむらごうち せめる)

f:id:Meshi2_IB:20150703202241j:plain

出版社勤務を経て、フリーのライターとして活動。低迷する出版業界で、寄生虫のように生きる。競馬場で急性アル中で倒れ、搬送された経験を持つ、酒好きギャンブラーでもある。野球はヤクルトの大ファン。

トップに戻る