「きゅうりのにんにく味噌漬け」を作ったら、箸が止まらないにも程がある【筋肉料理人】

f:id:kinniku39:20190903183037j:plain

こんにちは~筋肉料理人です!

そろそろ秋限定のビールをお店で見かけるようになりましたね。そんなビールのつまみにもぴったりの「きゅうりの味噌漬け」の作り方と、食べ方アレンジを紹介します。冷蔵庫にあると、つまみにもおかずにも重宝する漬け物ですが、今回はきゅうりをにんにく風味の味噌漬けにします。

面倒な下処理なしで漬け込むだけの簡単レシピで、つまみ始めたら箸が止まらなくなる絶品です。きゅうりの消費にもおすすめですよ。

 

筋肉料理人の「きゅうりのにんにく味噌漬け」

【材料】4人分

  • きゅうり 2本
  • 味噌 大さじ4
  • おろしにんにく 小さじ1
  • みりん 大さじ3
  • 削り節 小パック1
  • だし昆布 2×4cm
  • タカノツメ 1本
  • 塩 小さじ1

 

作り方

f:id:kinniku39:20190903183118j:plain

1. だし昆布とタカノツメはぬるま湯に5分ほど漬けておきます。

こうすることで柔らかくなり、キッチンハサミで切りやすくなります。

 

f:id:kinniku39:20190903183057j:plain

2. きゅうりはヘタを切り取ります。まな板にのせ、塩をかけ、

 

f:id:kinniku39:20190903183104j:plain

手でまな板に押し付けるようにしながら前後に転がします。

こうして「板ずり」することで皮が柔らかくなり、味がしみ込みやすくなります。

 

f:id:kinniku39:20190903183122j:plain

3. きゅうりの表面にこのくらい水分が出てきたらOKです。流水で洗い、水分を拭き取って半分に切ります。

 

f:id:kinniku39:20190903183107j:plain

4. ポリ袋に入れたら、

 

f:id:kinniku39:20190903183111j:plain

味噌、おろしにんにくを入れます。

おろしにんにくはお手軽に使えるチューブにんにくでOKです。

 

f:id:kinniku39:20190904102255j:plain

5. だし昆布とタカノツメはキッチンハサミで細かく切って入れ、

 

f:id:kinniku39:20190903183120j:plain

削り節を入れ、

 

f:id:kinniku39:20190903183124j:plain

みりんを注ぎます。

 

f:id:kinniku39:20190903183135j:plain

6. ポリ袋の口を閉じ、手でもんだら冷蔵庫で1~2日漬け込みます。

 

f:id:kinniku39:20190903183151j:plain

7. 2日目のきゅうりのにんにく味噌漬けがこちらです。きゅうりから水分が出て味噌がゆるくなっています。きゅうりを取り出し、

 

f:id:kinniku39:20190903183137j:plain

お好みの厚みに切ります。取り出したきゅうりには味噌がついていますが、洗わずにキッチンペーパーで拭き取る程度で大丈夫です。これを皿に盛り付け、削り節(分量外)を添えます。

 

さらに美味しく食べる方法も紹介します

f:id:kinniku39:20190903183039j:plain

「きゅうりのにんにく味噌漬け」の完成です! きゅうりを板ずりしてから漬け込むので味がしっかりしみています。

 

f:id:kinniku39:20190903183043j:plain

にんにく風味、ピリ辛で削り節、昆布の旨みが入って美味しい。お酒がイケる漬物になりました。これでも十分に美味しいですが、

 

f:id:kinniku39:20190903183046j:plain

冷蔵庫にあったクリームチーズを合わせてみました。

きゅうりのにんにく味噌漬け1人分に、小さく千切ったクリームチーズ20gをあわせています。味噌味のきゅうりの漬物と、ほのかな酸味で濃厚なクリームチーズが意外なほど合います。

 

f:id:kinniku39:20190903183049j:plain

さらに、漬け込んで3日目のきゅうりのにんにく味噌漬けをご飯に合わせました。

 

f:id:kinniku39:20190903183147j:plain

きゅうりのにんにく味噌漬け1人分(きゅうり1/2本分くらい)を薄く刻み、

 

f:id:kinniku39:20190903183148j:plain

ご飯を茶碗に2膳、削り節小パック1、すりごま小さじ1を混ぜ、おにぎりにします。

 

f:id:kinniku39:20190903183053j:plain

きゅうりのにんにく味噌漬けのおにぎりを目の前にすると、笑顔になって思いっきり頬張りたくなりました。食べるとパリパリした食感とにんにく味噌の風味、噛むほどにご飯の甘味が口に広がります。家飲みの締めに食べるもよし、お弁当にもいいでしょう。

作った翌日から食べられて、3日目にはしっかり味が入るきゅうりのにんにく味噌漬け。手軽に作れるので、ぜひお試しください。冷蔵で5日を目安に食べ切ってください。

 

作った人:筋肉料理人 藤吉和男

筋肉料理人 藤吉和男

料理と筋トレをこよなく愛する料理ブロガー。料理研究家としてレシピ本執筆や料理教室、テレビ出演、ボランティア活動を行う。自信のブログやYouTubeでは、簡単で美味しい魚料理や簡単レシピを専門的ながらわかりやすく紹介。レシピブログプラチナブロガー認定。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る