【サバ缶レシピ】ニラ玉じゃなくて「ニラサバ玉」【筋肉料理人】

こんにちは~筋肉料理人です!

香ばしく炒めたニラの香りで、つい箸がのびるニラ玉。今日はそのニラ玉を、サバ缶と豆腐を加えてボリュームたっぷりにアレンジした「ピリ辛豆腐ニラサバ玉」のレシピを紹介します。

サバ缶は煮汁も一滴残さず使ってたれを作るので、サバのうま味も栄養も無駄にしません。ピリ辛の味付けで、ビールもご飯もいけちゃいますよ。

 

筋肉料理人の「ピリ辛豆腐ニラサバ玉」

【材料】2人分

  • サバ缶(しょうゆ煮) 1缶(内容量150g程度)
  • 木綿豆腐 160g
  • 卵 3個
  • ニラ 1/2束(50g)
  • サラダ油、ごま油 各大さじ1/2

(A)

  • マヨネーズ 小さじ1
  • 砂糖 小さじ1/2
  • 塩 少々

(B)

  • しょうゆ 小さじ1
  • 砂糖 小さじ1/2
  • 日本酒 大さじ2
  • 片栗粉 小さじ1
  • おろしにんにく 小さじ1/2
  • タカノツメ(小口切りにする) 1/2本

 

作り方

1. 木綿豆腐はひと口大に切り、

 

耐熱皿にのせ、電子レンジ600wで2分加熱して水切りします。

 

豆腐は加熱後、フライパンに入れるまで皿を傾けておくとさらに余分な水分が出てきます。

 

2. ニラは4~5cmの長さに切り、根元の太い部分は別にしておきます。

 

3. 卵はボウルに割り入れ、(A)を入れて混ぜておきます。

 

4. サバ缶の煮汁をボウルに入れ、

 

(B)を加えて混ぜ、たれを作ります。

サバ缶の煮汁にはうま味と栄養が詰まっていますので、これを味付けに活用します。

 

5. フライパンにサラダ油を入れて中火にかけます。サラダ油がサラサラになってきたら、3の卵液を一気に入れます。

 

卵液はすぐに混ぜずにそのまま加熱して、

 

底の方が固まってきたタイミングで大きく混ぜます。

 

フライパンの片方から反対側に一気に混ぜ、その後、反対側からまた混ぜる、そんな感じで混ぜて半熟の炒り卵にして、

 

卵を混ぜたボウルに取り出しておきます。

 

6. 空になったフライパンにごま油を入れて中火にかけ、今度は水切りした木綿豆腐を入れて焼きます。

 

底面に焼き目が付いたら転がして、ほぼ全面に焼き目を付けたら、

 

ニラの根元を入れます。

ニラの根本は太いので先に炒めることで熱を通し、焼き目を付けることで香ばしさを出します。

 

7. ニラの根元に焼き目が付いたら、サバ缶の身を入れて軽くほぐし、

 

4のたれをかけ、

 

ニラの葉も加えて、たれをフツフツとさせながら炒めます。

サバ缶の煮汁を入れたたれは、片栗粉が沈殿するのでよく混ぜてから加えます。

 

8. たれにとろみが付いて全体に絡んだら、取り出しておいた炒り卵を戻して混ぜます。

 

9. 皿に盛り付けて出来上がりです。

 

オンザライスでニラサバ玉丼もウマい!

「ピリ辛豆腐ニラサバ玉」の完成です。とろみのあるたれがサバ、豆腐、ニラ、そして炒り卵を1つにまとめてくれて、かさ増ししたニラ玉というより、具沢山の贅沢な炒めものに進化した感じです。

炒り卵は先に作っておいて最後に加えるので、火が入りすぎず、ふっくらしていて美味しい! 豆腐は水切りしてから入れるのでうま味が凝縮。食感もかためで食べごたえ満点ですよ。

ピリ辛、サバ缶の煮汁入り、しかもにんにくも効かせたたれは、刺激とうま味がたっぷり。香ばしく炒めたニラともよく合います。ビールもいけますし、オンザライスでニラサバ玉丼にしても美味しいですよ。

 

今回は2人分のレシピですが、私はビールを飲みながら半分食べ、残りの半分もご飯と一緒にあっという間に消えてしまいました……。

 

にんにくとニラで、暑い季節のスタミナめしとしてもおすすめです。なお、今回はしょうゆ煮のサバ缶を使いましたが、塩分は同じくらいなので水煮缶(風味付けにしょうゆを少し足してください)、みそ煮缶(みそ風味に仕上がります)でもお試しください。

 

作った人:筋肉料理人 藤吉和男

筋肉料理人 藤吉和男

料理と筋トレをこよなく愛する料理ブロガー。料理研究家としてレシピ本執筆や料理教室、テレビ出演、ボランティア活動を行う。自信のブログやYouTubeでは、簡単で美味しい魚料理や簡単レシピを専門的ながらわかりやすく紹介。レシピブログプラチナブロガー認定。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る