【冷やしメシ】この夏、そうめんは「冷たいスープ」で食べるのが正解!【今週は豆腐】

f:id:sakanaya-sandaime:20170526134939j:plain

市販の白だしでパパッと出来て簡単! ひんやり和スープ

ムシムシ、ジトジト梅雨の時季。そして梅雨が明ければ暑~い夏がやってまいります! 食欲が落ちたり、さすがの私もキッチンにはあまり長居したくないなあ……。

そんな時におすすめの、サッと作れる冷たい和スープ! 今回はダイスに切った豆腐と風味豊かなあおさ、そして梅干しで酸味をプラスします。梅干しは疲労回復、夏バテ防止にぴったりのクエン酸がたっぷり! そうめんを足せば軽めの一食になるので、食欲のない時にもスルスルと食べられますよ~。

 

魚屋三代目の「豆腐とあおさの冷たいお吸い物」

【材料】2人前

  • 絹ごし豆腐 1/2丁(150gくらい、もう少し多くてもOK)
  • 乾燥あおさ 適量
  • 梅干し 2個
  • そうめん お好みで
  • (A)
  • 白だし(市販品/濃縮) 50ml
  • 水 400ml
  • 醤油 少々(小さじ1/4くらい)
  • 塩 少々

 

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20170526134949j:plain

f:id:sakanaya-sandaime:20170526134952j:plain

1. 豆腐を1cm角に切り、さっとゆでて(鍋で一煮立ちさせて)ザルなどにあげておきます。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20170526134956j:plain

2. ボウルに(A)の材料をよく混ぜ、ザルに上げておいた豆腐を加えてラップをし、冷蔵庫で30分~1時間冷やします。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20170526135000j:plain

f:id:sakanaya-sandaime:20170526135003j:plain

3. あおさを水で戻し、水切りをしておきます。冷蔵庫で冷やした2を器によそい、あおさをのせて梅干しを添えます。

 

あおさの代わりに青のり、焼き海苔で作ってもおいしいよ!

f:id:sakanaya-sandaime:20170526134946j:plain

今回は乾燥あおさを使いましたが、生の青のり(冷凍も可)、あぶって香りを出した焼きのりで作ってもおいしいです。あとトッピングとしてとろろ昆布などもオススメ! ゆでたそうめんを入れたり、水でサッと洗ったご飯を加えて「冷たい雑炊風」にしてもイケます。

お吸い物の濃さは、市販の白だしのラベルに表記してある分量(加える水の割合)を目安に、味見をしながら作ってみて下さい。醤油と塩、最後に梅干しを加えるので気持ち薄めが良いかもです。

 

作った人:魚屋三代目

魚屋三代目

本名・柳田昇(やなぎたのぼる)。神奈川県厚木市で50年以上続く鮮魚店の三代目。父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。レシピ本などの書籍やテレビなど幅広く活動。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。

※この記事は2017年5月の情報です。

トップに戻る