読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メシ通 Produced by RECRUIT

食を楽しみたい人のためのグルメ情報マガジン

  • ブクマする
  • フォローする
  • フォローする
  • フォローする

あのオタフクソースさんに、本場・広島お好み焼きの作り方を習ってきた

広島市(広島市中心部) こだわり お好み焼き オタフクソース Pickup

広島の某ライブハウスの楽屋にはこんな貼り紙があるという。

 

“MC広島のお好み焼きのことを「広島焼き」というと微妙な雰囲気になり、最悪の場合炎上しますので、

絶対におやめください”

f:id:Meshi2_IB:20151025190712j:plain

そう、広島には「広島焼き」なんてない。あれこそが普通の「お好み焼き」。

それが広島人のプライドであり、アイデンティティー。

 

ところで、広島のお好み焼き、あれ焼いてる職人さんってカッコいいですよね!

生地を薄~く伸ばして、そこにキャベツを山盛りにして、何回もひっくり返したり重ねたり複雑な技を見せながら、美しい円盤状に仕上げる……。

あれは家庭ではできないプロの技!

f:id:Meshi2_IB:20151025190703j:plain

と思っていたら、広島が誇るお好み焼きの殿堂、

オタフクソース(株)さん

が、お好み焼き教室をやっているではないですか!

生粋の東京人の私だけど、あのカッコいいお好み焼きを焼いてみたい!

これは行くしかないでしょ!

 

そこで、さっそくやってきました江東区木場のオタフク東京本部ビル。

f:id:Meshi2_IB:20151025190735j:plain

受付の横にはショールーム兼ショップ。

f:id:Meshi2_IB:20151025190738j:plain

お好み焼きキャラも鎮座。

f:id:Meshi2_IB:20151025190717j:plain

ソースの種類はものすごいたくさん!

もちろんここで買えます。

f:id:Meshi2_IB:20151025190739j:plain

さて、参加費700円を支払い、2階のおこのみスタジオへ。

f:id:Meshi2_IB:20151025190725j:plain

最初はお好み焼きの歴史などの講義、そしてデモンストレーション。

f:id:Meshi2_IB:20151025190710j:plain

先生は、お好み焼士の川上さん。癒し系ですね❤︎

 

しかし、そこで衝撃の事実が……。

「実は広島の人は、家でお好み焼きは

あまり焼きません。

お好み焼き屋さんがたくさんあるので、お店で食べたり、買ってきたりします」

広島県は、

人口あたりのお好み焼き屋さんの店舗数全国トップ! 

人口一万人あたり6.2軒あるそうなんです。(総務省統計局 平成21年 経済センサス・人口推計)

でも、ここは東京広島お好み焼き、そんなにお手軽に食べられないんです。

 

さあ、焼きますよ!

材料は、

オタフク『広島お好み焼こだわりセット』、

2枚分のお好み焼粉、いか天、天かす、かつお刻み節、青のりが入ってます。

f:id:Meshi2_IB:20151025190716j:plain

その他の準備する材料もすべて2枚分で

  • オタフクお好みソース
  • オタフク焼そばソース
  • もやし 60g
  • キャベツ(千切り)300g(約半玉)
  • 青ネギ(小口切り)10g
  • 豚バラ肉 80g
  • 焼きそば麺 2玉
  • 玉子 2個
  • 水 120cc

 

まずはキャベツを千切りにします。

切り方にはコツがあって、四分の一にカットしたキャベツの芯を取り、芯の面を下にして千切り。

これで繊維が断ち切られ、柔らかい食感になります。

f:id:Meshi2_IB:20151025190732j:plain

ボウルに水120ccを入れてお好み焼き粉を入れてよく混ぜます。

f:id:Meshi2_IB:20151025190706j:plain

そして160~180℃に熱したホットプレートに、お玉に八分目すくった生地を全部落とし、固まる前に中央から少しずつ広げて伸ばします。

穴が空いちゃった場合は、残った生地をちょっと垂らして埋めれば大丈夫。

f:id:Meshi2_IB:20151025190702j:plain

円の大きさは約20cm。

オタフク特製のヘラの大きさが10cmなので、このようにすると大きさが測れます。

f:id:Meshi2_IB:20151025190713j:plain

かつお刻み節をかけて、

f:id:Meshi2_IB:20151025190718j:plain

キャベツを山盛りにして、

f:id:Meshi2_IB:20151025190737j:plain

天かす、いか天、青ネギ、もやしの順に重ねて、

f:id:Meshi2_IB:20151025190742j:plain

f:id:Meshi2_IB:20151025190728j:plain

豚バラ肉を縦に3枚並べて乗せたら、上からお玉半分の生地をたら~りと垂らします。肉を焦がさないようにするためです。

f:id:Meshi2_IB:20151025190705j:plain

さて、いよいよひっくり返します!

ヘラの持ち方はこうやって、親指を上にすると安定してしっかり持てます。

f:id:Meshi2_IB:20151025190727j:plain

ヘラを生地の下に差し入れて持ち上げたら、ホットプレートの少し奥側に持っていって、

f:id:Meshi2_IB:20151025190707j:plain

手前側に、一気に……

f:id:Meshi2_IB:20151025190708j:plain

返します!

 

この時、思ったよりも前に飛ぶので、持ち上げた時に奥にしておくのがコツだそう。

ここでホットプレートの温度を250℃にアップ

 

このままキャベツを蒸し焼きにするのですが、

「キャベツの間に蒸気が通りやすいように、ふわっとした状態のまま空気を入れておきたいので、

けっして押さえつけてはいけません」

f:id:Meshi2_IB:20151025190709j:plain

そして、豚バラ肉がこんがりきつね色に焼けたら、ホットプレートの温度を再び180℃に落とし、

さらに蒸し焼き。

f:id:Meshi2_IB:20151025190719j:plain

横で焼きそばを焼いて焼そばソースで味付け。そこに生地を乗せて、

f:id:Meshi2_IB:20151025190704j:plain

ここで初めて、生地をギュギュッと押さえて一体化させます!

f:id:Meshi2_IB:20151025190741j:plain

そして、玉子を割ったら、ここからは時間勝負!

すばやく丸く延ばし広げて、

f:id:Meshi2_IB:20151025190720j:plain

玉子が固まる前に、横の生地を持ち上げて乗せて押さえてくっつける!

f:id:Meshi2_IB:20151025190700j:plain

こぼれちゃった分は、このように皮を開いてしまっちゃいます。

f:id:Meshi2_IB:20151025190711j:plain

最後に、ヘラを下に差し入れて、またひっくり返して、

f:id:Meshi2_IB:20151025190724j:plain

出来上がり!

f:id:Meshi2_IB:20151025190729j:plain

ヘラで切って、お好みソースをかけて、青のりかけて、

f:id:Meshi2_IB:20151025190736j:plain

f:id:Meshi2_IB:20151025190701j:plain

はい、どうぞ。召し上がれ!

f:id:Meshi2_IB:20151025190733j:plain

さてさて、先生の見事なお手前を拝見したあとは、いよいよ実習です!

f:id:Meshi2_IB:20151025190731j:plain

こんな感じで、各テーブル4人ずつ、ホットプレートは2人に1つの割合で用意されてます。

時短のため、あらかじめ野菜は切ってあります。

 

この回の参加者はいつもより少なめだそうで、女性9名、男性3名。

この教室に参加したきっかけは、友達のオススメだったり、他の教室にも参加しているリピーターだったり。

お好み焼き屋さん(非広島お好み焼き)が習いにきたこともあるとか。

 

私は女性だけの奥様グループに入りましたよ。

f:id:Meshi2_IB:20151025190721j:plain

みんなで協力し合って作ります。

皆さん、料理好きなだけあって、なかなか見事な手つきです!

 

ちゃんと先生に習った通り、奥に持っていってから返したり、

f:id:Meshi2_IB:20151025190740j:plain

重ねるのも上手!

f:id:Meshi2_IB:20151025190723j:plain

そしてこれが、私の作品。

切ったらグジャグジャになってしまった…(泣)

f:id:Meshi2_IB:20151025190722j:plain

でも、ソースをかけたら美味しそう!

f:id:Meshi2_IB:20151025190714j:plain

ソースは各種かけ放題なので、左手前から時計回りに、「1歳からのお好みソース」「お好みソース 大人の辛口」「果実と野菜をつめこんだ お好みソース」「お好みソース プレミアム」と4種類かけてみました。

f:id:Meshi2_IB:20151025190715j:plain

では、みんな揃って「いただきま~す!」

 

先生がデモンストレーションで作ってくれた、「鶏のお好みソース煮」と「れんこんの焼きなます」も試食させてもらいました。

どっちも美味い!

 

そして、自分で作ったお好み焼きも美味い!

f:id:Meshi2_IB:20151025190730j:plain

f:id:Meshi2_IB:20151025190726j:plain

f:id:Meshi2_IB:20151025190734j:plain

ふう~、満腹!

さて、次はたこ焼き教室に行こうかな!

 

取材先

オタフクソース株式会社公式サイト 

オタフクソース株式会社

 

書いた人:工藤真衣子

工藤真衣子

カメラマン。美しい女性が好きなのでグラビア、音楽が好きなのでライブ写真、映画やドラマが好きなのでテレビドラマのスチール写真、美味しい食べ物が好きなのでグルメ雑誌など、素敵なものを愛を込めて撮るお仕事をしています。趣味は美味しい料理を作って食べること。

過去記事も読む

トップに戻る