【食パン丸ごと】衝撃の「カレージャンボトースト」を知っているか

f:id:Meshi2_IB:20160312153319j:plain

千葉にヤヴァうまいトーストがある

って聞いたんですよ。風のウワサに。

いや、私、結構カレーマニアなんで、カレー情報を漁ってる時にどっかで見掛けたんでしょうね。

 

ヒントはカレー専門店ではなく喫茶店、場所は千葉

探して、探して、見つけました。そして早速、行ってきましたよ。

 

f:id:Meshi2_IB:20160312153320j:plain

降り立ったのは、京成線の千葉中央駅。東西線の西船橋駅から約5分歩いて京成線西船駅へ乗り換え、という初めての体験。

関係ないんですが、西船駅って面白いんですよ。住宅地の中にこじんまりある田舎の駅みたいな感じで、周りに立ち呑みの焼き鳥屋さんとか手作りケーキスタンドとかあって。

今度はこの辺も取材してみたくなりました。

 

それに対して、千葉中央駅。ここは、ビルが立ち並ぶ都会でした。目の前にはモノレールも通っています。千葉県庁があるんですね、なるほど。

 

f:id:Meshi2_IB:20160312153321j:plain

そしてこちらが、カフェ&ギャラリー呂久呂(ろくろ)

おお、なんか素敵な感じの喫茶店ですね。

 

f:id:Meshi2_IB:20160312153322j:plain

中に、コーヒーの焙煎機っぽいものも見えます。

さっそく入ってみましょう。

 

f:id:Meshi2_IB:20160312153323j:plain

手作りの焼き菓子がお出迎えです。

思っていたより、女子っぽい?

 

f:id:Meshi2_IB:20160312153324j:plain

素敵な陶器も並んでいます。

あれ? 店名の『呂久呂』ってひょっとして?

 

店長の野口さんにお話を伺いました。

 

もともと父が作家物の陶器のギャラリーをやっていまして、それが40年くらい前ですね。それからカフェにした時に、せっかくなのでその陶器を使わせていただこうと思いました。販売もしてますし、お店で使っているのもみんな作家物なんですよ(野口さん)

 

f:id:Meshi2_IB:20160312153325j:plain

あらためて店内を見渡してみると、おしゃれで落ち着いた雰囲気。

 

f:id:Meshi2_IB:20160312153326j:plain

あちらこちらに素敵な陶器があしらわれています。 

 

f:id:Meshi2_IB:20160312153327j:plain

そして、コーヒーの焙煎機も!

実は、ここはこだわりの自家焙煎のコーヒー店でもあったのです。

 

ウチは自家焙煎のコーヒーがメインのお店なんです。生豆の生産者(農園)にまでこだわって美味しい豆を仕入れているんです。あと、ケーキはみんな手作りなんですよ(野口さん)

 

そういえば、今も奥の方でケーキを作っている音、焼き上がる美味しそうな香りが漂ってきています。

 

f:id:Meshi2_IB:20160312153328j:plain

▲季節のケーキ各種(1カット450円〜)

 

── あれ? 実はここって、すごく女子っぽいお店?

 

いえ、三分の一くらいは男性のお客さまですね。この辺って官庁街なんですよ。特にランチタイムは男性が多いですね(野口さん)

 

── では、例のカレージャンボトーストってやっぱり男性のお客様に好評なんですか?

 

そうですね。でも女性でも完食なさる方、いらっしゃいますよ。私は小食なんで無理ですけど(笑)(野口さん)

 

では、いよいよ、カレージャンボトースト(700円)、半熟たまご(100円)とチーズ(80円)をトッピングして、いただいてみましょう!

f:id:Meshi2_IB:20160312153329j:plain

ど~ん!

 

f:id:Meshi2_IB:20160312153330j:plain

ちなみに、これは半熟たまごとチーズをトッピングしたものです。

 

トッピングメニューのこのようになっております。

f:id:Meshi2_IB:20160312153331j:plain

ランチセットはこのようにサラダとドリンクもセットになります。

 

コーヒーは呂久呂ブレンドコーヒーで。

f:id:Meshi2_IB:20160312153332j:plain

さあ、いただいてみましょう!

 

f:id:Meshi2_IB:20160312153333j:plain

黄身がとろ~り!

 

f:id:Meshi2_IB:20160312153334j:plain

お肉発見! 柔らかいです。

お味は中辛くらい。ほど良くスパイシーでマイルドな、家庭的な美味しいカレーです。

 

f:id:Meshi2_IB:20160312153335j:plain

そして、フォークを底にグッと突き刺し、持ち上げると、そこに大きなパンの塊が!

お、大きい……。

しかし、意外(?)にも、パンがふわふわなので、そんなに重く感じません。

 

このカレージャンボトーストは、まずパンの中身に賽の目の切れ目を入れ、それを上から押しつぶして、その上からカレーを流し入れているそうなんです。

 

f:id:Meshi2_IB:20160312153336j:plain

どんどん食べ進みます。

 

f:id:Meshi2_IB:20160312153337j:plain

すると、ついに底が!

 

f:id:Meshi2_IB:20160312153338j:plain

ここまできたら、今度は耳を食べなくてはいけません。

 

f:id:Meshi2_IB:20160312153339j:plain

カレーの染み込んだパンの耳に、このようにサラダをトッピングして、オープンサンドのようにしていただきます。これまた絶品!

カリカリの耳が香ばしくて、これまた違う美味しさです。

 

すると、下にこのように白いパン部分だけが残ります。

f:id:Meshi2_IB:20160312153340j:plain

なんか、微妙にカレーが残っちゃったりして、若干汚い感じで申し訳ありません!

しかし、これから店長さんに教えていただいた、裏技トッピングをしちゃうのです。

 

f:id:Meshi2_IB:20160312153341j:plain

まずは、ハニーシロップをタラ~リ。

 

f:id:Meshi2_IB:20160312153342j:plain

そして、さらに! このアイスクリームを!

 

f:id:Meshi2_IB:20160312153343j:plain

こんな感じでトッピング!

 

重ね重ね、食べ方が汚くて申し訳ないです……。

本当は、もっとオシャレな感じになるはずだったのに。

 

f:id:Meshi2_IB:20160312153344j:plain

でも、美味しい!

 

ハニーシロップがじゅわ~っと染み込んだパンにバニラアイスの冷たさが心地良いのです。

 

f:id:Meshi2_IB:20160312153345j:plain

ごちそうさまでした!

 

このパン一つで、お食事とデザートが両方味わえてしまいましたよ。

なんたるお得感!

そして満腹感!

デザートと共にいただいたコーヒーが香り高く、とても美味しかったのも印象的でしたよ。

 

次回は、この後にぜひケーキもいただきたい。

そのためにはさらに胃を拡張しておかなくては。

 

お店情報

カフェ&ギャラリー呂久呂(ろくろ)

住所:千葉市中央区中央3-4-10
電話:043-224-5251
営業時間:10:00~20:00(L.O 19:30)
定休日:水曜日
ウェブサイト:http://ameblo.jp/caferokuro-blog/

 

書いた人:工藤真衣子

工藤真衣子

カメラマン。美しい女性が好きなのでグラビア、音楽が好きなのでライブ写真、映画やドラマが好きなのでテレビドラマのスチール写真、美味しい食べ物が好きなのでグルメ雑誌など、素敵なものを愛を込めて撮るお仕事をしています。趣味は美味しい料理を作って食べること。

過去記事も読む

トップに戻る