楽しい買い食い。コッペパンワールド!

f:id:uralatokyo:20160914150822j:plain

昭和な感じでほっこりするおやつ、コッペパン。

最近静かなブームのようで都内にいくつか専門店もできています。

スーパーやパン屋さんでも売っているけど、専門店だと具材も幅広く選べるし「できたて」を食べるとまた格別なんですよね。

 

2015年創業のコッペパン専門店

 

f:id:uralatokyo:20160914151459j:plain

今日うかがったのは、小田急線梅ヶ丘駅にある「コッペこぱん」。

2015年にできたばかりの新しいお店です。

日常的で手軽だけどお惣菜感やできたて感もある、ファストフードとしてコッペパン屋さんを始めることにしたのだそうです。

 

ショーケースにはできたての具材がズラリ。

コッペパンに何を挟もうかなーと考えるだけでワクワクしますね!

パンもお店の奥で焼いているので焼きたてです。

f:id:uralatokyo:20160914151604j:plain

 

ベスト3は?

困った、食べたいものがありすぎる!

………ので、お店の方にベスト3を聞いてみました。

 

まず3位は、お母さんの牛肉コロッケ(248円)。

f:id:uralatokyo:20160914153412j:plain

お惣菜パンがエントリーしてきました。王道のコロッケです。

コロッケパンはわりと一般的なので買えるお店も多いのですが、できたてのパンと具なので、ちょっとひと味違いますよ。

 

ふわりとやさしい食感のパンにしみるソース。

まだ少しサクサク感も残るカリっと揚がったころも。

少し甘みを感じるじゃがいも。

どれをとっても最高のバランスでした。

 

2位は、あんマーガリン(194円)。 

f:id:uralatokyo:20160914152809j:plain

こちらのお店には「十勝粒あん」というあんこだけのメニューもあるのですけど、やっぱりあんこはマーガリンと一緒のほうがうれしいですよね。納得の2位です。

ちなみにマーガリンは10種類以上テストして、あんとのバランスや塩気を考慮してチョイスしているそうです。

  

そして不動のナンバーワンは……揚げパン(きな粉)(162円)!

f:id:uralatokyo:20160914151852j:plain

むかし、給食で食べた揚げパンを思い出して買っていく方も多いそう。

でもこの揚げパン、断言しますが、給食のとは別物です。

クオリティーがぜんぜん違います。

 

表面だけカリッと揚がるように揚げ方に気をつかっているのだそうで、油っぽさやしつこさが全くなく、中のパンはふわっとやわらか。

軽い感じなのでペロっといけちゃいますよ。

みなさんリピートされるのも納得です。

 

変わったメニューもある?

ちょっと変わったものもあります。

なんと、トルコ風サバサンド(410円)です。

f:id:uralatokyo:20160914154722j:plain

サバはフライではなく塩焼きなので、意外とあっさりしていてヘルシーでした。

 

商品開発の際、エビチリやしょうが焼きなどさまざまなお総菜パンを開発してみて、唯一残っている変わりダネがこのサバサンドなのだそうです。そう聞くと、サバサンドに百戦錬磨の風格を感じてしまいますね。

サバ好きの方はぜひトライ!

 

その他のお惣菜パンも魅力的なラインナップ

次は、ご飯がわりにもなりそうなガッツリ系をご紹介します。

デミグラスハンバーグ(378円)。

f:id:uralatokyo:20160914155311j:plain

見て下さい、このテリ。

けっこう食べ応えがあります。ハンバーグも思ったよりやさしい味。ソースがデミグラスなのもうれしいですよね。

 

そして、たまごサラダ(194円)。

f:id:uralatokyo:20160914155918j:plain

たまごだけでも十分おいしいんですけどね。

キュウリがいい仕事をしていて、食感にいい感じのアクセントができていてナイスでした。何回でも食べたくなる飽きない味ですよ。

 

そして、ナポリタン(248円)と焼きそば(216円)。

f:id:uralatokyo:20160914160025j:plain

このふたつはコッペパンサンドのキング&クイーンと言っても過言ではないかもしれない。

確実にどっちを買うか迷いますよねぇ。今日は両方買えて幸せ。

どちらも具がしっとりしていてパンとのバランスが最高でした!

 

スイーツ系コッペパンも幸せの味

パンのデザートがパンってどうよ、という向きもありましょうが、せっかく専門店に来たのだからやはりスイーツ系のおやつコッペもおさえておきたいところ。

 

チョコバナナホイップ(237円)。

f:id:uralatokyo:20160914160906j:plain

生クリームラバーにはたまらない一品。

ちなみにこちらのお店には「あんホイップ(216円)」というのもございます。

 

そして、ピーナッツバター好きのゆきちゃめゴンが絶対外せないつぶ入りピーナッツ(183円)。

f:id:uralatokyo:20160914161210j:plain

メニュー名にもなっているように「つぶ」感がけっこうあり、普通の家で食べるピーナッツバターのパンよりダンゼンおいしい!

こういう小さな事へのこだわりで、お店の方のコッペパンへの愛を感じるなぁ。

 

近くに公園もあります

お店がある梅丘には羽根木公園もあり、天気の良い暖かい日にはお店でコッペパンを買って公園で食べる、なんていうのもおすすめです。

少し時間がたってしっとりしたお惣菜パンもおいしいのですけど、お店の方のおすすめは30分以内に食べることだそうです。

 

せっかくなので出来たてをどうぞ!

f:id:uralatokyo:20160914162232j:plain

とてもスピーディで明るいスタッフのみなさまです。

紹介した以外にもメニューはたくさんあり、季節の限定メニューや新しいメニューも常に開発中。さらにトッピングしてオリジナルの一品をつくることもできますので、気軽に相談してみてくださいね。

 

お店情報

コッペこばん

住所:東京都世田谷区梅ヶ丘1-21-5 アースビル梅ヶ丘1F
電話番号:03-5799-6079
販売時間:9:00〜19:00 ※パンがなくなり次第終了
定休日:火曜日
ウェブサイト:http://c-alpha.com/

※金額はすべて消費税込です。
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

 

書いた人:ゆきちゃめゴン

ゆきちゃめゴン

食べることばかり考えています。弱いのにお酒も好きです。ふだんはエディトリアル系を中心にDTPデザイナー。東京の下北沢?渋谷あたりで生きています。万年ダイエッターでしたが、最近痩せることをあきらめました。Small Happy Thingsというサイトにも参加中。

過去記事も読む

トップに戻る